白糸台監督「よーし集合!」

「「はい!」」ザザッ

白糸台監督「もう合宿も終わりが近い、というわけでこれからは初日のように白糸台2VS三箇牧2での試合を行ってもらう」

白糸台監督「適当に相手を見つけて卓に入ってくれ」

白糸台監督「では、解散!」



京太郎「はぁ…これで合宿も最後か」

京太郎「どの卓に入ろうかな……」

郁乃「~♪」ポワポワ

明華「~♪」ポワポワ

淡「……」ジーッ

京太郎「よし、あっちの方に行こう!」ガシッ

淡「ねえ、ちょうどいいから打っていかない?」

京太郎「い、いえ、遠慮しておきます」

淡「え?打ってくれるの?やったー!」

京太郎「言ってねえよ!」

郁乃「じゃ、サイコロ回すで~」

京太郎「ちょっと待って!」

ポンッ

明華「アキラメロン」

京太郎「諦められるかっ!」






開局

京太郎(なんだ……?)

京太郎(俺の腕が唸らない……!)

郁乃(おかしいな~)

明華「~♪」

京太郎(でも、来たか)

京太郎「ツモ!3000・6000!」


東2局
明華 19000
親 郁乃 22000
淡 22000
京太郎 37000



明華「~♪」

京太郎(少し動いてきたけど…なんだか寒い…)ガタガタ

淡(なんか今一ね~)

郁乃「おお、来たで~」

郁乃「ツモ!面混一通ダブ東ドラ3で~12000オールや~」

京太郎「は!?」


東2局1本場
明華 7000
親 郁乃 58000
淡 10000
京太郎 25000



明華「~♪」

郁乃「っ!」ゾクッ

郁乃(なんやこの感覚……)

京太郎(うわー聴牌できねー)

郁乃(あかんなぁ~)

郁乃(こんな流れは早く切らせてもらうわ~)

郁乃(ちょうどあの子も聴牌したみたいやし)トン

明華「ロン!ピンフのみデ1000!1本場で1300!」


東3局
明華 8300
郁乃 56700
親 淡 10000
京太郎 25000

全員ノーテンのため、流局


明華「~♪」

郁乃(なんやこの歌…)

京太郎(頭がグラグラする…)

淡「あーもー!」

東4局
明華 8300
郁乃 56700
淡 10000
親 京太郎 25000


明華「~♪」

京太郎(今はなんともないみたいだな……)

京太郎(この隙に……)スチャ

京太郎(よし、来た!)

京太郎「ツモ!ツモのみで500オール!」


菫「ロン(物理)12000」ザシュッ

宥「うっ…痛いよぉ……」グスッ

咏「あーあ、泣かせちゃったー」

菫「す、すまん、そういうつもりじゃなかったんだ」アセアセ


東4局1本場
明華 7800
郁乃 56200
淡 9500
親 京太郎 26500


明華「~♪」

京太郎(また……)

淡(なによ…これ)

郁乃(これ以上は少し、しんどいから)トン

明華「ロン!1000!」

郁乃(仕掛けさせてもらうで~)

【身代わりの幻影】発動!

聴牌判定まで戻ります


東4局1本場
明華 7800
郁乃 56200
淡 9500
親 京太郎 26500


郁乃「ふぅ……」

明華「??」

淡「どうしたの?早く取りなよ」

明華「う、うん」スチャ トン

郁乃「私の番やな~♪」スチャ

郁乃「あ、揃ったわ~」

京太郎「え?」

郁乃「ツモ~地和で8100・16100や~」

淡「ち、地和!?」


ざわ……ざわ……


咏「へぇ~地和かーわっかんねーな」

やえ「よそ見をしている場合か?」

やえ「リーチ!」

咏「あ、それロン」


終局
郁乃 88500
京太郎 10400
淡 1400
明華 -300












白糸台監督「よーし、これで全部終わったみたいだな」

白糸台監督「じゃあ焼き肉いくぞ、焼き肉」







京太郎「焼肉の時間だあああああ!」

京太郎「どんどん焼いて行こう!」

明華「それ、焼きぇてルヨ」

京太郎「あ、はい」

明華「ありがと、はむっ」

明華「おいしす~」

京太郎「そういえば、雀さんって歌が好きなんですか?」

明華「咏?」

京太郎「そっちじゃなくてsongの歌です」

明華「うん、好きだよ、愛してると言ってモいいネ!」

京太郎「へ、へーじゃあ得意な歌って何ですか?」

明華「得意ナ歌カー……」

明華「pretty flyトカかなー」

京太郎「pretty fly?」

エイスリン「ワタシ、ソレシッテル!」

明華「じゃア、一緒ニ歌オウ!」

エイスリン「ウン!」

――――――――――――――――

エイ華「「ドウダッタ?」」

京太郎「ふ、二人ともお上手でしたよ」

京太郎(あ、アフロとチンポ?)

憩「なあ、エイちゃん、明華ちゃん」

エイスリン「ドウシタノ?」

憩「あ、あんたら……///」プルプル

憩「そ、その……///」

明華「?」

憩「さ、さっきからチンポとか、しこしこ精○とか、何言っとんねん!」

京太郎「……」

明華「……」

エイスリン「……」

京太郎「あ、この肉もう焼けてますね」

憩「せめて何か反応して!」








京太郎「次は……野菜を焼いてくか」

京太郎「まだあまり食べてないんだよな、肉」

やえ「ああ、須賀、これは私が焼いておくからお前は肉を食べてろ」

京太郎「いいんですか?」

やえ「構わんさ、こーゆーのも先輩の役目だからな」フフン

やえ「それに最近太り気味だから制限しないとだし……」ボソッ

京太郎「ありがとうございます、じゃ、早速……」


京太郎「そういえば、小走さんは目標とかあるんですか?」

やえ「そうだな……まずはこのチーム虎姫で3連覇、それと西東京個人戦1位で全国優勝だな」

京太郎「うわ、大きいですねー」

やえ「目標は大きくなければな!それが王者というものだ!」

京太郎「ただ、前の目標は達成できないと思いますよ」

京太郎「三箇牧は負けないので」

やえ「ほほう、須賀もなかなか言うなぁ」

京太郎「まあこっちには個人戦のトップ2がいますからね」フフン

やえ「お前が威張ることじゃないだろ」





京太郎「飲み物を取って来よう」

淡「あ、オレンジジュース取ってきてー」

京太郎「自分で行きなさい」

淡「そんなかたいこと言わずにさぁー」

京太郎「はぁ……わかったよ」


京太郎「はい」

淡「ありがと」

京太郎「……」ゴクゴク

淡「……」チュー

京太郎「なあ、淡のマイブームって何だ?」

淡「何よ、急に」

京太郎「いや、気になっただけだからいいや」

淡「あっそ」

京太郎「……」ゴクゴク

淡「……」チュー

淡「……ぬいぐるみ」ボソッ

京太郎「ん?ぬいぐるみ?」

淡「私のマイブーム!」

京太郎「ぬいぐるみ集めが好きなのか?」

淡「そうよ、悪い?」

京太郎「なんだ、遊戯王とかマリオとかかと思ってたぜ」

京太郎「結構女の子っぽいんだな」

淡「何よ!それじゃあ私が女じゃないみたいじゃない!」

京太郎「まあ、そりゃ……な」ジーッ

淡「どこ見てんのよ……っ」

京太郎「平原だからね、しょうがないね」

淡「こんのぉ!」

京太郎「やめて!醤油一ビン丸々飲ませようとしないで!危ないから!」





京太郎「あれ、弘世さん肉食べないんですか?」

菫「冷麺さえあれば十分だ」チュルチュル

京太郎「でも結構おいしいですよ、このカルビとか、いい焼き加減ですし」

菫「うっ…いや、私は冷麺でいいんだ!」

京太郎「このロースとか」

菫「ぐっ」

京太郎「このハラミとか」

菫「ひっ」

京太郎「このピートロとか」

菫「うぅ…」

京太郎「この特上カルビなんか特に」

菫「あ、あんまりだ……」


京太郎「で、弘世さんって何が好きなんですか?」

菫「カントリーマアムとか、ポッキーとか」

京太郎「お菓子ばっかりですけど、普通の食事は…」

菫「カニとか、親子丼とか……」グー

菫「あっ…///」

京太郎「はい、特上カルビです」

菫「い、いらん!」

京太郎「それも好きなんでしょう?」

菫「なっ……はぁ」

菫「君には参ったよ……」パクッ

菫「お、おいしい!」テーレッテレー





京太郎「もうそろそろ焼肉も終わりかぁ」

咏「うへぇ、もう腹いっぱいだぜぇ」

京太郎「お前は女の子なんだからもっと慎ましくしなさい」

咏「慎ましさとか、そんなん知らんし」

京太郎「デザート、なんかいるか?」

咏「いいのか!?」キラキラ

京太郎「どうせあっちの監督さん持ちだし」

咏「京太郎、おぬしも悪よのぉ」

京太郎「いえいえ、三尋木さんこそ」

白糸台監督(私のことも考えてよ……)



京太郎「で、抹茶パフェか」

咏「おう!」パクパク

京太郎「よく入るな」

咏「和食は別腹だぜ!知らんけど!」

京太郎「そういえば、咏ってさ」

咏「ん?」パクパク

京太郎「好きな人っているのか?」

咏「…」パクッ…

咏「は!?」

京太郎「な、なにをそんなに驚いているんだ」

京太郎「ひょっとして、いるのか?」

咏(ど、どういうことだよ…前にも聞いて来なかったか?)

咏(それでも…まだきいてくるってことは……///)

咏(そ、そんなわけないない!)

咏(……知らんけど)

咏(なんか顔が赤いしっ!)

咏「の、ノーコメントで!」パクパク

咏「ご、ごちそうさま!」ガタッ

京太郎「う、咏?」

咏「じゃ、じゃあ私ちょっと抜けるな!」タッタッ

咏(ひとまず退散だ!)

京太郎「うーん、腹でも下したのかな」




白糸台監督「えー、これで白糸台、三箇牧合同合宿は終了とさせていただきます……」

白糸台監督(もう今月用の生活費無くなったよ、かっこつけるんじゃなかったよ……)

白糸台監督「はい、解散……」

「「「お疲れ様でしたー!」」」

白糸台監督(なんでこんなに元気なんだよ……)


京太郎「さてと、荷物も持ったし、帰るか…ん?」

やえ「な、なあ」

京太郎「どうしたんですか?」

やえ「こ、これ」つメモ

京太郎「これは…メアドと電話番号ですか?」

やえ「か、勘違いするなよっ!須賀からメールを送ってきてもらえたら嬉しいなぁ、なんて」

やえ「これっぽっちも思ってないんだからな!」

京太郎「は、はぁ……じゃあ帰ったら送りますよ」

やえ「ほ、本当か?マジか?ガチか?」

京太郎「リアリーです」

――――――――――――――――

京太郎「今度こそ駅へ!」

淡「きょ、京太郎、これあげるから」

京太郎「お前も、連絡先か?」

淡「そ、そうよ、悪い?」

京太郎「悪くないって、むしろ嬉しいよ」

京太郎「ありがとな」ナデナデ

淡「えへへ……って、頭をなでるな!」ゲシッ

京太郎「痛っ!」

――――――――――――――――

尭深「須賀君…これ」

京太郎「これって……鷹!?」

尭深「そう、尭深だけに」

京太郎「なんだ、おもちゃじゃないですか」

尭深「はい、これ」

京太郎「ああ、連絡先ですか」

尭深「うん、須賀君とは同じ匂いがする」

尭深(戒能プロからするのは、きっと気のせい)

京太郎「あれ、じゃあどうして鷹?」

尭深「キャラは大事」

京太郎「そ、そうですか……」









京太郎「今度こそ…あ、これは牌のお姉さんこと瑞原プロのホログラフィックカードじゃないか!」

京太郎「まさか落ちてるなんて……」

ヒュン

京太郎「う、動いた!?って」

京太郎「誠野さんですか……」

誠子「亦野誠子だ、混ぜるんじゃない」

京太郎「で、あなたもなんですか?」

誠子「も?なんのことか知らないが、小走先輩からお前の話を聞いた、そして心を変えた」

誠子「私は間違っていたんだ、だから今謝らせてくれ」

誠子「すまなかった」ペッコリン

誠子「それと、これが私の連絡先だ」

京太郎「結局そうなるんですか」

――――――――――――――――

明華「スーガくん!」

京太郎「あ、雀さん、合宿は楽しかったですか?」

明華「うん!ありがとネ!」

明華「そだ!これ私ノ連絡先!」

京太郎「あ、どうも」

明華「着メロハ、pretty flyだヨ!」

京太郎「考えておきますね……」

京太郎(いけない、また…)モゾモゾ

――――――――――――――――

宥「あったかかったな~」ホクホク

京太郎「そういえば、松実さんはどうやって帰るんですか?奈良ですよね」

宥「玄ちゃんが迎えに来てくれるから大丈夫だって~」

宥「玄ちゃんってば『おまかせあれ!』って張り切っちゃってね~」

京太郎「そうなんですか……」

京太郎(どうしよう、不安しかない……)

宥「あ、そうだ、これ」

京太郎「また連絡先ですか……」

宥「困ったことがあったら頼ってね、私、おねえちゃんだから」ニコッ

京太郎「は、はい!」


【その頃、青梅】

玄「白糸台ってどこぉ、おねえちゃ~ん」グスッ







【清々荘】

霞「これで遠征は終わりよ!」

霞「あと3週間後には地区予選があるわ、そして全国に進むために倒さなければいけないのは千里山!」

霞「あの子たちは強い、でもあなたたちはもっと強いわ!」

霞「自信をもって、全力以上であたりましょう!」

「「「「おー!」」」」




【6月第4週 遠征】終












【7月第1週 平日】

京太郎「須賀京太郎の朝は早い」

京太郎「この人はいつまでここにいるんだろうか」

良子「ぼっちじゃない……けっ…して…」Zzz






京太郎「しかし、もう地区予選か、早いな」

京太郎「学校ももう3か月か」

照「感慨深いね」ウンウン

京太郎「久しぶりだな」

照「どうだった、白糸台は」

京太郎「いいところだったよ」

照「そうか……」

京太郎(もう会話終わり!?)


京太郎「照って合宿中なにしてたんだ?」

照「合宿中は……本読んで、お菓子食べて」

照「本読んで、お菓子食べて」

京太郎「わかった、もういい」

照「あ、寝てたな」

照「風呂にも入ったし、トイレもした」

京太郎「そりゃそうでしょ」


照「みんな…元気だった?」

京太郎「みんな……ああ、元気だったぞ」

照「そう……」

照の好感度が上がった!


京太郎「昼だ!どこで食べよう!」

京太郎「今日はトイレで食べてみるか」

京太郎「どんな感じなんだろうな」

京太郎「ん?清掃中?」

良子「ソーリー、今から始めるから少しウェイト……」

京太郎「なんでここにいるんですか」

良子「ふっふっふ、私は今日からここでアルバイトなんだ!」

京太郎「バイト?プロなのにですか?」

良子「まあ暇だからな、それで須賀くんはトイレに何をしに来たんだ?」

京太郎「大きいか小さいかしかないでしょ、ふつう」

京太郎「今日は食べに来たんですけど」

良子「食べる!?ビッグ・ベンを!?」

京太郎「トッププロが何言ってるんですか」

良子「今はバイトだ!」

京太郎「これですよ、弁当」

良子「なんだ、そういうことか、じゃあこの後私と食べに行かないか?」

京太郎「いいんですか?」

良子「時間はたっぷりあるからな!」

京太郎「威張っていえることじゃないのですが、それは」






良子「というわけで、空き教室だ!」

京太郎「鍵がかかってたはずですが……」

良子「三箇牧高校の作業員である私が持っていない鍵など、ノー!」

京太郎「そうですか、そういえばその作業着ってここの制服みたいですね」

京太郎「なんとなくナース服みたいな感じがします」

良子「そ、そうか……どう思う?」

京太郎「はい、可愛いと思いますよ」

良子「そうか……えへへ///」






京太郎「そうだ、戒能さんってチャットやってません?」

良子「チャット?」

京太郎「マージャンアートオンライン略してMAOのチャットルームですよ」

良子「ああ、まあ一応はな」

京太郎「そこで『かいのー』っていうハンネでぼっち部屋にいませんか?」

良子「ど、どうしてそのことを!?」

京太郎「どうしても何も、完全に戒能さんじゃないですか、名前からして」

良子「は、恥ずかしい……」

京太郎「特定されて、ストーカーとかされたら危ないので、なるべくああいう名前は避けた方がいいですよ」

良子「そ、そうなのか?」

京太郎「よく知りませんが、そういうのが多いらしいですよ、最近」

良子「そ、そうかじゃあ改名しなくては……どうしよう」

京太郎「そうですね、『戒能プロは俺の嫁』とか?」

良子「そそそ、それはどういう意味だ!?///」

京太郎「いや、冗談ですって」

良子「なんだ、嬉しかったじゃないか」ボソッ

京太郎「何か言いました?」

良子「いや、なんでもないぞ!さあ早くランチを食べよう!」

京太郎「はい、そうですね」




京太郎「よく考えると、戒能さんと二人っきりだったのか」

京太郎「惜しいことをしたな…」







京太郎「久しぶりの日常な気がする」

京太郎「地区予選も近いしやっぱり部活に行かなきゃな」

京太郎「そうこうしているうちにもう部室の前か」

京太郎「開け、ゴマ!」

扉「」シーン

京太郎「ま、そりゃそうか」


京太郎「ああ、懐かしの部室よ!」

霞「この1か月全く来てなかったものね」

郁乃「これはもうお仕置きやな~」

京太郎「なんですかその縄は!」

京太郎(ここは、照に頼る!)

京太郎「照!特訓しようぜ!」

照「えっ?わ、わかった」




京太郎「うがーっ、全然できねえ!」

照「落ち着いて、はいミルクティー」

京太郎「おお、あんがと」コクッ

京太郎「あれ、なんだか眠気が……」

京太郎「……」Zzz

照「これでよかったの?」

郁乃「上出来上出来~」






京太郎「目が覚めたら公園にいた」

京太郎「何を言ってるか(ry」








京太郎「何をされたんだ?さっぱりわからない」テクテク

京太郎「ん?あの人は……」

豊音「あ、須賀くーん!」ブンブン

京太郎「どうも姉帯さん、こんにちは」

豊音「こんにちはー、また会えてちょー嬉しいよー」

京太郎「まだ大阪にいたんですか?」

豊音「うん、先生の付き合いでちょっとね」

京太郎「へぇ、いつごろまでなんですか?」

豊音「あーそれがね……」

豊音「もう今日で帰っちゃうんだ……」

京太郎「えっ、そうなんですか」

豊音「うん……せっかく須賀くんに出会えたのにね」

京太郎「じゃあ、岩手に帰ったらメールくださいよ!」

京太郎「もちろん、俺からも送りますよ!」

京太郎「離れてても友達は友達です!」

豊音「うん!うん!」

豊音「わたし、須賀くんに会えてほんとーに良かったよー!」

豊音「ありがとーっ!」ダキッ メシッ

京太郎「あれ、今なんか変な音がががががが」メキッメキメキメキ



【7月第1週 平日】終











【7月第1週 休日】

京太郎「朝かー」ノビー ゴキッ

京太郎「痛っ!」

京太郎「姉帯さん締め付けが強いんだよなぁ」

京太郎「朝はどうするかな」


【中心街の雀荘】

京太郎「バイトに来たぞ!」

由子「よろしくなのよー」

京太郎「そういえば真瀬さんがいたんですね」

由子「ひょっとして忘れてたのよー?」

京太郎「いえいえまさか」

おっさま「今日も頑張っていこなー」

京太郎「はい!」








カランコロン

京太郎「いらっしゃいませー」

シロ「はい、どうも……」

シロ「……涼しい」

京太郎「あ、あのーどの卓に入りますか?」

シロ「え?」

京太郎「ここ、一応雀荘なのですけど」

シロ「打たなきゃ…いけないのか……ダルいな…」

シロ「でも、涼しいんだよな……」

シロ「うーん……」

京太郎(不思議な子だなぁ)

シロ「あ」

京太郎「どうしました?」

シロ「考えるのも…ダルい……」

京太郎(気力なさすぎるでしょ!)

京太郎(どうしたものか……)






京太郎「おい、俺と打てよ」

シロ「ダル……」

シロ「え……?」

京太郎「だから、俺と打てって言ってんだよ!」バシーン!

おっさま「はいストーップ、そこまでや」

おっさま「なあお客さん?ここは入ったら1回打つまで出られないんです」

おっさま「だから打って行ってくれます?」

シロ「……ダルいけど…わかった」

おっさま「そんでメンツは……あ、真瀬ちゃんちょっと来てや」

由子「はいなのよー」

おっさま「これで揃ったな」

京太郎「じゃあ、始めましょうか」

シロ(……なんだか)

シロ(ダルいことになったなぁ……)











シロ(ダルい……)

シロ(トシさんがギャルになったとか豊音が言うからみんなで来てみたのに……)

シロ(早く終わらせて休憩しよう……)


開局

シロ(テンパイ……もっと伸びるかな…)

シロ(ダルいけど……)

シロ「ちょいタンマ」

【マヨヒガ】発動!







京太郎「ポン」

京太郎「ロン、白のみで1500です」

おっさま「はいよ~」

シロ(この人…早い人なのかな……)

シロ(そうであろうと、そうでなかろうと、ダルくなりそうだな……)

シロ(次は様子見……)


東1局1本場
親 京太郎 26500
由子 25000
おっさま 23500
シロ 25000


京太郎(タンヤオドラ1、ちょうどいい手で聴牌したけど…)スチャ

京太郎(これ、じゃないな)タン

おっさま(どうやら順調みたいやな)

おっさま(でも、そう簡単にはいかせないで)

京太郎(こい!)スチャ

京太郎(……違うか)トン

おっさま「それ、ロンや。メンゼン三色、2000の1本場は2300」

京太郎「なっ……」


東2局
京太郎 24200
親 由子 25000
おっさま 25800
シロ 25000


由子(この親番、ものにするのよー)フンス


由子(とは言ったものの、もうこれで流局なのよー)

由子(ノーテンだし……)トン

京太郎「ロン、河底のみ、1000です」

由子「ホ、河底?」

由子「そ、それはちょっとあんまりなのよー……」ノヨヨ

由子(と、見せかけて)

由子(これで須賀くん対策はばっちりなのよー)

由子(ふっふっふ、これで須賀くんを泣かせてあげるのよー)

【対抗策】発動!

由子が【黄金の回転】をコピーしました


東2局
京太郎 25200
由子 24000
親 おっさま 25800
シロ 25000






由子(おお、急に牌がよく来るようになったのよー)

由子(ナイス対策!なのよー)

由子(このまま和了るのよー!)

京太郎「ツモ、300・500です」

由子「」


オーラス
京太郎 26300
由子 23700
おっさま 25300
親 シロ 24700


由子(対策…どこで間違ったんやろ……)

シロ(聴牌できないなぁ…)

おっさま(ずいぶんと静かな卓やな)

京太郎「よし、ツモ、300・500です!」

由子「……」

シロ「……」


終局
京太郎 27400
おっさま 25000
シロ 24200
由子 23400







京太郎「えーっと、その…おつかれさまでした」

由子「おつかれなのよー」

シロ「どうも……」

カランコロン

豊音「シロ、ここにいたんだー!」

シロ「豊音……」

豊音「みんな心配してるから帰ろーよ!」

豊音「って、須賀くん!?どうしてここに?」

京太郎「また会えましたね」

豊音「うん、あ、紹介するよーこの子は小瀬川白望ちゃん、みんなはシロって呼んでるんだよー」

シロ「ダル……」

豊音「それで、こっちが須賀京太郎くんだよー」

京太郎「そういえば、挨拶してませんでしたね」

シロ「……別に、いい」

シロ「君は、豊音の友達なの?」

京太郎「はい」

シロ「じゃあ、豊音と仲良くしてあげて……」

シロ「豊音、須賀くんに私の連絡先渡しておいて」

豊音「どうして自分で渡さないのー?」

シロ「…ダルい、から……」






京太郎「よし、午後も頑張っていくぞー!」

由子「今度こそ、今度こそは!なのよー」




カランコロン

京太郎「いらっしゃいませー」

由子「いらっしゃいなのよー」

煌「こんなところに雀荘があるとは、すばらです!」

煌「それでは早速打ちましょう」

煌「そこのお二方、私と打ってくれませんか?」

京太郎「え、俺たちですか?」

煌「あなた方の他にどなたかいらっしゃると?」

京太郎(また、なんか変な人が来たな……どうしよう)






京太郎「飛んでも知りませんよ?」

煌「おや、それは楽しみですね」

煌「申し遅れました、私は新道寺女子2年、花田煌と云います」

京太郎「俺は三箇牧高校の1年、須賀京太郎です」

由子「私は姫松の3年の真瀬由子なのよー」

煌「おお、あの姫松高校の方でしたか、いやぁ、実にすばらです!」

おっさま「お、またやるんか?わいも混ぜてくれへん?」

京太郎「はい、どうぞどうぞ」




開局

京太郎「ツモ、300・500!」

京太郎(何かを出し抜いたような気がする)

京太郎(この調子だ!)


東2局
由子 24500
親 京太郎 26100
煌 24700
おっさま 24700


京太郎「ロン、2900です」

煌「ふむ……一発とは、すばらです!」

由子(それあなたが振り込んだだけやないか……)


東2局1本場
由子 24500
親 京太郎 29000
煌 21600
おっさま 24700


由子(対策、対策なのよー)トン

京太郎「ロン、5800の1本場は6100です」

由子「もうっ!全くダメなのよー」

【対抗策】発動!
由子が【黄金の回転】をコピーしました


東2局2本場
由子 18400
親 京太郎 35100
煌 21600
おっさま 24700



煌(和了る度に点数が上がっていく……この打ち筋は)

煌(たしか春に部長と打った、宮永照)

煌(彼女にそっくりですね……)

煌(ならば、今のところは様子見あるのみですね!)トン

京太郎「ロン、7700の2本場は8300です」

煌「はい、ただいま」


東2局3本場
由子 18400
親 京太郎 44400
煌 13300
おっさま 24700



京太郎「よし、3本場だ!」

由子(やっぱり配牌もいいけど……あれ?配牌一向聴なのよー)

由子(でも、役無しなのよー……)

由子(あ、来た)

由子(これで聴牌…リーチは……しないでおくのよー)トン

煌(宮永さん同様、点数に制限があるのならば、必ず無理をする)

煌(そこを狙い打ちますよ!)

由子「ツモ、600・800なのよー」

煌「すばっ!?」


東3局
由子 20400
京太郎 42600
親 煌 21000
おっさま 15800



由子(ようやく対策がうまくいった気がするのよー)

由子(この調子で……あれ、これって)

由子「リ、リーチなのよー」

煌(ダブリーとは、なんたるすばら!)

京太郎(こんなの当たったら事故だっつーの!)トン

由子「それなのよー、ダブリー一発タンピン一盃口で12000なのよー」

京太郎「」


オーラス
由子 32400
京太郎 30600
煌 21000
親 おっさま 15800





京太郎(勝ちたい…1位になりたい……)

京太郎(幸い真瀬さんとの点差は1800、出和了でまくれる)

京太郎(で、今聴牌、一盃口のみ)

京太郎(どれを切るか……)

煌(うぅむ、微妙な配牌ですねぇ)

煌(須賀さんがもう張ったようなので、降りておきましょう)

煌(真瀬さんもなかなか侮れないですしね)

由子(張ったのよー、メンタンピンドラ1)

由子(ここはダマで……これを)


おっさま「ノーテンや」

由子「テンパイなのよー」

京太郎「テンパイです」

煌「ノーテンです」

京由 *1


終局
由子 33900
京太郎 32100
煌 19500
おっさま 14300






煌「おつかれさまでした」

京太郎「お疲れ様でした」ハァ

由子「おつかれなのよー」ハァ

煌「真瀬さん!あなたのあの逆転の跳満、すばらでした!」キラキラ

由子「あ、ありがとうなのよー」

煌「そして須賀くん、連続和了、すばらでした!あなたが今日のモストバリアブルスバラ、略してMVSです!」

煌「あと、携帯をお借りしても?」

京太郎「はい、どうぞ」

煌「ありがとうございます。それでは…」ピローン

煌「はい、これが私の連絡先です」

京太郎「あ、どうも」

煌「また機会があれば打ちましょう」

煌「それでは、さらばですー!」フリフリ

カランコロン

京太郎「いい人、だったのかな?」

由子「お客様は神様なのよー」

おっさま「その言葉は正しいんやけど、使い方間違うとるな」

おっさま「2人とも、今日もご苦労やった、これがバイト代や」

京太郎「ありがとうございます」

おっさま「じゃあ、おつかれさん~」





京太郎「バイトが終わったので帰ってきた」

京太郎「財布があったかくなった気がするな」

京太郎「さて、これからどうしようかな」



京太郎「霞さんの家で特訓だ!」

霞「もう少し静かにしましょうか」

京太郎「はい……」

霞「みんな中で打ってるけど、どうするの?」

京太郎「みなさん来てるんですか?」

霞「地区予選前だもの、良子さんもいるわよ」

京太郎「そうですか……じゃあ」





ガララ

良子「ふぅ……」

京太郎「あ、戒能さん、今空いてますか?」

良子「ん、どうした?」

京太郎「俺と特訓してくれませんか?」

良子「ふむ、特訓か、私はいつでもウェルカムだが、私なんかでいいのか?」

京太郎「はい!戒能さんでなければダメなんです!」

京太郎「お願いします!」

良子「わかった、わかったから」

憩(京太郎くん、戒能プロと何話とるんやろ…)キキミミ

良子「でも、どこでヤるんだ?」

京太郎「みんな中にいるんですよね?じゃあ俺の部屋でヤりましょうか」

良子「ふ、二人っきりでか……?///」

京太郎「?もちろんじゃないですか」

憩(京太郎くんと戒能プロがヤる!?京太郎くんの部屋で!?)

憩(そ、そんなん……)



憩(興奮するやん……///)





良子「須賀くんは、読んでいる教本とかはあるのか?」

京太郎「この、瑞原プロのとか、郁乃さんのとかですね」

良子「むっ、私のは無いのか?」

京太郎「書店には見当たりませんでしたけど……」

良子「うっ…これでも一応トッププロなのに……」グスッ

良子「こんなの……」

良子「こんなの、あんまりだああああああ!」ウワァァァン

京太郎「か、戒能さん!?」


京太郎「あの後、戒能さんを慰めて時間が無くなってしまった…」

京太郎「ま、帰るときにスッキリした顔をしてたから大丈夫だよな!」



京太郎「そういえばテストしたり合宿行ったりで最近はご無沙汰だったな」

京太郎「合宿といえば…明華さんだよな」

京太郎「よし……」モゾモゾ



【7月第1週 休日】終











【7月第2週 平日】

京太郎「ふぅ……」

京太郎「久しぶりだから何回もやってしまった……」

京太郎「朝、それは1日の始まり」

京太郎「朝に誰かと出会って学校に行けるかどうか、それで今日1日が決まる」

京太郎「あるものは友達と」

京太郎「あるものは恋人と」

京太郎「その1日の始まりを人々は誰かと共有している」

京太郎「何を言いたいかというと……」

京太郎「俺も誰かと登校したああああい!」

エイスリン「!」ビクッ

京太郎「あっ、すみません……って、エイスリンさん!エイスリンさんじゃないですか!」

エイスリン「ア、アサカラビンビンダネ……」

京太郎「ビンビンじゃなくて元気と言いましょう」


京太郎「そういえば、エイスリンさんって日本に来てもう3か月ですよね、好きな日本の食べ物とかってあります?」

エイスリン「タベモノ……umm」

エイスリン「カスミガツクッタ、キントキマメ、オイナリサン」

エイスリン「チクワ、トカ?」カキカキ バッ

|ちくわを咥えてピースをしているエイスリンの絵|

京太郎「え、えーっと、その絵は…」

エイスリン「チクワノエ?」ハテッ?

京太郎「」ビンビン







京太郎「朝は……いかんいかん妄想は抑えないと」

京太郎「昼飯はどこで食べようかな」

京太郎「中庭に来たぞ」

ワイワイ ヤイノヤイノ ブヒーッ

京太郎「いつも賑やかだよな、恋人同士……」

京太郎「ん、あれは……」


エイスリン「……」カキカキ

京太郎「エイスリンさん!」ガバッ

エイスリン「ワッ!」バシーン

京太郎「うわっ!」


エイスリン「ダイジョウブ?」ナデナデ

京太郎「痛たた、あ、もう大丈夫ですよ」

エイスリン「ホントウニ?」

京太郎「はい、もともと俺が悪かったんですし」

エイスリン「ソノ……ゴメンネ」

京太郎「謝らなくていいですよ」

京太郎「さっきも言ったように俺が悪かったんですから」ナデナデ

エイスリン「……ン」

エイスリン「アリガト……」





【放課後】

京太郎「来週には地区予選が始まるのか」

京太郎「どんな人がいるかが楽しみだな!」

京太郎「やっぱり部活に行くべきだよな!」

京太郎「俺が出れるのは個人戦だけだけど、勝ちたい!」

京太郎「手に入れるんだ!力を!」

京太郎「勝つための力を!」




京太郎「よし、憩さんと特訓しよう!」

京太郎「憩さん、憩さん」

憩「!」ビクッ

憩「な、なんや?」

京太郎「?どうしてそんな後ずさりをするんですか?」

憩「いや、なんでもないで~」

憩「で、なんや?」

京太郎「憩さんと特訓しようと思いまして!」

憩「と、特訓!?って何の特訓?」

京太郎「麻雀に決まってるじゃないですか」

憩「あ、そ、そうやな!それしかないもんな!」

憩(アカン、想像してもうた……)

京太郎「じゃ、こっちでやりましょうか」

憩「う、うん」

憩(後で穿き替えんと…)







京太郎「そういえば、憩さんのそのピキーンってなるやつ、俺にもできないですかね」

憩「え、これ?」ピキーン

京太郎「なんだかかっこいいなーって」

憩「そ、そうかな……?///」

京太郎「どうですかね?」

憩「んー、一応やってみよか」

京太郎「はい、お願いします!」







京太郎「部活終わりーっ!」

京太郎「さて、帰りはどうするかな」

京太郎「街に行ってみるか」





京太郎「懐があったかいからコンビニに来たぞ」

京太郎「なにを買おうかな……」

京太郎「ティッシュを買っておくか、昨日みたいに使いすぎてなくなったら困るからな」

明華「須賀、クン?」

京太郎「あれ、雀さんじゃないですか」

京太郎「どうして大阪に?……って雀さん!?」

明華「ンッ」ビクッ

京太郎「すみません、驚いたものでつい」

明華「ダ、ダイジョーブダヨ」

明華「少シ、歌の用事で来タンダ」

京太郎「歌?」

明華「CDとか、出シテルヨ」

明華「2週間くらい大阪にイテ、コンサートシタリ、サイン会シタリスルンダ!」

京太郎「何それ凄い」

明華「良カッタら、須賀クンも来て!ミンナと一緒に!」

京太郎「はい、考えておきますね」

明華「ソーイエバ、須賀クンは何を買ッタの?」

京太郎「ああ、ティッシュですよ」

明華「ソノ袋は?」

京太郎「袋?何だ?」

近藤さん「チィーッス、お買い上げアリシャース」

京太郎「は……!?」




【7月第2週 平日】終