ノドッチドン「オカルトアリエマセーン!」


一般ピープル「うわー!怪獣だー!ネグリジェみたいな服着た趣味の悪い怪獣があらわれたー!逃げろー!」


ノドッチドン「ギガトンブレストクラーッシュ!」ブルルルルルンッ


ドゴーン!ボガーン!



一般ピープル「ああっ!おっぱいを振り回してビルを破壊しているっ!なんてうらやましいビル!」



玄「やめるのです和ちゃん!あなたのおもちはそんなことのためにあるんじゃない!そのおもちは私が揉むため…」


ノドッチドン「ノーオカルトー!」デコピン


玄「ぶべらっ!ですのだ」ピョーン




透華「くぅっ!原村和っ!」

一「あんなに街を破壊してひどいよね」



透華「巨大化して目立つだなんて卑怯ですわー!!私にもやらせなさーい!!」

一「おいっ」コケッ

衣「うぅ…ののかは一体どうしてしまったのだ…」ウルウル


智紀「多分、反オカルト思考なのに周りがあんまりにもオカルトじみているからストレスがマッハで溜まって、
   そのエネルギーが巨大化と暴走を引き起こしたんだと思う」


一「それ自体、もうオカルトだよね?というか、そんな理由で巨大化してたらサラリーマンみんな怪獣じゃん」

透華「黙りなさい!一っ!」バチコーン

一「ありがとうございますっ!」バターン


純「くそっ、打つ手は何もないのかっ…!」


智紀「あるにはあるんだけど」

透華「本当ですか智紀!あるなら早くなさい!これ以上、原村和を目立たせるわけにはいきませんわ!

   何でもしていいので早く!」


智紀「ん?今なんでもしていいって言ったよね?」ニタァー

透華「え、それは…」


智紀「というわけで、例の彼をお願いします」


ハギヨシ「ふふふ、どうぞ…」

京太郎「もがーっ!(離せー!俺を自由にしろー!)」


透華「あら京太郎…まあ、拘束が趣味でしたの?これは覚えておきましょう」


京太郎「もがもが!(ちょっと!変な誤解しないでください!ていうか、何の用で連れてこられたんですか!)」


智紀「緊急事態、君に協力をお願いしたい

   この薬を打てばノドッチドンに対抗できる力を手に入れられるはず…


   てなわけで腕出させて」


ハギヨシ「ふふふふ、はい…それにしても引き締まっているのにスベスベして素晴らしい腕ですねぇ」


京太郎「もっがー!(この執事怖すぎィ!)」


智紀「ふふふふふふふふふ……街を救うために多少の犠牲はつきもの」シャイニング眼鏡!


京太郎「もんがー!(助けてー!)」





ノドッチドン「オカルトヨリデジタルー!」


一般ピープル「くっそー!ヒーローはこの世にいないのかー!」



??「ここにいるぞ!」


一般ピープル「あ、あれは!鳥だ!飛行機だ!いや……」



ビッグキョウタロー「とうっ、正義の味方!ビッグキョウタロー参上!!」





純「あんだけ嫌がってた割にはノリノリじゃんか…」

一「名前まで自分で決めてるし…」

衣「うおーかっこいいぞきょーたろー!!」ピョンピョンッ

透華「きぃーっ!くやしいー!」



ノドッチドン「ス、スガクン………アンチオカルトタイフーン!!」ブルルルルルルルルルルッ



一般ピープル「ああっ!怪獣がおっぱいを扇風機みたいに回して強力な風を起こしている!」




玄「うぅ…私が説得しようとしても何も反応しなかったのに……どうして京太郎くん見て少し動揺してるの…?」

憧「胸揉みたいとか言うからでしょ」



ビッグキョウタロー「くっ、なんて風だ…だ、だが俺は負けない!」


一般ピープル「おおっ!ヒーローが腕を伸ばして少しずつ進んでいく!頑張れー!」


ビッグキョウタロー「の…和……!!」




むにゅっ♪





透華「あ」

一「あ」

純「あ」

衣「お」

智紀「あ」


玄「うほっ」




ノドッチドン「ス…スガクン……ソコハダメデスゥ…//////」


ビッグキョウタロー「な、何かつかんだぞ…このまま引き寄せて!」グイッ


ノドッチドン「アンッ…/////」



抱きっ!


ビッグキョウタロー「つかまえたぞ和っ!もう離さないからな!」ギューッ

ノドッチドン「ス、スガクン…//// ン…////」


ビッグキョウタロー「(ん?唇をこっちに向けて何を……はっ!これは怪獣にありがちな光線攻撃か!

           し、しかし防ごうにも両手は和を抱きしめてふさがっている…となれば)」



一般ピープル「おい、あいつら何やってるんだ…?」



ビッグキョウタロー「口で塞げばいいんだーーー!!」ブチュウウウウウ



ノドッチドン「ン……////////」クチュクチュ

ビッグキョウタロー「ん…んぅ…ん……」クチュクチュ




透華「……」

一「……」

衣「見えないぞ純ー!いまどうなっているのだ!」

純「……」

智紀「ぷっ、くっ、くくくくっ…お、おなか痛い…」バンバン



ビッグキョウタロー「ぷはっ、どうだ和」


ノドッチドン「スガクン…////」トローン


その時!不思議な事が起こったー!
ストレスによって巨大化した和の体から嘘のようにストレスが消えてなくなった!
そして!


しゅわしゅわしゅわ…


和「あ、あら…私は何を」



一般ピープル「うおー!怪獣が人間に戻ったぞー!ありがとうヒーロー!」


ビッグキョウタロー「うんうん……とうっ!」ピューン



和「須賀くん…///」



衣「ん?おー!きょうたろーが勝ったのか!やったー!」

一「すっごい馬鹿馬鹿しいもの見せられたよ…」

純「ああ…」



透華「智紀……」

智紀「はぁーーっ、あーこの1年で一番笑った……なに?」


透華「巨大化する薬を私にも作りなさい」

智紀「目立つためだけならお断り」



透華「い、いえ……その…/////」

智紀「あっ(察し)」


ビッグキョウタローの戦いは続き…そう?



カンッ