特別編
彼女達とネト麻

穏乃「んー……んん?」

憧「おっ、シズがネト麻なんて珍しいわねー」

穏乃「私だってネト麻くらいやるよ。和とだってやろうって約束したし」

憧「その割にはなんか浮かない顔じゃない?」

穏乃「んー……何度探しても京太郎が見つかんなくてさー」

憧「京太郎?あぁ、永水のね」

穏乃「あー……最近タイミング悪いのかなー……」

憧「そういう日もあるわよ。次、代わってくんない?」

穏乃「今代わるよー、はい」

憧「ん……アレ?京太郎ってこの人じゃない?」

穏乃「あぁー!?なんで今来るの!?」



照「…………」カチッカチッ

照「…………」カチカチッ

照「……違う」ゴゴゴゴゴ

菫「……どうしたんだ?あいつ今日ネト麻しかしてないぞ?」

尭深「なんかお目当ての対戦相手がいないらしくて、当たるまでやるって言ってて」

菫「まぁ引退後だからいいんだが、なんで軽く威圧感出てるんだ?」

尭深「昨夜もその相手探したけど見つからなかったらしいんで、ちょっと機嫌悪いみたいなんですよ」

菫「なるほどなぁ……昨夜と言えば、京太郎とネト麻の後チャットで盛り上がってな?」

照「!」ピタッ

菫「ついついずっと話してて、あれから対戦できなかったな。まぁ京太郎もだが」

照「菫」

菫「ん、照ネト麻はもう……おいなんだ、どうして試合前の感じなんだお前」

照「ちょっと、麻雀を楽しもっか?」



豊音「んー、あ、京太郎くんいたよー」

豊音「よーし、始めるよー」

塞「豊音もネト麻慣れたねー」

豊音「うん、遠くの人と打てるなんてちょー楽しいよー」

豊音「何より、全国で会った人達とまた打てるのが、ちょー嬉しいよー」ニコッ

豊音「あ、この人すっごいよー」

エイスリン「トヨネ、タノシソウ」

塞「だねー、よし、私達も打とっか!」

エイスリン「ウン!」





良子「ふー、今日もベリー疲れましたねー」

良子「こういう時は癒しが……そうだ京太郎と打とう」

良子「……バッドタイミングみたいですね」

良子「……かくなる上はハイスクールライフの伝統、『きちゃった♪』をやるしか……」

良子「春と相談しつつ計画を立てましょうか」

良子「ふふふっ、私も春のこと言えないかもしれませんねー」



洋榎「絹ー風呂ええでー」

絹恵「分かったわー。あ、お姉ちゃんの携帯鳴っとったで」

洋榎「おー……誰やろ」

洋榎「!?京太郎からのメール!?」

洋榎「いや待て、待つんや。落ち着くんや愛宕洋榎。ここで焦ったら京太郎の思う壺や」

洋榎「これまでたかだかメールで散々あいつにからかわれてきたんや。ここは冷静になって、今度こそ京太郎に勝つんや」

洋榎「せや、ウチならやれる!」

洋榎「京太郎!ウチはあんたに勝つ!!」ビシッ

雅枝「洋榎ー、夜中やからあんま騒がんときやー」

洋榎「はーい」

雅枝(しっかし携帯指差しながら何しとるんやろあのアホ娘……)

洋榎「まずは負けんようにせなな!負けんように負けんように……」

洋榎「……どーやったら勝ちになるんやろ?」

洋榎「……まぁええわ!画像の誘惑に勝ったらそれでええか!!」

洋榎「ほんであの誘惑に勝つには……先になんか食べとったらええか!」

洋榎「よっしゃ!そうと決まったらこないだ買ったアイスでも食うでー!!こんな時間やけど、勝つためや!!」



洋榎「ふぅ、結構ボリュームあったなぁ」

洋榎「普段なら夜中に食うたらアウトやけど……これで勝てるで!」

洋榎「いざ!京太郎、かかってこいやー!!」

京太郎『時間あったらネト麻しませんか?今夜は23時くらいまでならいつでも大丈夫です』画像無し

洋榎「……って画像無しの普通のメールやないかーい!!ウチはなんのためにアイス食うたんやー!!」

雅枝「洋榎!遅くにやかましいで!!」

洋榎「うわ、もう23時も過ぎてるやん!?」

洋榎「ウチのやったことただアイス食うただけ!?おのれ京太郎ー!!」

※今回京太郎は普通にメールしただけです


カンッ!!