ネリー「あれー?京太郎いないのー?」

京太郎「いつでもお傍に居りますよ、お嬢様」

ネリー「うん、オブラートを突き破る気持ち悪さだね」

京太郎「ええい、うっさいわ!......それで、何だよ」

ネリー「男友達が京太郎くらいしかいなくってさ。ちょっと付き合ってよ」

京太郎「カップル用のペアチケット?......いいのか?俺で」

ネリー「気にしない、気にしない。京太郎も嬉しいでしょ?」

京太郎「悔しいが否定できんな......。つーかどんな映画何だ?」

ネリー「結構人気らしいよー。今年一番泣けるラブストーリーって」

京太郎「こそばゆいな、何か。ラブストーリーって聞くと」

ネリー「さては京太郎、彼女いない歴イコール年齢?」

京太郎「失礼だな!いやそうだけども!」

ネリー「須賀君はホモなんですか?」

京太郎「せっかちでも嘘つきでもねーよ!?普通に女の子の方がいいから」

ネリー「そんなこと言う割には彼女作ろうとしないよね」

京太郎「確かに今すぐ彼女を作りたいってわけじゃないけどさ」

ネリー「ちょっと話題を戻そうか」

京太郎「つーか逸らしたのネリーだけどな。」

ネリー「てへぺろ☆」

京太郎「というわけで開園時間は?」

ネリー「なんだよもー。んーと、二時くらいかな」

京太郎「二時なら少し遊んでから観るか?」

ネリー「ぬいぐるみとかとってよ、得意でしょ?UFOキャッチャー」

京太郎「ネリーはほんとに......。飯はどうする?」

ネリー「飲み水ならあげよう」

京太郎「ははは、面白い冗談だ」

ネリー「密かに練習してきた弁当を持ってくるからその辺で食べよっか」

京太郎「ふーん、大丈夫なんだか」

ネリー「ほっぺが落ちるって言わせてやるもん」

京太郎「まぁ、楽しみにしておくよ」

ネリー「観てからは時間ある?中途半端な時間だし遊んで行こうよ」

京太郎「向こうに何があるか調べとかなきゃな」

ネリー「面倒だから任せた!」

京太郎「もっと協力的にいこうよ!」

ネリー「やっぱり?」

京太郎「許されないだろ、それは」

ネリー「よかったね、私が優しくて」

京太郎「楽じゃないなぁ、お守りも」

ネリー「料金は京太郎持ちで」

京太郎「ルールは私自身ってくらい横暴だ」

ネリー「レアだよ。こういう態度をとるのは」

京太郎「碌でもないけどな......。」

ネリー「割と満更でもないくせに」

京太郎「んー、まあ、な」




ダヴァン「お二人とも仲がいいデス」

智葉「まるで夫婦だな」

カンッ!