第十二章【新ジャンル!? メンヘラロリの名はマホっち】 アフターのアフター

マホ「えぇぇっ!? アレはダメなんですかぁ!?」

久「当たり前じゃない」

マホ「そ、そんな」ブルブル

優希「オカルト……」ブルブル

和「ありえません……」ブルブル

久「二人の処分は後でするとして、マホには特別講師の用意をしたわ」

マホ「特別講師?」


美穂子「久の頼みなら……それに、須賀君の為だもの! 頑張るわ」ギュッ

透華「この私に声を掛けるとは! ふふっ、京太郎の全てを教えて差し上げますわよ!」ババーン

淡「いいじゃんいいじゃん! このスーパーウルトラパーフェクトガールあわいちゃんに続けー!!」ニヒヒ

衣「泰然自若! キョウタローの為なら、衣は何があろうと力になろう!」ゴゴゴ

佳織「わ、私……ですか? 須賀君の……こと、好きですから、頑張りますっ!」ググッ

貴子「なんで私がこんな……くっ、勘違いするなよ。私はただ、須賀の奴が……気になる、だけで」プイッ

由子「ちゃんと想いを込めたら、それはきっと伝わるのよー」ニコニコ

仁美「影の薄い私にも、彼は光をくれたから……出来ることなら、彼の力になりたい」ニコ

葉子「あの須賀がねぇ。ま、私は……好きだよ、アイツのこと」フン

えり「まぁ、こんな私でもよければ。彼には、その……アッチでもお世話になったこともありますし」ポッ

誓子「わわっ! なんだか素敵な感じ! 京太郎君、やっぱりモテるんだね……ふふっ」クスクス

エイスリン「……ラブアンドピース! アイトヘイワ!! シュチニクリン!!」カキカキ

京太郎を囲んで逆レイプする数十人の女達とハートの絵「」デーン


 キラキラキラキラキラ


マホ「き、金髪っ!!!」

優希「勝ったじぇ」

和「ええ」

久「さぁ、後は学ぶのみ!!」

マホ「は、はいっ!!」デーン






マホ(金髪)「で、出来ました!!!」デーン

京太郎「ま、マホ!? グレたのか!? 俺のせいなのか!?」オロオロオロ

マホ「ふぇ?」

京太郎「デートか!? それとも何かしてやろうか?」オロオロ

マホ「なんだかよく分からないけど、先輩がマホに優しくなったぁー!!!」ワーイ

京太郎「マホ、マホぉ……!」



久「Orz」

和「……なんかもう、色々とすみません」

優希「なんか目が覚めたじぇ」

 金髪 IS GOD