第十一章【大二病アタック! 大人の女性かじゅ!】

ゆみ「~~~♪」

桃子「せ~んぱいっ!」

ゆみ「ん? モモか」

桃子「どこか行くんすか? お供するっす!!」

ゆみ「あー、構わないが……今日はスタバからの美術館コースだぞ」

桃子「うぐっ……で、でも! 先輩と二人きりなら頑張れるっすよ!」

ゆみ「私と二人きり? いや、残念だが今日は――」

 タタタッ

京太郎「加治木さーん!」

ゆみ「あっ、須賀君! こっちだ!」

桃子「えっ」

ゆみ「ふふっ、今日こそはアレを頼めるといいな」

京太郎「ちゃんと覚えて来ましたよ」ニッ

桃子「せ、先輩が……男と、待ち合わせ……」フラッ

京太郎「あれ? 東横も来るんですか?」

ゆみ「いや、モモにはアレが頼めないからな」クスクス

京太郎「やっぱ無理ですね、初心者には」クスクス

桃子「ムキィー!! 何をコソコソしてるっすか!!」

ゆみ「やれやれ、しょうがないなモモ」

       ,  '': : ´ ̄ ̄ ̄ `丶、
      /: : : : : : : : : : : : `丶、: :\
.     /: : : : : : : : , -―-、: : : : :\: \
    /: :/⌒ヽ /: : : : : : :\: : : : :ヽ: 丶
    .i: /: : : : : : :{: : : : : : : : : :\: : : : ', : ',
    |: l: : : : :/´ ̄ ̄ヽ : : : : : : : \: : i: : :i
    | l: : : : ::i      \ : : : : : :ヾ\l: : :l
    l l : : : : i       \\: : : : :\ヽ::l
    l/: : : ::/         _\\: : : : :\、
   //: : : /_       ィ´  zニ、`ー-i- t..ヽ、
   //: : :./:に_`      ィ圻´:::リ l::l: l: :l:l   ̄
 . // : /:::ハ 廴ヾ       廴::ノ ,'レ:i::l: l:l
. /.ィ´:.:.:小:ハ`ゝー          /ー‐l::l::l:l
   l l : |: : |: ハ     '     ∠ミヽ l::リハ
.   l: l : |: : |: :l::>、   ` ‐ ´ / .{    リ  ',
  i:l: :l : l: : :l::::l::从/`> -: ´   l /  \ヽ i
.  l l: :l : :l: : :i::::i:/   __ -‐      ヾ l
  lⅱ ⅱ ⅳ小/_`ヽ、              ヾ、
  ヾヽ { ヾヽ /  \ \             yヽ
ゆみ「そんなお前にはダブルベンティヘーゼルナッツアーモンドブラベウィズエクストラホイップウィズチョコレートソースエクストラコーヒーコーヒーフラペチーノライトアイスをご馳走してやる」

京太郎「ダブルベンティヘーゼルナッツアーモンドブラベウィズエクストラホイップウィズチョコレートソースエクストラコーヒーコーヒーフラペチーノライトアイスを奢ってやるよ」

桃子「!?」

ゆみ「やっぱりダブルベンティヘーゼルナッツアーモンドブラベウィズエクストラホイップウィズチョコレートソースエクストラコーヒーコーヒーフラペチーノライトアイスが一番だな」

京太郎「はい。ダブルベンティヘーゼルナッツアーモンドブラベウィズエクストラホイップウィズチョコレートソースエクストラコーヒーコーヒーフラペチーノライトアイスがいいです」

桃子「」

ゆみ「ぷっ、ふふっ」プルプル

京太郎「あははははっ!」 



 ※ ここまで書いていてなんですが、これは没にします