王様だーれだ?




尭深「(つ、ついに口にしちゃった…)」

尭深「(きっと…宮永先輩は…あの時『京ちゃん』と一緒にいた女の子は…気づいてるよね…)」

尭深「(これからはきっと私に対する当たりも強くなる…)」

尭深「(でも、これを口にした以上…私だって覚悟を決めたって事…)」

尭深「(負けない…この王様ゲームで…須賀くんの事を下の名前で呼べるようになってみせるんだから…!!)」グッ

尭深「つ、次の命令まで五番が三番に膝枕…!!」











#smtahk莵
      s(誠子) 五番
m(照)
t(尭深)
a(淡)
      h(菫)  三番
k(京太郎)






誠子「って私がする側か…」

菫「で私がされる側…と」

菫「まぁ、淡や須賀が入っていないだけマシだと思うべきか」

淡「えー、こいつと一緒にしないでくださいよ!」

京太郎「そりゃ俺のセリフだぞ、大星」

誠子「こっちからすりゃどっちもどっちだっての…まったくトラブルメーカーズめ」

菫「まぁ、そんな奴らがいない分ゆっくりと休ませてもらおうか」

誠子「そうですね。次の命令までって指定ですし」

菫「…にしてもアレだな」

誠子「な、なんですか…?まさか弘世先輩まで私の膝が硬いとか…」

菫「淡の奴じゃないんだからそんな事言うものか」

菫「ただ…こうして下から見るとやはり亦野は格好良いな、とな」

誠子「…それってやっぱり男に見えるって事ですか…?」ズーン

菫「あぁ、違う違う。そういう視覚的なもんじゃなくて…」

菫「努力してるが故の輝きと言うか自信と言うか…そんなものが見える」

誠子「まぁ、これでもチーム虎姫の一員ですしね」

誠子「インターハイでも恥ずかしくない麻雀をお見せしますよ」

菫「あぁ。頼むぞ、副将」

誠子「お任せください、部長」

誠子「…あ、でも」

菫「ん?」

誠子「…まぁ、さっきの仕返しも込なんですが…」

菫「仕返し?」

誠子「こうやって私の膝で寝てる弘世先輩って結構、可愛いですよ?」クスッ

菫「か…かわ」カァッ

誠子「えぇ。何時もよりちょっと気が抜けているのが分かって嬉しいです」

菫「か、からかうな…馬鹿…っ!!」カァァ




誠子「弘世先輩可愛い」

菫「やーめーろー!」ジタバタ




 王様だーれだ?




菫「私か」

誠子「私に膝枕されながら命令出すのってなんだかシュールですけど…」

菫「う、うるさい。命令なんだから仕方ないだろうに…!」

菫「と、ともかく命令をするぞ!今回は…」

菫「ここは皆にも多少、恥ずかしい思いをして貰うぞ…!」

菫「三番が一番の手の甲にキスするんだ!!」






#kmstah麑
k(京太郎)
m(照)
      s(誠子)   一番
t(尭深)
      a(淡)    三番
h(菫)






淡「えー…」

誠子「えー…」








淡「って言うか、こういうのは亦野先輩がやる方じゃないの?」

誠子「だから私は女だっての」

淡「さっき菫先輩口説いてたのにそんな事言われても…」

誠子「口説いてた訳じゃないっての…」

淡「でも、菫先輩真っ赤になってたじゃないですかー」

菫「ま、真っ赤になんかなってない!」カァ

淡「いや、なってるじゃないですか」

菫「なってない!なってないったらなってない!」

照「…菫、膝枕されながら言っても説得力がない」

菫「う、うぅ…だけど…」

誠子「どうどう。落ち着いてください、弘世先輩」

淡「まぁ、命令だからやりますけど…」

淡「菫先輩、嫉妬して暴れたりしないでくださいね?」

菫「するか!!」

淡「それじゃ亦野先輩、手を出して…」

誠子「ん…」スッ

淡「はい」チュッ

誠子「……」

淡「どうかしました?」

誠子「いや、今回は何もやらないんだなって思って」

淡「なんだーやって欲しかったんですか。それなら…」

誠子「ま、待て!別にそういう意味じゃ…!」

淡「ちゅううううううう」

誠子「あひんっ」ピクン

淡「ちゅぱ…よし!」

誠子「よしじゃない!何やってるんだ!!」

淡「いや、とりあえずキスマークつけとこうかなと思って」

誠子「とりあえずってなんだよ…」

誠子「つか、マジで跡になってるし…うわ…これどうしよ…」

尭深「…とりあえず絆創膏で隠す?」スッ

誠子「…そうする…」ハァ

淡「えー隠しちゃうの?」

誠子「こんなもの見せて外歩けるか!誤解されるわ!!」カァァ






京太郎「亦野先輩ハーレム…そういうのもあるのか…!?」


  王様だーれだ?



菫「…また私か」

菫「なんだか今日は私と須賀の奴ばっかりじゃないか…?」

菫「ふむ…キスではあまり効果的ではなかったみたいだし…」

菫「今度は次の命令まで一番と二番が見つめ合ってもらおうか」

菫「ただし、キスが出来そうな至近距離で、だ!」ドヤァ







#hasmtk歉
              h(菫)  一番
              a(淡)  二番
s(誠子)
m(照)
t(尭深)
k(京太郎)







菫「…って私かああああああああ!!」

淡「うわー…もうホント…うわぁ…」




京太郎「ただし、キスが出来そうな至近距離で、だ!ドヤァ」

尭深「や、やめてあげて…。弘世先輩だって悪気があった訳じゃないんだから」プルプル

誠子「…そう言いながら尭深も必死に笑うのを我慢している気がするんだけど…」

尭深「き、気のせい。気のせいだから」

菫「お、お前らぁ…」プルプル

照「…ほら、菫。早く淡と見つめ合わないと」

菫「い、いや、でもな…?」

照「自分の出した命令なんだから従わないとダメ」

菫「し、しかし…!」

照「ダメ…」

菫「…照…その…」

照「ダメ」ニッコリ

菫「…はい」ガックリ

淡「でも、見つめ合うだけなんて暇ー…」

照「じゃあ、キスでもする?」

淡「そ、それは流石に嫌かなぁ…」

照「…仕方ない。後で二人の背中を押すとして」

菫「やめて!!」

照「とにかく見つめ合わないとゲームが進まないから」

菫「うぅ…仕方ない…か。淡…」

淡「はーい。後でアイスの一つでも奢ってくださいよ…」

菫「……善処しよう」

照「…じゃ、京ちゃん、準備出来た」

京太郎「やっほう!じゃあカメラ回さないと!!」●REC

菫「あの馬鹿、後で覚えてろよ…!!」フルフル

淡「……でも、アレですよね」

菫「…ん?」

淡「菫先輩って綺麗な顔立ちしてますよね」

菫「い、いきなり何を言い出すんだお前は…」カァ

淡「いや、見つめ合うだけじゃ暇なのでちょっとからかおうと思って」

菫「やめろ!頼むから大人しくしておいてくれ!!」

淡「でも、ちょっと今、嬉しいと思ったでしょ?」

菫「う…それは…」

淡「あはっ菫先輩可愛いー」ウリウリ

菫「や、やめろ!私は先輩だぞ!」

淡「先輩の命令でこうなっちゃったんだから責任とってくださいよー♪」

淡「ちなみにせんぱぁい、私ハーゲンダッツの抹茶味が好きなんですけどー」

菫「…後でお前、ガリガリ君ナポリタンな」

淡「それ罰ゲームじゃないですか!」

菫「じゃあ、クリームシチューで許してやる」

淡「どっちもまずいじゃないですかーやだー!!」


 王様だーれだ?



京太郎「また俺が王様か」

京太郎「いや、ホントなんなんですかね、この偏り方…」

京太郎「嬉しいけど…勿論、嬉しいんだけどさ」

京太郎「これだけ当たるとまた明日出てこれなくなりそうで怖いんだけど…」

京太郎「だからって手を緩めるつもりはねぇ!!」

京太郎「三番!スカートをたくしあげて太ももを晒して貰おうか!!」











#mhkast杢
m(照)
               h(菫)  三番
k(京太郎)
a(淡)
s(誠子)
t(尭深)









菫「え?」

菫「…………え?」





菫「え、ちょ…まっ」

菫「ここで!?って言うか、今なのか!?」

京太郎「勿論、今に決まってます」ゲスガオ

菫「いや、待ってくれ!わ、私、今、淡と見つめ合っている真っ最中なんだが…」

京太郎「それで?」

菫「いや、だから…」

京太郎「それで何かが変わるとでも?」

菫「う…うぅぅ…」シュン

京太郎「(あ、やばい。今ちょっとキュンっと来た)」

菫「ご、後生だ…せめて須賀は出て行ってくれ…」プルプル

京太郎「う…いや、でも…」

照「…京ちゃん」

尭深「須賀くん?」

誠子「…須賀?」

京太郎「…分かりました…」トボトボ

照「…安心して、京ちゃん」

京太郎「え?」

照「ちゃんとカメラで録画はしておくから」

京太郎「さっすがー!照さんは話が分かるー!」

菫「てるうううううううう!!!!」マッカ

淡「…でどうするの?」

菫「や、やるしかないだろう…須賀も出て行った訳だし…」

淡「…私はそれを目の前で見せつけられる訳なんですが…」

菫「我慢しろ!私の方が恥ずかしいんだ!!」

淡「まぁ…そりゃそうでしょうけど…」

菫「うぅ…どうしてこんな事に…」ジリジリ

照「…菫、全然、スカートあがってない」

菫「わ、分かってる。これからだ…!!」

菫「(そうは言うもののやっぱり恥ずかしいものは恥ずかしい…)」

菫「(私はどうして後輩を見つめ合ったままスカートなんてたくし上げているんだろう…)」

菫「(しかも、後ろの方からは照や皆の視線を感じるし…)」

菫「(あぁ…もう…恥ずかしさで死んじゃいそうだ…っ)」マッカ

淡「(全然、菫先輩の手が動いてないなぁ)」

淡「(恥ずかしいのは分かるけどこうして見つめ合うのも大変だし早く終わらせて欲しい)」

淡「(…なーんてさっきまで思ってたけどさー)」

淡「(目の前で顔を真っ赤にして恥ずかしさで涙を浮かべる菫先輩の顔を見るとちょっと気持ちも違ってくると言うか)」

淡「(さっき綺麗だって言ったのは決してお世辞って訳じゃなくて本心なくらい普段、キリッとしてる菫先輩)」

淡「(そんな人が唇結んでプルプル震えてる姿ってすっごくドキドキする…)」

淡「(…なんだろう…良くわかんないけど…)」

淡「(私、今の菫先輩の顔をもっと見ていたい)」

淡「(ううん…今の顔じゃなくて…)」

淡「(もっと恥ずかしそうな顔を…訳分からないくらいグチャグチャに泣いてる顔を…)」

淡「(今みたいに間近で見て…そしてもっともっと菫先輩の事恥ずかしくしてあげたい…)」ハァハァ

菫「お、終わったぞ…!」

淡「え?」

菫「お、終わった!終わったから…!!」

淡「…あ…うん」スッ

淡「(…終わっちゃったんだ、残念だなぁ…)」

淡「(もうちょっと見たかったのに…)」

淡「(やっぱり邪魔すればよかったかな…?)」

淡「(……まぁ、いっか)」

淡「(まだまだ王様ゲームは続く訳だし…)」

淡「(チャンスはきっと…まだまだあるよね…♪)」

菫「…っ」ゾクッ




照「はい、京ちゃん」スッ

京太郎「うっひょう!照さん、ありがとう!」

菫「てるううううううううう!!!!」


王様だーれだ?



京太郎「王様ゲットおおおおお!!」

京太郎「日が変わっても俺の勢いはおさまらないぜ!」

京太郎「さぁ、今日も素敵なパーティ(意味深)しようか!!」

京太郎「一番が二番にアダ名をつける!」

京太郎「出来るだけ愛情のこもった奴で頼むぜ!!」







#tsamkh朶
t(尭深)
        s(誠子)  一番
        a(淡)    二番
m(照)
k(京太郎)
h(菫)






誠子「アホイで」ソクトウ

淡「亦野せんぱあああああい!?」




誠子「いや、だって、それくらいしかないだろ、実際」

淡「そんな訳ないじゃないですか!もっと色々ありますって!」

誠子「えー…じゃあ、ウネウネとか」

淡「妖怪っぽいからやだ!」

誠子「金髪」

淡「それキョータローの!」

京太郎「ちげぇよ。つか、そんな呼び方してるのお前だけだっての」

誠子「馬鹿」

淡「最早、悪口じゃんそれ!!」

誠子「あーったく…我儘だなぁ」

淡「今回に限っては私は悪く無いと思う」スネー

誠子「でもさ。お前、一つ勘違いしてるよ」

淡「勘違い?」

誠子「あぁ。どんな名前だって、それはお前を示す大事なものなんだ」

誠子「軽く言っているように見えるけど、一応、愛情込めて名づけてるんだぞ」

淡「亦野先輩…」

誠子「…だからさ」ポン

誠子「やっぱりアホイで良いんじゃないか?」

淡「良い訳ないじゃないですかあああ!!」




誠子「チッ…騙されなかったか…」



 王様だーれだ?



尭深「…私…か」

尭深「なんだか久しぶりな気がする…けど」

尭深「その分…色々と挽回していかないと…!」

照「ほら、京ちゃん、このアングルも凄いでしょ?」

京太郎「お、おぉ…今にも下着まで見れそうな…」ゴクリ

菫「やめろおお!!」

尭深「(…あ、ああ言うのが須賀くん好きなのかな?)」

尭深「(なんだか複雑だけど…でも、仲良くなるには相手が喜ぶ事をするのが一番だっていうし…)」

尭深「え、えっと…二番が五番のおもちを撮影する、で」






#kasmht卲
k(京太郎)
          a(淡)   五番
s(誠子)
m(照)
          h(菫)   二番
t(尭深)



淡「え?」

淡「え?」

淡「えええええええええええ!?」カァァァ

淡「ちょ、ま、待って!待ってたかみー先輩!!」

尭深「ごめんね、淡ちゃん…」メソラシ

菫「…と言うか、これ私も結構、複雑なんだが…」

誠子「え?」

菫「い、いや、なんでもない…!」

淡「うー…でも…コレ本当にやるの?」

京太郎「あ、俺、外に出ておくな」サワヤカ

淡「なんでそんなにあっさり出て行くの!?」

京太郎「流石に出て行かないとまずいだろ」

京太郎「それに大星の胸なんかに興味ねぇし」キッパリ

淡「こ、この…この…!!」プルプル

誠子「(女として腹が立つけどいられると困るって言う淡のいらだちがここまで伝わってくるようだ…)」

淡「うー悔しい…!なんか良く分かんないけどすっごい悔しい…!!」

菫「…まぁ、私みたいに何度もたくしあげシーンを目の前で再生されるよりはマシだろう」レイプメ

淡「そりゃそうかもしれないけど…」

照「…それよりほら撮影しないと」

淡「うー…分かった…」スッ

菫「…え?」

淡「は、早くしてよ…流石に恥ずかしいんだから…」カァ

菫「え?い、いや…でも…」

菫「(ば…馬鹿な…!目算でも私よりも大きいだと…!)」

菫「(人並みの私より…人並みの私より…!!!)」ダイジナコトナノデ

淡「菫先輩…っ」モジモジ

菫「わ、分かった。よし。撮るぞ…」

淡「い、一々、言わなくても良いからぁ!」マッカ

パシャ




菫「…で、これどうしようか」

照「…あ、私に送ってほしい」

菫「…須賀に送ったりしないだろうな」

照「……」メソラシ

菫「おい」

照「…流石にそんな事はしない」

照「それにそれで喜ばれると腹が立つし…」

菫「さっき私のアレを見せてた奴のセリフとは思えんが…」

菫「…悪用しないんだな?」

照「しない。それは京ちゃんに誓って言う」

菫「…じゃあ、いいか」ポチポチ

照「…ありがとう。じゃあ、これをメールに添付して…」



咲「あ、お姉ちゃんからメールだ」

咲「なになに…東京に来てからこんなにおもちが大きくなりました?」

咲「……」

咲「おとうさーん!私、明日からお母さんのところで暮らすー!!!」



王様だーれだ?





京太郎「再び俺が王様だ!!」

京太郎「天は言っている…より王様ゲームを愉しめと…!」

京太郎「さぁ、もっとよからぬ命令をしようじゃないか!!」

京太郎「さっきから退室ばっかりで楽しめてないからな」

京太郎「ここはおとなしめで行くか」

京太郎「なーんて言うと思ったか!俺は何時でも全力だ!!」

京太郎「二番が三番の太ももに自分の名前を書いてもらおうか!!」






#kmhtas綵
k(京太郎)
m(照)
h(菫)
            t(尭深)   二番
            a(淡)    三番
s(誠子)








淡「ええええええ!!また私!?」

京太郎「やはり時代は淡尭を求めているのか…」

淡「よくわかんないけど、それ絶対違うと思う…!」

淡「っていうかキョータロー!さっきから調子のりすぎ!!」

尭深「まぁまぁ。でも、今回はさっきよりもまだマシだから」

淡「うー…それはそうだけど…」

誠子「(…と言うかさっきの命令者である尭深がそれを言って良いのだろうか)」

誠子「(いや、よそう。私の勝手な予想で皆を混乱させたくはない)」

尭深「それに名前書くだけだからすぐ済んじゃうよ」

淡「そうだけど…な、なんか恥ずかしい」カァ

京太郎「そうだな。下手すりゃ渋谷先輩にはおもちも下着も見られる事になる訳だしな」

淡「~~~~っ!」ボンッ

淡「うーうー」モジモジ

尭深「だ、大丈夫だから。太ももって言っても膝の方に書くし…」

淡「……ホント?」

尭深「うん。ホント」

淡「……じゃあ、頑張る」モジ

尭深「うん。一緒に頑張ろうね」

京太郎「えぇ話や…」ウンウン

誠子「感動してないでとっとと出てけよゲス野郎」ゲシゲシ

京太郎「うぃーっす」スゴスゴ

尭深「じゃあ、あげていくね」

淡「ん…うん…」カァァ

淡「(や…ばい)」

淡「(これ…なんか…凄いドキドキする…)」

淡「(ただ皆に太もも見られるだけなのに…)」

淡「(こうしてスカートたくしあげてるだけなのに…)」

淡「(なんだかすっごいイケナイ事をしているような気がして…)」

淡「(さっきは恥ずかしくて訳が分かんなかったけど…今はちょっと慣れた所為か…)」

淡「(自分がすっごいドキドキしてるのが分かっちゃう…)」

尭深「あ、そこまでで良いよ。名前書いちゃうから」

淡「あ…はい…」

淡「(…ここで…止めちゃうんだ)」

淡「(…なんだか、ちょっと残念…かも)」

淡「(もっと上まであげたら…きっともっとドキドキ出来たのに)」

淡「(恥ずかしくて死にそうだけど…顔とかもう真っ赤になるだろうけど)」

淡「(そんな自分にちょっと期待する私がいて…)」

尭深「はい。出来たよ」

淡「あ…」

淡「(…私のふともも…たかみー先輩の名前…)」

淡「(…小さく丸っこい…優しい字)」

淡「(たかみー先輩そのものみたいな…可愛らしくて暖かい字)」

淡「(それがここにあるってだけで…なんだか凄い…ドキドキする)」

淡「(まるで私が…たかみー先輩のものになったみたい)」

淡「(ものみたいに名前書かれて…太ももまで見られて…おっぱいも…)」カァァ

尭深「…あれ?どうかした、淡ちゃん」

淡「な、何でもないでしゅ!!」フルフル

尭深「…そう?それなら良いんだけど…」

淡「責任取って…とか…」

淡「ち、違う。そうじゃないし。全然、そんなのじゃないし…!」



王様だーれだ?



京太郎「うん。ちょっと自分でも出すぎだと思ってる」

京太郎「でも、この程度の百合ん百合んじゃ全然、満足出来ねぇぜ!」

京太郎「勝負の後には骨も残さない!限度一杯まで行く!!」

京太郎「たまには三角関係も良いよね!!」

京太郎「一番と二番が四番の両頬にキスだ!!」

京太郎「ねっとりラブラブなのを頼むぜ!!」









#hkstam抓
h
k
     s(誠子)   一番
     t(尭深)   二番
a
     m(照)    四番





誠子「あの変態は…」ジャァ

尭深「…と言うか…この面子は…」

照「…せめて二つズレていれば…いや…それだと淡まで…」モンモン

誠子「つか、宮永先輩がこういうのに当たるって珍しいですよね」

照「…ん。今まで一回だけだったから」

尭深「淡ちゃんがおんぶしてた時でしたっけ。それはそれで凄いですよね」

誠子「でも、キスの時に当たるとか微妙に運がないですよね」

照「…でも、京ちゃんが望むなら…私、頑張る」グッ

誠子「…こういう事聞くのはアレですけど、須賀の何処が良いんですか…」

照「…全部」カァ

誠子「(わっかんねぇ…私の持ちネタじゃないけど、マジでわかんねぇ…)」

尭深「ま、まぁ、両頬キスですし意味としては親愛ですから」

尭深「とっとと済ませてしまいましょう」

誠子「じゃあ、失礼して…」スッ

尭深「し、失礼しまーす」フニョン

照「…ちょっとまって」

誠子「え?」

尭深「え?」

照「……胸があたってる」

尭深「あ、ごめんなさい…」

尭深「でも、ちょっと当てずにキスするのは難しいかもしれません」

照「……尭深は意地悪」

尭深「えぇ!?」

菫「ほらほら、拗ねてないでとっととキスされろ」

照「…むぅ」スネー

尭深「じゃ、じゃあいきます…」

誠子「私もいきますね」

チュッ






京太郎「いいねェ!いいねェ!さいっこうだねェ!!」●REC


  王様だーれだ?




京太郎「…え?また俺?」

京太郎「いや、マジでどうなってるの?俺、明日死ぬの?」

京太郎「それならそれで今を思いっきり楽しまないといけないよな!」

京太郎「ひゃっはー!それじゃ命令だー!!!」

京太郎「真の百合は何気ない日常の仕草から生まれる!」

京太郎「それをこの命令で思い知らせてやる!!」

京太郎「四番が二番の上に座る!無論、次の命令終了までだ!!!」






#kmasht茎
         k(京太郎)    四番
m(照)
a(淡)
s(誠子)
         h(菫)       二番
t(尭深)




京太郎「あれ?」

菫「あれ?じゃない!この大馬鹿!!!!!」

京太郎「あっれー?俺の運命力ならここも華麗に回避して百合を楽しめるはずだったんだけど…」

菫「と言うか、今までにお前が当たらなさすぎたんだ…」

淡「さっきテルーもあたったし、キョータローも当たるのが当然でしょ」

京太郎「うぐぐ…俺の百合を楽しむ計画が…」

菫「と言うか、これどうするんだ…私、京太郎の体重を支え続ける事になるんだが…」

京太郎「あ、大丈夫っすよ。俺、空気椅子出来るんで」スッ

菫「え?」

京太郎「まぁ、座るって命令なんで多少は触れる事にはなると思いますけど」

京太郎「弘世先輩だけに辛い思いをさせたりしませんって」

菫「須賀…」






菫「そんな事言っても今までやった事はチャラにはならんからな?」

京太郎「よーし。じゃあ、この状態でさっきの弘世先輩の動画見るかー」

菫「すがああああああああ!!!!」ナミダメ

照「京ちゃんのお尻に触れた京ちゃんのお尻に触れた京ちゃんのお尻に触れた京ちゃんのお尻に触れた…」

誠子「(アカン…)」



王様だーれだ?




京太郎「誰か酉を確認してくれないか?」

京太郎「ちょっと連続で当たりすぎて怖くなってきた…なんだこれ…」

京太郎「マジで俺だよな?俺なんだよな…?」

京太郎「ま、まぁ、とりあえず…」

京太郎「だからって欲望を抑えるような俺じゃねぇ!!」

京太郎「二番が三番と五番の胸を揉み比べだ!!」

京太郎「勿論、しっかり感想も言ってもらおうか!!」







#tkhmsa裘
t(尭深)
         k(京太郎)   五番
h(菫)
m(照)
         s(誠子)  二番
         a(淡)    三番






京太郎「あれ?」

淡「だから、あれ?じゃないっての馬鹿ーーー!!!」

誠子「どうすんだよコレ…マジでどうするんだ…」

誠子「と、とりあえず…揉むのか?」

淡「うー…!揉むの?」

京太郎「しゃあねぇなぁ」ヌギッ

菫「きゃあああああああ!!」

尭深「~~~っ!」カァァ

照「ろ、録画…録画しないと…」ワタワタ

誠子「つ、つか、お前、なんで脱いで…!」

京太郎「そりゃあ脱がないと揉めないでしょうに」

誠子「そりゃそうかもしれないけど…だ、だからってお前、女の中でそんな…!」カァ

菫「っていうか!私なんて目の前だぞ!!しかも、逃げられない!!」

京太郎「まぁ、その辺はあんまり気にしないでください」

菫「出来るか!と言うか肩の筋肉がっ筋肉が…っ」プルプル

京太郎「あ、弘世先輩が結構やばそうなんで早めにお願いします」

誠子「お前もお前で動じないよな…」

京太郎「王様ゲームなんて開き直って楽しんだ奴が勝ちなんですよ」

誠子「お前が言うと妙に説得力があるよな…まぁ、それはともかく」モミッ

京太郎「ん…どうっすか?」

誠子「…硬い」

誠子「つーか、もめる気がしない」

誠子「なんだこれ。人の体ってこんなに硬くなるもんなのか…」

京太郎「まあ鍛えてますし」

誠子「…そうか。コレが鍛えた男の身体なのか…」モミモミ

誠子「なんだろう…硬いしピクピクしてるし…変なんだけど…」ツンツン

京太郎「興奮します?」

誠子「す、するか、馬鹿!!!」カァ

誠子「じゃあ、次は淡の番だけど…」

京太郎「あ、俺、命令なんで動けないですし、そのままでお願いします」

淡「え、ええええええええ!!!」

京太郎「仕方ないだろ、さっきの命令、終了まで続行なんだから」

淡「そりゃそうかもしれないけど…ってか、それって自分の命令じゃん!!」

京太郎「だからってどうにもなんないっての」

京太郎「とにかく、俺は目を瞑ってるからとっとと亦野先輩に揉まれろ」

淡「し、信用出来ない…!」

淡「キョータローの事だから絶対、目を瞑ったフリしてこっち見るでしょ!!」

京太郎「お前の胸なんて興味ないっての。渋谷先輩ならともかくさ」

尭深「う」カァァ

菫「じゃ、じゃあ、私が須賀の目を隠すから…それで勘弁してくれないか?」

菫「しょ、正直、この状況はもう限界なんだ。頼むからもう解放してくれ…」プルプル

淡「う…まぁ…それなら…」

淡「はぁ…」プチッ

誠子「…お前も大変だな」

淡「…まぁ、なんだか慣れてきました」

淡「それにあっちの弘世先輩よりはマシかなって」

誠子「ま、確かにそうかもな」

菫「どういう意味だ…」

誠子「なんでもないですよ」

誠子「とにかく…命令だから、少しだけだけど揉ませてもらうぞ」

淡「はーい。…優しくおねがいしますね」

誠子「分かってるって」モミ

淡「ん…」

誠子「あー…」

淡「ど、どう…ですか?」

誠子「やっぱ淡の方が柔らかいな」

淡「そりゃそうでしょ」

誠子「後、あっちよりもすべすべしてて手に吸い付いてくる感じ」

誠子「こう手のひらサイズって言うのか…結構あるよな、お前」

淡「というか亦野先輩や菫先輩がなさすぎるんですってば」

誠子「こいつ…っ!」モミモミ

淡「きゃんっ!ちょ…ちょっとって言ったじゃないですかぁ!」

誠子「生意気な事を言った罰ゲームだ!喰らえ!!」

淡「や。ちょ…さ、触り方変!亦野先輩の変態!エッチぃ!」

誠子「いやーお前の胸、暖かくて気持ち良いな」

淡「もーやめてくださいいいい!!!」カァァ

京太郎「弘世先輩!後生です!後生ですからこの手を離してください!!」

菫「誰が離すかあああああ!!貴様には意地でもここに居てもらうからな!!」

京太郎「そんな!あそこには夢の光景が…俺の待ち望んだ理想があるのに…!!」

菫「お前はここで私と沈んでいくんだ…永遠に!!」

菫「それが…あの二人にしてやれる私の唯一の事…!」

京太郎「弘世先輩いいいいいい!!」

菫「須賀あああああああ!!!」

尭深「(…何をやってるんだろう二人とも…)」



  王様だーれだ?




京太郎「弘世先輩には手こずったが未だ王の力は俺の手にある!!」

京太郎「さぁ、命令といこうか!!」

京太郎「2番が1番を高い高い!」

京太郎「持ち上がらない?」

京太郎「皆で応援するから頑張ろうぜ」イイエガオ






#sktham渮
s(誠子)
k(京太郎)
       t(尭深)     一番
       h(菫)      二番
a(淡)
m(照)




菫「…なんだかこの系統の命令って大抵、私があたってないか?」ズーン

尭深「き、気のせいですよ、きっと」

誠子「それにまぁ、逆よりも幾分マシでしょうに」

尭深「ごめんなさい。私、あんまり力がないから…」

菫「まぁ、私だって力持ちって訳じゃないんだけどな」

京太郎「弘世先輩は弓道やってるからな」

菫「うるさい馬鹿」

菫「まぁ、とは言え、尭深よりはマシなのは事実か」

菫「それにまぁどっちかと言えば恥ずかしいのはする側よりもされる側だろうし」

尭深「う」カァァ

淡「あー、菫先輩デリカリーなさすぎー」

菫「す、すまない…だが、淡、それを言うならデリカシーだ」

淡「え?」キョトン

菫「ま、まぁ、ともかくだ」

菫「あんまりダラダラとしているのも時間の無駄だし持ち上げるぞ」

尭深「は、はい。お願いします…」スッ

菫「ん…じゃあ失礼して…」スッ

フニョン

菫「…………」

尭深「…あれ?弘世先輩?」

菫「…尭深、お前は意地悪だ…」

尭深「え…?な、なんでですか…!?」ワタワタ

菫「くそ…私だって…私だって人並みにはあるんだ…」

菫「だけど、こんな…こんな…くそぅ…」シクシク




菫「持ち上げようとした瞬間、何処に指を置くか悩むレベルのサイズとかそんなん考慮してないぞ…」フルフル




  王様だーれだ?




誠子「お、今度は私か」

誠子「なんだかすっげー久しぶりに須賀以外の奴が王様になった気がするなぁ…」

誠子「つってもなぁ…王様ゲームらしいネタなんて粗方出てるしなぁ…」

誠子「うーん…」

京太郎「あ、ネタに困ってるならこれなんてどうですか?」スッ

誠子「なになに…三番が四番の太ももをなめてる間に一番と四番がディープキス?」









#mskhta麻
      m(照)   一番
s(誠子)
      k(京太郎)  三番
      h(菫)    四番
t(尭深)
a(淡)








誠子「………あ」

菫「亦野おおおおおおおおおおお!!!!!」

京太郎「いやー命令ならしょうがないなー」

照「うん…ホント、命令ならしょうがない」

菫「ち、ちょっとまってくれ!なんで二人ともそんな乗り気なんだ!!」

京太郎「だって、さっきの仕返ししたかったですし」サラリ

照「…京ちゃんのお尻に触ったし」ジィ

菫「前者はともかく後者は不可抗力だ!!」

菫「と言うかこれは流石に拒否権発動して良いだろう!」

菫「王様ゲームの枠組みを超えてるぞ!!」

京太郎「同時に考えるからそうなるんですってば」

照「ふとももなめは前にもあったし、キスも何回も出てる」

菫「だからってガチなキスとか受け入れられるかあああああ!!!」

京太郎「大丈夫ですって。女の子同士ならばノーカンですし」キラッ

菫「お前の価値観はそうかもしれないが、私にとっては違うんだ!違うんだぞ!!!」ナミダメ

京太郎「なぁに大丈夫ですって優しくしますから」

菫「優しくされたところでトラウマなのは変わらないんだが!!」

照「大丈夫…すぐに良くなる」

菫「なってたまるかあああ」

照「…菫、うるさい」チュッ

菫「んんっ」ビクッ

照「…れろぉ…はむ」

菫「んふう~~っ」ジタジタ

京太郎「はーい。暴れないでくださいね」グッ

菫「んぐぅっ」

京太郎「こっちもなめないと命令完了になんない訳ですし」レロォ

菫「ひゅぅうっ♪」ピクン

菫「(な、なんなんだ…これは)」

菫「(親友と後輩に身体を押さえつけられて…ファーストキス奪われたどころか…舌までいれられて…)」

菫「(クチュクチュって私の中、動きまわって…なんでこんな…上手…なんだぁ…)」

菫「(まるで私の口の中分かってるみたいに…舌這いずりまわって…だ…め…乳首…ピクンって…)」

菫「ふぁっ…んふゅ…♪)」

菫「(だ、ダメだ…!こ、こんなおかしいシチュエーションで興奮なんかしちゃ…!)」

菫「(それこそ…須賀の奴みたいな変態じゃないか…!!)」

菫「(あぁ…でも…須賀の奴も…私の足…丁寧に…なめてて…)」

菫「(舌の腹まで押し付けるように…ねっとり…ぐっちょり…太もも濡らすみたいに…味わってる…っ)」

菫「(時々、擽るように舌先立てて…凄いやらしい舐め方…ぁ…)」

菫「(上も下もすっごくて…私…私、こんなんじゃ…お、おかしく…なる…)」

菫「(変態に…なっちゃ…うぅ…♪)」



菫「は…ひゅー♪は…ひ…ぃ…♪」クター

菫「あ、あろで…覚えてりょ…よぉ…♪」



※尚、このスレは健全なスレです
エロはありません




誠子「わ、私…か」

誠子「う、うん…そうだな…」

誠子「さ、さっき私の所為で弘世先輩がああなっちゃった訳だし…」

誠子「こ、今度はちゃんとした命令しなきゃな!うん!!」

誠子「そ、それじゃあ四番が一番を押し倒して次の命令終了までそのままの姿勢でいる!!」












#hmsatk激
h(菫)
         m(照)   四番
s(誠子)
a(淡)
         t(尭深)   一番
k(京太郎)





照「…」ゴゴゴゴ

尭深「ひっ」ビクッ




照「…王様に一つ確認するけれど…」

照「押し倒すのは私で良いんだよね?」

誠子「え、えぇ。勿論」

照「…そう。ちなみに…」

照「その過程で何が起こっても『事故』だよね?」

誠子「え、いや…その…」

照「例えば唇がちょっとあたったり…胸をもんだりして…」

照「京ちゃんの前で恥ずかしい姿を見られてもそれは『事故』だよね?」

誠子「それは…」

照「…だよね?」

誠子「は…は…い」ビクッ

照「ふふ…だって…尭深」

尭深「っ!」ビクンッ

照「『事故』は怖いよね?」

照「私だって…京ちゃんにそういうところを見られるのは嫌だから」

照「…だから…そういう事がないように一つ聞きたいんだけれど…」スッ

尭深「あ…う…」

照「…さっきの告白…どういうつもり?」ポソッ

尭深「どういうつもり…って…」

照「…私、余計な事するなって言ったよね?」

照「何度も釘を差してきた意味…尭深だって分かっているでしょう?」

尭深「そ、れは…命令…でしたから…」

照「でも、別に馬鹿正直に答える必要はないはず」

照「初恋なんて経験した事ないって言えば四方丸く収まったって尭深も分かっているでしょ」

尭深「それ…は…」

照「なのに…あんな事言ったって事は…『そういう事』で良いんだよね?」

照「私の『敵』になるって…そういう解釈で良いんだよね…?」

尭深「」ビクンッ

照「…どうなの?」

尭深「わ、私…は…」

尭深「…ゆ…ずるつもりはありません」

尭深「やっと…会えたんです」

尭深「ずっと…ずっと探してたんです」

尭深「だから…怖い…けど…私…は…」

尭深「…宮永先輩の敵に…なります」

照「…………」ジィ

尭深「…っ!」ジィ

照「…………そう。なら…」スッ

尭深「…っ」ビクッ

チュッ



尭深「あ…」ジワッ

照「…今はこれだけで勘弁してあげる」

照「でも…コレ以上踏み込むつもりなら私も容赦しないから」

照「初めてのキスだけじゃない…他のものだって…」

照「全部…全部奪ってやる…」

尭深「そ、それでも…負けま…せん」ギュッ

尭深「だって…須賀くんは…宮永先輩のものじゃないから」

尭深「私にだってチャンスは…まだあるはずだから…」

尭深「…だから…このくらいで…もう怯んだり…しません」グッ

照「…そう」

菫「うーん…うーん」

京太郎「大丈夫ですか?弘世先輩」パタパタ

誠子「(介抱してて目の前の修羅場に気づいていないのは幸か不幸か…)」

誠子「(つか、尭深まで…こんな奴の何処が良いんだろうか…?)」






  王様だーれだ?




尭深「わ、私…?」

尭深「(この状態でまた変な命令を出すと宮永先輩にちょっかいを掛けられかねない…)」

尭深「(でも、上手く宮永先輩に当たればさっきの仕返しが出来るかも…)」

尭深「(ここは…やっぱり…)」

尭深「うーん…うーん…」

淡「たかみー先輩、大丈夫?」

尭深「あ、うん…えっと…それじゃあ…」

尭深「六番が自分の下着を外す。王様ゲーム終了まで着用禁止で」








#tashmk濫
t(尭深)
a(淡)
        s(誠子)    六番
h(菫)
m(照)
k(京太郎)







誠子「……え?」サァァ

誠子「ちょ、待て!こういうのは大抵、淡か弘世先輩の役目だろ!」

淡「役目じゃないもん!!」

菫「勝手にそういう枠に入れるのはやめてくれないか!!」

誠子「い、いや、だって…下着って…下着って」モジモジ

尭深「大丈夫。ロングスカートだから見れない」

誠子「そういう問題じゃないだろ!ノーパンってだけで変態じゃないか!!」

京太郎「大丈夫ですよ。ノーパン健康法ってのもありますし」

京太郎「それに慣れたら気持ち良くなりますって」

誠子「慣れたら変態確定なんだよ馬鹿!!」カァァ

京太郎「でも、さっきファーストキスを奪われた弘世先輩がいる手前、拒否権は使えないでしょう?」

誠子「う…そ、それは…」

京太郎「つまり、亦野先輩に残された道はどれだけ恥ずかしくても脱ぐしかないって事なんですよ!!」バ-z_ン

尭深「…それにさっき私の事を売ったの忘れてないから」ポソッ

誠子「た、尭深…!?」ビクッ

尭深「…脱ぐよね?誠子ちゃん」

誠子「う…う………は…はい…」ガクッ

京太郎「あ、じゃあ、俺出ていきますね」ソソクサ

淡「…なんかキョータローが出て行く手際も良くなってない?」

菫「なんだかんだ言ってもう結構な数だからな…」

尭深「…じゃあ、須賀くんもいなくなったところで…」

誠子「う…なんでこんな事に…」プルプル   ヌギッ

淡「あ、しろーい」

誠子「一々、口に出すなあああ!」

照「…飾り気のない下着、誠子らしい」

誠子「宮永先輩も…も、もうやめてください…」フルフル





誠子「とりあえずスパッツ履いたけどなんか落ち着かない…」モジモジ