第三章【密着!そしてS(シャープ)S(シューター)恋愛へ】 アフター

京太郎「美味しいですね、このお茶菓子」

菫「ふふ、そうだろう?」

京太郎「弘世さんはなんだか、和って感じがしますよね」

菫「そうか?」

京太郎「はい。こう、パッツンな感じとか」

菫「それは褒めているのか?」クスクス

京太郎「多分褒めてます。ほら、大和撫子的な」アハハ

菫「全く、調子のいい奴だ」

京太郎「あの、弘世さん」

菫「ん?」

京太郎「髪に、触ってもいいですか?」

菫「ど、どうしたんだ急に?」ドキッ

京太郎「いや、なんだか綺麗だなって」

菫「ま、まぁ……少しくらいなら構わないが」

京太郎「やった!」

菫「……」

       !:.::.:::: :: ::|.....::::|::::::::::::::|:::|:!:|__!........|:.   ゙、:、::ヾ、
     |   ..::::::::i::::::::::|:|::::::::::::|:::|:「!::::i:!:`ヽ!|::::::::::.:.i: i. ト、!
      !....:::::::::::::::i::::::::::|:|:::::::::::::i::::|,rゥ-ニミ┘i__:::::::ノ|::|..i |
     i:.:.::::::::::::::::i::::::::i::|:|::::::::::::::i:::|! ー-'..ヾ::::::::`iヽ!ノ;ノ:;i |
      ! ::::::::::::::::i|:::::::::|:|:|:::::::::::::::i::::!    :::::::::::iァ::....!ヾノ (今私は男に髪を触られている……! これは結婚するしかない)
    i.:::::::::::::::::i:|::::::::i::|:|:::::::::::::::::i:::i       ヾ :::: |
     |:::::::::::::::::i:i:::::::::i::|:|:::::::::::::::::::i:::i      /::::.:.|
.    !::::::::::::::::!:!:::::::::i:::|:|::::::::::::::::::::゙、i   _,...._ l::::::.::|
.   i::::::::::::::://::::::::/::/`ー^-、:」i_:::゙、   `" /:::::::.i.|
    i::::::::::::::://; ' ´ ̄ ̄`ヽ     ̄     /:::::::::::|:!
  /::::::::::::::://'           \  r-、__ ノ:-、_;::|i|
  /::::::::::::::::/        :::::::::...\::::|:::::::|:::|   `ヾ!
 /:::::::::::::::/          ::::::::::::...ヽ ::::::|:::|
../::::::::::::::/ :::..         \:::::::::::::.i ::::|:::!
菫「……」ギラギラ

京太郎「うわーサラサラだーって!? 顔こわっ!?」ビクッ

菫「はっ!? いや、すまない。今のは違うんだ」

京太郎「そ、そうですか? うわーびっくりしたー」

菫「考え事をしていてな。もう一度触ってくれ」

京太郎「はい」サラサラ

菫「んっ……」

京太郎「凄い、枝毛一つありませんよ」

菫「そうか? 特別なことは何もしていないが」

京太郎「それが逆にいいのかもしれませんね」アハハ

菫「……生まれてこの方。自分の髪に感謝したことはないが」

京太郎「?」

菫「今日ばかりは、感謝するか」クスッ


 その後も、京ちゃんに髪を撫でてもらっていたけど
 帰ってきたお母さんに見られて、真っ赤になる菫さんなのでした