霞「さて、みんなの着替えも済んだことですし午前の仕事を分担しましょうか」

霞「二人は文化祭を回りつつ宣伝、集客」

霞「ばらばらでも二人で行動してもいいわよ」

霞「残った四人は接客・お茶入れをします」

霞「基本的に一人一卓、強そうな人が来た場合はその時々で相談ね」

霞「それじゃあ始めましょうか」


京太郎「えーっと、俺の仕事はー」

京太郎「俺と憩さんが集客ですね」

憩「せやね、どこ行こか?」

京太郎「遊ぶ気満々すね」

憩「京太郎くんと遊べるんやから張り切らんとね」ニコッ

京太郎「そ、そうですね」テレッ

憩「あ、京太郎くん照れとるーぅ」

京太郎「照れてません!」

憩「照れとる!」

京太郎「照れてません!」

泉「手いれ取る?」

憩「照れとる!」

泉「ひゅ~どろどろ~」

京太郎「照れてませんってば!」

憩「照れてますーぅ!」

泉「あ、あの……」

京太郎「絶対照れてません!」

憩「ぜーったい照れとる!」

泉「ここまで無視されると……もう……」

京太郎「ん?泉いたのか」

泉「酷くないですか!?」

憩「ひぃっ!」

泉「怖いですよね?そうでしょうそうでしょう」

憩「いつの間に!」

泉「そっち!?手の込んだメーキャップよりも突っ込むところそこなんですか!?」

京太郎「千里山はお化け屋敷だったっけ?」

泉「はい、こっちですよ」

京太郎「面白そうだし行ってみましょうよ」

憩「お、お化け屋敷……」ガクガク

泉「荒川さんはお化け屋敷苦手ですか?」フフッ

憩「そ、そんなことないですーぅ!」

憩「ここやな、一緒にいくで京太郎くん!」グイッ

京太郎「えっ、あっ、憩さん!?」

泉「行ってらっしゃーい」











ヒュードロドロ カァーカァー


京太郎「和風のお化け屋敷ですか、よく用意しましたね」

憩「うぅ……」

京太郎「憩さん?」

憩「ちょっと待ってな、すぐ行くから」ガクガク

京太郎「待ってますよ、ゆっくり行きましょう」

憩「うん……おおきに」

「……ら……し……」

怜「トリプルや!!!」クワッ

憩「ひゃあっ!」ダキッ

京太郎「んんっ!?」

怜「見える……見えるで……」クワッ クワッ クワッ←赤い目

憩「いや、いやぁ……来んといてぇ」ナミダメ

怜「トリプルや!!!」

憩「きゃあぁっ!」ギュッ

京太郎「憩さん!当たってます!」

憩「きゃああっ!」ギュッ

京太郎(小っちゃいけど……ありだな)グッ

怜「ふふっ、ええ仕事したな」ドヤッ



【廊下】

京太郎「落ち着きましたか?」ナデナデ

憩「……うん」ションボリ

京太郎「憩さん、お化け屋敷苦手だったんですね」

憩「ごめんな……」

京太郎「なんで謝るんですか?誰だって苦手なものはあるじゃないですか」

京太郎「元気出して笑ってくださいよ、いつも通り」

憩「これで、ええか?」ニコッ

京太郎「はい、上出来です」ニコッ





憩「……なぁ」

京太郎「はい?」ナデナデ

憩「いつまで頭撫でとるん?」

京太郎「さあ?」

咏「よーっす、おっ仲良さそうじゃん」

憩「まあ……ね」

京太郎「色々あったんだよ」

咏「お化け屋敷の奥にあるベッドでやらかしてきたとかかぃ?」ケラケラ

京太郎「?なんだそりゃ」

憩「やらかっ……///」カァァ

咏「そろそろ戻ってこいってさ、仕事分担しなおすんだと」

京太郎「はいはい、行きましょうか」

憩「うん」

咏「あ、そういや宣伝はしてきたん?」

京太郎「宣伝……だと?」

憩「一応やってたつもりやで」

咏「ふーん、まいっか速く行こうぜー」







京太郎「今度は接客か、どんな人が来るんだろうなー」

郁乃「いらっしゃいませ~、二番の卓へどうぞ~」

京太郎「郁乃さんはああいうのもできるのか」

京太郎「お客さんが来たな、上手く接客しよう……」

煌「コスプレ雀荘とは実にすばらです!」

京太郎(裏声)「いらっしゃいませー」

煌「おや?貴方は準決勝ではお見かけしませんでしたが?」

京太郎(裏声)「今学期から入部したので、お手柔らかにお願いします」

煌「そうでしたか、初心者の方!なるほどすばらです!」

京太郎(罪悪感が半端ねー!)

哩「よろしく」

哩(姫子ば下してバツゲームばさせる!)メラメラ

姫子「よろしくお願いします」

姫子(部長ば倒して罰ゲームばさせる!)メラメラ

京太郎(裏声)「よろしくお願いします」

京太郎(なんでこの二人もいるんだよ!)






京太郎(裏声)「終わり……ですね」

煌「なんともすばら!姫子と部長を相手にトップとは!」

京太郎(裏声)「そ、そうでしょうか?」

煌「はい、たいっへんにすばらです!」グイッ

京太郎(顔近いって!)

煌「さあさあ!それでは罰ゲームを!」

哩「遠慮なく」

京太郎(裏声)「えーっと、それじゃあ……」





京太郎(裏声)「おしりペンペンで」

煌「な、なるほど……」

姫子「花田がすばら言わん!?」

哩「おしりペンペン……よか」コウコツ

姫子「ぶ、ぶちょー!?」

京太郎(裏声)「卓に手をついておしりを出してください」

哩(この命令される感じ……たまらん)

京太郎(……ごくり)

京太郎「いきますよー」ペシッ

哩「んっ」

ペシッ

哩「あっ」

ペシッペシッペシッ

哩「あっ、あっ、んんっ!///」

姫子「ぶちょー……」

京太郎(やばい、白水さんがすごくエロい)ペシッペシッ

哩「もっと!もっとぉ!」

煌(あ、あわわ、なんということでしょう……ん?)

煌「ウィッグ?」

京太郎「なにっ!」

姫子「急に声ば低くなった?」

煌「というか、貴方は須賀さんではありませんか!」

哩「つぎぃ、はやくぅ……」ビクン

京太郎「やばっ!」

煌「まあ、騙される方も騙される方ですからね。ここがコスプレ雀荘ということを失念していました」

煌「ただ、姫子には注意した方がいいですよ」ボソッ

京太郎「えっ」

姫子「」ゴゴゴゴゴ

哩「つよくぅ、つよく……っ」ビクンビクン

京太郎「……あーこれ無理だわ」






京太郎「亀甲縛りの刑ってなんでだよ」

京太郎「次も接客か、頑張って行こう」

ゾロゾロ

京太郎「早速お客さんが来たな」

京太郎(裏声)「いらっしゃいませー」






穏乃「お願いします!」

初美「よろしくですよー」

梢「宜しくお願いします」

京太郎(裏声)「よろしくお願いします」

初美「須賀くんはいないのですかー?」

京太郎(裏声)「外回りの方に行ってますので」

穏乃「お姉さん、大阪の人なのに関西弁じゃないんですね!」

京太郎(それはお前もだろ!)

梢「そうですね、不思議です」

京太郎(あんたもでしょ!?)

京太郎(裏声)「あ、あはは、じゃあ始めましょうか」








初美「和了れなかったのですよー」

穏乃「お姉さん強いですね!どうしてそんなに強いんですか!」

京太郎(裏声)「え、いや……」

梢「負けてしまいましたか……」

穏乃「落ち込まないでくださいよ!まだ次がありますから!」

梢「そう……ですね、ありがとうございます」

初美「それで罰ゲームはどうするんですかー?」






京太郎(裏声)「罰ゲームをするので、ついてきてください」キリッ

梢「はいっ!」ビクッ

梢(何でしょうか……今の)

梢(まるで殿方のような……でもこの方はどこからどう見ても女性の方ですし……)カァァ

京太郎(裏声)「離れると危ないので」ニギッ

梢「はうっ///」

梢(この方の手、とても逞しい)

梢(でも私をどこへ連れて行くつもりなのでしょうか?)

京太郎(裏声)「着きました」

梢「ここは……?」

梢(人気が無い、ここって……まるで……いやでも私たちは女性同士ですし、そんな……)カァァ

京太郎(裏声)「こちらを向いてもらってもよろしいでしょうか」

梢「!」ドキッ

梢「はい……」ドクンドクン

梢(これが告白、というものなのでしょうか……)ドクンドクン

京太郎(裏声)「これが俺の正体のハンサム顔だ!」ババーン!

梢「」ポカーン

京太郎「」ババーン!

京太郎「さ、帰りましょうか」


京太郎(裏声)「お待たせしましたー」

穏乃「あ、ありがとうございましたー……」イソイソ←一部始終を見てた

初美「なのですよー」イソイソ←上に同じ






京太郎「……なんかさっきの対局で変な感じがしたけど……まいっか」

京太郎「放課後はどうしよっかな」





霞「京太郎くーん、片づけ手伝ってくれるかしらー」

京太郎「今行っきまーす!」

京太郎「コスプレのまんまなんすね」

霞「着替えるのも面倒くさいからね」

京太郎「俺は何をすれば?」

霞「そうね……誰か適当な人を手伝ってくれる?」

京太郎「了解です!」

霞「よろしくね」






咏「んしょ、んしょ」

京太郎(ダンボールを棚の上に乗っけようとしてるけど高さが足りねえのか……よし)

京太郎「咏、手伝おうか?」

咏「ふんっ」プイッ

京太郎「まだ怒ってんのか?」

咏「当たり前だろ、バカ」ツーン

咏「それにお前の手助けなんかいらねーっつうの」

京太郎「あれはごめん、って」

咏「もういいからあっち行けよ」

咏「んしょっ!」

ダンボール山「」グラッ

京太郎「あぶねえっ!」





京太郎「咏っ!」ダッ

咏「――――っ!」

ドサッドサドサッ

霞「咏ちゃん!?」

京太郎「いっつっつ……」

咏「京太郎……?」

京太郎「怪我、ねえか?」

咏「お、おう……」

郁乃「二人とも大丈夫……はっ!」

憩「ふ、二人とも、それは大胆すぎるっちゅうか、その……」モジモジ

京太郎「へ?」

咏「は?」

京太郎「…………」←咏を押し倒してる

咏「…………」←京太郎に押し倒されてる

京太郎「あっ、えーっと……」

咏「……」カァァ

咏「はっ!はやく離れろ!」

京太郎「すまん……」

咏「ふんっだ!」プイッ

京太郎(はぁ……なんでまたこうなるんだよ)



咏(……京太郎)

咏(私が京太郎とそんなことになるなんて……まだ百年も先だよな)

咏(……素直になりてえな)

咏「……ありがとよ」ボソッ







京太郎「さーてと、もう夕方か」

京太郎「どこいこっかなー」

京太郎「勉強するか」

京太郎「街に行けば今日文化祭に来てた人とも会えたかもしれなかったけど、宿題出てるしな」

京太郎「大人しく行こう」

京太郎「……誰か誘ってみよっかな」





京太郎「早速この問題から解いてみよう!」

ポキッ

京太郎「うっ、芯出しすぎたか、もう一回!」

ポキッ

京太郎「失敗失敗、やり直しだ」

ポキッ

京太郎「えい!」

ポキッ

京太郎「……」

ポキッ

京太郎「……メゲるわ……」






京太郎「メゲずにもいっかい!」

京太郎「不屈の闘志の京太郎に敵はない!」

京太郎「今度は課題のプリントを片付けるぞ!」

カキカキ

京太郎「ふむふむ」

カキカキ

京太郎「なるほどなるほど」

カキカキ

京太郎「うっし!完成だ!」

京太郎「不屈の闘志の京太郎に敵は無いんだぜ!ヒャッホー!」カチャッ

京太郎「……ん?」

コーヒー「」ドバァッ

京太郎「…………」

京太郎「嘘……だろ……」





京太郎「あーもうなんかもう!やってられないんだぜ!」

【一日目】終
















【10月第2週 休日】

【三箇牧・千里山合同文化祭】

【二日目】


京太郎「今日は千里山の方でやるんだよな」

京太郎「ちょっと早めにでてくか」


京太郎「千里山まで結構かかるんだよな」

京太郎「そういえば前の体育祭のときは泉と行ったっけ?」

京太郎「あ、でもあれは三箇牧か」

セーラ「なーにブツブツ言うとんのや?」パシッ

京太郎「痛っ!って、江口さんですか」

セーラ「須賀と会うんは久しぶりやな」

京太郎「話すのは体育祭以来ですね」

セーラ「いっつも竜華とか怜とかとおるからなー、たまにはオレとも話そうや!」

京太郎「そうですねーじゃあ何について話しましょうか」

セーラ「んーせやなー」


セーラ「せや、オレトランクス派なんやけど―――」ムグッ

京太郎「女の子が下着の話を男子にするものじゃありません」

セーラ「オレはオトコや!」

京太郎「いえ、どこからどう見ても女の子です」

京太郎「……そういえば、江口さんは文化祭でなにやるんですか?」

セーラ「オレは大道具作ったで!」

京太郎「妖怪とかにはならなかったんすか?」

セーラ「あ……それは……やな」ポッ

京太郎「のっぺらぼうとか?」

セーラ「せやったら良かったんやけど……化け猫なんや」

京太郎「化け猫?」

セーラ「ネコ耳にしっぽ付けて、襲い掛かるいうやつなんや」

京太郎「あー、憩さんみたいな感じですか」

セーラ「浩子に無理やり着せられたんや……」

京太郎「でも結構似合いそうですけどね」

セーラ「似合わん似合わん」プイプイ

京太郎「江口さん元が可愛いから似合うと思うんだけどなぁ」

セーラ「!」バッ

セーラ「かっかわい!?」

京太郎「江口さん可愛いなぁって」

セーラ「……~~~!」カァァ

セーラ「須賀のアホー!」ダダダダダダダ

京太郎「ええええええっ!」

京太郎「何で逃げるんすか!待ってくださいよ!」

セーラ「嫌やー!」ダダダダダダ





京太郎「準備も終わったし、二日目も頑張るぞ!」

京太郎「接客かー」フヘー

京太郎「また裏声でやらなきゃなんだよな……」

霞「あ、そのことなんだけど『チャンピオンはいないんですか!』っていう人がいっぱいいてね」

霞「人寄せパンダってことでウィッグは取ってやって頂戴」

京太郎「制服はどうするんです?」

霞「うちはコスプレ雀荘よ?何言ってるのかしら」

京太郎「」


京太郎「裏声出さないでいいってのは楽だな」

京太郎「お、誰か来たな」

京太郎「いらっしゃいませー……え」

菫「……あ」

菫「…………」マジマジ

菫「そうか、つまり君はそういうやつだったんだな」

京太郎「エーミールですか!」

はやり「あっ!理沙ちゃん理沙ちゃん!須賀くんがいるよっ☆」

理沙「久しぶり!」プンスカ

菫「瑞原プロに……野依プロ!?」

京太郎「どうも、お久しぶりです」

菫「おい、この二人と知り合いなのか?」ボソボソ

京太郎「ええ、まあ」

菫「…………」

菫「私にはお前のことがわからないよ……」



「京ちゃん!危ないよ!」

「ばか!見捨てられねえだろ!」

「京太郎!」


京太郎(……なんだ、今の)

京太郎(咲とモモの声が聞こえたような……)

京太郎(あっ、俺の番か)トン

はやり「ロン、12000」

京太郎「まだ一巡目ですよ!?」

はやり「人和じゃないだけラッキーだったよ」

京太郎「跳満でも十分アンラッキーなんですけどね」

理沙「ドンマイ!」プンスカ

京太郎「ありがとうございます」

京太郎「じゃあ次行きましょうか……」



理沙「ロン!」

京太郎「ハコワレ……」

菫「まあその……なんだ、すまなかった」

理沙「ごめん!」プンスカ

はやり「ごめんね」

京太郎「いえ、俺が弱いだけですから……」

京太郎「罰ゲーム、どうします?」

はやり「そういえばそんなルールだったね、それじゃあ……」




はやり「ねーねー、理沙ちゃんブログやってたよね?」

理沙「一応!」プンスカ

はやり「菫ちゃんは?」

菫「わっ、私ですか!?」

はやり「うんっ☆」

菫「い、一応やっております」

はやり「それじゃあ須賀君への罰ゲーム!」

はやり「はやりたちとツーショットを撮ってブログにアップするよっ☆」

京太郎「それって、この状態で……ですか?」

はやり「もちろん☆」

京太郎「……わかりました、いいですよ」

はやり「まずははやりからだよ!」

理沙「撮影!」プンスカ!

はやり「ほら須賀くん、もっと近くに!」ムギュッ モニュッ

京太郎「Oh……」

京太郎(なんたるおもち!なんたる巨乳よ!まさにこれは母のめぐみ!)

理沙「チーズ!」プンスカ!


はやり「うん!いい笑顔だね!次は理沙ちゃん!」

理沙「近く!」ムギュッ フニュッ

京太郎(これもまたはやりさんではないほどだがやわらかく、すばらなおもち!)

はやり「はい、チーズ!」パシャッ


はやり「さーさー次は菫ちゃんだよ!」

菫「は、はい……」

はやり「ほらほらもっと近くに寄って!」プッシュ

菫「うぐっ」フニュッ

京太郎(これもなかなかのなかなか……)

理沙「チーズ!」プンスカ!



はやり「いい写真が撮れたよ!それじゃあね須賀くん!」

理沙「バイバイ!」

菫「じゃあな」

京太郎「はい、またのお越しを!」ニコニコ








京太郎「いい罰ゲームだった、実にいい罰ゲームだった」



京太郎「今度は俺と霞さんで集客ですか」

霞「よろしくね」

京太郎「じゃあどこ行きましょうか?」

霞「うーん、今日は体育館かしらね」

京太郎「ライブ会場ですか」

霞「生徒さんがいっぱいいると思うから行ってみましょう」




キーミート ハイ! イッショガイチバン!


霞「みんな楽しそうね」

京太郎「ですねー」

ザワザワ ワーワー

霞「段々人が増えてきたわね」

京太郎「はぐれないように気を付けてくださいよ?」

霞「京太郎くんこそね」

京太郎「もちろんっすよ」

霞「ふふっ……んっ」

京太郎「どうしました?」

霞「い、いま……誰かが、その……ぅっ!」モゾモゾ

京太郎「大丈夫ですか!?」

霞「大丈夫だから、楽しんでて」ハァハァ

京太郎「……ひょっとして、痴漢、とか?」

霞「」コクッ

京太郎「……それじゃあ出ましょうか、気分悪いですよね」

霞「……もうどこかに行ったみたいだから、大丈夫よ」

京太郎「そうですか……」

霞「ほら、もっと楽しみましょう?」ニコッ

京太郎「……はい」




京太郎「霞さん、無理しなくていいんですよ」

霞「大丈夫だから、ね?そろそろ帰りましょうか」

京太郎「……はい」

桃子「あ、京太郎!」

京太郎「モモ!?」

桃子「一か月ぶりっすね!」ムギュッ

京太郎「モモ、当たってる当たってる!」

桃子「わかってないっすねー、当たってるんじゃなくて、当ててるんすよ」ニコッ

京太郎「……」ゴクリ

霞「京太郎くん?」ゴゴゴゴゴ

京太郎「すみません霞さん、こいつ幼馴染なんですよ」

霞「わかってるわよ」ムギュッ

京太郎「はあっ!?」

京太郎「霞さん!当たってますよ!」

霞「当ててるの♪」

桃子「むむっ、私に対抗するとでも?」

霞「知らなかった?京太郎くんは年上好きなのよ」

桃子「本当っすか!」

京太郎「年齢なんて関係ねーよ」

桃子「それ見ろっす!京太郎はおっぱいが好きなんっすよ!」

京太郎「モモ、公衆の面前で何言ってんだ!」

霞「おっぱいでも私の方が勝ってるけどね」

桃子「ぐぬぬ……とにかく私は負けないっすからね!」

京太郎(なんかすっごい満足感)







照「…………」

京太郎「いらっしゃいま……せ」

照「……京……」アワレミ

京太郎「……はい」※女子の制服

照「に、似合ってると思う……よ」

京太郎「顔引き攣ってんぞ」

智葉「宮永照!」

照「うわ……」

智葉「ここであったが百年目!」

照「インターハイで打ったじゃん」

桃子「あっ!」

桃子「ここで会ったが百年目っすね!」

照「それもう聞いた」

桃子「ふっふっふ、今日こそは負けないっすよ」

智葉「私もだ、はやく打とう」

照「…………」

京太郎「なーに突っ立ってんだ?はやく卓につけよ」

京太郎「打とうぜ、麻雀」





京太郎「うがー勝てねー!」

桃子「ふふっ、やっぱり私には遠く及ばないみたいっすね!」

京太郎「結構僅差だったじゃねえか」

智葉「…………私って何なんだ?」

照(京とモモ……懐かしい)

照(でも、足りない)

京太郎「そうだ照、罰ゲームはどうするんだ?」

照「罰ゲーム?」

京太郎「辻垣内さんに何か一つ罰ゲームを与えていいんだぜ」

智葉「もういい!何でも来い!」

照「ん……じゃあ……」




照「ここに寿司がある、食べて」

智葉「寿司、だと?」

照「辻垣内さんが好きそうな大トロだよ」

智葉「確かに、確かに好きだが……」

京太郎「どーせわさびを入れてあるとかなんだろ」

照「ぎくっ」

桃子「そういえば出店にわさび大量寿司が売ってたっすね」

照「ぎくぎくっ」

智葉「やはり裏があったわけか」

照「ぎくぎくぎくっ」

照「ばれてしまっては仕方がない、さあ食べようか」アーン

智葉「や、やめろ!」

照「食べちゃえば終わるから、ね?」

桃子「それ食べてる人、確か思いっきりむせて死にかけてたっすよ」

智葉「っ、それ見ろ!」

照「ルールは従うためにあるんだよ」グイグイ

智葉「そのルールを知らなかったお前が言うな!」

照「あ、UFOだ」

智葉「なにっ!どこだ!」

照「えいっ」ヒョイ

智葉「」パクッ

智葉「…………」

智葉「げほっ、げほっ!」

智葉「からっ!みずっ!げほっ!水をくれ!」

京太郎「はい、ただいま!」

智葉「がはっ!ごほっ、けほっけほっ、おえっ」

桃子「うわぁ……」

照「つ、辻垣内さん大丈夫?」

智葉「ごほっ、けはっ、ぜぇ、はっっ!」

京太郎「大丈夫ですか!これ、飲んで」

智葉「んっ、んぅ……はぁ、はぁ……」

照「……ごめん」

智葉「いいんだ、負けた私が悪いんだ……」

智葉「須賀も、すまなかったな。もう帰るよ……」トボトボ

京太郎「辻垣内さん!」

照「…………」ズーン




照「……ごめん」

京太郎「謝るなら辻垣内さんにだな」

桃子「私も行ってあげるっすよ」

照「うん、行こう」

京太郎「……照!」

照「……何?」

京太郎「お前が戻ってくるの、待ってるから!」

照「…………」

照「私に勝てたらね」



京太郎「もうすぐ文化祭も終わりか」

京太郎「後は投票結果の発表とキャンプファイヤーだけ」

京太郎「最後まで楽しもう!」


放課後

京太郎「霞さーん、俺何すればいいっすかー」

霞「特にすることもないし、どっか適当にぶらついて来なさいな」

京太郎「いいんですか!」

霞「京太郎くんのおかげでプロが二人も来たんだもの、それに照ちゃんも」

霞「さ、行ってきなさい」

京太郎「ではお言葉に甘えて行ってきまーす!」




京太郎「適当にぶらつくっつっても女子高だし何もないよなー」

京太郎「……女子更衣室にでも忍び込むか?」

京太郎「いやいや、それは違う、違うようん」

京太郎「……暇だ」

恒子「およ?」

京太郎「……あっ」

恒子「君……確かー」

京太郎(福与アナ?どうしてここに?)

えり「福与アナ、一体何を?」

京太郎(針生アナまで?)

恒子「ねーねー針生アナ、この子誰だっけ?」

えり「この子?うーん……」マジマジ

京太郎(おお、なんかいい匂いがする)ドキドキ

恒子「気になるよねー」マジマジ

京太郎「って!俺ですよ!須賀京太郎!会ったことあるじゃないですか!」

恒子「須賀?……あー電話帳にあったよーなないよーな」

えり「ああ、男子個人戦チャンピオンの」

京太郎「そうです!その須賀です!」

恒子「そういえばいたねーそんなの」

京太郎「そんなのって……」

えり「福与アナ、この際ですし最後は須賀くんでいいんじゃないんですか?」

恒子「だね!さっさと済ませちゃおう!」

京太郎(針生アナの方が年上だったよな……?)

京太郎「取材って何のですか?」

えり「最近の高校生事情とかですね」

京太郎「恋愛とか部活とか?」

恒子「そーそー、恋愛が真っ先に出てくるあたり須賀くんもそっちの人間なんだね!」

京太郎「そっちってどっちですか」

恒子「針生アナとは逆の方!」

えり「」イラッ

京太郎「失礼ですよね思いっきり」



恒子「というわけで体育館裏!」

えり「いやなんでですか」

恒子「ほらナイショの話は体育館裏でって言うでしょ!」

京太郎「女子高なんで頻度は少ないですよ」

恒子「あ、そだねー」

京太郎(針生アナがいるとツッコミ楽だな)

えり(須賀くんがいるとつっこまなくてもいいんですね……)



恒子「そんじゃこっち側の須賀くんには恋愛事情を訊いちゃおうかな!」

京太郎「だからこっちってどっちですか」

恒子「そんでどうなの?好きな子いるの?」

恒子「麻雀部の子だったりする?それとも千里山の方?ひょっとして遠距離?」

えり「福与アナ、がっつきすぎですよ」

恒子「こんくらいの距離感がいいんだよ!それでどうなの?」

京太郎「好きな人……ですか」

えり「いるかいないかで十分ですよ」

恒子「どーせなら誰かとか訊きたいなー」

えり「プライバシーは大事ですよ」

京太郎(好きな人なんて考えたことないしなー)

京太郎(……何て答えよう)




京太郎(好き……恋愛の好きとは違うけど)

京太郎「幼馴染が好きです」キリッ

えり「幼馴染さん……ですか」

恒子「確か宮永照と宮永咲ともう一人……誰だっけ?」

えり「東横選手ですよ」

恒子「あ、あーいたねそんなの」

京太郎「影が薄いからわからないですよね」

恒子「そーそー」

えり「だから失礼ですってば」

恒子「じゃあ須賀くんは幼馴染三人でハーレムを作ろうと画策している、と」

京太郎「根も葉もないこと書かないでくださいよ」

恒子「根はあるよ根は!」

えり「葉がなければだめです」

恒子「ぶー」

京太郎「なんだか姉妹みたいですね」

恒子「私と姉妹だったら針生アナはストレスで死んじゃうよ」

えり「自覚があるのなら自重してください」

恒子「あっはっは、私ってバカ!」

えり「そっちの自嘲じゃないです」

恒子「それじゃー次ね」






恒子「じゃあさ!須賀くんがプロで付き合うなら誰?」

えり「そんな内容でしたか?」

恒子「気になるじゃん!すこやんにも頼まれてたし!」

えり「はぁ……」

恒子「で、どーなのどーなの?」

京太郎「えっ、えぇぇ……」

えり「無理して答えなくていいですからね」

恒子「そんなんだから針生アナは生き遅れるんですよー」

えり「なっ、福与アナだって彼氏いない歴=年齢じゃないですか!」

恒子「針生アナこそずっと女子校通いの箱入り娘!」

えり「どうしてそれを!」

恒子「ウ○くる!?でやってた!」

えり「フリーじゃないですから出てませんよ」

恒子「あそっかー」

えり「」イラッ

京太郎(大変そうだなー)

恒子「そんで誰なの?」






京太郎「針生アナ、じゃだめですか?」

恒子「えっ」

えり「えっ……」

えり「えっ?」

京太郎「なんで二回も聞き返したんですか」

えり「まず確認しましょう、質問内容は?」

恒子「プロで付き合うなら誰?」

えり「それに対する須賀くんの回答は?」

京太郎「針生アナじゃだめですか?」

えり「」テレッ

恒子「あれ?針生アナ照れてない?照れてなくなくなくなくない?」

えり「照れてませんから!大体なんで『プロで』と訊いたのに私なんですか!」

京太郎「プロ以上に針生アナの方がかっこいいと思ったので……」

京太郎「テレビで見るときはいっつもキリッとしてますし、今みたいに福与アナを上手く抑えてるじゃないですか」

恒子「むむっ、その言いぐさだと私が馬かなにかみたいだね」

えり「お馬鹿さんですからね」

恒子「むむっ」

京太郎「スタイルいいし、顔も可愛いです、というか綺麗ですし」

京太郎「それでいて苦労人で、頼りになってそこに惹かれるっていうかなんというか……」

恒子「つまり須賀くんは針生アナのヒモになりたい、と」

えり(ヒモ……聞こえは悪いですけど一生一緒に……ってことですよね)

えり(ということは……その……)カァァ

恒子「おや?針生アナも満更でもない感じ?」

えり「ば、バカ言わないでください!もうっ!」カァァ

京太郎「クールそうな針生アナもそんなに顔赤くしたりするんですね、可愛いです」

えり「」ボンッ!

恒子「お、おう……やるねぇ」

京太郎「あれ?今何かおかしなこと言いました?」

恒子「無自覚か……」

えり「……可愛い……私が……えへへ……///」

恒子「ありゃりゃ、針生アナがポンコツになっちゃったからここまでだね」

恒子「それじゃあまたどこかで遭おう!」

京太郎「はい、さようなら」

恒子「いい返事だな!ほら行きますよ」

えり「…………えへへ」

京太郎「福与アナも敬語は使うんだな……ってそりゃそうか」

京太郎「そろそろ体育館に行くか」









「麻雀部対決の結果はーーー!」


「18%三箇牧、82%千里山ということで!」

「千里山女子高校麻雀部の勝利ィィィイイイ!」



京太郎「……負けたか」

霞「京太郎くん、ここにいたのね」

京太郎「霞さん、その……すみませんでした」

霞「京太郎くんの責任じゃないわよ、それで千里山の方の要求なんだけど」

『練習のために男子チャンピオンをレンタルできる権利』

京太郎「えっ、何すかそれ」

霞「権利って言ってるからいつでも何回でも使えるのよね」

京太郎「ええっ」

霞「まあそういうルールと日本語だからね、休日に来てくれればいいって」

京太郎「えええっ」

霞「平日にも何回来てもいいけど、毎月最低一回は来るように、ですって」

京太郎「拒否権は……」

霞「諦めなさい」

京太郎「…………」

京太郎「そんなのないっすよおおお!」




京太郎「気を取り直してキャンプファイヤーだ!フォークダンスだ!」

京太郎「前半は校外の人も参加するらしい、後半は校内の人で踊るそうだ」

京太郎「俺も参加するぞ!」

京太郎「さーて相手はいないかなー」キョロキョロ

京太郎「おっ、あの人は……!」





京太郎「針生アナー!」

えり「」ビクッ

京太郎「また会えましたね!」

えり「私はあれですからね!ただ取材のために来たので!」

京太郎「福与アナはいらっしゃらないみたいっすけど?」

えり「あぅ、そ、それは……」

えり(言えない!須賀くんにまた会えるかもと思って来ちゃいました、なんて)テレッ

えり(それに須賀くんだってクールな私がす、すすす好きって言ってくれたんですから、そんな浮ついたところなんて……)カァァ

えり(でも、あそこまで言ってくれたんですし……)モジモジ

えり(未来のある須賀くんに私みたいな年増が近づくなんて恐れ多い……)ズーン

京太郎「じゃあ、取材ついでと言ってはなんですけど、一緒に踊りませんか?」

えり「はい!よろこんで!」ニコッ

えり「えっ」

京太郎「えっ」

京太郎「まあ踊りましょうか」

えり「……はい」



えり「…………」カァァ

京太郎(フォークダンスっつっても案外暇だなー)

京太郎(なんか話しかけてみるか)

京太郎(そういえばさっきから顔赤いよな)

京太郎(福与アナが言うには箱入り娘だったらしいし、高橋真○アナみたいな感じだったのか?)

京太郎(いや、なんかイメージ違うな)

京太郎(男が苦手だからなのかな……?)ウーン

えり(須賀くんがさっきからずっと見てきます……)カァァ

京太郎(また赤くなってる、ひょっとして体調が悪いからなのか?)

えり(私の顔に何かついてるんでしょうか……?)

京太郎「あのー針生アナ?」

えり「はい、なんでしょうか?」

京太郎「さっきから顔赤いですけど、大丈夫ですか?」

えり(赤い……私ったらまた須賀くんを意識して……)カァァ

京太郎「ほらまた、ちょっと失礼しますね」スッ

えり「えっ?」

ピタッ←頬に手を当てる

えり「……~~~~ッ!」カァァーッ

京太郎「やっぱり熱いですね、風邪とか?」

京太郎(ほっぺやわらけー)

えり「か、風邪じゃないですから!大丈夫です!」

京太郎「あ、そうですか」

えり「はい、なので続きを」

京太郎「わかりました、でも無理なようなら行ってくださいね」

京太郎「針生アナが倒れたりしたら一大事なので」

えり「……お気遣いありがとうございます」

京太郎「どういたしまして」

えり(男の人はオオカミだとお母さんに言われてましたけど……優しいじゃないですか)





京太郎「ようやく終わった……」

京太郎「針生アナの手もほっぺもやわらかかったなー、なんか幸せだ」

京太郎「他は誰がいるのかな?」

憩「あ、京太郎くーん!」

憩「探したで!ウチと踊らへん?」

京太郎「いいですけど、後半でもよかったのでは?」

憩「わかってないなー、ここで踊るからこそウチらの仲良しさがアピールできるんや!」

京太郎「ああーなるほど」

京太郎「わかってないですけどわかりました、それじゃあ……」スッ

京太郎「お手をどうぞ、お姫様」ニコッ

憩「もう、京太郎くんはキザやなぁ」

京太郎「そうですかね?」


憩「~♪」

京太郎「楽しいですか?」

憩「もちろん!」

京太郎「でも明日から学校なんですよね……」ズーン

憩「せやな……」ズーン

京太郎「なんで振替休日とかないんでしょうか……」

京太郎(学校と言えば、憩さんの試験の結果ってどうだったんだろうか)

京太郎(前は照も憩さんも学年一位だって言ってたよな)

京太郎「そういえば、試験の結果って?」

憩「ウチの?」

京太郎「はい」

憩「あー……ウチは学年7位やったんよ」

京太郎「7位、ですか」

憩「うん、せやからお父さんに怒られてな、連れ戻されてもうた」

京太郎「…………そうなんですか」

憩「元々勉強は頑張るって条件やったから当然なんやけどね、あはは」

京太郎「じゃあまた試験で頑張れば戻ってくるってことですよね」

憩「さあ、わからん」

憩「多分無理や、お父さんが許してくれへんさかい」

京太郎「そう……ですか」

憩「でも麻雀部の活動はオッケーやから、そないにしんみりせんでええんよ?」

京太郎「ですね、じゃあもっと楽しみましょうか」

憩「……お手柔らかにな」



京太郎(……なら、どうして秘書さんの話をしたときに誤魔化したんだ)

京太郎(俺の思い違いだったのか……?)

「おっとごめんよ」ドンッ

京太郎「えっ」

憩「へ?」

チュッ

京太郎「……っ」

憩「……ん!」ムグッ

京太郎「す、すみません!」バッ

憩「こ、こっちこそ!」バッ

京太郎「…………」カァァ

憩「…………///」カァァ

憩「……その、ごめん、先帰るわ!」ドヒューン

京太郎「あっ、憩さん!」

京太郎「…………二回目、か」

京太郎「そろそろ後半だな、次は誰がいるかなー」








京太郎「絶対憩さんも嫌がってるよな……もうやだ」

エイスリン「ドシタノ?」

京太郎「エイスリンさん、いえなんでもないですよ」

エイスリン「ソーナノ?」

京太郎「そーなんす」

京太郎「エイスリンさんは一緒に踊る人とかいないんですか?」

エイスリン「ボッチダカラネ……」

京太郎「それじゃあ……」スッ

京太郎「Shall we dance?」

エイスリン「Sure!」




エイスリン「チャッチャカチャンチャン♪」

京太郎「楽しいですか?」

エイスリン「ウン!」

京太郎「そういえば、エイスリンさんの夢って何なんですか?」

エイスリン「ユメ?」

京太郎「dreamです、眠らない方の」

エイスリン「フムナル!」ポンッ

エイスリン「artist!」

京太郎「あー画家、ですか」

エイスリン「!」グッ

エイスリン「…………!」カキカキ バッ!

|ベレー帽を被る大きな男の人、エイスリンの絵|

京太郎(でかっ!3mくらいないか!?)

京太郎(大きな男の人……お父さん?でもすごく大きいよな……)

京太郎「あっ、おじいさんに教わるってことですか?」

エイスリン「」コクッコクッ

京太郎「エイスリンさんのおじいさんは画家なんですね」

エイスリン「エッヘン!」

京太郎「じゃあ、いつかはエイスリンさんともお別れしないといけないんっすね」

エイスリン「…………ァ」

京太郎「…………」

エイスリン「……イヤダ」シュン

京太郎「俺も……です」

京太郎「だからこそ、今このときを楽しみましょうよ」

エイスリン「…………」コクッ

京太郎「Continue to dance!ですよ!」ニコッ

エイスリン「!」パァァ

エイスリン「Enjoy now!」ニコッ

京太郎「その意気です、頑張りましょう!」

エイスリン「オー!」

京太郎(何この青春してる感)





京太郎「そろそろ終わりも近い、か」

京太郎「最後は誰と踊ろっかなー……っとあれは……」

京太郎「おーい咏ー!」

咏「おっ、京太郎!」

京太郎「よかったら一緒に踊んねえか?」

咏「へっ、京太郎がナンパかーでっかくなったじゃん」

京太郎「お前がちっちぇんだよ」

咏「なんだとー!」ウデグルグル

京太郎「効かぬ!効かぬぞ!」アタマオサエ

咏「ぬおー!」ススメナイ

京太郎「はっはっはー!」





京太郎「文化祭どうだった?」

咏「まー良かったんじゃないの?知らんけど」

京太郎「知らんって……」

京太郎「そういえばよ」

咏「んーなんだー?」

京太郎「機嫌直ったんだな」

咏「まーなー」

咏「あ、だからっつってもお前を許したわけじゃないかんな!」

京太郎「わかってるよ、悪かった」

咏「あんな服見たら誰でも引っ張るに決まってんだろ、しゃあねえんだよ」

京太郎「そんなもんかなー」

咏「そんなもんなんじゃねえの?あっはっは!」

京太郎「まあ実際お前の裸見たところでなーんも思わねえけどな!」

咏「あっ!お前それは許さねえかんな!」

京太郎「へへっじゃあ俺に追いついてみやがれ!」ドヒューン

咏「せっけー!待てよー!」

京太郎「いーやだーねー!」






京太郎「学校終わりー!」

京太郎「今日は部活で打ち上げもあるらしいけどどうしよっかなー」