京太郎「背景に溶け込んでかなり立ったが潮時だ」

京太郎「このままこの立ち位置に居るだけじゃ世界から消されちまうな」

京太郎「いつの間にかいなくなってました、なんてシャレにならねぇし……なんとか目立たないと」

久「須賀くーん!ちょっと買い出し頼んでもいいかしらー?」

京太郎「やべ、部長だ……とっとと逃げよっと」

京太郎「部長の人使いも荒いよなぁ、ホント」

京太郎「咲や和に相談したところで結果は見えてるし……優希は論外」

京太郎「ここはやっぱり染谷先輩に相談してみるか」


京太郎「染谷せんぱーい」

まこ「んー?」

まこ「ああ、京太郎か。さっき部長がお前さんを探し取ったぞ?」

京太郎「そのことについてちょっと相談が……」

まこ「なんじゃ改まって?」

京太郎「部長の俺の扱いちょっと酷すぎじゃないですか?」

まこ「今更かい」

京太郎「今更ですけど、俺もう嫌なんですよ!ずっと買い出しだけの存在だなんて」

まこ「それを直接部長に言うてみたらダメなんか?」

京太郎「言えたら先輩に相談してないですよ」

まこ「はっはっは、それもそうじゃなぁ!」

まこ「……じゃあ、こういうのはどうかの?」

久「こういうことは時と場所を選びなさい!」

京太郎「………!」ガタガタ

京太郎「……え?」

久「全く、ここは学校なのよ?誰かに見られたりでもしたら恥ずかしいじゃない」

京太郎(一瞬死を覚悟したんだけど……案外いい反応だな?)

京太郎(さっきの台詞だと、つまり時と場所を選んだら良いってことなのか?)

京太郎(何かちょっと楽しくなってきたぞ……少し仕掛けてみるか)

久「いいから買いだし行ってこーい!」ガー

京太郎「おわわっ!りょ、了解しましたー!」


久「全く……女の子の髪に許可なくいきなり触るなんて、どういう神経回路してるのかしら」

久(ん……でも嫌じゃ無かったかな)


――――――


京太郎「くっそ、流石にそこまでチョロくはないんだな部長も」

京太郎「はぁ……結局作戦失敗するわ染谷せん、じゃなくてワカメ先輩も裏切るしついてねぇな」

京太郎「……買い出しサボってどっか行こうかな」

京太郎「決めた!帰ったら部長に何かいたずらして驚かせよう」

京太郎「あの普段強気な部長をあっと驚かせて、咲たちの前で恥かかせてやるぜ」

京太郎「でも買い出しはちゃんとしておこう……」


久「お帰り須賀君。買い出しご苦労様」

京太郎「いえいえ、どういたしまして」

久「後は打つなりくつろぐなり好きにしてていいわよ」

京太郎「部長」

久「ん?まだ何か用事?」

京太郎「うわっ、躓いた!」ヨロッ

久「え!?」

京太郎「すいません部長!ちょっとよろけちゃって!」グイグイ

久「嘘でしょあなた!どう見たって押してるじゃない!」

京太郎「ああ、このままじゃ後ろのロッカーに入っちまう!」

久「ちょっ!?」


ハ ゙ タ ン


久「………」

京太郎「………」

久「さて、これは一体何の真似なのかを説明してもらいましょうか?」

京太郎(あ、部長とロッカーに入ったのはいいけどそっから先を考えて無かった……)

京太郎(ここは)

京太郎「……」ギュッ

久「きゃっ!」

久「す、須賀君?」

京太郎「……」

久「ちょっと、離してもらえないかしら…!」グイッ

京太郎「嫌です」ボソッ

久「っ!」ゾクッ

久(あ、あれ?須賀君ってこんなカッコイイ声だったかしら?)

京太郎「今は部長を離したくありません」

久「それは光栄なんだけど……」

久「こんな所にずっといたんじゃ衛生的にも良くないし、ね?」

京太郎「……」

久(取り付く島もないわね……しょうがない)

久「いい加減にしなさい!」ドンッ

京太郎「うわ!」

バァン

久「今日の須賀君おかしいわよ?何か変な物でも食べたんじゃないの?」

京太郎「そんなにおかしいことはしてなかったつもりなんですが……」

久「……今日はもう帰りなさい」

京太郎「え?いや、まだいつもより全然早い時間じゃないですか!もう少し」

久「ダーメ!これは部長命令よ」

久「今日は早めに寝て、明日元気に登校してくること!いいわね?」

京太郎「は、はい…」

久「分かればよし。それじゃ、気を付けて帰りなさい」



京太郎「うーーん、部長結構チョロそうに見えて意外とガード固いな」

京太郎「そうすればもっと部長と……」

京太郎「……あれ?最初の目的てなんだったっけ?」

京太郎「んー、今日もいい朝だ」コキッコキッ

京太郎「……にしても、昨日の今日で部長とは顔を合わせずらいぞ」

京太郎「どっか別の場所に行くか、それともちゃんと部活に行こうか悩むな」

京太郎「いや……やっぱ部活サボるのはマズいよな」

京太郎「部長も心配してくれてたことだし真面目に行こう」

京太郎「ついでにストレートにアタックしてみるか」



京太郎「こんにちわー」ガチャ

優希「お?やっと来たか犬!タコスは勝手きたんだろうなー?!」

京太郎「はいはい。ほらよ」

優希「おおー!流石は京太郎だじぇ!」

京太郎「全く、調子いいぜお前は毎回」

久「こんにちは須賀君」

京太郎「あ、こんにちは部長」

久「どう?あれから調子は元に戻ったかしら?」

京太郎「………」

久「須賀君?」

京太郎(アタックするって決めたはいいものの)

京太郎(そう言えばアタックって何をすればいいんだ?)

京太郎(いきなり変な事したらまた昨日みたいに突き飛ばさるかもしれねーし)

京太郎(無難にデートに誘うとかのがいいな……よし!)

京太郎「部長」

久「ん?何かしら?」

京太郎「俺とデートしてください」

久「……」

優希「……」

久「は?」

京太郎「だから、俺とデートしてくれませんか?」

久「須賀君、やっぱりまだ疲れてるみたいね。今日も帰った方が」

京太郎「いや今回はマジですって!俺は部長とデートがしたいんですよ!!」

久「……私と須賀君がデート?それ本気で言ってるの?」

京太郎「本気ですよ」

コラー!バカイヌー!キサマフザケナコトヲー!

久「んー、困ったわねぇ。急にそんなこと言われても………あっ!」

久「……そうねぇ、私に麻雀で勝ったら考えてあげるわよ?」

京太郎「麻雀で、ですか?」

久「ええ。今いる私、優希、須賀君の三麻でね」

京太郎「いいんですか?今回は俺本気でいきますよ?」

久「へぇ、そうなの?それは楽しみね」フフ

京太郎「ツモ!!」

優希「ぎょえー!」

久「……やられた」

京太郎「やった!この勝負俺の勝ちですよ部長!!」

優希「こ、こんなバカ犬に負けるなんて何かの間違いだじぇ!」

久(正直優希を抑えるので手一杯で須賀君まで手が回らなかったわね……)

久「はぁ、約束は約束よ……いいわ須賀君」

久「今週の土曜日。空いてるわよね?」

京太郎「勿論です」

久「じゃあその日にでもデートしましょうか」

京太郎「はい!じゃあ今から色々プランとか決めましょうよ」

久「私、デートとか行ったことないからそういうのはあなたに全部任せるわ」

京太郎「え?でも俺に全部任せてたら変な所に行ったりするかもしれないですよ?」

久「それは別にいいんだけど……あんまりに変な所だと嫌よ?」

久「とりあえず、あなたがどうやって私をエスコートしてくれるのか楽しみにしておくわね」

京太郎「はい。ま、俺に任せといてくださいよ」

京太郎(とか言ったはいいけど咲以外との女子と出歩くの初めてなんだよな俺も……)

京太郎(あいつは大概書店行けば満足するけど……部長はどういう所は好きなんだ?)

京太郎(USJとか結構女の人に人気だよな……最近映画の新しいアトラクションもできたみたいだし)

京太郎「部長、USJとかなら喜んでくれるかな?」

咲「……USJは大阪だよ京ちゃん」

京太郎「あっ」

和「流石に一日で行って、遊んで帰って来れる距離じゃないと思いますけど…」

京太郎「そ、そうか……USJって大阪だったな」

京太郎(行って帰ってくるだけで一日終わっちまうじゃねーかそんなモン)

まこ「でもお前さん達行くの土曜なんじゃろ?」

京太郎「ええ、まぁ」

まこ「なら一日挟んで日曜帰ってきたらダメなんか?」

和「えっ!?」

咲「そ、それってつまり……」

まこ「お泊りデートってやつじゃ」

京太郎「………お、お泊り?」ゴクッ

咲「ダメだよ京ちゃん!部長はともかく京ちゃんは…!」

まこ「はは、冗談に決まっとるじゃろ。あの部長が泊りがけのデートに誘われて首を縦に振るワケないけぇの」

和「そ、そうですよね!」

咲「だ……だよねー」

京太郎「………」


―――――
――――


京太郎「部長、ちょっといいですか?」

久「なーに?明日のデートの件かしら?」

京太郎「そうなんですけど……部長、日曜も空いてたりしませんか?」

久「……逆に聞きたいけど、どうして日曜日もなの?」

京太郎「その、時間が土曜だけじゃ足りなくて距離的に泊りになってしまうんですよ」

久「ちょ、ちょっと待って!泊りって、あなたどこまで行く気なの?」

京太郎「ユニバーサル・スタジオ・ジャパァン」

久「なによそれ?何処にあるの?」

京太郎「大阪にある大型テーマパークですよ」

久「大阪?!」

久「なんでそんな遠くまで……!近場じゃダメなのかしら?」

京太郎「だって長野なんもないじゃないですか」

久「……た、確かに。でもお金とかどうするのよ?」

京太郎「その辺は心配いりませんよ。だから、後は部長の返事だけです」

久「しょうがないわねぇ」

久「いいわよ別に。どうせ暇してるし」

京太郎「マジですか?!」

久「マジよ」

京太郎「っしゃあああーー!!部長とお泊りデートだぜ!」

久「ちょっ!声が大きい!」ポカッ

京太郎「いてっ!」

久「私これでも一応学生議会長なんだから、もしバレたら大変なのよ!」ボソッ

京太郎「そ、そういえばそうでしたね」

京太郎(しかし学生の模範的存在になるべき人がお泊りデートって何かイケないことみたいでいいな」


――――――
―――――


久「ここがUSJかー。思ったより大きいわね、一日で歩き切れるかしら」

京太郎「流石都会って感じですね。こんなデカい施設長野に無いぞ」

久「そうね、自慢じゃないけど長野って山しか……」

久「―――っ!」

京太郎「どうしました部長?」

久「……あの集団、どっかで見覚えない?」

京太郎「え?」


洋榎「ぬああぁぁぁ!もうしんどいわああああ!!」

洋榎「大体155分待ちってなんやねん!サメに食われかけるのに155分も待つアホなんかコイツらは!」

絹恵「お姉ちゃんやかましいわ!他のお客さんの迷惑やろ」

由子「でも確かに疲れたのよー」

末原「もう一時間も立ちっぱなしですもんね」

漫「これで四番人気ってホンマかいな……」


久「なんて目立つのかしら……あれだけ人が居ても姫松だって分かるわね」

京太郎「そ、そうですね」

京太郎「部長の知り合いもいるんですよね?どうします、話しかけますか?」

久「んーそうねぇ……」

久「別にいいわ」

京太郎「本当にいいんですか?」

久「ええー、だって私にはあんな悪目立ちしてる人たちに話しかける勇気は無いもの」

京太郎(わざとらしい)

久「それはいいとして、須賀君」

京太郎「?」

久「しっかりエスコート頼むわね?」ギュッ

京太郎「…!」ドキッ

京太郎「は、はい!任せてください!」


―――――――


京太郎「結構なアトラクション回りましたね」

京太郎「どうですか部長、USJは楽しいですか?」

久「つまんない……」

久「待ち時間長いのばっかりだし……足は痛くなるし」

京太郎「……す、すいません」

久「私、もうホテルに帰っていいかしら?」

京太郎「え?」

久「もう足が腫れ上がって、立つのもやっとなの。これ以上歩き続けたら月曜日に支障が出るかもしれないから」

京太郎「……そうですね、はい。帰りましょうか……あはは」

久「ごめんなさいね」

京太郎(俺まだ全然遊び足りないんだけどなぁ……)

京太郎(くっそ、こんなことならケチらないで優先券買っておけばよかったぜ)

京太郎「あ、あの部長!」

久「なに?」

京太郎「せめてナイトパレードだけでも見て帰りませんか!?ねっ?」

京太郎「ここのナイトパレードは夢の国にひけを取らないほど凄いんですよ!」

久「……んー」

久「ごめんなさい……本当にもう疲れてるから」

京太郎「……そうですか、なら」

久「でも、あなたまで戻る必要は無いのよ?」

京太郎「えっ」

久「まだ全然遊び足りないって顔してるじゃない。見れば分かるわ」

京太郎「い、いや!俺一人で回っても何も面白くありませんよ!」

京太郎「部長と回るから面白んじゃないですか!」

久「そう言われるのは嬉しいんだけどね……」

久「私の為に我慢する必要は無いのよ?高いお金払って来てるんだし」

京太郎「……」

京太郎「いや、俺も部長とホテルに戻ります」

京太郎「足を痛めた部長一人帰すなんてできませんよ」

久「………はぁ、馬鹿ねぇホント」

久「それじゃ好きにしなさい」

京太郎「分かりました」

京太郎「じゃ、どうぞ乗ってください」スッ

久「………」

京太郎「………」

久「え?何やってるのキミは?」

京太郎「脚痛いんですよね?おぶりますよ」

久「ば、馬鹿じゃないの!?こんなところで何考えてるの?」

京太郎「好きにしろって言われたんで好きにさせてもらいます」

京太郎「どっちみちその足じゃホテルまでは歩けても着くころには悪化してますよ」

久「……っ」

京太郎「~~♪」テクテク

久「………」

京太郎「乗り心地はどうですか部長?」

久「手つきが嫌らしいから最低ね」

京太郎「!」ギクッ

京太郎「そ、それにしても、こうやって背負われてると部長も可愛いですね……はは」

久「あら須賀君?じゃあ普段の私は可愛くないとでも?」

京太郎「へ!?そんなこと一言も言ってないじゃないですか!」

久「今の言い方だとそういう風にとらえられても仕方ないじゃない」

京太郎「はぁ……部長って結構捻くれてますよね」

久「それは褒め言葉として受け取っておくわね」

京太郎「……何て言うか部長は」

京太郎「そういう所も可愛いですよね」

久「……あなた可愛いって言葉言い慣れてない?」

京太郎「そんなことないですって、俺は部長一筋ですから」

久「そんなこと言っても騙されないわよ、もう」

久「可愛い女の子見つけたらすぐにそういう事言うんでしょ須賀君」

京太郎「言いませんって!俺を信じてください!」

久「この前咲から美穂子を可愛い可愛い言ってたって聞いたんだけどなー?」

京太郎「なっ…!あいつ!」

久「まぁ、嘘だけどね」

久「その様子を見るに図星ね」

京太郎「………ホントに勘弁してください」

久「ふふ、ダーメ」


久(テーマパークは面白くなかったけど……)

久(それでも須賀君と一緒にいるのは……楽しかったかな)




京太郎「何て言うか、今日はすいませんでした」

久「もう、謝り過ぎよ須賀君?」

京太郎「けど部長……」

久「確かにUSJはつまらなかったけど……須賀君といるのは楽しかったわ」

京太郎「え?」

久「だから、それで私は満足してるわよ」

久「それじゃあ不満かしら?」

京太郎「い、いや!部長が楽しんでくれたんならいいんですけど…」

久「うん。それじゃお互い楽しんだってことでいいじゃない」

京太郎「はぁ……」

久「じゃあ、私はこっちの部屋だから」

京太郎「あっ、はい」

久「夜更かししないで早く寝ること。いいわね?」

京太郎「わ、分かりました」

久「よし。それじゃ、おやすみなさい」

京太郎「おやすみなさい、部長」















京太郎「部長は夜更かしするなって言ってたけど……こんなモヤモヤしてたら寝られねぇよ」

京太郎「はぁ、やっぱり咲と和の言った通り地元で遊んでおけばよかったな……」

京太郎「……気晴らしに何かしよう」

京太郎「筋トレでもしよう」

京太郎「身体を動かせばちょっとは気も紛れるし、疲れてすぐ眠れるかもしれないしな」

京太郎「それじゃまず腕立て伏せから。……せーの、1、2、3」グッグッ


――――――
―――――


京太郎「999……!1000……っ!」

京太郎「ぶはっ!!」ドサッ

京太郎「さ、流石に1000回はキツかったな……」フーッ

京太郎「これだけやれば時間も……」チラッ

京太郎「……ってまだ0時じゃねーか。小学生でも眠らねーよこんな時間じゃ」

京太郎「筋トレしても眠くなんなかったし、どうしようかな」

京太郎「筋トレして汗かいたし、外に行って涼むか」

京太郎「おっと……部長にバレちゃマズいから静かに出なくちゃな」コソコソ


京太郎「おおーすっげぇ!夜中なのにこんな明るいのな大阪」

京太郎「あ、おっちゃんたこ焼き一つ!」

カシコマリ!オマチドー!

京太郎「へへ、本場のたこ焼きって一回食べてみたかったんだよな」

京太郎「んじゃ、いっただきまーす!」ハフハフ

?「………」ジー

京太郎「うわっ、あっつ!!け、けどうめぇ!」ハフハフ

?「……」ジー

京太郎(ん?……さっきから何だ横の奴)ハフハフハフ

京太郎(人が美味しく食ってるときに誰だよ)クルッ 







洋榎「……」ジーッ

京太郎「あっ!」

京太郎(た、確かこの人……姫松の主将だったよな?えーと、名前は…………)

京太郎「……あの」

洋榎「……」ジーッ

京太郎「姫松高校の主将さん…ですよね?インターハイで清澄と戦ったトコで」

洋榎「……」

京太郎「?」

京太郎(聞こえてないのか?……て言うかさっきからどこ見てんだよ)

洋榎「……美味そうやなぁ」ダラー

京太郎「………」

京太郎「ひょっとして…このたこ焼きが欲しかったりします?」

洋榎「!」

洋榎「ま、まさかくれるんか兄ちゃん!?」

京太郎「いいですけど……半分だけですよ?」スッ

洋榎「おお!ホンマおおきに!!実はもう腹減ってずっとしんどかったんよ!」

京太郎「大体こんな夜遅い時間まで女性が一人で出歩いてていいんですか?」

洋榎「ええんやええんや。ここはうちらにとっちゃ庭みたいなもんやで」ハフハフ

洋榎「な、おっちゃん?」

ソウダヨ

京太郎「へー……あ、そういえば姫松ってコッチじゃ人気ありますもんね」

洋榎「せやろせやろー?これもうちの人気のおかげ様様っちゅーわけでな」

京太郎(え、そうなのか?こんな面白い顔してるのに?)

洋榎「あ、たこ焼きごちそうさん。うまかったで」ゲプ

京太郎「って食うの早いな……」

洋榎「当たり前やろ?幾つから食ってきてると思ってんねん」

洋榎「ま、それはええとしてな。兄ちゃんこの後暇か?」

京太郎「え?なんでですか?」

洋榎「たこ焼きくれたお礼や。時間あるなら大阪の街隅から隅まで案内したるで」

京太郎「……あー、えーと」

京太郎「近場で良いところがあれば是非」

洋榎「ええで!ごっつええとこ紹介したるわ!」


洋榎「トーシロさんにオススメなんは、まずここやな」

京太郎「大阪……舞洲公園?」

洋榎「せや。去年オープンしたばっかさかい、綺麗な華ぎょーさん咲いとるで」

京太郎「え?でもここ閉まってませんか?」

洋榎「んなモン関係ないわ。そら侵入ーっと」バッ

京太郎「ちょ!まずいでしょそれは!」

洋榎「ええんやええんや。もし見つかってもうちなら顔パスやねん」

京太郎「……ホ、ホントですか?」

洋榎「ホンマやって。ほら、行くで」グイッ

京太郎「うわっとっと…!」


―――――――


洋榎「次は海遊館行くで!」

京太郎「……いや、だから閉館して鍵も」

洋榎「心配せんでええわ。合鍵持っとるがな」ガチャ

京太郎「ええー……」

京太郎「こうして夜の水族館を見て回るのって初めてですよ俺」

洋榎「ま、ここ人気やし夜もぎょーさん人おるしな。それでも深夜に来れば貸し切り状態やで」

京太郎「普通深夜に来る人はいませんけどね……」

洋榎「けどこういうのも新鮮でええやろ?」

京太郎「はい、それは思います」

オイ!アソコ!

コ、コラー!ソコデナニシテルー!

洋榎「おっ?」

洋榎「あかん、ポリ公に見つかってもうたわ。逃げるで兄ちゃん」

京太郎「は!?顔パスじゃなかったんですか?」

洋榎「海遊館は流石にまかり通らへんわ」

京太郎「それ最初に言ってくださいよ!」

洋榎「そんな心配せんでええねん。こんなん毎度の事や」



洋榎「面白かったなぁ、追いかけっこ」

洋榎「どや?兄ちゃんも面白かったやろ?」

京太郎「何言ってるんですか……こんなの」



京太郎「滅茶苦茶面白いじゃないですか!」

洋榎「やろー?話分かるやん自分!」

京太郎「次はどこに連れて行ってくれるんですか?」ワクワク

洋榎「せやな……ほんなら次はコスモタワー行こか!」

京太郎「コスモタワー?」

洋榎「ほな、早速いくで!」

京太郎「は、はい!」


――――――


洋榎「街でオールしたん久しぶりで楽しかったわ」

洋榎「兄ちゃんもええ思い出作れたやろ?」

京太郎「はい。あのバンジーは一生忘れないと思います」

洋榎「ああ、あれなぁ!流石のうちも死ぬ思うたわ」

京太郎「ははは」

京太郎「はは……?」

京太郎(な、何か忘れてるような気がするけど……何だったっけ)

京太郎(あ、そうだ!清澄のみんなへのお土産忘れてたな)

京太郎(特に優希なんか買ってくるの忘れたりでもしたら面倒だろうしなぁ)

京太郎「あの、ここら辺でお土産って売ってますか?」

洋榎「土産屋ならそこら中ぎょーさんあるなぁ」

洋榎「なんなら選ぶの手伝ってやるで?」

京太郎「えっ、いいんですか?」

洋榎「うちも絹とオカンに何か買って帰ろう思うてな、そのついでに」

京太郎「おお。地元の人に選んでもらえるのはすげー助かりますよ」

洋榎「それだけやないで?値切り交渉も任せとき」

京太郎「頼りになりますね。流石大阪一の大将」

洋榎「そらそうよ。千里山や三箇牧なんか相手にならへんわ」


―――――――――


久「ふぁ……もう朝か」

久「んっ」コキコキ

久「昨日の疲れもだいぶとれたし、いい調子ね」ムクッ

久「さて、と!須賀君どうせまだ寝てるでしょうから、起こしに行かないとね」





久「須賀君、起きなさい」コンコン

久「観光する時間無くなるわよー?」

扉「……」

久「須賀くーん!」ドンドン

扉「………」

久「………反応なしか」

久(あんまりコレ使いたくなかったんだけどな……仕方ないわね)スッ

カチャカチャ ピー

久(お、開いた。案外甘いわねホテルのカードキーって言うのも)

久「須賀君入るわよー?」ガチャ


久「っ……!」


京太郎「Zzz…」ンガー

久「げっ…!」

久(うわぁ、何か色々見たくない物が見えてるし……って)

久「コラ!起きなさい!!」バッ

京太郎「んがっ!?」

久「もう朝よ。ほら、ちゃっちゃと歯を磨いて着替えなさい!」

京太郎「え?え?なんで部長俺の部屋に…?」

久「いいから早く行動!」ビシッ

京太郎「おわっ!?…は、はい!」


――――――


久「全く、私が起こさなかったらどうなってたと思ってるの?」

京太郎「ははは……すいません」

京太郎(結局あの後愛宕さんに明け方まで付き合わされて帰ってきたの一、二時間前なんだよなぁ)

久「だらしない顔ねぇ。ほらシャキッとしなさい」バンッ

京太郎「いって!痛いですって部長!」

久「ふふ。それで、今日はどこに連れて行ってくれるのかしら?」

京太郎「あっ!え、えーと……」

京太郎「吉本新喜劇です」

久「吉本って……お笑いかしら?」

京太郎「はい、テレビで見る芸人とかが漫才をやるんですけどね。すっげー面白いんですよこれが!」

久「ふーん。そうなの?」

京太郎「きっと部長も笑い転げると思います。それじゃ、早速行きましょう」


――――
―――


久「へぇ、結構人多いんだ」

京太郎「はい。なんたって吉本ですからね」

~~♪~~♪

京太郎「お、始まるみたいですよ」

フフーン…ア、オッチャン、オカイケイ イクラ?

ヒャクマンエン

ナンデヤネン!

京太郎「あははははは!!」ゲラゲラ

京太郎「あー、腹いてぇ…!どうですか部長?」

久「………」

久「あっはははははは!!」

京太郎「おわ!」ビクッ

久「な、なにアレばっかじゃないの!!」バンバン

京太郎「その、部長……周りの人が見てますからもうちょっと……」

久「だ、だって!くだらなさ過ぎて逆に面白いじゃない!あはははは!!」ゲラゲラ

京太郎(うーん、部長がここまで笑い上戸とは……意外な一面を見た気がするな)


久「はー、久しぶりに大笑いしたわ」

京太郎「楽しんでいただけたようで何よりです」

久「ええ。今回はイイとこに連れて行ってくれたわね、須賀君」

京太郎「どういたしまして。まだ時間は大丈夫ですよね?」

久「んーと……うん、後一つぐらいは回れそうね」

久「どこ回るか目星はついてるの?」

京太郎「つきました、ここです」

久「えーと……なにここ?」

京太郎「大阪で有名な健康ランドですよ」

久「け、健康ランド?確かに温泉のマークあるしそれっぽいけど……なんで健康ランドなのよ?」

京太郎「まぁまぁ、まずは話を聞いてください」

京太郎「ここの健康ランド、相当気持ちよくなれることで有名なんです」

京太郎「ほら、出てくる人みんなツヤツヤになってるでしょ?」

久「……ほ、ほんとね」

京太郎「どうせなら心も体もリフレッシュして帰りましょうよ。どうしても嫌なら変えますけど……」

久「ううん、いいわよ。須賀君がせっかく選んでくれた場所だもの」

久「お互い気持ちよくなって帰りましょ」

京太郎「はい!」


京太郎(作戦成功……後は)



京太郎「ここの健康ランドって貸し切りで、一つの部屋に一つ温泉があるんですよ」

久「豪勢ねぇ、流石は有名な健康ランドってとこね」

久「それで私たちの部屋はどこにあるの?」

京太郎「ちょっと待ってくださいね。えーと……801、801……あ、この部屋です」

京太郎「さ、部長からどうぞ」ガチャ

久「どうもありがと」


京太郎「思ったより広いですね」

久「………」

京太郎「部長もそう思いません?」

久「それはそうだけど……ねぇ、須賀君。温泉なんてどこにあるのよ?」

京太郎「温泉?そんなもんありませんよ」

久「はぁ?だ、だってここ健康ランドなんでしょ?」

京太郎「いいえ違います。ここはラブホテルですよ」

久「………え?」

京太郎「もう一度言いましょうか?ラブホテルです」

久「ど……どういうことかしら……須賀君?」

京太郎「どういうことって、男女がラブホテルにやってきてすること部長なら勿論分かってますよね?」

久「……こ、こないで!」

京太郎「……」ピタッ

久「こ、こっち来たらただじゃおかないわよ!」

京太郎「………」

久「………」

久(……え?ホントに来てない?)

京太郎「あの、部長」

久「!?」ビクッ

久「な、なによ?」

京太郎「俺、部長とどうしてもヤりたいんですけどダメなんですか?」

久「……は?」

京太郎「俺、部長としたくてしたくてもう辛抱できません」

京太郎「けど無理矢理っていうのは俺のポリシーに反しますから……」

京太郎「お願いします!どうか俺とエッチしてください!」バッ

久(ええー……)

京太郎「ダメですか?」チラッ

久「何言ってるのよ!そんなの……」

久「………」

京太郎「……部長?」

久「せ、責任とってくれるなら」モジッ

京太郎「」プツン

京太郎「部長おおおおおおお!!」ガバッ

久「きゃっ!」

京太郎「こんな時だけそんな顔するなんて反則ですよぉぉぉぉ!!」スリスリスリ

久「ちょ、ちょっと須賀君!落ち着いて……!」

京太郎「俺もう辛抱たまりませんよ!!」

京太郎「もう挿れていいですよね?」ハァハァ

久「え!?まずお風呂とか入るんじゃないの……!?」

京太郎「じゃ、挿れますね!」ズブ

久「ちょ、まっ………痛ぁっ!!」

京太郎「うおおっ!こ、これが部長の……!」

京太郎「想像してた通り締まりキツいっすね!最高ですよ!」パンパン

久「い、痛い!そんなに激しく動かないで!」

京太郎「そんなの無理ですって!」

京太郎「部長名器すぎて腰が止まりません!」

久「だ、だから痛いって言ってるでしょもう!」


――――――
―――――


久「す、須賀君!ちょっといい加減に……!」

京太郎「うおっ……出ます!…うっ!」ドビュル

久(ああもう!また中に……!)


―――――――
――――――


京太郎「~~~♪」ツヤツヤ

久「………」ツヤツヤ

京太郎「で。また俺がおんぶすることになるんですね」

久「だ、誰のせいだと思ってるのよ!」ポカッ

京太郎「いって!……そりゃ五回はやり過ぎたと思いますけど部長だって感じてムグッ」

久「しっ!誰かに聞かれたらどうするのよ!」

京太郎「ふ、ふみわへん(す、すいません)」

久(はぁ……けど、まさかおんぶされて駅まで来ることになるとはねぇ。恥ずかしいったらありゃしないわ)

京太郎「でも俺、今すっげー幸せですよ」

久「……え?」

京太郎「部長と恋人同士になれて、今人生の中で一番幸せです」

久「………」カァァ

京太郎「あ、部長でも顔真っ赤になるんですね」

久「うるさいわね!…全く、よくそういう事堂々と言えるわね」

京太郎「へへっ」

久「……できちゃったら責任とってもらうから」ぼそっ

京太郎「ん?」

久「何も言ってないわよ」プイッ

京太郎「それじゃ、帰りましょうか。私たちの長野に」

洋榎「ん?おお、誰かと思ったら京太郎やんか!」

京太郎「……!」バッ

久「!?」

洋榎「……と、清澄の部長も一緒かいな」

京太郎「ひ、洋榎さん!?どうしてここに?」

久(姫松の……愛宕洋榎!)

洋榎「これから部活の遠征で鹿児島行こー思うて駅で待っとったらなぁ、たまたま見つけたんや」

洋榎「ちなみにお前背ぇデカいで金髪やからすぐ分かるで」

久「須賀君……愛宕さんと知り合いだったの?」

京太郎「知り合いと言うか……何て言うか」

洋榎「お、まいどおおきに清澄の部長。インハイ以来やな」

久「ええ。そうね愛宕さん」

洋榎「ところで自分ら何で二人だけなんや?清澄の大将とかおらんのか?」

久「え、えーと……それは」

洋榎「……はっはーん」ニヤ

洋榎「なんや、そーいうことかいな」ニヤニヤ

京太郎「え?」

洋榎「二人とも、お幸せになー!」

京太郎「!?」

久「な……!」

洋榎「ええわ、みなまで言わへんでも」

洋榎「ようするに"ラブラブ・エ・ラ・ブー!ナ○コでエ・ラ・ブー!"っちゅうことなんやろ?」

洋榎「よっ、おあついなー二人さん!真っ昼間っから堪忍してやホンマ!」

京太郎(意味が分からん……)

久「う、うるさいわねぇ!もう、どっかいってよ!!」カァッ

洋榎「ほいほいっと、言われんでも邪魔者は退散するわ」

洋榎「そんじゃな京太郎ー!楽しかったでー!」

京太郎「あ、はい!ホントお世話になりました!」ペコリ

洋榎「たこ焼きごちそーさん!美味かったでー!」





洋榎「あーあ、失恋してもーた……メゲルわ」

末原「また変な冗談言わんといていいですから」

末原「その内ホンマに失恋しますよ?」

洋榎「せやなーそやなー」




京太郎「帰ったら俺達のこと報告しなきゃいけませんねー」

久「そうね。ちょっと気恥ずかしいけれど」

京太郎「いいじゃないですか、見せつけてやりましょうよ」

久「もう、部活中はイチャイチャするのは禁止よ?」

京太郎「じゃあ部活が終わったらいいんですね?」

久「……まぁ、それは応相談ね。私一応学生議会長だし」

京太郎「んー……あ、議会室でヤるのも悪くないなぁ」

久「ばか」

京太郎「へへ、褒め言葉ですよ」

久「ほんと、年がら年中えっちなことしか考えてないのね」ハァ

久(でも、そんなあなたを好きになっちゃた私も大概だから……お互いさまかしらね)



End


久「ところで……」

京太郎「?」

久「"たこ焼きごちそーさん!美味しかったでー!"ってどういう意味かしら?」

京太郎「あ」

久「説明してくれるわよね……京太郎くん?」

京太郎「勘弁してよヒッサ」

久「だーめっ」


アァァァァァァァァァ―――――