【16日目】

京太郎「朝か、財布が軽いや……ははっ」

京太郎「どっかに落ちてないかな……」


午前

京太郎「現在朝7時、待ち合わせは9時」

京太郎「懐は……」

京太郎「どうにかして稼げないかな」



京太郎「落ちてないか探しに行こう」

京太郎「チャンピオンが何やってんだろうな」



京太郎「ひーふーみー」

京太郎「480円か、拾えただけ十分だよな」

京太郎「待ち合わせまであと1時間」

京太郎「まだできることはある!」




京太郎「雀荘に行ってみるか」

京太郎「これでも一応チャンピオンなんだ」

京太郎「どれだけ稼げるか試してやるぜ!」



京太郎「よろしくお願いします」

男A「あんた、そのお面外してくんねえか?」

男B「集中できない」

京太郎「す、少しわけがありまして」

男C「まあ、いいだろ、早く始めようぜ」



一位 京太郎 188
二位 男B 132
三位 男A 97
四位 男C 34 トビ




男C「なんつー火力だよ」

男B「しかし、その打ち筋どっかで見たような……」

京太郎「気のせいですよ、気のせい」

男A「もう一回打つぞ!」

京太郎(待ち合わせまでできて一回……どうしよう)







京太郎「受けて立ちましょう」

男A「よし、じゃあお前が負けたらそのお面を取ってくれ」

男B「たしかに、興味がある」

男C「今度は負けねえ!」


一位 京太郎 220
二位 男B 167
三位 男A 104
四位 男C 42 トビ








男C「はは……あはは」

男B「やりすぎちまったな」

京太郎「ですね……」

男A「まあ後は俺が見とくからお前は帰りな」

男B「またどこかの卓でな」

京太郎「ありがとうございました!」

男A「おう、チャンピオンは礼儀正しいな」

京太郎「ば、ばれてました!?」

男A「三連続三倍満なんてお前以外にできねえからな」

男B「ま、誰にも言わねえから安心しろ、じゃあな」

京太郎「は、はい!それでは!」

カランコロン

男C「はっ!俺は一体!?」

男B「もう半荘打つぞ」

男A「俺たちも若いのには負けてらんねえからな」














京太郎「待ち合わせは9時だったのだけど」

京太郎「8時半、もう少しゆっくり来ればよかったか?」

京太郎「でも朝から疲れたな……少しベンチで休むか」

京太郎「ん、そういえば俺は男子のチャンピオン、憩さんは女子の二位だったんだよな、それじゃあ……」

『チャンピオンの女性関係に迫る!』

『激写!夜のチャンピオン!』

京太郎「……ってなことになりかねないぞ!」

京太郎「ま、考えすぎか」

憩「京太郎くん、待った?」ハァハァ

京太郎「いや、今来たところですよ」

憩「そか、よかったぁ」

憩(デート前日に5回もスるなんて何やっとるんやウチは~!)

憩(おまけに今朝は3回もヤってもうたし……)

京太郎「じゃ、行きましょうか」

憩「イく!?」

京太郎「えっ?」

憩「ああいや、なんでもないで」

憩「ほなレッツラゴーや!」

――――――――――

【築地】

京太郎「一回来てみたかったんですよねー」

憩「テレビとかでもようやってたな」

京太郎「あ!あそこでマグロの解体ショーやってますよ!」

憩「うわぁ、でっかいなぁ」

京太郎「ですね!」

「お、あんたら高校生かい?」

京太郎「はい!」

「するってえとインターハイ帰りの観光ってところだな、どうだ、あんたらもやってみないか?」

京太郎「いいんですか!」

「おうともよ、姉ちゃんはどうする?」

憩「んー、ウチは遠慮しとくわ」

「そうか、んじゃ兄ちゃんは?」

京太郎「俺は……」



京太郎「やります!」

「元気がいいな!ほらよ、このあたりを切ってみな」

――――――――――

京太郎「楽しかったですね!」

憩「せやねー」

京太郎「どうして憩さんはやらなかったんですか?」

憩「ウチ……魚がちょっと苦手やさかい、ごめんな?」

憩「食べるのは大丈夫なんやけど、触るのは、少し」

京太郎「そうだったんですか……すみません」

憩「ええってええって、ほな次行こ、次!」







京太郎「スカイツリー高っ!」

憩「ほんまやなぁ」

京太郎「高い所は大丈夫なんですか?」

憩「うん、流石にそれは」

京太郎「にしてもきれいですね、東京の街」

憩「都心の高層ビルに下町の一軒家、色々あっておもろいね」

京太郎「東京って大きいんですねー」

憩「せやな」

憩「この東京に住んでる人のほとんどがインターハイ見とったんや、って思うと、こう……来るもんがあるな」

京太郎「何人の人が応援してくれていたんでしょうね」







京太郎「店に来てみたぞ」

憩「このストラップかわええな~」ニコニコ

憩「決めた!ウチこれ買いますーぅ」

京太郎「じゃあ俺は……」


ラインナップ

マスコットのストラップ 400円

スカイツリーの置物(小) 600円

スカイツリーの置物(大) 1200円

スカイツリークッキー 800円




京太郎「お土産にクッキーを買ったぞ」

憩「クッキー、買ったん?」

京太郎「はい、おいしそうなので」

憩「ふーん……」

京太郎「あれ、どうかしましたか?」

憩「別になんでもないですよーぅ」






京太郎「次はどこ行きましょうか?」

憩「お腹空いてきたからどっかで食事したいなぁ」

京太郎「あ、あそこに丁度良さそうな喫茶店がありますよ」

憩「ネコカフェ……猫がいっぱいおるところなんやろか?」

京太郎「とりあえず行ってみます?」

憩「うん!」






ニャーニャーニャー

憩「可愛い~!」

京太郎「本当に猫がたくさんだ」

「こちらのネコカフェは子猫ちゃんたちと遊びながらお茶を楽しめます」

憩「にゃにゃんにゃんにゃん?」

ニャーニャニャウー

憩「にゃにゃー」

ニャニャニャー

京太郎「猫と会話を?」

憩「うん、かわええわ~」フニョフニョ

京太郎「憩さんが楽しめてるようで良かったな」

ニャニャーニャー

憩「あ、ちょっ、どこ入ってるん、やぁっ///」

京太郎「ね、猫が憩さんのスカートの中に!」

ウニャー

憩「あっ、そこっ、にゃ、あっ」


京太郎「猫よ、ありがとう」





京太郎「もう大丈夫ですか?」

憩「うん、おおきに」

憩(濡れてもうた……)

憩(このまま行くと―――)

――――――――――

京太郎「お城のようなホテル!こんなところですることはただ一つ!」

憩「や、やめてぇ……」

京太郎「涙目ほどそそるものはない!」ガバッ

京太郎「……濡れている……だと?」

京太郎「けいさんはいんらんだったんですね、げんめつしました」

――――――――――

憩(―――なんてことに!)

憩「ダメやダメや!」

京太郎「どうしました?」

憩「ななななんでもないで!」

憩「う、ウチお花摘みに行ってくるわ!」ダダダ

京太郎「お花摘み?なんのことだ?」

京太郎「さっきから少し様子おかしいみたいだったし、ついて行ってみるか?」





京太郎「つけてみよう!」

京太郎「まだそう遠くへは行っていないはずだし」

京太郎「ん?あれは……下着屋?」

京太郎「なるほど、お花摘みとはそういうことだったのか」ウムウム

京太郎「しょうがないよな!一緒に遊びに行ってる人が入っていったんだから!」

京太郎「俺はそれについていっただけだから!」

バタム

「いらっしゃいま……せー……」

京太郎(くっ、やっぱり視線が痛いぜっ!)

憩「京太郎くん!?」

京太郎「早速見つかった!」

憩「な、なんでここに……?」

京太郎「いや、お花摘みの意味がわからなかったんで」

京太郎「こんなところにいたら悪いですよね、外で待ってます」

憩「待って!」ギュッ

憩「……えっとぉ、その……」

憩「一緒に選んで……くれへん?」ウワメ

京太郎「へ?」

憩「あわっ!何言うとんやウチは!」

京太郎「……憩さんがそういうなら……これとか」

憩「なんで手元にあんねん」







京太郎「これとかどうですか?」

憩「これ、ウチのと似とるな」ジトッ

京太郎「し、知りませんよ!偶然ですって!」

憩「ほんまやろなぁ?」ニコッ

京太郎「笑顔が恐い!?大体俺が憩さんのぱんつを見たことがあるだなんてそんなオカルトあり……ありましたね」

憩「いつ見たんや?」ゴゴゴ

京太郎「いつってほら、あの日ですよ、俺と憩さんが初めて会った日」

憩「……そういえば」

京太郎「あれが憩さんらしいなって思ってたんで」

憩「そっか、まだ覚えててくれたんやな」

憩「……って、そんな話夏祭りのときにもしたな」

京太郎「あの日のことは忘れないですって、言いましたからね」

憩「京太郎、くん」

京太郎「…………憩さん」

憩「…………」ゴクリ

京太郎「さ、試しに穿いてみてください!」

憩「……えぇぇ」

憩(良い雰囲気やったのに……)








憩「デートのしめと言ったら観覧車やな」

憩「京太郎くん、今日は楽しかった?」

京太郎「ええ、色々な憩さんが見れてよかったです」

憩「そっか、よかったぁ」ニコッ

京太郎「」ドキッ

憩「……あのときも言うたけど」

憩「ウチ、京太郎くんと出会えてよかった」

憩「照ちゃんやエイちゃんたちとインターハイ優勝できたし」

憩「……でも、照ちゃんにはまた勝てへんかった」

憩「ウチ……やっぱりダメな子やなって思う」

憩「みんなを集めたのは京太郎くん、勝てたのは照ちゃん」

憩「ウチはなんもできへん」

京太郎「そ、そんなこと……!」

憩「みんなが羨ましいんや、エイちゃんや咏ちゃんみたいに可愛くなくて」

憩「照ちゃんや郁乃さんみたいに強うなくて」

憩「霞さんみたいに……あるわけでもない」

憩「後輩の京太郎くんの方が強うなってるし」

京太郎「…………」

憩「ウチの取り柄って、何なんやろって、あはっ」

京太郎(憩さんの顔、笑ってるのに)

京太郎(どうして、どうして……っ)

憩「そろそろウチらの番やな」

憩「さ、乗ろか」

京太郎(……何か言わないと)

京太郎(あのときみたいに、俺が止めないと)








憩「デートのしめと言ったら観覧車やな」

憩「京太郎くん、今日は楽しかった?」

京太郎「ええ、色々な憩さんが見れてよかったです」

憩「そっか、よかったぁ」ニコッ

京太郎「」ドキッ

憩「……あのときも言うたけど」

憩「ウチ、京太郎くんと出会えてよかった」

憩「照ちゃんやエイちゃんたちとインターハイ優勝できたし」

憩「……でも、照ちゃんにはまた勝てへんかった」

憩「ウチ……やっぱりダメな子やなって思う」

憩「みんなを集めたのは京太郎くん、勝てたのは照ちゃん」

憩「ウチはなんもできへん」

京太郎「そ、そんなこと……!」

憩「みんなが羨ましいんや、エイちゃんや咏ちゃんみたいに可愛くなくて」

憩「照ちゃんや郁乃さんみたいに強うなくて」

憩「霞さんみたいに……あるわけでもない」

憩「後輩の京太郎くんの方が強うなってるし」

京太郎「…………」

憩「ウチの取り柄って、何なんやろって、あはっ」

京太郎(憩さんの顔、笑ってるのに)

京太郎(どうして、どうして……っ)

憩「そろそろウチらの番やな」

憩「さ、乗ろか」

京太郎(……何か言わないと)

京太郎(あのときみたいに、俺が止めないと)









京太郎「……憩さん」

憩「なんや?」

京太郎「俺に全て教えて、見せてくれませんか?」

京太郎「憩さんのホントの気持ち!」

憩「せやから、ウチはみんなに会えてよかった、京太郎くんに会えてよかった」

憩「でも、ちょっぴりみんなが羨ましいなーって」

憩「そう思っ「違います!」」

京太郎「違います、憩さんが思ってるのはそんなことじゃないはずです」

京太郎「ちょっぴり、なんかじゃないはずです」

憩「ほんまや!」

京太郎「本当なんですか?」

京太郎「嘘ついてないなら、まずは俺の目をしっかり見てくれませんか?」

京太郎「どうして、ずっと俯いてるんですか?」

京太郎「どうして、笑顔を見せようとするんですか?」

憩「……っ」

京太郎「憩さんはナンバーワンです。誰にも負けない、強い人です」

憩「そんなこと……ない」

京太郎「可愛くないって言いましたけど憩さんの笑顔は素敵で無敵です、強くないって言いましたけど強くなかったら個人戦二位も団体戦一位も取れないじゃないですか」

京太郎「忘れたんですか?三箇牧高校麻雀部の部長は憩さんなんですよ」

京太郎「あともう一つは……しょうがないですけど、大きいからいいってわけじゃないと思います」

京太郎「それに、ある人は言いました「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」と」

京太郎「憩さんは俺にとってのナンバーワンでオンリーワンなんです」

憩「ぅ……ぅ……」

京太郎「さっきも言いましたけど、憩さんはナンバーワンです。誰にも負けない、強い人です」

京太郎「でも、俺の前では素直になって良いんですよ」

京太郎「涙をこらえて笑わないで、その涙を見せても」

京太郎「『女の人の泣き顔は、見たくないです』けど、泣くのをこらえている女の人の顔は、もっと見たくないです」

憩「ぅぇっ、ぇう………」ポロポロ

憩「悔しい、悔しいよぉ……」ポロポロ

京太郎「よしよし」ポンポン

憩「ひぐっ、うえっ……」

京太郎「一年かけて照に勝てないんだったら今度は二年かければいいんです」

京太郎「それでも勝てなかったら四年かければいいんです」

京太郎「照を追いかけて、プロになって負かせればいいんじゃないすか?」

憩「うんっ……うんっ……」ポロポロ

京太郎「もうそろそろ着いちゃいますね」

憩「もう少し……このまま」ギュッ

京太郎「わかりましたよ、お姫様」

憩「今日はおおきに」ニコッ

京太郎「どういたしまして」

憩「また、一緒に遊びに行こな」

京太郎「はい、またいつか」

憩「あ!あっちにUFOが!」

京太郎「えっ!どこですか!?」チュッ

京太郎「……え?」

京太郎「憩さん、今何を……?」

憩「ひ・み・つ、やで」ニコッ

憩「じゃあねー!」

京太郎「……なんだったんだ一体?」







京太郎「ただいまですよー」

洋榎「なんや、嬉しそうやな」

京太郎「ええ、まあ」

洋榎「そかそか、弟子が楽しそうなのはええことや」

洋榎「そういえば、昨日ウチのこと放置しとったよな?」

京太郎「放置?」

洋榎「トイレの紙のうなってもうたのに呼んでも来てくれんかったやないか!」

京太郎「いやいやそんなことあるわけないですって」

洋榎「とにかく今夜はウチに付き合ってもらうで!」

京太郎「で、何するんです?」

洋榎「豆まきや!」




京太郎「豆まき、って節分じゃないんですから」

洋榎「へ?今節分やろ?」

京太郎「……まあいいとして、鬼役は誰にするんですか?」

洋榎「漫辺りでええんとちゃう?」






コンコンコン

漫「こんな時間に誰や?」

漫「もう少し待ってやー」

コンコンコンコン ゴンッ パラパラ

漫「何の音!?」ガチャ

洋榎「今や!」

洋京「おにはーそとー」パラパラ

洋京「ふくはーうちー」パラパラ

漫「ちょ、主将!?い、痛っ!」

洋榎「まだまだこれからや!」ビシュッ!ビシュッ!

京太郎「うおおおおおお!」ドビュシッ!ドビュシッ!

漫「きゃああああああ!」



恭子「なにやってるんですか全く」

洋榎「すみません」

京太郎「ごめんなさい」

恭子「君、須賀君やったっけ?主将のアホには付き合わんでええですから」

京太郎「はい……」

漫「うぅぅぅぅ……男は敵や!」ガルル

恭子「とりあえず主将は掃除をお願いしますね」

洋榎「ウチはダメで須賀はええんか!?」

恭子「須賀君に落度は無いんで」

洋榎「須賀ぁ……」

京太郎「えーっと、その」

恭子「」キッ

京太郎「ひとりで頑張ってください」

洋榎「う、裏切り者ぉー!」


【16日目】終了














【17日目(最終日)】開始


京太郎「今日で東京ともお別れか」

京太郎「荷物のほとんどはもうあっちに送っておいたし、これでこのホテルからもおさらば」

京太郎「色んなことがあったな、ほんと」


午前


照「……暑い」

京太郎「しょうがないだろ、夏なんだから」

照「その中でもとりわけ暑い、まず日焼け止め塗って」

京太郎「自分でやれ」

照「背中とか塗れないから」

京太郎「はぁ……わかったよ」



照「そこくすぐっ、はぁっ」

京太郎「変な声をだすな」ペシッ

照「健全な美少女の背中をたたくなんて京はひどい」

京太郎「健全なんだったら泳げるだろ、行こうぜ」

照「美少女の方は否定しないんだ……」ボソッ

京太郎「ん、どうかしたか?」

照「いや、なんでも……でも行かない」

京太郎「はぁ?お前海来て泳がねえとか何言ってんの?」

照「まだ泳げないから」ユビツンツン

京太郎「はぁ……なんだよそんなことか」

京太郎「いいから来い」グイッ

照「ちょっと、何を」

京太郎「俺が泳ぎを教えてやるよ、それでいいんだろ?」

照「……」コクッ


照「」バシャバシャ

京太郎「よーし放すぞー」

照「うわっ、ぬぅ!」バシャ、バシャ……

照「京、助け……て……」ゴボゴボ

京太郎「なんで水深1mでおぼれるんだよ……」


照「暑い……疲れた……ウゴケナイ」

京太郎「まだ1mも泳げてないだろ、ほら」

照「かき氷食べたら泳げるかも」

京太郎「あのなぁ……」

照「かき氷、かき氷」

京太郎「わかったよ、絶対にはぐれんなよ」

照「だいじょーぶ!」

京太郎「信用できないんだよなぁ」

照「むぅー」

京太郎「ほらよ」

照「な、なに」

京太郎「こうして握ってればはぐれないだろ?」ニギッ

照「うん……そうだね」

京太郎「じゃあちゃっちゃと食ってまた泳ぐぞ!」

照「泳ぎたくない……」

京太郎「でもさあ、どうするんだ?」

京太郎「彼氏ができて、いざ海水浴とかプールに行ったら泳げねえって」

京太郎「嫌だろ?」

照「……京が彼氏なら」

照「だいじょーぶ」

京太郎「……そっか」ポリポリ

照「うん」

照「あ、私イチゴ、お代はよろしく」

京太郎「いや待てそれはおかしい」

照「お財布持ってきてないし、こういうのは彼氏がおごるのが道理」

京太郎「彼氏じゃねえからな!」

照「ごっこってことで」

京太郎「はぁ……」


「ありがとうございましたー」

京太郎「はいよ」

照「ん」ガツガツ

京太郎「食べるスピード速くね!?」

照「おいしかった、あうっ!」キーン

京太郎「ったく、一気に食うからだぞ」

照「むぅ……正論」




京太郎「ふんっ!」プシュー

京太郎「ふんっ!」プシュー

照「なにしてるの?」

京太郎「浮き輪だよ、照が泳げねえとつまんねえからな」

照「私のために?」

京太郎「安物だけどあった方がいいなって」

照「そっか、ありがとう」

照「後は私がやるから、京は泳いでていいよ」

京太郎「お前一人にすると迷うじゃん」

照「だいじょーぶ」プシュー

照「はぁ、っ」プシュー

照(よく考えたら、これって……間接キス?)

照「~~~!///」プシュー

京太郎「ん?何ショートしてんだ?おーい」



照「完成」

京太郎「じゃあ早速行こうぜ!」

照「う、うん……」プイッ

京太郎「?」

京太郎(俺、何かしたか?)



京太郎「沖に行くぞ!」

照「ん……わかった」



京太郎「来れるかー?」

照「待って」バシャバシャ

照「はぁ、疲れた」

京太郎「もう少しだから頑張れ、頑張ったら……なんかしてやるよ」

照「本当に?」

京太郎「あんま金かかるのは無しな」

照「頑張る」

京太郎「よし、じゃあ行くぞ」

照「うん」



照(どんどん京が遠くに行っちゃう……)バシャバシャ

照(頑張らないと、頑張ったら……)

照「っ!?」

照(足がつって)バシャ……

京太郎「照ー?どうしたー?」

ザバァーン

照(な、波が……)

京太郎「……照っ!」

照(……せっかく)

照(せっかく二人っきりだったのに……)






溺れたのはこれで二回目だった


目が覚めた

目の前にあったのは二人の女の子の泣き顔だった

妹と、私の友だち

―――隣ではもう一人の友だちが寝ていた

これが一回目の時の記憶


胸に痛みを感じて、目が覚めた

目の前にあったのは顔、汗でまみれた顔だった

ずっと昔からの”友だち”の顔だった


目が覚めた

目の前にあったのは知らない天井、感じたのは窓から射しこむ夏の陽光

そして、私の手を包む温かさだった


照「寝てる……の?」

京太郎「……すぅ……んんっ!」ビクゥッ

照「うわっ」

京太郎「すぅ……ごご……」

照「なんだ、よくあるアレ」

照「あのとき……」

京太郎『照!照ッ!』

照「あんなに顔が近かった……つまり……///」ボフッ

照「違う、京はそんなに大胆じゃないはず」

照「…………」

照「もう一眠り」

京太郎「浮き輪、流されちゃったな」

照「うん」

京太郎「また、いつか来るか?」

照「うん」

京太郎「……ごめんな」

照「うん」

照「それは違うと思う」

照「前も、今日も溺れた私を助けてくれたのは京」

照「そばにいてくれたのも京、寝てたけど」

照「だから謝るのはこっち、感謝するのはこっちだから」

照「京は謝らないでいい」

照「ね?」

京太郎「……ごめn」チュッ

照「ありがとう」ニコッ

京太郎「照……?」

照「さ、帰ろ?」

京太郎「お、おう……」







咏「おーい、こっちだよ~」

霞「あらあら、二人仲良く手を繋いじゃって、青春ねぇ」

郁乃「霞ちゃん、おばさんくs」ガシッ

霞「何か言いましたかねぇ?」

郁乃「な、なんも~」メソラシ

憩「京太郎くんは毎日大変やね!」プイッ

京太郎「えっ?どうしました?憩さん?」

エイスリン「ケイ!シット!」

憩「エ、エイちゃん!」

京太郎「シット……sit……座る?」

霞「みんな揃ったことだから、行くわよ?」

霞「あ、そうそう帰りも千里山の子たちが乗るからそこはよろしくね」








竜華「お願いしますーほら怜も」

怜「お願いします」

霞「そんなのいいから早く乗っちゃいなさい」

郁乃「今日は何やろか~」

咏「ちょーっといくのんは黙っててくんないかねぃ」

憩「次に東京に来るんはいつなんやろなー」

照「来年は大阪のはず」

エイスリン「マタキタイ!」

京太郎「ですね、また頑張りましょう」

竜華「ウチらも負けへんで!」

怜「泉と船Qがおるからそう簡単には行かんで」

京太郎「俺は関係ないですね」

霞「あら、そうとも言えないわよ?女装して出てもらうかもしれないし?」

京太郎「は……?」



京太郎(車の中、暇だけど何しよう)




京太郎「何かして遊びましょうか」

郁乃「お、ええな~」

憩「嫌な予感しかしいひん……」

照「同じく」

郁乃「何にする?ウノ?トランプ?王様ゲーム?」

京太郎「そうですね……>>50とか?」






京太郎「王様ゲームとか?」

郁乃「了解やで~」

憩「もう嫌や嫌や嫌や」

郁乃「まあまあそう言わずに~」

京太郎「そうですよ、楽しみましょうよ!」ニンマリ

竜華「うっわ、凄い笑顔やな」

怜「なんかゲスいわ」

咏「ま、私はなんでもいいんだけどねぃ」


京太郎「それじゃあ、王様だーれだ!」







憩「ウチが王様や!」

憩「行きのリベンジしたるで!」







憩「3番が4番に膝枕する、や!」

郁乃「私4番~」

咏「さ、3番……」

エイスリン「ハヤク!」

咏「うぅ、早く来いよ……」

郁乃「ほな遠慮なく~」

郁乃「あ~やわらかいわ~」

郁乃「咏ちゃんの太もも最高やな~」

怜「竜華のが一番や!」

郁乃「比べてみるか~?」

怜「上等や!失礼するで」

咏「うわっ、ちょっ」

怜「ん……やっぱり竜華のがええな、ほら」フニッ

咏「ひゃわっ!」

怜「竜華のはちゃうねん、もっとやわらかいんや、こうむちっと」

郁乃「ん~確かにな~」フニフニフニ

咏「あうっ……お、お前らぁ~!」カァァ



郁乃「ほな次いこか~」

怜「せやな」

エイスリン「オーサマダーレダ!」






郁乃「私が王様やで~」

咏「うげっ」

憩「うわっ」

照「むっ」

京太郎「三者三様に轢かれてますね」

郁乃「ん~ほな、1番の人と5番の人が服をチェ~ンジや~」

照「1番、私」

憩「ウチが5番やな」

京太郎(これが咏と竜華さんだったら……)ゴクリ

照「京は見ないで」

京太郎「はいはーい」



憩「うーん、少し胸のあたりがキツイなぁ」

照「むっ、そっちだってお尻ブカブカ」

憩「そっちの方がええんですーぅ」

竜華「服替えても大差ないな」

怜「せやな」

憩照「ぐぬぬ……」






郁乃「また私やな~」

京太郎「これでラストですよ?」

郁乃「わかってるわかってる」

郁乃「命令は~ドゥルルルルルル」

怜「はよせや」






郁乃「4番の子と6番の子で服をチェンジや~」

エイスリン「4!」

竜華「ウチが6番や」

京太郎(竜華さん来たああああ!」

竜華「えっ……?」

憩「お薬の時間やね?」



竜華「んっ、この服キツイなぁ」

怜「竜華、そんなに揺らすと飛ぶで」

竜華「何が?」

京太郎(あー服がぱっつんぱっつんになってらぁ)

京太郎(極・楽!)

エイスリン「……」ペタペタ

服「」シワァ

エイスリン「マケタ……」

照「まだ大丈夫」

憩「せやせや」

エイスリン「ミンナ!」パァァ

竜華「きっ、つぅ」バシィーン

咏「あ、ボタンが」

京太郎「ふぇ?」トーン!

京太郎「痛たたた、何だこれ……ボタン?」

京太郎「ボタン!?」ガタッ

竜華「ボタン、飛んでもうた」キクズシ

京太郎「おもち、おもおもおmち」

京太郎「生まれてきてよかった」


【SA到着】







京太郎「売店か、どこも大体同じのしか売ってないんだよなー」

京太郎「んーと、何買おっかな」


ラインナップ

1.ご当地ま○もっこり 400円

2.うなぎクッキー 800円

3.胡散臭い指輪 800円

4.うなぎTシャツ 1000円

5.木刀 800円

6.ペナント 800円


京太郎「これにこれに……これと」

京太郎「木刀……見ると買いたくなるんだよな」


灼「ハルちゃん、これ似合うと思う?」

晴絵「う、うなぎTシャツ……?」

灼「可愛いんだけど、どうかな?」

晴絵「あ、ああ、そうだな、似合うんじゃないか?」

灼「わかった、ありがと」スタスタ

晴絵「ん?ちょっと待て、灼ってMだったっけ?」

灼「私はS、これはハルちゃんの分」

灼「お揃いだよ」ニコッ

晴絵「ストーップ!」

晴絵「一旦落ち着こう灼、な?」

灼「私はもともと落ち着いてるけど」

晴絵(嫌だ、流石にうなぎTシャツなんか着られない!)

晴絵(望になんて言われるか……)

晴絵(どうしたものか……んんっ!?)

晴絵「なあ、そこの君」

京太郎「はい、なんですか?」

京太郎(この人、それに……鷺森さん?)

晴絵「君、個人戦1位の須賀くんだよな?」

灼「えっ」

京太郎「ええ、まあ」

灼「えっ」

灼「ちょっと待って、君が男子のチャンピオンだったの?」

京太郎「あのときは言い忘れてましたね」

灼「」カタン カタン

晴絵(いまだ!)シュッ シュッ

灼(雑用かと思ってた……)

京太郎「あ、Tシャツ落ちましたよ」

灼「あ、ありがと……あれ、無い」

晴絵「灼ーそろそろ戻ろうか」

灼「うん……腑に落ちないけどわかった」

晴絵「ありがとな、須賀君」ボソッ

京太郎「はぁ……?」

京太郎(何だったんだ?)





京太郎「いいもの買えたし満足満足」

泉「あ、京太郎くーん」

セーラ「遅いでー!」

京太郎「えっと、時間は……やべっもうすぐじゃねえか!」



泉「まったく、しっかりしてくださいよ」

京太郎「うん、ごめん」

郁乃「今度は何して遊ぼか~?」

エイスリン「オーサマ、ダメ」カタカタ

憩「かなりへこんどるなー」

照「あれはしょうがない」

京太郎「じゃあ大富豪をしましょう!」





郁乃「大富豪やな~」

京太郎「大富豪です!」

エイスリン「ダイフゴウ?」

憩「大富豪ですーぅ」

セーラ「カードクバルデー」

泉「こういうのあんまり得意やないんですよね」





エイスリン「イチアガリ!」


照「大貧民……」

照「なんもかんも政治が悪い」

郁乃「そんな照ちゃんには罰ゲームやで~」

郁乃「エイスリンちゃんどうぞ~」

エイスリン「テル!福岡弁!」


照「福岡弁……そいは無理やけん」

照「ばってん、大阪弁ならなんとかなるやろ」

セーラ「できとるやん」






京太郎「俺の大富豪ですね」

京太郎「ちなみに都落ちは大貧民によるもののみとしてます」

セーラ「オレが大貧民か……」

京太郎「ふんふむ、江口さんですか……」

憩「えっちなのはだめやで」

京太郎「わ、わかってますよ、はははっ」

泉「わざとらしいですねー」

照「江口さんは無いけん、大丈夫やろ」

セーラ「なんやとー!」

京太郎「うむむ……照の場合もあるから、江口さんは男言葉禁止!憩さんとか泉みたいな女言葉でお願いします!」

セーラ「そ、そな、そないなこと……」

京太郎「はいはいはいはい!」

エイスリン「エグチセーラノ!」

エイ京「「ちょっといいとこ見てみたい!」」

京太郎「標準語でもいいですよ」

セーラ「う……わかりました」カァァ

セーラ「いやっ、恥ずかしいです!」

泉「ほぉ……」カシャン

セーラ「何録ってるの!」

泉「いえ、船久保先輩たちに送ろうかと」

セーラ「やめて!」






京太郎(くっくっく、手札は8が2枚とそれ以外は全てK以上)

京太郎(この勝負、もらった!)

郁乃「革命やで~」

京太郎「……は?」

京太郎「いや、革命返しだ!」

郁乃「ん~それは意外やったけど~」

セーラ「革命返し返し!」

京太郎「なっ!」

郁乃「これで、私の1抜けやな」


京太郎「大貧民……負けた」

郁乃「ほな罰ゲームたーいむ」ガバッ

京太郎「うわっ、ちょっ、何するん、あっ、そこは!」


郁乃「はい完成~」

               -‐. :: ̄:¨:.‐- .
           ,  '´ ::::: ::::::::: :::::::::::::: `丶
         , ' ::::: ::::  ::::::::::: :::::::::: :::: ::::\
          / : :: / ::::::::: :::::::::: ::::::: :::::: ::: ::: ヽ
          .'::: / :/ :: ::/ :::: :::/ :::: ::::/:::'. ::: :: i::: !
             l :: | l: :: :/ ::::/::/:/:,.イ :::,':: :::l :: :: :l:: :',
        ノ/: l ::|: ::/ ::::/::/:/:/ ,' :::ハ::: ::| | :| ::: :ヽ
.       //.|:::l ::| :/::///:/:/ / ::/ V:::|: :|: ::}!::::::ト}
      // ||::|:::|/∠_//::/:/_/:∠.._ト、| ::} :/l\┴、
.     // /l|::l ::Vチ≧z、::/ /::斗≦升ラ:::,'::/::|  \ ヽ.
    /´_</|!::ヽ:::マセッfム、〃ノ,tfヒ込ソ:::/:/:l :| ',   \ `ヽ
     __レ´ .>ヽ:ヽヽ:: ̄::. }     .::::/:::/:/,イ.::|  、.  \(
     }/ / / ヽ_:::>  ヽ    ∠:ノj:'::{::.l ::{  ヽ  (`ヽ
     し'ノ.  /  リ::::.>、 'ニ ヽ ∠イ:::|::|:::',:人 r‐、_)^
      ヽr廴r-イjノリ l::fr>、_.∠rf^⌒!:l :lヽ.ゝ-ィ'ー┬´
       , -‐- 、´l ::ノ从} `i^Y´:// ! :l∧{:: | : :::|:: :::|____
     /: : : : : :Yi:::| :::rゝ、ヽ.} //// >、: :|:: :: l:/: : : : \
    /: : : : : : :::⊥≠≦-ーr=チー‐< /: : ̄: :¬´: : : : : : : ::\
   / : : : : : : r‐ 'ノ ̄/ ̄ ゝ-f'ヽ   `丶.: : : : /: : : : : : : : : : : ヽ
.  {: : : : : : :( ̄  / ,' /´   | :`、   r‐ヽ: : !: : : : : : : : : : : : : 〉
   ',: : : : : : :.ゝ /  (/    l   ヽ  `)r'´: :|: : : : : : : : : : : : /
    {: : : : : _: (´  :::/      |    \r'レ': : |:.|: : : : : : : : : : :::/
   l: : : :_/_ヽ廴 ::::/  ::   |    <ノヽ.: : |:.|: : : : : : : : : : ∧
  r<: : :f‐┴、 ヽ(_r‐、 ::   :}     > ' .::|:.|: : : : : : /: ∧::ヽ
  | l ヽr=   |// ) r‐、 :|   (て    V:.|: : r、_ノヽ:ノ ::::\:\
  uヘ        | .// (__r'廴 ) :し'¬フ |     ∨て: : : : ::∧ ::: :: \:\
     ヽ       l// /   `T´   | :l  __ム: : : : : : :∧::ヽ :: ::::\:ヽ
     ',     l/ /      :|    |  レ' ヽ:/|: : : : : ::/::::\ \ ::: ::: ::\:\
      ∨     l ,'       }    ',  `(⌒メ.:l: : : : :::∧::::::::::\:\ ::: :::\:\
※京太郎です


泉「可愛え……」

エイスリン「イクノ、スゴイ!」

郁乃「せやろ~さすがやろ~」

京太郎「穴があったら入りたい……」







霞「大阪到着ー!」

泉「お世話になりました」

セーラ「おーきにー」

泉「江口先輩、ちゃんと挨拶せんと」

セーラ『お呼びですか?ご主人様』ニャン

セーラ「やめーや!」

泉「それじゃ」

セ泉「「お世話になりました」」

霞「またみんなで遊びに行けたらいいわね」

憩「待ってるで」

エイスリン「ウン!」

泉「ほなさいならです」

セーラ「デンシャガデルデー」

霞「さて、私たちも帰りましょうか」

霞「清々荘へ」

咏「んーっ、この景色、久しぶりだねぃ」

憩「せやね、相変わらず綺麗や」

霞「はいはい、今日はもう遅いから各自解散ね」

霞「打ちたくなったらまた私のところに来ていいから」

霞「それじゃあ、解散!」

「おつかれさまでしたー」



京太郎「そういえばあと1週間だか2週間で夏休み終わりなんだよな……」

京太郎「宿題大丈夫かな……」

エイスリン「キョウタローオヤスミ!」ガチャ

京太郎「おやすみなさい」

憩「おやすみー」ガチャ

咏「おやすみ」ガチャ

京太郎「まだまだ俺の夏はこれから!……ってか」

京太郎「頑張ろ」

照「京」

京太郎「のわっ、って、照か」

照「話したいことがあるから、私の部屋に来てくれる?」

京太郎「話?」

照「」コクッ

照「荷物置いた後でもいいから」

京太郎「んー……どうしよ」



京太郎「わかった、ちょっと待っててな」

照「ありがとう」



荷物を置いて、うーんやっぱりほこりはたまるよな

明日くらいに大掃除しておくか

さーて照の部屋照の部屋ーっと

京太郎「入るぞー」ガチャ

バタム

照「そこに座って」

京太郎「おう、なんだか広いな、照にしては珍しい」

照「あまり物は無いから」

京太郎「そっか」

部屋の中に置いてあるのは簡単な机とゴミ箱、鞄、本棚そして少しの服

それだけだった

生活感が無いというか、まるで―――

まるでここに泊まっているかのようだった

京太郎「それで、話って何なんだ?」

照「…………」

照「責任」ボソッ

照「責任取って」

京太郎「責任?」

照「昼間のこと、覚えてる?」

京太郎「照が溺れた時のことか?」

照「そう、その責任」

京太郎「確かに照から離れてた俺が悪かったけど、それが何かあるのか?」

照「違う、そっちじゃなくて」

照「……私を助けたときのこと」

照は俯いた、一瞬だけ見えた頬は少し赤くなっているようだった

京太郎「心臓マッサージか?あれは強くやらないとダメって聞いたからさ、ごめんな」

照「そっちじゃない」

むぅ、とこちらに目を向けてくる

心臓マッサージじゃないとしたら何だ?

人工呼吸はする前に照が起きたからやってな……ああ、そうか

京太郎「人工呼吸のことか?」

照「……そう」

ぷいっ、とまた俯いてしまった

首ふり人形か何かなのか?こいつ

照「私の……初めて、を京に取られた、だから責任取って、訴訟」

照「大体、本人の合意なしにそんな……嫌だよ」

照「嫌、だよ」

今度は肩まで震えだしたぞ、まったく勘違いも甚だしいな

京太郎「言っておくが、人工呼吸なんてやってないぞ」

照「えっ」

照「…………」

照「えっ」

京太郎「なぜ二回言った」

照「信じられなかったから」

俺の信頼ってどんなもんなの?

ちょっとこれはお仕置きが必要みたいだな

照「京みたいな女の子が好きで好きでたまらないような男の子が私みたいな美少女を目の前にして暴走しないほうがおかしいと思う」

だから俺どんな人間!?

照「……でも、なら……いいや」

京太郎「何が良いんだ?」

照「ううん、なんでもない」

京太郎「何でもないようには見えないんだが?」

髪をくるくるいじったり、微妙にそわそわしたり、こっちに目を合わせようとしなかったり

照「大丈夫ったら大丈夫」

京太郎「そっか、で、話はそんだけか?」

照「あっ」

今思い出した!みたいな顔して、照は見ていて飽きないな

照「京、今度は真面目に聞いてくれる?」

京太郎「さっきも十分真面目なはずだったんだけどな」

照「……じゃあもっと真面目に聞いて」


ぱちっ、ぱちっ、と蛍光灯の明かりが少し暗くなったり明るくなったりしている

少ない家具

無愛想な部屋

ここに住む基本無表情な照は、ゆっくりと口を開いた

まるで時が止まったかのように


「私は東京に帰る」


その言葉は、俺の脳裏をゆっくりと横切り

しっかりとその余韻を残していた



第三章【全国】終了