憧「うぅ~~………あつい……」

憧「いま何時…?」

憧「……今頃はみんな部活かぁ」
コンコン
憧「ぅ?」
ハイルゾー
憧「ふぇっ!?」
ガチャ
京太郎「なんだ起きてるじゃん」

憧「京太郎!?な、なんで…」

京太郎「なんでって……風邪引いた彼女のお見舞いに来ちゃいかんのか」

憧「そ、そうじゃなくて部活は」

京太郎「休んだ。穏乃とか宥さんにお前が寂しがってるから行ってやれって言われたし」

憧「別に、寂しがってなんか……」

京太郎「ほんとかー?」

憧「…………ちょっと」

京太郎「素直でよろしい」

京太郎「にしても、夏風邪はバカが引くんだぞ?」

憧「うっさい。てゆーか来るなら連絡してくれればよかったのに」

京太郎「もし寝てたら、それで起こしちゃったら悪いと思ってな」

京太郎「で、具合はどうだ?熱は…」スッ

憧「あっ、ダメっ!」フトンガバー

京太郎「……なに」

憧「そ、そんなに近づかないで…」

京太郎「なんで」

憧「だってあたしいまスッピンだし寝起きだし……」

京太郎「バーカ、こちとらお前が化粧覚える前からずっと見てんだよ」

京太郎「それに普段からがっつりメイクしてるわけでもないだろ」

京太郎「そもそもスッピンだろうがなんだろうが、お前はかわいいから心配すんな」

憧「ふきゅ……で、でも汗もかいてるし」

京太郎「もっと汗かいたお前と密着したことあるし」

憧「な、何言ってんのよバッ…ケホッゴホッ!」

京太郎「あーあー、病人なんだから大人しくしてろよ」

憧「誰のせいよ……」

京太郎「ほれ、アクエリ買ってきたから飲め」

憧「ありがと」

京太郎「あとゼリーとかプリンとか望さんに渡しといたから、後で食えよ」

憧「うん、ありがとね」

京太郎「………」

憧「なによ」

京太郎「いや~たまにはこう、弱ってる憧もいいなぁって思って」

憧「ヘンタイっぽいわよ」

京太郎「俺が変態になるのはお前の前だけだからいいの」

憧「どんな理屈よ」

京太郎「そんじゃ、そろそろ帰ろうかな」

憧「えっ、もう帰っちゃうの……」

京太郎「寂しい?」

憧「……うん」

京太郎「素直でよろしい」

憧「ねぇ、京太郎」

京太郎「ん?」

憧「手、握って」

京太郎「お安い御用だ」

憧「眠るまでこうしててね」

京太郎「眠るまで?」

憧「だめ?」

京太郎「お前さっきまで寝てたんじゃないの」

憧「それは…そう、だけど……だって京太郎がもう帰るとか言うから、だから…」

京太郎「あー…ごめんウソウソ、まだいるまだいる」

憧「ほんと?」

京太郎「ほんとだからそんな泣きそうになるなって」

憧「なってないわよ」

京太郎「そうだな、ごめんな」


京太郎(たまには弱ってる憧もいいな!!!!!!!!!!!!!)

カン