第九章【思い込みメール 彼女気取りのネキ】 アフター


洋榎「でなー、その時に恭子ったら面食らってなー」クスクス

京太郎「姫松はいつも楽しそうですね」

洋榎「……んー?」

京太郎「? どうかしました?」

洋榎「なんか物足りへんのや」

京太郎「へ?」

洋榎「メールに慣れたせいやろなぁ。須賀の言動が優しくて、ムズムズするねん」

京太郎「そう言われましても」

洋榎「全然本音でええんやで? しんでくださいーっとか」

京太郎「メールだと言えるんですけどね」

洋榎「なんでやろか?」ウーン

京太郎「多分ですけど」

洋榎「?」

京太郎「ひろさんが可愛いから、顔をみながら死んで、なんて言えないんですよ」ニッ

洋榎「なぁっ!? か、きゃわっ!?」カァァァ

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
: : : : \: : : : ; イ: : : : : : : : : .i:.: : : : ヾ\  つ
: : : : /\/ .,': : : : : : ハ: : :.}: : : : : :.i//
: :ハ;/   \//i : :/ !: :/i: : : : : : :i′
:/ 气テテZ=,  // -‐‐''" !: : : : : : :}
{.   l::::;;;::::i       テ=ェx_ /: : : : :.}:.;'
    乂::::ソ       |::;;;::「./: : : : :./i/
   xxxx      乂ソ厶イ:_;ィ′
:、            "" i : :ノ \\
 \   r‐ ― ァ  U 八i'  //
..r‐/≧:..._   ̄ __,  イ: :i  /
" \  /  ̄      !: :i
i   /‐'iハ       |:.;'
ハ__,/》《∧_}\.      |/
,/ /|| |ト、!  \
_/ .|| ||    i   }
   /ハ!  ,/  i
         { / .!
洋榎「そ、そないな――//」モジモジ

京太郎「というのは――ウ・ソでーす」ニッコリ

洋榎「」

京太郎「何期待してるんですか? しんでください」ニコニコ


洋榎「お、おぅっふ」キュン


京太郎「?」

洋榎「……あー、やっぱコレやわぁ」テレテレ

京太郎「(なんだかよくわからないが、これはこれで可愛いな)」ホクホク

洋榎「次はもうちょっと、強めの語気でやったくれへん?」


 飾らない君が好きッッッッッ!!!!