※小ネタ

  • 1:とーかときょーたろう-

それは、まだ私が幼かった頃の話……
まぁ、私がまだあまり世間を知らなかったころってところですわね
まだ一も衣も智紀も純も居なかった頃

「とーかさまー」

「とーかさまー」

「よくってよ、よくってよ!」エッヘン

子供たち、と言っても同じ歳の女の子たちと遊ぶのは、公園ぐらいだった
私もお嬢様だけれど公園ぐらいには良く行っていた、そこで私のことをとーかさまと呼ぶのは私のお友達、いやお友達かどうかも怪しいけれど……
けれど、その時は私もその子たちを友達だと思ってたいた
お友達がとーかさまと呼べば、私は機嫌を良くしてアイスやらお菓子やらをあげるから、ですわね
馬鹿なお嬢様と言われればそれまでですけれど……それでもその時、私はそれ以外に友達を作る方法を知らなかった

小山の大将、まさにそんな言葉が似合う私は公園の遊具やら砂場やらを独占していたわけだけど……?

「おいお前、じゃま」

「は?」

その少年は、私の前に立った

「いや砂場だろここ」

「でもわたくしが今は使っていますわよ?」

「砂場の中心じゃなくてはしでやれよ」

「わたくしがはしなんて、ありえませんわ!」ビシィッ

「おまえってバカだよな」

少年にそういわれて、子供のころの私は激怒した
まぁ今思えばそれはバカでしょうけれど、あまりにもストレートに言われたのに激怒しないわけがない
そんな言葉を言われたのは生まれてこの方初めてでしたもの

「なんですって!?」

「ためしになにもあげないでみろよ」

「は?」

「バカはみつかるはずだぜ」

それだけ行って少年はサッカーボール片手に友達と遊びに行く……私はそこに立ち尽くしたまま友達が来るのを待っていた
もちろんすぐに友達は来て、私は少年の言うことを鵜呑みにしてみる
まぁ結果は簡単、数日で遊ぶ相手はいなくなって、部屋に籠ってネトマばかり



だけど一週間もしてから、私は久しぶりに公園に行ってみた

前に友達だった相手もいたけれど、その子たちが寄ってくるわけもない

「おい」

「げっ」

「げっ、ってなんだよ……で、どうだった?」

子供ながらに言っていることの意味はわかった

「バカはみつかりましたわ」

「ふぅん、オレのほう見て言うなよ」

「……かえりますわ」

「……サッカーするか?」

「サッカー?」

「一緒にさ」ニッ

その少年は楽しそうな顔で私にサッカーボールを渡してきた

「……仕方ありませんわね」

私はそれを受け取って一緒にサッカーをすることにしたけれど、もちろんぼろ負け
あまりにも悔しかった私は何度も挑戦して、結果勝てないと思い麻雀の勝負を挑みぼろ勝ちした
まったく子供らしい子供、だったのでしょう

「ずりーよとーか!」

「ずるくありませんわ、わたくしはせいせいどうどうと戦ったまでですわよ、きょーたろう!」

でも正直、あの時はその少年、須賀京太郎にこんな感情を抱くだなんて思ってなかったけれど……



……か……とう……とうか!

透華「?」

京太郎「おう、起きた」

ここは、車?……って顔が近い!

透華「は、離れなさい!」

京太郎「おう悪い」

透華「まったく……」

今日はたしか、ピクニックをしようという話でしたわね

純「もうすぐ着くぞー」

衣「よし、向こうに付いたらなにする!?」

一「体動かしたいよねー」

智紀「私は……別に……」

衣「ふふ~ん♪」

透華「サッカー!サッカーがしたいですわ!」

京太郎「はぁ?」

透華「決定ですわ!」

みんなが、私の友達たちが、笑う

京太郎「そうだな、サッカーするか」

純「おし、スポーツならオレの出番だな!」

一「まぁ、楽しそうだしね」

智紀「……」ダラダラ

衣「うお、すごい冷や汗だ」

ハギヨシ「ボールはございますよ」

京太郎「さすがハギヨシさん!」

透華「行きますわよっ!」ビシィッ!


カン!