《誕生日やで!やったねひろえちゃん!》


洋榎「」ウズウズ

洋榎「な、なぁ絹」

絹恵「どうしたん?」

洋榎「今日何の日か知っとるか?」

絹恵「んー?……あ!」

洋榎「わかったか!さす「第一次世界大戦があった日やな!」……」

絹恵「あれ?28日やったっけ?あやふややわー」

洋榎「……なぁ、絹?」

絹恵「どうしたんお姉ちゃん。おもろい顔して」

洋榎「それはもとからや!って何言わしとんねん!!」ビシッ

絹恵「流石お姉ちゃん、ノリツッコミも天下一品やな」

洋榎「せやろ」ヘヘヘ

洋榎「あれ?ちゃうちゃう。そんなんちゃうて。もっと大事な日やったはずやで」

絹恵「ん?んん…………」

洋榎「え?そんな悩むことちゃうて、もっと身近な……」

絹恵「ちょっとググってみるわ。ヤフーで」

洋榎「ググってもでぇへんって。なぁ絹、聞いて。お願いやから聞いて!」

絹恵「あ!」

洋榎「わかったんか!?ヤフーで!」

絹恵「最後のサティが閉店した日やって……身近やったわ……」

洋榎「…………」

絹恵「お姉ちゃん!!」ガシッ

洋榎「な、なんや」

絹恵「からあげ買いにいこ!」

洋榎「え?どっからそんな話に飛んだん。ていうか今日絹ボケすぎやろ、どうしたん」

絹恵「こないだのテレビ番組急に思い出した」

洋榎「あー、あれな。めっちゃ美味そうやったもんな」

絹恵「覚えてるやろ?油からあがってきた食欲をそそるあのテカリ具合!レポーターが噛んだ瞬間に響いたカリっとした音!あふれ出る肉汁!」

洋榎「…………ジュル」

絹恵「一緒に……行こか」ポン

洋榎「もちろんやで!おかんにも連絡しとくわ!今日はからあげ買うてくるって!」

絹恵「……」ニヤリ


─────────

──────

───


洋榎「いやー、はよ家着かんかな!楽しみで楽しみでしょうがないわ!」ルンルン

絹恵「食べきれるかなー?」

洋榎「いけるいける!むしろ足りんか心配やわ!」

洋榎(はっ!?しまった!!絹に乗せられて誕生日のことすっかり忘れてた!)ガーン

洋榎(い、いやいや、まだ早いて。おかんなら、おかんならさらっとケーキ買うてきてくれてるはずや!)

絹恵「どうしたん?開けへんの?」

洋榎「うおぉ!?あまりにみすぼらしすぎてうちの家やって気付かんかった!」

絹恵「うちの家他んとこより割と大きいけどな」

洋榎「ただい「「「「誕生日おめでとー!」」」」……へ?」

由子「まちくたびれたのよー」

絹恵「ごめんなさい、案外遠くて」

漫「料理出来てそんな経ってないんでまだ大丈夫」

恭子「主将?どないしたんですか?」

京太郎「多分事態が飲み込めてないんじゃないですか?」

洋榎「はっ!?びっくりしたわー。誰にも祝われんまま合法的にエロ本買えるようになったんやなーって考えてたからびっくりしたわー」

京太郎「思考回路が残念すぎる!!!」

洋榎「そしてアラサーに……」

京太郎「十年くらいどこいったんですか!?」

洋榎「おかん……結婚出来んかったわ……」

京太郎「十年後だとしても諦めるには早いですよ!!」

洋榎「なぁ、京太郎。うちのこと、もらってぇや……」

京太郎「ドキ!」

由子「いつまで夫婦漫才やってるのよー」

漫「ていうか普通ドキって口に出して言う?」

京太郎「つい」テヘペロ

絹恵「割りとお姉ちゃんも京太郎も恥ずかしがってんねんで、後で」

洋榎「おまっ!何いっとんねん!?」

京太郎「」ポリポリ

恭子(絹ちゃんええ子やけど、こういう時容赦ないなー)

雅枝「はよきいやー!冷めんでー!」

由子「ほら、おばちゃんも呼んではるし、行くのよー」

漫「行きましょう!」

恭子「絹ちゃんと主将はちゃんと手洗ってな」

絹「わかってますよ」

洋榎「こういう時恭子っておかんみたいやな」ボソ

恭子「なんか言いました?」

洋榎「なんも言うてへんで」ピュー

恭子「ほな先行ってるから」

京太郎「唐揚げ預かります。一緒に食べましょう」

洋榎「ありがとう。あれ?絹は?」

京太郎「もう手洗いに行きましたよ」

洋榎「はやっ!」

京太郎「……洋榎さん」

洋榎「ん?なんや?」




京太郎「改めて、誕生日おめでとうございます」ニコッ



カン!