久「お邪魔しまーす」

京太郎「それじゃ、適当に掛けてください」

久「そうね、それじゃ失礼して」ポスン

京太郎「……」

久「………」

京太郎「…………」

久「…………」

京・久『あのっ』

京太郎「!」

久「!」

京・久『そちらからどうぞ!』

京太郎「……くっ」

久「くすっ」

京太郎「ははは、いや、どうにも落ち着かないですね部長」

久「そ、そりゃまあねぇ。う、生まれて初めてか、か、彼氏のへ、部屋ぁに入った訳だしっ!?」

京太郎「初めてっ! いや、そ、そうですよね!」

久「……ちょっと須賀くん? あなた一体私のことを今までどういう目で見てたのかなー?」グリグリ

京太郎「うわっ、すみませんて部長!」

京太郎「……てかその」

久「んー? やっぱり須賀くんの髪の毛って結構硬いわよねー」グリグリ

京太郎「……あの、部長、すいませんでしたって。…だからその」

京太郎「俺の頭抱えて米神やるのはちょっとその……当たっているというか」

久「当たってるって何が?」

京太郎「…………胸が」

久「!?」バッズザザザ

久「………!?!!??!」

京太郎「あのっ、俺っ、ちょっと何か飲み物取ってきますんで!」ガチャッバタン

久「…………」

久「……くぁぁ、何やってるのかな私。らしくないと言うか、そりゃ初めて彼氏の部屋で二人っきりってのもあるけど、それにしたってでしょう竹井久ぁ……」

久「……須賀くんの部屋」

久「……思ってたより片付いてるわね。男の子の部屋ってもっと荒れてるイメージあったけど」

久「……ベッド」チラッ

久「こ、ここで須賀くんが寝てるわけよね?」ゴクリ

久「ちょ、ちょっとくらい寝転んでみても……」

久「…………え、えーい」ポスン

久「……」

久「…………」

久「………………須賀くんの香りがする」

京太郎「部長?」ガチャリ

久「はひゃいっ!?」

京太郎「あの、見たら今飲み物切らしてて。ちょっと外出て買ってきます」

久「えっ、別にそこまでしてもらわなくてもいいのよ」

京太郎「いや、正直、俺舞い上がっちゃってるんでちょっと頭冷ましてきたいなーと」

久「ふ、ふーん。ま、舞い上がってるんの。わ、私が来て? ……それならしょうがないわよね」

京太郎「それに部長の為にあちこち働かされるのは慣れっこなんで」

久「むっ、ちょっとなによ。働かされるって」

京太郎「やべっ、それじゃ行ってきます」バタン

久「あっ、こら逃げるな!」

久「……部長の為に、か」

久「んー、そっかー。須賀くんは私の為に働いてくれてたのかー」

久「……」ポスン

久「…………~~~~ッッッ~~~~……!!」プルプルプル

久「やっば、ちょううれしい」

久「……あー」

久「らしくない。全くもってらしくないわねー」カオマッカ

久「これじゃあ恋する乙女そのものじゃない! 間違ってないけど! これでも乙女だし!」

久「こう、もっと、玩具にしてなんぼみたいな所あるわよね! 弄んで上等みたいな! それが年上の女って奴よね!」

久「そうなると、やっぱ」ベッドノシタチラッ

久「ここにはないか……」

久「家探しよね!」

久「須賀くんのお宝はどーこっかなー」

久「ベッドの下、なーし。布団とベッドの間、なーし」

久「箪笥の中……は……」ガラッ

久「須賀くんのぱんつね」

久「……うん、こっちは止めておきましょう。刺激が強すぎるわ」

久「本棚の中、はー?」

久「……辞書のケースの中、これが怪しい。てなわけでまずは英和辞書中身チェーック」ドサドサドサッ

久「大当たりっと」

久「……分かっていたけど」ハァ

久「巨乳モノばっかよね」

久「……」ムニムニ

久「私も無いわけじゃ無いけど、年下にあんな大きなモノをお持ちの人がいると少ーし焦るわね……」

久「和はあまり意識してなさそうだけれど、絶対他の男子よりは近いところにいるわよね……」

久「……掻っ攫われないかしら」

久「ああもう! どうしてエロ本広げて女子高生が一喜一憂しなくちゃいけないのかしら! これも全て須賀くんのせいなんだからね!」

久「ちょっとは先輩の顔を立てて生徒会長モノとか先輩モノとか黒タイツモノとか入れておきなさいよ!」

久「……そ、そっちを、つ、使いなさいよ……」ボソッ

久「……はい次! 漢字辞典!」ドサドサドサッ

久「……巨乳、巨乳、巨乳」

久「……生徒会長、黒タイツモノっ!」

久「よしっ」ガッツポ

久「…………冷静に振り返ってみると何やってるのかしら私。というか有ったのはいいけど比率低っ!」

久「それに……何これ? 女騎士?」

久「えっ? お尻? お尻でするの?」ゴクリ

久「……ちょ、ちょっとだけ中身を拝見をば」

久「あー、強気ねー。でもこれ絶対捕まるわよこの騎士」

久「ですよねー、そうなるわよねー」

久「えっ、ちょっと、それをお尻に?」

久「タイツを無理矢理に破いて!? えっ、そんな太いのを!?」

久「えっ、気持ちよくなってきてるの!? お尻なのに!? むしろお尻だから!?」

久「えっ、あっ、ええっ、ふぇっ」

久「うわっ、すごっ、ひゃあっ」

久「」

久「」

久「……」

久「…………」

久「………………お尻って、凄いのね」

久「……というか、この女騎士」

久「部下に堕とされるのよね」

久「黒タイツなのよね」

久「……ど、どことなーく、わ、私に似てる、わよ、ね?」

久「…………本に、く、くく、癖がっ、つつ付いてるっ、わよねっ」

久「……」

久「……鞄」

久「……」ゴソゴソ

久「……ヘアゴムみっけ」

久「……両手首をこう、手錠みたいに」

久「……ちょっと足を崩して、気丈な感じで……でも目尻に涙は浮かべて」




京太郎「……すいません部長、遅くなって。飲み物とついでにお菓子買ってきました……よ?」ガチャッ

久「これは一体どういうこと須賀くん! 寝ている私を拘束するなんて!」

京太郎「」ドサドサッ

久「くっ、学生議長にして麻雀部部長たる私に、後輩であるあなたがこんなことをしてただで済むと思っているのっ!」

京太郎「……あの、部長?」

久「いやらしい目ね……あなたが私にそんな情欲に塗れた視線を向けていたなんて気付かなかったわ!」

京太郎「……読んだんですね? 読んだんですね?」

久「……胸で和には勝てないのなら、違う方向で攻めた方がいいでしょ? 使えるものはなんだって使う主義なの」

久「それにお尻だったら赤ちゃんも出来ないし、ね? す・が・く・ん」

カンッ