金髪一家のお話









「う~ん・・・あっ!・・・あ~・・・」









「だぁ~っ!!!!!!!!」








ある晴れた日の昼下がり、家中に響き渡る叫び声。







「うるさいわよ京太郎!さっきからいきなり叫びだしたり!!」







その叫びはもう1つ生まれた大声でピタっと収まる







「そんなこと言ったってこれは叫ばずにはいられねーよ!!!」







「また跳満振り込んじまったし・・・」







どうやら声の主、京太郎は麻雀ゲームをしていたようだ

話した内容からして、あまりいい結果では無かったようだが・・・







「ぷくくくくく・・・京太郎は麻雀ヘタクソね~!」






後ろから画面を覗きこみ、小馬鹿にしたような声を掛ける少女






「うるさい!俺はまだまだ弱いからいいんだよ!淡だって昔はこんなんだっただろ!」






少女は淡というようだ。







「まぁまぁ、2人とも何で双子なのにそんなに仲悪いの?」







また1つ声が増える






「姉さんも今のは淡が悪いと思うだろ!?」

「あっ!?何で京太郎はいっつもそうやって姉さんを巻き込むのよ!?」






「「佳織姉も何か言ってやって(くれ)よ!」」






「えぇ~・・・」






増えた声の主は佳織、どうやら2人は双子で、そのお姉さんらしい。







「ま、まぁいいんじゃないかな・・・?喧嘩するほど仲が良いってことで・・・」






「でぇぇ~!?そりゃねーよ姉さん!」

「なんで仲良くなきゃいけないのよ!!」







「あははは・・・」






「あ!もう、そろそろ透華さんと衣さんが来る時間だよ!」

「二人共掃除しておいてって言ったのにー!」






「あれ!?そうだったっけ!?」

「忘れてた!」

「もう!二人共!」






急に騒がしくなった姉弟達の大慌ての掃除だが、来客によって強制中断させられることになる。






ピンポーン






「皆さん!着きましたわよ!!」

「かおりにあわいにきょうたろう!ころもと遊べー!!」





「「「あわわわわわ・・・・・!!」」」





須賀家の日常が騒がしく始まるのであった。




















皆さんこんにちは。須賀家長男、須賀京太郎です。

長男と言っても、須賀家に男は俺だけですが・・・



「京太郎!!何ぼさっとしてんの!早く片付け手伝ってよ!!」


「はいはい・・・」


彼女は須賀淡。双子の姉です。

双子なのに自分のほうが生まれたのが早いってだけでお姉さんヅラの少しわがままな人です。


「みんなで力を合わせれば早く終わるよ。」

落ち着いた雰囲気の彼女は須賀佳織、一個上の姉です。

この須賀家において、彼女の存在は砂漠に現れたオアシスの如き癒しです。











「一体何をしてるんですの?先程から・・・」








「「「あっ・・・」」」







          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








「掃除でしたのね・・・でもそんなに慌てなくても良かったのではありません?」

「大体この家は佳織がいつも掃除してますし、汚いところなんて無いでしょう。」







この上品な話し方をする女性は、龍門渕透華。

俺達の従姉妹にあたる人です。






( (俺(私)達が汚すんです・・・) )






心の中で何となく申し訳無くなってしまった。






「う~ん、でもお客さんが来るんだし、いつも異常に綺麗にしないとね。」






「佳織は几帳面ですわね。」






「う~!衣は退屈だぞ!麻雀だ!麻雀をしよう!!」






この一見小学生に間違えそうな小柄な女の子は、天江衣。

透華さんの従姉妹であり、両親の仕事の都合で透華さんと一緒に住んでいます。

麻雀がとても上手で、学校の麻雀部に透華さんと共に在籍、

全国大会に出場するなど、その実力は恐ろしく高いです。






「あ~はいはい、じゃあ準備しますか!」





淡が部屋を出ていく。

流石に居間には雀卓を置いてはいない。置いてある部屋にエアコンを入れに行ったのであろう。

季節は夏真っ盛りだ





「じゃあ俺も行くか。姉さんもするでしょ?」





「あ、う、うん。」





うちの家族内で麻雀が上手いのは淡だけだ。

俺も役は覚えているし、計算も一応出来るが、プレイに関しては上手いとは言えない。

姉さんもこれと言って上手い、という訳ではないのだが・・・





「わーいわーい!」





「衣、あんまりはしゃいではいけませんわよ。」





「ふふふ・・・まぁ良いじゃないですか。衣ちゃんも久しぶりに皆に会えて嬉しいんですよ。」






さて、

これから一癖も二癖もある須賀家とその親戚での麻雀が始まります。