特別編
勝った嬉しさからメールしてみました


小蒔「zzz...zzz...ん?なんですか?」ピリリリリ

小蒔「!?きょ、京太郎さんから!!え、えっと確かこうして……」

小蒔「できました!!へぇ、京太郎さんの初勝利!良かったですね!!」

小蒔「えっと……お・め・で・と・う・ご・ざ・い・ま・す、です!」



煌「ん?これはこれは京太郎くんからメール……」

煌「すばら!あの3人に勝つなんてすばらです京太郎くん!!」

姫子「花田ー?どがんしたとー?」

煌「姫子さん、このメール見てください!」

姫子「んー?京太郎からのメール……はぁ!?あの3人相手でトップ!?」

煌「そうです!!すばらですよね!!」

姫子(いやそれ以前にあの3人に勝つとか何があったのか気にならんと?普通じゃ勝てんメンツやろ)

煌「こうしてはいられません!!私ももっともっと練習です!!」

姫子「あ、あぁ、そうやね!私も付き合う!」



竜華「お、メール……おぉ!やるやん京太郎!!」

怜「どしたん?」膝枕中

竜華「いや、京太郎が初めてトップ取ったってメールが来たんよ。それも清澄の一年3人相手に」

怜「ほー、やるやん。京太郎もウチみたいになんか目覚めたんかな」

竜華「なんや、京太郎病弱キャラやないやん」

怜「普通は勝てん相手やしな。こう、一回死にかけて未来が見えるようになったり」

竜華「怜やあるまいし」

怜「何度か意識朦朧とした先に新しい境地に目覚めたり」

竜華「そんなしょっちゅう意識朦朧とせんやろー。あ、返事せんと」

怜「あ、ウチの分もー」



豊音「んー?あ、メールが来てるよー」

塞「豊音、勉強中だって」

白望「ダル……」

豊音「ちょっとだけだよー。あ、京太郎くんだー。えー!?ちょーすごいよー!!」

塞「もう、なんて書いてあったの?」

豊音「えっとねー、宮永さんと原村さんと、片岡さんと麻雀してトップだったんだってー!」

白望「……え?」

塞「……はい?京太郎って、そんなに上手かったっけ?」

豊音「でもー、勝ったのちょーすごいよー」

塞(いや、そんな普通の打ち方だったらまず原村和には勝てないって)

白望(京太郎なら……あのうるさいの相手じゃ東場で飛びそうだけど……)

塞・白望(どうやって勝ったんだろう……)

豊音「えへへー、おーめーでーとーうー、っと」



照「……京ちゃんからメール?」

照「……そっか、初めてトップだったんだ」

照「……おめでとう、京ちゃん」

照「でもあの3人相手か……成長したね、京ちゃん」






おまけ

洋榎「ん?なんやこんな遅くに……」

洋榎「ぬあっ!?」

洋榎「ぐぬぬぬぬ……性懲りもなくまたこんな写真を……」

洋榎「うっわ、うまそうなから揚げ……まだあるん!?」

洋榎「あああやめぇぇぇ……こんな時間に食うたらぁぁぁ……」

洋榎「あ?勝った?」

洋榎「へぇ、結構やるやん」

洋榎「ってまたぁ!?なんやから揚げ丼って!!ご飯はアカンやろご飯は!!」

洋榎「あああああああああ……食べたいぃぃぃぃ……」

雅枝「やかましい!!遅くに騒ぐなや!!後また夜に食う気か!?あんた食うても胸いかんやろ!!」