• before

優希「なあなあ、京太郎」

京太郎「んー?」

優希「今日は何の日だか知ってるか?」

京太郎「何の日ってお前の誕生日だろ。朝から騒いでたじゃねえか」

優希「うむ、そうだじぇ。今日は私の誕生日だ」

京太郎「……」

優希「……なあなあ京太郎」

京太郎「なんだよ」

優希「……なんでそれなのに部室に誰もいないんだじょ?」

京太郎「みんな風邪だからな……急に冷えてきたから俺達も気をつけようぜ」

優希「そうだな……」

京太郎「……」

優希「……」

京太郎「ああ、もう!なんなんだよ、寂しいならそう言えばいいだろ!?」

優希「恥ずかしくてそんな事言えるか!あー、こんな事なら私も風邪ひいとけばよかったじぇ!」

京太郎「ぷっ、お前が風邪ひくわけないだろ」

優希「なぬ?」

京太郎「よく言うだろ、なんとかは風邪ひかない……」

優希「タコスキック!」

京太郎「いてぇ!?」

優希「誰が幼児体型だ、このおっぱい星人!」

京太郎「言ってねえ!?」

優希「目がそう言ってるんだ!いいか、私だって後数年したらボンッ、キュッ、ボンッになるんだじぇ!」

京太郎「寝言は寝て言えよ」

優希「なんだと!?京太郎、ちょっとそこに直れ!こうなったらこの優希ちゃんの魅力を骨の髄まで叩き込んでやる!」

京太郎「いらねー」

優希「むきー!」



  • after

優希「なあなあ、京太郎」

京太郎「んー?」

優希「今日は何の日だか知ってるか?」

京太郎「何の日ってお前の誕生日だろ。プレゼントだってさっき渡したじゃねえか」

優希「うむ、そうだじぇ。今日は私の誕生日だ」

京太郎「……」

優希「……なあなあ京太郎」

京太郎「なんだよ」

優希「……なんでそれなのに部室に誰もいないんだじょ?」

京太郎「みんな風邪だからな……急に冷えてきたから俺達も気をつけような」

優希「そうだな……」

京太郎「……なに、寂しいのお前」

優希「えっと、だな……」

京太郎「俺だけじゃ不満なのかよ?」

優希「いや、それは嬉しいというか、そんな事考えてのどちゃん達に悪いなって……あー、こんな事なら私も風邪ひいとけばよかったかもしれないじぇ」

京太郎「看病大変だから勘弁してくれ……」

優希「安心しろ、冗談だ!私だって京太郎に会えないのは嫌だじぇ!」

京太郎「なに恥ずかしい事言ってんだ、お前……」

優希「……う、うるさい!」

京太郎「でも本当に気をつけろよ。お前寝相悪いからよく腹出して寝てるし……まるで子供だぞ、あれは」

優希「誰が子供だ、このおっぱい星人!」

京太郎「いや、俺がおっぱい好きなのは関係なくねえ!?」

優希「ぐぬぬ、私だって後数年したらボンッ、キュッ、ボンッに……」

京太郎「いや、別に優希なら今のままでもいいけどな」

優希「…………ああ、もう!いきなりそういう事言うな!どうしたらいいかわからないじぇ!」

京太郎「照れんなよ」

優希「照れてない!」

カン!