第七章【初デート! キャップの恐るべき女子力】 アフター


美穂子「……」ボー


華菜「キャプテン、あれから元気が無いし」

未春「うん。心配だね」

純代「引退したのに、まだこうして部にも来てくれるし」

星夏「どうにかして、元気を出してもらえないでしょうか?」

 アーデモナイコーデモナイ

 ガチャッ

貴子「何してんだァ!! てめぇらァ!!」バンッ

華菜「ひっ!?」

貴子「さっさと練習しろォ!! 来年もあんな醜態晒してみろ! 分かってんだろうなァ!!」

 ヒィィィ! レンシュウダァァァ!

貴子「たくっ……」

美穂子「……(´・ω・`)」ポヘー

  _
  r' 卅
. ) | |||)
. | || |入     _
./::|,ハ,ト、::| _/ : \
{::〈_}:::::::|::| \   : |
.ヽ/;;;;;;;;|::|  | : |
 イ::::::::::^i.... | : |
  |;;;;;;;;;;;;:|   \_/
  |::::/|::::|
  |:::}. |:::}
  |::| |::|
  |::| |::|
  ヒつ.|;;|__
    └‐┘
貴子「おい、福路」

美穂子「ひゃっ! はい!」

貴子「……部活後に、少し話したいことがある」

美穂子「え?」

貴子「くだらない話だ。これでもお前よりは長く生きてる、相談の一つや二つ……聞いてやれるさ」

美穂子「コーチ……」ジワッ

貴子「そんな顔されちゃこっちが迷惑なだけだ! 勘違いするな!!」

美穂子「……はい。ありがとうございますっ」ニッコリ

貴子「たくっ……なんで私が」ブツブツ

美穂子「(私、ダメな女ね。ふふ、まだどこかで携帯が鳴ることを期待してる)」ギュッ


 でもね、須賀君


美穂子「私がいつまでも、待っているだけの女だと――思わないでね?」クスクス



 カンッ