久「にっが……!ちょっと須賀くん、これお茶の葉入れすぎよ!」

京太郎「す、すいません!」

まこ「簡単に見えて難しいからのう、仕方ないわ」

京太郎(ちゃんと本みて量とか調整した筈なんだけどなぁ……)

優希「龍門渕の執事とは大違いだな」

和「こら、ゆーき!」

咲「龍門渕の執事さんって、ハギヨシさんって言ったっけ」

まこ「ああ……あの人は凄かったな」

久「そうねぇ、万能って感じで。あんな人ウチにも一人いてほしいぐらいだわ」

京太郎「………」

和「こ、この話はその辺にしましょう!」

和「須賀くん私もお茶汲むのお手伝いしますよ」

京太郎「………」




京太郎「というワケで、弟子入りしたいのですが」

ハギヨシ『はぁ……』

京太郎「お給料とか一切いりません!ただ、俺もハギヨシさんのようになって……」

京太郎「みんなに頼られたいんです!お願いします!」

ハギヨシ『………』

ハギヨシ『いいですよ。その意気込み、買いましょう』

京太郎「本当ですか!?ありがとうございます!」

ハギヨシ『ただし……』

京太郎「?」

ハギヨシ『辛く、とてもキツい修行になりますが……本当に大丈夫ですか?』

ハギヨシ『厳しいことを言いますが何度も血を吐くこともありますが……』

京太郎「悪いですけどハギヨシさん、何を言っても俺は退きませんよ」

京太郎「もう覚悟はとっくに済ませたので」

ハギヨシ『……分かりました。では、お待ちしております』



京太郎「本日から、よろしくお願いします!!」

ハギヨシ「元気がいいですね、声量が大きいのは良い事です」

京太郎「ありがとうございます!それで、俺は何からしたらいいんでしょうか?」

ハギヨシ「そうですね……まずは」

ハギヨシ「いきなり私の仕事を手伝わせるのも酷という物」

ハギヨシ「まずはメイドさん達に基本を教えてもらいましょう」

京太郎「基本ですか?」

ハギヨシ「はい、詳しい話はその方々から聞いた方が早いでしょう」

京太郎「ほうほう……」

ハギヨシ「まずは井上さんの所に行くことをオススメします。とても面倒見のよい方ですよ」



純「よー、おめーが新入りか?」

京太郎「……」

純「ハギヨシに直談判して来たらしいじゃんかよ。中々骨がありそうじゃねーか?」

京太郎「……メイドさん?執事さんの間違いじゃ?」

純「……」

京太郎「……」

純「厨房の皿洗い100枚な、5分以内」

京太郎「ええっ!?」

純「ハギヨシなら1分で終わらせちまうぞ?はい、いーち……」

京太郎「は、はい!!」

京太郎「…」チーン

純「ギリギリってとこか……まぁ、初めてにしちゃやるじゃねーか」

京太郎(こ、これを1分以内って、どんな化物だよ……)

純「とりあえずオレんトコは合格だ。次、国広くんの所に行って来いよ」

京太郎「国広くん?」



一「初めまして。ハギヨシさんから話は聞いてるよ」

京太郎(お、さっきの人とは対照的に可愛らしいメイドさんだな)

一「執事さんになるうえで、まずはしっかり基礎を固める必要があるからね」

一「じゃあボクのとこじゃキミにはまず……」

一「影分身を習得してもらいます」

京太郎「……どういうことだってばよ」

一「あれ?影分身知らないかな?」

京太郎「いや、知ってますけど………」

一「じゃあ話は早いね。"今日から一週間以内に影分身を習得してくること"」

一「これがボクからのテストだよ!」

京太郎「あの、ひょっとしてギャグで言ってるんですか?」

一「えっ?それは酷いなぁ……本気で言ってるんだけど」

一「それに影分身、最低2人に分身することは龍門渕における基本スキルだよ」

京太郎「うっそだろ……」


京太郎(いや、物理的に無理だろ忍者じゃあるまいし……)

京太郎(……まぁ、やるだけやってみるか)

京太郎「いや、無理でしょ」

一「むぅ……ダメだったのかぁ」

京太郎「それで、出来なかった俺はどうなるんですか?」

一「そうだね、基本スキルが出来ないって事は要するに失格だよ」

京太郎「!?」ガーン

一「けど、とりあえずボクが直接教えてあげる。まぁ、それでも無理だったら……残念だけど」

京太郎「えっ……いいんですか?」

一「せっかくだしね。ここでキミを失うのは何だか勿体無い気がするんだ」

京太郎「あ……ありがとうございます!是非お願いします!」

京太郎「や、やった!できた!!」

京太郎B「できましたよ国広さん!」

一(半ば冗談半分で言ったんだけど……ほ、本当にできちゃった)

一(できるできないかはともかくやる気を見てたんだけどね……)

一「えーと、うん!やったね須賀くん。これで一歩執事に近づいたよ」

京太郎「国広さんのおかげです、ありがとうございました!」

一「ボクはちょっとアドバイスを送っただけだよ。全部キミの力さ」

一「次はともきーの所に行くといいよ。彼女は色んな資格持ってるし、役に立つこと沢山教えてくれるよ」

京太郎「失礼しまーす」ガチャ

京太郎(うわっ!?真っ暗じゃねーか!)

智紀「いらっしゃい」

京太郎「あっ、お邪魔します!」

京太郎「えーと、沢村さんですよね?国広さんから次ここに来るように言われてきたんですけど」

智紀「うん」カタカタッターン

京太郎「俺は何をすればいいんでしょうか?」

智紀「えーと、それじゃ……」

智紀「簡単な事だけどいい?」

京太郎「はい、でもあんまり簡単なのは拍子抜けするんでキツいのでも大丈夫ですよ!」

智紀「そう?じゃあ、CERNへのハックをしてもらいたい」

京太郎「……セルン?」

智紀「"Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire"で"CERN"」

智紀「スイスのジュネーブとフランスの国境にあるヨーロッパ素粒子物理学研究所」

京太郎「ん?ん??」

智紀「ここをハッキングして機密データを盗ってきて。もしできたら合格」

京太郎「それ……できなかったら?」

智紀「失格でさよなら………で済めばいいけど。最悪一生牢獄暮らしかな」

京太郎「は!?」

智紀「やるやらないは自己責任。どうする?」

京太郎「そ、そんなことできるわけ………」

京太郎(……いや待てよ)

京太郎(影分身が出来た時点で俺にできないことはないんじゃないか?)

京太郎(できる、できるっ……!できるって思ったら何でもできるんだ……なら)

京太郎「やります!」

京太郎「イェス!イェスイェスイェスイェス!!!」カタカタカタッ

京太郎B「オーーーーウ!!サンキューサンキュー!!」ッッターーーン

京太郎「できましたよ沢村さん!データ盗ってきました!」」

智紀(凄い……私でもできるようになるのに一年かかったのに……)

京太郎B「ちゃんと足も着かないように処理してあるんで、逆探知される心配もないんで大丈夫ですよ」

智紀「あ、はい」

京太郎「パソコンポチポチしてたら、案外簡単にできましたよ」

京太郎「俺こういうのあんまり触らないんですけど、パソコンってすごい単純なんですね」

智樹「う、うん……とりあえず私のトコは合格」

智樹「最後に透華の所に行ってきて。そこで最後のテストがあるから」

透華「よく私の所までたどり着きましたわね」

透華「あの三人の試験を通ってここまで来たのはあなたが初めてですわ」

京太郎「影分身はちょっと手こずりましたが、他二人の方は比較的簡単でしたよ」ハハ

透華「大した自身ですわね。ですがそれでこそ試験し甲斐があるというもの」

透華「この私の試験に通ればあなたは正式に龍門渕の執事として登録されますわ」

京太郎「やっとハギヨシさんの元で修業できるってことですね……」

透華「ええ。それでは最後のテストの内容を発表します」

京太郎「……」ゴクッ

透華「一日、衣の世話をしてもらいますわ」

京太郎「衣?」

透華「ええ。ついていらしてくださいまし」


―――――


透華「衣、新しいオモチャが増えましたわよ」

京太郎(……今、すっげー物騒な単語が聞こえたような)

京太郎(衣ってのはもしかしてゴリラみてーな……)


衣「……」チョコン


京太郎「え……子ども?」

衣「!」カチン

京太郎「このお子さんのお世話をすればいいんですか?」

透華「あらあら、やってしまいましたわね。その台詞は悪手ですわよ」

京太郎「へ?」

衣「とーか、少し部屋から出ていろ」

衣「衣はこいつで少し遊ぶ」

透華「……分かりましたわ」

透華「では須賀さん、明日の朝お迎えにきます」

京太郎「え?え?ちょっ!」


バタン

透華(須賀さん、どうか壊されないでくださいませ)



――――――
―――――

チュンチュン チュン


透華(さて、朝になりましたが……須賀さんは無事でしょうか)

透華「衣ー?須賀さん?」コンコン

透華「………」

透華(返事がありませんわね……)

透華「入りますわよ?」ガチャ



透華「……あらあら、仲がよろしいこと」


衣「……きょうたろー」ムニャ

京太郎「こ……ころたんいぇい……いぇい」ムニャムニャ

衣「きょうたろー……たるたるもっと……」



透華「起きてどうだったかは聞くまでもありませんわね」

透華「合格、ということにしておきますわ」


ハギヨシ「おめでとうございます須賀くん。無事透華お嬢様の試験に合格なされたそうですね」

京太郎「ありがとうございます!」

ハギヨシ「これで正式にあなたも龍門渕の執事となりました」ニコッ

ハギヨシ「分からないことや聞きたいことがあったらすぐ私に聞いてくださいね」

京太郎「はい!一日でも早くハギヨシさんのような執事になることを目指します」

ハギヨシ「んふっ。嬉しい事言ってくれますが買い被りすぎです」

ハギヨシ「その年で執事になれるのですから須賀くんは私などすぐに超えてしまいますよ」  ジリリリリリ!!

ハギヨシ「……おっと、仕事開始の時間ですね」

京太郎「さっそく何か仕事に入りたいんですけど、なにからやればいいでしょうか?」

ハギヨシ「そうですね……それではまず」

ハギヨシ「お疲れ様です!当主様!」

メイド"s「「「お疲れ様です!!」」」

透華父「うむ」


京太郎「……お、お疲れ様です」

ハギヨシ「もっと大きな声で」ボソッ

京太郎「お疲れ様でェーす!!」

京太郎(やっべ!声が裏返った……!)    クスクス  ナニアレ

透華父「ん?キミは見ない顔だね?」

京太郎「あ、はい!本日より龍門渕の執事をやらせていただくことになった須賀京太郎です!」

透華父「ほうほう……あ透華が認めた少年とはキミのことだったのか」ジーッ

京太郎「?」

透華父「頑張りたまえ。期待しておるよ」ハハハ


京太郎(き、緊張したー……あんまり緊張しすぎてやらかしちまったし……)

ハギヨシ「お見事です。初めてにしては相当な物ですよ」

京太郎「え?そうなんですか?」

ハギヨシ「はい。普通の新人メイドさんなら失神したりしますからね」

ハギヨシ「これなら次のお仕事も大丈夫そうですね」

ハギヨシ「掃除に始まり掃除に終わる……と、いうことでお掃除をしてもらいましょう」

京太郎「なんだ、そんな簡単な仕事でいいんですか?」

ハギヨシ「ええ。透華お嬢様は綺麗好きですからね……"掃除は常にしておけ"とのことです」

京太郎「へーい」

ハギヨシ「ああ、それと大事な事を言い忘れていましたね」

京太郎「?」

ハギヨシ「ある程度執事功績が認められると、私が透華お嬢様に専属でついているように」

ハギヨシ「あなたにも誰かに専属でついてもらうことになります」

京太郎「ええっ!?」

ハギヨシ「まだ早い話ですが、粗方の希望葉考えておいた方がいいかもしれませんね」

京太郎「な、なるほど……」

ハギヨシ「しかし」

ハギヨシ「あまりにも執事として"不必要"だとみなされた場合は………この先は口にはできません」


――――――


京太郎(俺が専属ねぇ……できればこう、丸いものが胸部についている人がいいな)

京太郎(ま、その前に……)

京太郎「清澄で掃除の心得は分かっていたとはいえ……流石に広すぎんだろ」

京太郎「これ一日で終わるのか……?」

京太郎「おーわったぁーー!!」

京太郎「ほぼ丸一日かかったけど、なんとか終わらせたぞ!」

京太郎B「流石は俺だ」

京太郎「お前いて助かったわ、サンキューな」



ハギヨシ(ふむふむ……1点という所ですか)キュッ

ハギヨシ(これで1/5点。あと4点、頑張ってくださいね須賀くん)


――――――
―――――


ハギヨシ「透華お嬢様も須賀くんのことを褒めていましたよ」

ハギヨシ「"流石は私の試験を突破しただけはある"と」

京太郎「そんな、恐縮ですよ!」

京太郎「それにあの程度ならちゃちゃっとやって終わりですし」

ハギヨシ「これはこれは頼もしいですね」

ハギヨシ「それでは、今日のお仕事は……」

純「よっ!」

一「透華のテストに受かったんだね!おめでとう!」

智紀「祝福」

京太郎「あ、はい。ありがとうございます」

京太郎「それでえっと、ハギヨシさんからここに来るように言われたんですけど……」

純「おう、早速でわりーけど今からオメーに料理を作ってもらう」

京太郎「料理?」

智紀「透華や衣に出せるか否かの選定」

一「特に衣だね。ハギヨシさんじゃなきゃまともに食べてくれない日もあるんだよ」

京太郎「はぁ、分かりました……けど選定って言ったってその透華さんや衣さん達はどちらに?」

一「毒見役はボク達の役割だよ」

京太郎「毒見って……」

純「まぁ、オレらが美味い!って食えるモンならあいつらも大概食えるから気にすんな。多分な」

純「ま、フツーに美味いな。こんだけ出来りゃ十分じゃね?」

一「そうだね。ボク達はとっても美味しいと思うよ」

智紀「うん」コクコク

純「でも透華はともかくとして衣にはちょっとキツい味かもな……あいつお子様だし」

京太郎「あっ、隠し味にワインとか入れましたから……」

一「衣はちょっと特殊だから、気にする必要はないよ」


ハギヨシ(料理の嗜みも心得ているとは流石です……ですが1点といったとこですね)


――――――


ハギヨシ「ご苦労様でした」

ハギヨシ「料理と掃除、この二つは全国ても屈指の実力があると思っていいでしょう」

京太郎「ありがとうございます!」

ハギヨシ「では、次のお仕事にいきましょう」

京太郎「洗濯ですか……」

ハギヨシ「はい。私は別の仕事があるのでお手伝いはできませんが、お願いいたします」



京太郎「……」カチャカチャ

京太郎「……」フキフキ

京太郎(なんだこの服?エビフライ?)バサッ

京太郎(そしてこの生地が少ないのは……服なのか?いや、それはないか)

京太郎(……にしても料理・洗濯・家事って……執事になったわりにやってることその辺の主婦と変わんねーな)

京太郎(もっとこう、バトラー的なもの期待したんだけどな……)

京太郎B「お前執事になる上で基礎が大事なの知ってるだろ」

京太郎B「つべこべ言わすホイホイやれ」

京太郎「わ、分かってるよ!」

京太郎「……はぁ」


ハギヨシ(弱音を吐いた自分を自分で叱るのは……まぁ、悪くはないですね)

ハギヨシ(1点、と)


―――――――


京太郎(母さん、もうどこに行っても恥ずかしくない息子ができちまったぜ)

京太郎(専業主夫として生きてくのもアリといえばアリなのか……?)

ハギヨシ「お疲れ様です」

京太郎「あ、ハギヨシさん。お疲れ様です」

ハギヨシ「基礎は大分固まってきたようですね。これならば次へ進んでもいいでしょう」

京太郎「ホントですか!?」

ハギヨシ「ええ。ということで、お次は須賀くんに……」

京太郎「失礼します」ガチャ

透華「あら、いらっしゃいまし」

京太郎「お相手を務めさせていただく須賀京太郎です」

京太郎「本日はよろしくお願いします」

透華「そんなに固くならなくて結構です」

透華「まぁ、楽にしてください。私も暇でしたから話し相手が欲しかっただけですわ」

京太郎「はぁ」

透華「それでは何か面白い話を聞かせてくださいな」

京太郎「えっ?」

透華「んもう、執事ならば世間話の一つや二つは心得ているモノですわよ?」

京太郎(き、急にそんなこと言われても……何か面白い話あったかな……)

京太郎「ど゛う゛し゛て゛な゛ん゛だ゛よ゛お゛お゛ぉ゛お゛!゛!゛!゛」

京太郎「い゛え゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

透華「あっははははははは!!」ヒー

透華「わ、笑い死にますわ!」ゲラゲラ

京太郎「ちょっ!?パ、パンツ見えてますよ!」


ハギヨシ(これはこれは……もう私から彼に執事として言うこと無し、ですね)

ハギヨシ(そろそろ頃合いですか)


――――――――――


ハギヨシ「須賀くん」

京太郎「はい?なんですかハギヨシさん」

ハギヨシ「朗報ですよ。今日であなたの執事研修期間は終わりです」

京太郎「……ってことは」

ハギヨシ「はい。あなたには一人前になった証として、専属執事として誰かについてもらう形になります」

京太郎「っしゃあああ!!!」

ハギヨシ「おめでとうございます」パチパチ

京太郎(これで俺も本当の意味で執事になったってことか……うう、長かった)ジーン

ハギヨシ「そして須賀くん、あなたが専属執事としてついてもらう方の名前は……」

京太郎(天江衣、か………確か前に楽しい事した時は普通の子どもに見えたけど)

京太郎(思ったけど何でこの人だけ別館なんだ?)

京太郎「すいませーん」コンコン

京太郎「……」  シーン

京太郎「今日からあなたの専属執事になりました須賀京太郎という者ですが」

京太郎「入ってもよろしいでしょうか?」

京太郎「……」  シーン

京太郎(いいってことにしておこう)ガチャ

京太郎「はいりま……」

衣「きょうたろーーーーー!!!!」バァン!

京太郎「うわあああああ!!」

衣「一日千秋!お前が来るのを今か今かと待ちわびていたぞ!」スリスリ

衣「そんな所に寝転がってないで早くおっきしろー!」ペシペシ

京太郎「分かりましたから、どいてくれると嬉しいです。あと色々見えてますよ」


――――――


透華父「厄介払いには丁度いい。天江の子の相手はあの新人くんにさせておけ」

透華父「まぁ、災厄の娘と関わって無事に済むとは思えないがな」


ハギヨシ(……と、龍門渕当主様は言っておられましたが)

ハギヨシ(私も透華様も須賀くんが衣様を救ってくれると信じていますよ)



京太郎「で、こうして白雪姫は海深くに沈んでいきました……めでたしめでたし」

衣「……」

京太郎「楽しんで貰えましたか?」パタン

衣「……ぜ」

京太郎「ぜ?」

衣「全っっ然楽しくなかった!!」

京太郎「えっ」

衣「なんだその絵本は!?衣の知っている白雪姫とは全然話が違うじゃないか!」

京太郎「あれ?おかしいな……純さんと智紀さんから"衣の喜ぶ本"って言われてたんですけど」

衣「彼奴等のいう事をまともに受けるな!本を渡す時どうせ笑っていただろう?」

京太郎「あっ……」

衣「こんなことより衣はもっと楽しいことがしたい……」

衣「他に何か楽しいことは無いのか京太郎?」

京太郎「んー……楽しい事ねぇ……それじゃあ)

京太郎「楽しい事だったらなんでもいいんですね?」

衣「なんでもだ!」

京太郎「分かりました。じゃあボウリングにでも行きますか」

衣「えっ……それは」


――――――――


衣「お…も……い!!」フラフラ

京太郎「俺が持ちますからいいですって、そんな無理しなくて」

衣「衣を子ども扱いするな!こ、このぐらい自分で運べるぞ!」

京太郎「因みにボウリングのやり方分かりますか?その球をあのピンに向かって投げるんですよ」

衣「当然だ!そのぐらい知ってる!」

京太郎「投げれますか?」

衣「うう……横から一々五月蠅い」


衣「えい!」ポイッ    バァン!!

衣「……」  ガター


京太郎「あははははは」

衣「笑うなー!!」

京太郎「ま、初めてにしてはいいんじゃないですか?」

衣「……大層な物言いだが、余程自信があるのだろうな?」

京太郎「ま、多少はね?とりあえず今から俺が手本を見せますんでよーく見ててください」

京太郎「よっしゃ!!」  ストラーイク

衣「おお……!」

京太郎「どうですか?ざっとこんな物ですよ!」

衣「こ、衣の執事だからな!このぐらいはできて当然だ!」

京太郎(よしよし。少しいい印象を与えたかな)



京太郎「いやー、久々にボウリング行きましたけど楽しかったですね」

衣「そうなのか?京太郎が楽しめたようで何よりだな」

京太郎「また来ましょうか」ハハ

衣「うん!」

衣「……って」

衣「衣は楽しくなかったぞ!!」

京太郎「あっ」

衣「衣も楽しい事したい!したいしたいー!!」    ヒソヒソ  イモウト ナカセテルゼアイツ マァヒドイ

京太郎「わ、分かりましたからそんな所で寝っ転がらないでください!」

衣「……」ツーン

京太郎「衣ちゃーん」

衣「…」ケッ

京太郎「はぁ……分かりました」

京太郎「影分身を教えるんで許してくださいよ」

衣「影分身?」ピクッ

京太郎「あ、そもそも影分身って何か知ってますか?」

衣「本で読んだことがある。戦国の世で忍者が得意とした術式か」

衣「現代の科学技術をもってしてもできないと言われているが……できるのか京太郎?」

京太郎「はい」

京太郎B「この通り」

衣「!?」

京太郎「どうですか?何処からどう見ても俺でしょう?」

衣「おおーー!!」

衣「空前絶後だ!!どういう仕組みになってるのだコレは!?」キラキラ

京太郎「それは企業秘密です」

衣「衣にも享受してくれ!頼む京太郎!!」

京太郎「ははっ、そんなに目を輝かせられて教えないわけにはいきませんね」

京太郎「それなりにキツイので覚悟しておいてくださいね」

衣「んーーー!!」

京太郎「もっとこう、大した奴をイメージしてください」

京太郎「自分を天才だと思い込んで!」

衣「ぐぬぬぬ……!!」


―――――
――――


京太郎「影分身、できませんでしたね」

衣「………」

京太郎「ま、まぁ影分身なんて普通はできるものじゃないですし?そこまで落ち込まなくても」

衣「衣も影分身したかったぞ……」グスッ

衣「出来たのならば、侘しい思いをしなくて済んだのに」

京太郎「……」

衣「………」トボトボ

京太郎(ヤバいな、今日一日でまだ一度も衣さんを楽しめさせてない……なんとか挽回しないと)

京太郎「あ、衣さん」

衣「?」

京太郎「落ち込んだ時にはここですよここ!!」  イラッシャイマセー

衣「ここは……ハミレス?」

京太郎「ジュースは飲み放題だし何時間でもだべっていられますし、学生の憩いの場ですよ」

衣「そ、そうなのか?」

店員「大人一名様、子ども一名様でよろしかったでしょうか?」

京太郎「あ、はい」

衣「衣は子どもじゃない!」



店員「お待たせしました。お子様タルタルエビフライランチです」コトン

衣「わぁー!」パァァ

店員「お待たせしました。超メガ盛りタルタルエビフライセットです」バァァン!!

京太郎「わぁー!」パァァ    ドウゾ ゴユックリ

衣「!?」

京太郎「それじゃ、いただき……!」

衣「……」ジーッ

京太郎「…」ピタッ

衣「……」ダラー

京太郎(飢えた獣のような視線を感じる……涎垂れてるし)

京太郎「やらんぞ」サッ

衣「っ!」

衣「……べ、別に欲しくなんか無いぞ!そっちの方が美味そうだとも思ってないからな!」

京太郎「まぁ、欲しかったら追加注文頼めばいい話ですし。俺はこれ二つ分は食えないんで一人で食わなきゃいけませんけど」

衣「いや……この量は衣一人じゃ無理だぞ」

京太郎「それじゃ、いただきます」スッ


京太郎「うめえええええええ!!」カチャカチャモグモグ

衣「……」パクパク

京太郎「こんな美味いタルタルエビフライは食ったことねぇ!」ハフッハフッ

衣(なぜだ……衣が食べているタルタルも非常に美味だが)モグモグ

衣(京太郎のタルタルと比較してしまうと……隣の芝生は青く見える)


――――――


京太郎「いやー、美味しかったですね」

衣「……」

京太郎「今日は楽しめましたか?」

衣「……心鬱しい」

京太郎「え?」

衣「ううん、何でもない」

衣「楽しかったぞ京太郎!次も衣と遊んでくれ」

一「やぁ、お疲れ様。衣と遊びに行ってたんだってね」

京太郎「あ、こんにちは一さん。中々楽しかったですよ」

一「はは、ホントかい?衣に振り回されたりしなかった?」

京太郎「いえいえ、全く。衣さんも楽しんでいましたし」

一「それはよかったよ。やっぱりキミは衣に気に入られている人は違うなー」ハハ

一「……あと、ちょっと暗い話になっちゃうけどいいかい?」

京太郎「えっ?どうかしましたか?」

一「あ、大した話じゃないんだけどね………今さ、一番衣と距離が近いのは京太郎くんだと思うんだよ」

京太郎「……そうなんですか?」

一「専属執事になるぐらいだからそうと思うよ?」

京太郎「なるほどなるほど。それで、それがどうかしました?」

一「うん。だから執事とか関係なくこれからも衣ともっと一緒に遊んであげて欲しいんだ」

一「彼女ずっとひとりぼっちで寂しい思いしてきたからさ、頼むよ」

京太郎「ところで一さん、今夜空いてますか?」

一「えっ……?」

一「ど、どうしてそんなことを聞くのさ?」

京太郎「前から思ってたんですよ、一さんって可愛いなって」

一「かっ……可愛い!?ボクが?」

京太郎「……」カベドン

一「うわわっ!?」

京太郎「いいですよね?」

一「ちょっと、ダメだって!こんな所誰かに見られたりでもしたら!」

一「それにボク達はメイドと執事だよ!?」

京太郎「関係ありませんよ。で、返事は?」

一「……えーと」

一「その……ご、ご飯を食べるぐらいならいいけど」

京太郎「ありがとうございます」

一「本当にそれだけだからね!!」


――――――
―――――


衣「きょーたろー!絵本読みに来る時間だぞー!」

衣「まだかまだかー!はやくしないと衣は寝るぞーーー!」


チュンチュン チュン


京太郎(結局朝まで一さんと楽しく過ごしてしまった……誰かに見られてたらクビじゃすまないかもなぁ)

京太郎(……けど何だかんだ言って彼女も楽しんでくれたみたいだしいいか)


<ジリリリリリリ


京太郎(お、もう朝礼か。それじゃ講堂に…………)

京太郎(………ん?)

京太郎(待てよ。何かすごい大事な事忘れてる様な気が……)

京太郎(なんだっけ……?)

京太郎「あ、そうだ!トイレトイレ!」

京太郎「あの朝礼めちゃくちゃ長いからな……今の内いっとかねーと」


――――――
―――――


ソレデハ ミナサンキョウモイチニチ カンバッテクダサイ


京太郎(毎度毎度長い朝礼だな……)

京太郎(株がどうとか全然分からないからちっとも面白くねーし)

ハギヨシ「須賀くん」トントン

京太郎「あ、はい?」

ハギヨシ「ちょっとよろしいですか?」

京太郎「なんですか?」

ハギヨシ「透華お嬢様からお話しがあるそうですよ」

京太郎「透華さんが?俺に?」

ハギヨシ「廊下で待っているそうです。では確かに伝えましたので……」



京太郎(なんだかハギヨシさん暗い顔してたな。何かあったのか?)

透華「きましたわね須賀さん」

京太郎「あ、おはようございます透華さん」

京太郎「ハギヨシさんから聞いたんですが、俺に話って何ですか?」

透華「……単刀直入に申し上げます」

透華「あなたはクビですわ!クビ!!」

京太郎「ええええーーーーー!!!?」

京太郎「な、なんでですか!?どうして?」

透華「……」ギロ

京太郎「うっ」ビクッ

透華「本当に心当たりはないのか、自分の胸に聞いてみるといいですわ」

京太郎「………」

京太郎「?」

透華「あなた……まさか本当に」


<待てー!! ゲホッ!


京太郎「ん?」

透華「!?」

衣「ごほっ、ごほ……!待ってトーカ!」フラフラ

透華「衣!?」

京太郎「衣さん……?なんでそんな顔真っ赤なんですか?」

衣「その結論を出すのは時期尚早……!少し時間を、ゲホッゲホッ!」

透華「出てきてはダメと言ったでしょう!寝てないと悪化しますわよ!」

衣「どうってことない!そんなことより……」

衣「衣は京太郎がいい!京太郎を辞めさせないで……!」

透華「……いいえ、それはたとえ衣のお願いでも聞いてあげることはできませんわ」

透華「この方は龍門渕の執事として失格ですわ。もうここにおいておくことはできません」

衣「トーカ!衣の後生だ、頼む!!」

透華「……」

京太郎「お世話になりました……」

ハギヨシ「ごめんなさい須賀くん……私の力が至らないばかりに」

京太郎「いや、全部俺のせいなんで!ハギヨシさんが気にする必要ないですよ!」ハハ

ハギヨシ「……」

京太郎「それじゃ、またご縁があれば」

ハギヨシ「ええ。いつでも遊びに来てくださいね」


ハギヨシ(もしかして彼なら衣様を変えれると思ったのですが………残念です)


―――――――――――


一「衣は?」

智紀「ずっと部屋に籠ってる。風邪も悪化してるみたい」

純「ま、そりゃそうか。あいつ須賀のこと相当気にいってたからな」

一「だよね……透華ちょっと厳しすぎたんじゃない?」

透華「専属執事が主を忘れ病に晒すなどあってはなりませんわ。これは当然の処置」

透華「私は衣を守るため為なら鬼にもなります……それが衣に恨まれる結果になったとしてもです」

235 名前: ◆bwLzDAn7X1mb[saga] 投稿日:2014/11/26(水) 22:02:44.37 ID:fSJduLHr0 [5/14]

久「美味しい……!ちょっと須賀くん、このお茶美味しいじゃない!」

京太郎「す、すいません!」

久「あら、何で謝ってるの?褒めてるのに」

まこ「この一ヶ月、修行に出とったって言うんは本当じゃったのか」

優希「タコスうまーー!!」ガツガツ

優希「おい京太郎!おぬし腕をあげたな!?褒めて遣わす!」

京太郎「へいへい、ありがとーございます」

和「このお菓子も、須賀くんの手作りなんですよね?」

京太郎「あ?ひょっとして不味かった……?」

和「いえいえ、そんなことありません!とっても美味しくて驚いてたところです」

和「これでは私がお手伝いする必要はもうなさそうですね」

京太郎「お?これで俺もちょっとは和に釣り合う男になってきたか」

和「えっ!?」

優希「こ、こら犬ー!ちょっとばかし腕をあげただけで調子に乗るんじゃないじぇ!」

和「…え、えっと、その……」カァァ

久「あらあら、どうやら満更でもないようね」ニヒヒ

まこ「おっ?若いモンはええのう」ニヒヒ

優希「」ガーン


―――――――――


京太郎B「咲、耳かき気持ちいいか?」

咲「うん、気持ちいいよ。京ちゃんってこんな特技があったんだね」

京太郎「だろ?」ヘヘーン

咲「でもいいのかな?部活さぼってこんなことしてて……」

京太郎B「大丈夫だって!あっちじゃ上手くやってるはずだから」

咲「あっち?」

京太郎B「あ、いや!俺達がいなくても部活進んでるんだろうなーって意味で!」

咲「なんだかよく分かんないけど……いいや」

咲「私、気持ちよくて眠くなってきちゃったよ……」

京太郎B「じゃあ、せっかくいい天気なんだし寝ろよ」

咲「そうだね……そうするよ。おやすみ京ちゃん」

京太郎B「おう!おやすみ咲」




カン