咲「充電!充電!」

京「ほわあっ!?急になんだよ咲!」

咲「今日は一日中打ちっぱなしで疲れちゃったよ…だから京ちゃんで充電~」

京「あのなぁ、俺だって今日は一日中雑用で走り回って疲れてんだよ!お前に渡す余剰電力なんぞ無いわ!」グリグリ

咲「あ゛う゛うぅー、じゃあ、二人で充電だね」

京「まっ、いいけどな。しかし…あ゛あぁー暑くて動けねー…」グテー

咲「私も暑いけど、ここなら落ち着いて本が読めるよ……       ん?」

京「どしたーさき-」 咲「んんん、さっきから何か硬いものがお尻に…あっ(察し)///」

京「なんだよ…気になるぞ」 咲「えぇと、その…京ちゃんもやっぱり男の子なんだなって///」ボソボソ

京「はあ?」 咲「あっ!でもその、いやって訳じゃなくて…寧ろ私のこともそういう目で見てくれてるんだなとか京ちゃんの京ちゃん♂はこんなに硬いn「ああ、そうか」…へ?」

京「ポケットにマジック入れっぱなしだったぜ、悪かったな痛かったろ?」 咲「うん、知ってた」

名前:
コメント: