○月×日

今日は照さんにせがまれたエクレアと尭深さんにお願いされた大福、淡が無理矢理約束してきたチョコケーキ、

誠子さんに頼まれたクッキー、そして最近疲れている菫先輩へのワッフルを作った

どれも我ながらよくできたと思うけど、作りすぎたかな

最近お菓子作りが楽しいんだよなー

照さんとか作ったら全部食べて感想や改善点もきっちり教えてくれるから作り甲斐あるし

尭深さんが淹れてくれるお茶が美味しいから合うお菓子が欲しくなるし

淡は本当に美味しそうに食べるし

誠子さんは部活以外でも割とお世話になってるからお礼しないといけないし

菫先輩は照さんや淡の面倒もあるから少しでも疲れをとってほしいし

虎姫以外のみんなにも配るかな

いや、そしたら足りるか?

……パウンドケーキとシュークリームでも作ろう、うん

やばいな、お菓子作りが今から楽しみになってる

照「京ちゃん……私シュークリーム食べてない」

誠子「確かエクレア独占してましたよね?」

淡「テルーずっこーい!!」

尭深「……また甘いものに合うお茶用意しよう」

菫「お前らな……そんなだから私の負担も増えて……あぁ、だからワッフルくれたのか……」

照「みんな京ちゃんのお菓子食べ過ぎ。控えるべき」

菫「お前が言うな!!」

誠子「でも、京太郎のお菓子って部内でも評判いいですよね」

淡「この前クラスでもバームクーヘン持ってきて大変だったよ」

尭深「でも、美味しいんですけど……体重が」

誠子「あぁ……」

菫「言うな……最近の部内の最大の問題でもあるんだ……おかげでまた忙しい」

照「そう?」

淡「さぁ?私体重そんなに変わらないしー」

照「私も」

菫「京太郎が今朝くれたタルトだがこの2人は抜きで」

尭深「賛成です」

誠子「異議なし」

淡「え!?酷い!!」

照「私たちが何をしたの!!」

菫「自分の胸に聞け!!」








△月◇日

今日昼休みだからと油断してノックもせずに部室に入ると菫先輩が着替えているところだった

慌てて外に出て、すぐに謝ったら菫先輩は許してくれた

うん、それはいいんだが……着替えている時の半裸の菫先輩……おもち、小さくね?

普段の菫先輩はチーム虎姫ナンバー2のおもちの持ち主であり、数少ない良心だと思っていたのに

まさか……PAD?

いや、だったら俺が今まで見てきたものは……いや、なら今日俺が見たものは一体なんだったんだ!?

幻か!?

イザナギか!?

菫先輩は偽乳特戦隊だったのか!?

…………駄目だ、考えれば考えるほど分からない

そもそも俺には……確かめるすべが……ない……っ!!

信じよう、菫先輩を

信じ続けよう、菫先輩のおもちを

菫「…………」

照「…………」

淡「…………」

誠子「…………」

尭深「……お茶が美味しい」

菫「さて、次は」

照「待って」

菫「なんだ照この日記が読みたいと言い出したのはお前だ早く読むぞ」

照「……菫、脱いで?」

菫「ば、馬鹿なことを言うな!」

照「淡、誠子」

淡「右腕確保ー!!」

誠子「左腕確保です」

菫「お、お前ら!!」

照「菫、これは重大かつ今すぐに確かめなければならない問題。覚悟して」

菫「よせ。や、やめろ……はなせー!!」

3分後

照「寄せてあげるブラ使ってるだけか……」

淡「寄せてあげる分あるっていいよねー」

誠子「服着てるから余計にそう見えるんだろうなー」


結論、無くはない。ただし脱いだらそこまでない


※この結論はあくまで>>1の想像です。実際にどうなっているかは分かりません。シュレディンガーのPADです







☆月●日

今日は休みだったので適当にふらついていたら、淡に会った

淡も暇だったらしいので2人で遊びことになった

ゲーセンで普段麻雀で勝てない分、格ゲーでいじめてやったら涙目になった

ちょっと悪い気がしたので昼を奢ったらすぐ笑顔になった

笑ったり泣いたり分かりやすい奴だ

その後は淡の買い物に付き合った

小物やお菓子を買ったり、何故か下着コーナーに連れていかれたりした

下着コーナーで不意打ち気味に見せられたが……あいつ、無いって訳じゃないんだな……

その後は散々からかわれたが、アイス食べながらふらついた

適当にふらついているだけだったが、淡と一緒だとなかなか楽しかった

あまり遅くなるまでいる訳にもいかないので、最後は淡を送って別れた

楽しかったし、また出かけようと言ったら思った以上に喜んでいた

たまにはこういうのもいいものだ

照「淡」

菫「抜け駆けとはいい度胸だ」

尭深「うん、これは駄目だね」

誠子「全く、下着姿まで見せたのか?」

淡「うん。京太郎、真っ赤になってかわいかったよ?」

照「ちょっと脱いでくる」

菫「どこ行くまな板」

尭深「ふぅ……胸が重いですね」

誠子「尭深それはずるいだろ!!」

淡「ちょ、ちょっと!!京太郎は私のなんだから!!私以外が京太郎誘惑しないでよ!!」