第十四章【小悪魔テク! 女子力粉砕スーパーノヴァ!】 アフター

 モグモグ

照「私はね、京ちゃんの一番になりたいわけじゃないから」モッキュモッキュ

菫「そうか。まぁ、それも一つの愛の形だろう」モグモグ

照「菫は?」

菫「私に聞いてどうする?」

照「一番になりたいって思う?」

菫「……さぁな。私はまだ、好かれてもいないだろうからな」

照「そんなこと無い」

菫「そう、だと嬉しいな……やはり」

照「うん。京ちゃんに好かれたら、それだけでいいもん。仮に、私が一番じゃなくても……」

菫「照……」

 カランカラーン

京太郎「おい淡、本気でこんな場所に入るのか?」

淡「大丈夫だってー! それに、ほら!!」

照「えっ!?」ビクッ

京太郎「照、さん……? 弘世さんも!?」

菫「なっ!? なぜお前たちがここに!?(わざわざ逆方向に進んだというのに)」

淡「えへへ、偶然だねー♪ じゃあみんなでスイーツ食べ放題だー!!」

照「あ、淡……?」

淡「テルー。この淡ちゃんは! 実力で奪い取ると決めたのー!」

照「え?」

淡「……見逃して貰って、勝ち逃げなんてダサイじゃん? ねっ♪」ウィンク

照「……淡。ふふ、その言葉――後悔させてあげる」

淡「望むところだー!! あちょー!」

菫「(たくっ。お互いに誰に似たんだか……)」クスクス

京太郎「照、さん」

照「……んっ」

京太郎「隣、いいですか?」

                 _. . : :―――: . .
             ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : :` : 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           .:' : : /:,: : : : : : : : : 、: : : : : : : ヽ : : ヽ
           /: : :/: :/:/: :, : : : : : : |: : :!: : : |: : ∨: :∧
          , : : /: :/:/ : / 、: : : : :.ト、: |:|:{: :|: : :.| : |: : .
           /: : 〃:/:/|:从-、}:、: : : :.|-从}-Ⅵ : : | : |: : |
         /: : ィ: : :{: |r----从\: : |, ---- ミ: : :,: :/: : ,
          ̄´  |: }从:{   ⌒Y   ∨  ⌒Y }: :/}/Y : ′
           |: : : :/   乂_ノ     乂_ノ /:イ  /: :,′
           |: : : { ////        ////r-: ': : /
              从: : 乂      ^ー(    イ: : :/: :/
            ∨: {:从{¨¨, ィ「 ̄ 7¨´、_: 从:イ: :/
               \|  / \ ∨^/  />/' }:/
                 / |乂\∨_,イイ/  }
               {/⌒ア `ー介 -‐´ {__〉
               {`ー∧ /:∧:.、  |- r'
  __________乂ノ 「iY{:/__}:./, -=- } _____
                 ̄`, {====}-、 ̄ ̄
                   ゝ ――‐ '
照「うんっ……//」ギュッ

 女の戦いはッッッ!! ドロドロばかりが能じゃないッッッ!!!