http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344919925/


染谷「何故わしに相談を?」

京太郎「和は咲のことをどこか性的な目で見てる節があります」

京太郎「優希は冗談かわからないですけど俺に何かアピールしてくるんで・・・」

染谷「久がおるじゃろうが」

京太郎「部長は絶対面白半分でろくなことしないような気がするんです」

染谷「ま、まあ否定はせんが・・・」

京太郎「ですから染谷先輩、何かアドバイスをくれませんか?」

染谷「そうは言うが、わしは生まれてこのかた恋愛とは無縁で過ごしてたんじゃ」

染谷「わしなんかのアドバイスが役に立つとは思えんのじゃが・・・」

京太郎「お願いします!染谷先輩しか頼れる人がいないんです!」ペッコリン

染谷「あー・・・。わかった、わかったから頭を上げい」

京太郎「ほんとですか!?ありがとうございます染谷先輩!」

染谷「京太郎は咲と幼なじみじゃったな。どうなんじゃ?」

京太郎「何がですか?」

染谷「咲の気持ちが自分に対してどんだけのもんかっちゅー話じゃ」

京太郎「ただの幼なじみ・・・いや、それ以下かもしれません」

染谷「本当か?」

京太郎「ええ。以前学食で友人に咲といるところを嫁さんみたいだとからかわれたんですが、咲は激怒していましたから」

染谷「そうか・・・。照れ隠しという可能性は?」

京太郎「ないと思います。顔を赤らめるとか、恥ずかしそうにするとかそういうの一切ありませんでしたし」

染谷「まあそういうんはいくらでも表に出さんようにはできるけぇ参考にはならんな」

染谷「でも、何で今更恋人同士になりたいなんて思うたんよ?」

京太郎「別に幼なじみっていう今までの関係でも、俺は満足していたんです。でも・・・」

染谷「何じゃ?」

京太郎「何だかあいつが遠くに行っちゃうような気がして・・・」

京太郎「あいつ、麻雀で活躍して有名になったじゃないですか」

京太郎「学校でも超有名人・・・。このままじゃ他の誰かに!そう思ったらいてもたってもいられなくて・・・」

染谷「そうじゃのう。わしらも今じゃ長野じゃ誰もが知るレジェンドじゃけぇのう」

染谷「優希も色んな店でタコスをタダで食べられるようになった言うて喜んどったし」


染谷「告白してみたらどうじゃ?」

京太郎「それは・・・まだ怖くて・・・」

染谷「まあ同じ麻雀部じゃしな。でも恋人同士になりたいんじゃろ?避けては通れん道じゃぞ?」

京太郎「ええ・・・。ですから、染谷先輩には俺が咲に告白できる自信が持てるよう協力して欲しいんです」

染谷「どうせぇっちゅーんじゃ」

京太郎「今のままじゃ告白しても玉砕するのがオチです

京太郎「告白して成功する可能性がせめて五分ってとこくらいまで咲と接近したいんです」

染谷「なるほどのう。よし、わかった。一計を案じてやろう」

京太郎「ありがとうございます!」

染谷「何、可愛い後輩たちのためじゃ。気にせんでええ」


京太郎「で、どんな策があるんですか染谷先輩?」

染谷「バイトじゃ」

京太郎「バイト・・・ですか・・・?」

染谷「そうじゃ。わしの店の手伝いを咲と二人でするんじゃ」

染谷「そこで咲にお前さんのバリバリ働く姿を見せたら『京ちゃんカッコイイ!』ってなるんじゃないかのう」

京太郎「で、でも俺・・・」

染谷「何じゃ、何ぞ不安でもあるんか?お前さんは器用じゃけぇ、うちの店でも何でもこなせると思うぞ?」

京太郎「俺、嫌なんです・・・。あの店で働くってことはまた咲が可愛い格好で店に立つってことじゃないですか!」

染谷「まあメイド麻雀喫茶じゃしのう」

京太郎「男性客が多いあのお店で、可愛い咲の可愛い姿なんかを晒したくないんです!」

京太郎「危険が危ないじゃないですか!もし客に咲のお尻を触られたりしたら俺は・・・!俺は・・・!」

染谷「わかった。わかったから落ち着け京太郎」

京太郎「すみません・・・」


染谷「そうじゃな・・・。じゃあ、オーソドックスに咲とデートじゃな」

京太郎「で、デート!?俺と咲が!?」

染谷「そうじゃ」

京太郎「デート・・・。咲と俺が・・・」

染谷「ああ」

京太郎「はぁ・・・。へへ、俺と咲がデートですかぁ?」ニヤニヤ

染谷「何度も言わすな」

京太郎「咲とデート・・・」

染谷「ええ加減にせんか!」バシッ

京太郎「ハッ・・・!す、すみません。でもどうやって!?俺、咲をデートになんか誘えないっすよ?」

染谷「どんだけ臆病なんじゃ・・・。まあええ。わしが咲を誘ったる。デートじゃなけりゃええんじゃろ」

京太郎「ど、どういうことですか・・・」

染谷「そうじゃな・・・咲を買い物にでも誘っちゃる。部の買出しっちゅーことにするか。で、荷物持ちに京太郎もって感じでの」

京太郎「ふむふむ」

染谷「で、当日の待ち合わせにはわしは来ん」

京太郎「えっ!?」

染谷「さすればほら、二人きりじゃ。よかったな京太郎。あとは好きにせえ」

京太郎「そんな!二人きりになったら素直にお喋りできないし、どうしたらいいかわかんなくて俺死んじゃいます!」

染谷「へたれにも程があるじゃろうが・・・」

染谷「じゃあどうしたらええっちゅーんじゃ」


京太郎「そのデート・・・。染谷先輩もついてきてください」

染谷「なっ・・・!それじゃデートにならんじゃろうが!」

京太郎「だ、だって俺、咲と二人っきりになったら何話したらいいかとか・・・」

染谷「あー、もう、わかった!じゃあこっそり付いてったる!」

京太郎「ほんとですか!」

染谷「じゃが咲とお前さんで二人っきりじゃ。わしは離れた場所で見といてやるけぇ安心せぇ」

京太郎「俺が会話とかで困ったらどうするんですか?」

染谷「そんときゃ電話・・・いや、電話はバレるか・・・」

染谷「メール・・・も、デート中に携帯をいじっとると嫌われるかもしれんしの・・・」

染谷「まあ、なんとかしてデート中の京太郎に指示を出しちゃるけえ安心せえ」

京太郎「何から何までありがとうございます、染谷先輩」

染谷「まったくじゃ」

京太郎「このお礼はいつか必ず・・・」

染谷「あー、そういうのはええ。ただ、もし咲と付き合うようになったらじゃが、咲を悲しませるようなことだけせんでくれ」

染谷「わしはそれだけでええ」

染谷「もし咲に酷いことして捨てたりするようなことがあれば京太郎。お前・・・病院で栄養食を食べるだけじゃ済まさんからのう」

京太郎「わかってます!死が二人を別つまで、いや、その後も!未来永劫咲を愛し、大切にすることを咲にかけて誓いますから!」

染谷「まあお前さんみたいなのには杞憂じゃったか。それじゃあ咲を誘ってみるとするかのう」

京太郎「お願いします染谷先輩」


そしてデート当日

京太郎「咲はまだかな・・・。三時間前から来ちゃったぜ」

京太郎「待ち合わせの時間まであと10分か・・・。くぅ~、待ち切れないぜ」

和「須賀君、おはようございます」

京太郎「えっ・・・?」

優希「待ち合わせより早く来て待ってるとは見直したじぇ。それでこそ我が麻雀部の雑用係だじょ」

京太郎「和に優希・・・。何で・・・」

咲「おはよ、京ちゃん。染谷先輩たちと買出しに行く話しをしたら和ちゃんと優希ちゃんも行きたいって言い出したから・・・」

咲「もう連れて来てるし、事後承諾になっちゃうけどダメかな・・・?」チラッ

京太郎(そんな困ったような顔の上目遣いをするまでもないじゃないですか、この天使さんめ~~~)

京太郎「もちろん問題ないに決まってるだろ、咲」

和「まだ待ち合わせ時間まで少しあるせいか染谷先輩が来ていませんね」

優希「寝坊してたりしてな」

和「優希じゃあるまいし。私が起こしに行かなかったら優希は確実に寝坊してますよ」

優希「てへー」

京太郎「咲、俺、染谷先輩に確認の電話入れてくるよ」

咲「ここで電話したら?」

京太郎「いや、街中は色々とうるさいから静かなとこでな。じゃ!」

京太郎(やばい・・・。和と優希が来るなんて計算外だ・・・。染谷先輩に指示を仰がないと・・・)


染谷『あー・・・、京太郎。聞こえとるか?』

京太郎「は、はい!昨日染谷先輩から借りた骨伝導携帯、よく聞こえてます!それでですね、実は計算外の事態が・・・」

染谷『こっちもじゃ』

京太郎「えっ?」

染谷『そっちの状況はわかっとる。和と優希が一緒になっとるんじゃろ?さっき駅で見たからのう』

京太郎「ええ、そうなんです。こっちに来て下さいよ先輩!俺、どうしたらいいか・・・」

染谷『こっちも予想外の足止めを喰らっててのう。何、心配しなさんな。待ち合わせ場所には行ったる。7分待ってくれ』

京太郎「は、はい!」

咲「あ、京ちゃん。どうだったの?」

京太郎「ああ、何でも足止めを喰らったとかで。でも、あと10分もかからずに来るって言ってたぞ」

優希「ふぅ~ん、足止めですかぁ~」

和「あらあら、それは大変ですね」

優希「ちゃんと来れればいいな」

和「ええ、そうですね優希」

咲「?」

京太郎「?」

優希「ま、あと10分もかからずに来るっていうんだし座って待ってようじぇ~」

京太郎「そうだな」

染谷「さて、いい加減出てきたらどうじゃ?こんな人気のない路地裏に誘ってやったんじゃからのう・・・」


スッ

純「さすがだな。実はある人物からお前の足止めを頼まれていてな。恨みはないが今日一日寝ててもらうぜ」

夢乃「そういうことです」

染谷「はぁ・・・。何がある人物じゃ、バカバカしい。井上純、お前さんはどうせうちの優希にそそのかされたんじゃろ」

純「なっ!べ、別にあいつに頼まれたとかじゃねぇよ!」

染谷「単純じゃな。そしてそっちの。名前は忘れたが和の後輩じゃろ。まったく、何でこんなことを」

夢乃「スーパーまほっちです。和先輩とは無関係です」

染谷「やれやれじゃ。面倒ごとは嫌いなんじゃがのう・・・」

染谷「ま、わしにも待ってくれとる後輩がおるんでな、手早く片付けさせてもらうけぇのう」

純「ほざけ!」

夢乃「こっちは二人いる上に武器まで持ってるんですから負けるわけがありません」

純「おうよ。そして喰らえ!多節牌!」グオッ

染谷「あれは!?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

多節牌

新潟北部北蒲原郡には秘密の犯罪結社が存在した
その名を「蒲鉾党」といい恐るべき数の暴力で犯罪を行っていた
その中でも有名な一派が「鶴賀餓苦宴」である
その見境の無い所業に北蒲原郡の住民は恐怖した
事態を重く見た時の県知事は風越侍の「池田華菜」に討伐を依頼する
激しい死闘の末、「池田華菜」は「鶴賀餓苦宴」を倒し、北蒲原郡はとりあえず平安を取り戻した
この際「池田華菜」は「鶴賀餓苦宴」の一員「加治木ゆみ」を討伐したとき
麻雀牌に糸を通し連結させた武器『多節牌』を使ったという伝説が・・・
民衆の噂話にはあったがどのように多節牌を使ったかは定かではない
ちなみに現在使われている多節棍の由来は、この「多節牌」から来ていることは言うまでもない

(民明書房刊 「多節牌の使いかた」より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガシャーン

純「やったか!?」

夢乃「いえ・・・、これは・・・」

染谷「ふん、路地裏とはいえ街の中でそんな暗器を使いよるとはのう」

純「なっ・・・!?腕一本で受け止めただと!これは牌に金属を仕込んだ特注製だぞ!?」

夢乃「よく見るです!あの腕の形は・・・!」

純「まるで手羽先・・・」

染谷「ああ、そうじゃ。小さい頃からこれがわしの得意技でのう。ついた異名が・・・」

夢乃「清澄手羽先(フェニックス)・・・」

染谷「しかと見ることじゃ」グイッ

純「ま、まずい!」バッ

染谷「遅い!」

染谷「そいや!」ムキッ

夢乃「うわ~、手羽先みたいです~」


キュイッ

純「ぐえぇー」バタッ

染谷「まず一人、と。わしは相手が中学生でも容赦はせん。降参するなら今のうちじゃぞ?」

夢乃「ふふ、降参しろとは随分と自信があるみたいですね。でも、このスーパーまほっちにその技を見せたのが運の尽きです!」

染谷「・・・どういうことじゃ」

夢乃「そうですね、何も知らないで倒されるのは可哀想なので教えてあげましょう」

染谷「いや、結構じゃ」

夢乃「このスーパーまほっちの能力(チカラ)は、相手の能力を完璧にコピーすることができるです」

染谷(和、こんな面倒臭いんを後輩にしとったんか。大変じゃな・・・)

夢乃「今見せた貴女の技、確かに覚えさせていただきましたです。そして、喰らうがいいです」グイッ

染谷「腕まくりをした・・・。来るか?」スッ

夢乃「そいや!です!」ムキッ


ただ腕に力を込め、曲げる
ただそれだけのこと
しかし、それは驚異的な破壊力でまこを襲った


染谷「ぐぁぁぁぁっ!!!!」ズササーッ

夢乃「すごいです!これが染谷まこの手羽先・・・。10メートル以上吹き飛ばしましたです」

染谷「くっ・・・。じゃが、まだまだじゃのう」

夢乃「どういうことですか・・・?」

染谷「お前さんのその技は未完成じゃということじゃ」

夢乃「そんなバカな・・・です・・・!」

染谷「形だけ真似たところで真の威力は発揮できん」

夢乃「何が足りないっていうですか・・・」

染谷「それは腕に乗せる誇り、想い・・・。そして何より」

染谷「凄みが足りないんじゃ!」ググイッ

夢乃「手羽先が来るです!でも、だったらこっちも手羽先で防御すればいいというだけのこと!」グイッ

染谷・夢乃「「そいや!」です!」


夢乃マホは恐怖した
マホが片腕で手羽先を繰り出したのに対して染谷まこは両腕で手羽先を繰り出したからだ

そしてそれは単純に威力が二倍になるというものではないということも、マホは同じ手羽先の使い手として直感的に理解していたのだ
左腕を関節ごと右回転!右腕も関節ごと左回転!
手羽先同士相殺できると考えていたマホも、まこの両腕が一瞬巨大に見えるほどの回転圧力にはビビった!
そのふたつの腕の間に生じる真空状態の圧倒的破壊空間はまさに歯車的砂嵐の小宇宙!


夢乃「うわっ、うわぁぁああああああっ!!」ドォーン!!


マホは吹き飛ばされ気絶
そしてマホの衣類はまこの手羽先が生み出した真空の衝撃波の奔流によって切り裂かれ、
もはや体を包んでいるのは下着のみとなっていた


染谷「やれやれじゃったのう。さて、マホとまこ・・・。名前が似とるだけにこのままここに寝かしていくのも気が引ける・・・」

染谷「まあ、上着だけでもかけてやって、あとは井上をたたき起こしてスーパーまほっちとやらの介抱をさせる」

染谷「わしは失敬させてもらうとするか」ドヒューン!


染谷「いやぁ、すまんのう。ちょいと野暮用で遅くなってしもうた」

咲「そんな、待ち合わせ時刻ぴったりですから大丈夫ですよ」

染谷「そうか?そりゃあよかった。お、和と優希も来とったんか」

和「ええ・・・」

優希「まあなーだじぇ・・・」

和(使えない後輩でしたね)

優希(チッ、あいつ、ただのデクノボウだったか・・・)

京太郎「さ、さーて。染谷先輩も来たことだし、予定通り買出しに行こうぜみんな」

染谷『京太郎、聞こえとるじゃろうな?』

京太郎「ええ、勿論です」

優希「何がだじょ?」

染谷『バカが!悟られんようにせんか』

京太郎「いやー、ははは、何でもないって優希」

優希「?」

染谷『危なかったのう。で、じゃ。わしが買出し班を二つに分け、咲とお前さんが二人になるようにする。じゃから安心せぇ』

京太郎『なるほど。で、その後は?』

染谷『おって指示を出す。まあ、とりあえずは和と優希を引き離すことが先決じゃ』

咲「そういえば買出しって何を買うんですか?」

染谷「部の備品とか色々じゃ。色々と買うんで、ここは二手に分かれるとしようかのう」

京太郎「なるほどなるほどなるほどー。確かにそれは効率的ですねー」

染谷(なんちゅう棒読みじゃ。あいつ、咲と二人きりになったとき大丈夫なんかのう)

和「それで、人数を二つに分けるってどんな風に分けるんですか?私は咲さんとがいいんですけれど」

優希「じゃあ私は京太郎とがいいじぇ」

染谷「まあまあ。買うものも色々あるけぇ、それに応じた人選で分ける」

染谷「まず、第一班は咲と京太郎じゃ。そっちは男手があるけぇ重いもんも買うてもろうことになる。頼んだぞ」

咲「わかりました。よろしくね、京ちゃん」

京太郎「お、おう!任せとけ」

染谷「残りはわしと一緒に買出しじゃ」

優希「え~えぇ~・・・」

和「この人選、異議ありです」

染谷(ええんかのう。井上純にスーパーまほっち。差し向けたんが和と優希じゃったってことはもうバレとるんじゃが)ボソッ

和「!?」

優希「!?」

和「まあ、あとで合流すればいいですしね」

優希「うんうん。早く買出し終わらせようじぇー」

咲「うん。頑張ろうね、みんな」ニコッ

京太郎(ああ・・・天使みたいな笑顔だなぁ・・・。うへへ・・・)