京太郎「……どうでした?」

理沙「……」

理沙「凄い」

京太郎「どう凄いんですか?」

理沙「すごく……おっきい……」

京太郎「……」













京太郎「なんかその言い方エr……いえやめときましょう」

理沙「?」

京太郎「ていうかオカルトに大きい小さいってあるんですね」

理沙「ある。卓の支配が変わってくる」

京太郎「? よくわかりませんけど、強い弱いじゃ駄目なんですか?」

理沙「…………」プイ

京太郎(言い回しが思いつかなかったから大きい小さいっていったのかな?)

理沙「でも、手が悪いとツモが良くなるだけ」

京太郎「いいことなんじゃ?」

理沙「良い。でも上手くないと意味無い」

京太郎「つまり……」

理沙「練習あるのみ!」

京太郎「ですよねー」ハハハ

理沙「早速やる!」

京太郎「はい!」

京太郎「……理沙さん」

理沙「?」

京太郎「俺の牌見えてます?」

理沙「見えてない」

京太郎「じゃあなんで……そんなに振り込まないんですか!!」

理沙「当たりばればれ」

京太郎「そんな馬鹿な!」

理沙「……教える!」

京太郎「まじですか!オナシャス!!」



京太郎「……理沙さん」

理沙「?」

京太郎「わかんないっす」

理沙「!?」

京太郎「いやなんで俺の当たり牌がバレバレなのかはわかりましたけど、理沙さんの当たり牌はわかんないです」

理沙「そういうの得意!」

京太郎(プロとしてやってる中で得意って言えるぐらいなんだから相当なレベルなんだろうな)

京太郎「いやぁ今日は大分充実してた気がします」

理沙「頑張ってた!」

京太郎「ありがとうございます。さ、出ましょうか」

理沙「」コクリ

京太郎「ふっふっふっ、今日の俺は麻雀頑張ってただけではないですよ」

京太郎「なんと……バイト代が入りました!マスターが先にくれました!」

京太郎「これで理沙さんに出してもらうだけのヒモ男じゃありませんよ!」

理沙「ひも?」

京太郎「なんか誰かにそう言われたような気がしました」

京太郎「今日はちゃんとお金出せて良かったです」

理沙「……」

理沙「晩御飯!」

京太郎「どこ行きましょうか?あ、そういえば少し気になるもんじゃ焼きのお店があるんですけどそこいきませんか?」

理沙「奢る!」

京太郎「え?いやいやお金ならちゃんとありますよ?」

理沙「奢る!」ズイ

京太郎「で、でも」

理沙「お ご る」プンスコ!

京太郎「ハイ……」

京太郎(何故この人はこんなにも奢りたがるのか……まだまだ俺が子供だからってことなのかな?)

京太郎(ぐむむ……もっと認められるように頑張らないと……)

理沙「どこ?」

京太郎「あ、こっちです」







―――次の日―――


担任「おう、調子はどうだ?」

京太郎「頑張ってます」

担任「そうじゃなかったら俺はお前をしからにゃならんぞ」

京太郎「ですよねー。でもバイト始めたの先週からですからね。そんなに急に何か変わるもんでもないですよ」

担任「我慢弱いやつはしょっぱなに文句言い出すから聞いてみただけだ」

京太郎「なるほど、そういうところで先生方は判断するんですね」

担任「まぁ俺はだがな。それにそれだけではわからんこともある」

担任「ちょくちょく聞くことになるからしつこいとか思わず現状を報告してくれ」

京太郎「お仕事ですもんね」

担任「そういうこった」

京太郎「了解です」

京太郎(正直この先生で助かってるぜ。堅苦しいのは苦手だからな)




─────────

──────

───

 カランカラン

京太郎「おはよーございまーす」

マスター「京太郎君、お客様です」

京太郎「はい?俺に?」

???「はやぁ、君が須賀京太郎君?」

京太郎「そうですけど……ってあなたは!」

???「ん?私のこと知ってるのかな?」

京太郎「も、もちろんです!こんなところではやりんに会えるなんて!!……ん?俺に?」

はやり「そうだよ、君に会いに来たんだ☆」

京太郎「…………マジでしょうか?」

はやり「うん☆」ニコッ

京太郎(可愛い……俺は今日死ぬのだろうか……死ぬのならこないだ買ったはやりんのDVD(三年前の)で抜いとけばよかった……)

京太郎「そ、それで俺に会いに来た理由とは?」キガエテキタ

はやり「見に来ただけだよ」

京太郎「……な、何故でしょうか?」

はやり「理沙ちゃんがLINEで自慢してくるんだもん。男の子とご飯食べに行ったーとか麻雀教えてるーとか」

京太郎(麻雀教えてるは自慢になるのか?)

はやり「最近はその話題ばっかりで気になったから寄っちゃった☆」

はやり「ちょうどお仕事の帰りだしね」

京太郎(それにしても胸大きいな……眼福である)

はやり「んー」ジロジロ

京太郎「な、なんでしょうか」

はやり「はやぁ、自慢したくなるのもわかるかなーって思って」

京太郎(oh……揺れておられる。これはいけませんねぇ……)

はやり「それじゃ帰るね」

京太郎「本当に見に来ただけなんですね」

はやり「うん。もしかしたら他の人も来ることがあるかも」

京太郎(ある意味役得だな。理沙さんと仲良いのって誰なんだろ?……そもそもプロの人全然知らなかった)

はやり「そ れ と」ズイ

京太郎「っ!?」ドキドキ

はやり「あんまり胸ばっか見てちゃ、ダ メ だ ぞ☆」

京太郎「すんませんでした!」

はやり「男の子だからね、今回だけは許しちゃおうかな」

はやり「またね☆」

 カランカラン

京太郎「……マスター、トイレ行っていいですか?」

マスター「仕事してください」

京太郎「んー!今日も疲れたな。そろそろ片付けに入りますか?」

マスター「そうですね……おや?」

???「ここ……かな?」

???「あってるあってる!ほら入ろう!」

???「ちょ、待ってよ!」

 カランカラン

京太郎「いらっしゃいませー」

???「あ!金髪長身!この子だよ!」

???「指差さないで!恥ずかしいよ!」

京太郎「あのー……」

???「あ、ごめんねー!もしかしてだけど須賀京太郎君?」

京太郎「はいそうですが……」

京太郎(この感じ、今日のバイト初めにもあったぞ)

恒子「私、福与恒子っていうんだけど、知らないかな?」

京太郎「んー……あ、アナウンサーの」

恒子「そうそう!いやー私も有名になっちゃったなー!一年ちょっとでこれって凄くない?」

京太郎「凄いと思います」

京太郎(知ってたのは本当にたまたまだけどな)

恒子「でしょー!ま、私じゃなくてすこやんが用事あるんだけどね」

???「騒がしくてすみません」

京太郎「いえいえ、そんなことありません」

恒子「そんなことあるわけないじゃん」

健夜「こーこちゃんは黙ってて!……えっと、私、小鍛治健夜って言います」

京太郎(どっかで見たような聞いたような……)

健夜「理沙ちゃんからよく話を聞いていて、少し気になったから来たんだけど大丈夫だったかな?」

京太郎「全然大丈夫ですよ」

京太郎(……ん?)

京太郎「……思い出した。すっごく強い人だ」

健夜「あー……まぁ過去のことだけどね」

京太郎「でも国内無敗って書いてましたよ?」

健夜「最近は地元の活性化に努めていて、あまり主要なタイトル戦にも出てないから」

京太郎(それでもめちゃくちゃすごいんじゃないか?)

恒子「すこやんすこやん。コーヒーすっごく美味しいよ」

健夜「いつの間に頼んだの!?ていうか閉店時間なんだからそんなのんびり注文してちゃ駄目だよ!」

マスター「閉店時間はお気になさらずゆっくりしていってください。小鍛治様も一杯どうぞ」コト

健夜「お気遣いありがとうございます」

マスター「京太郎君も。もう勤務時間は終わりましたから」コト

京太郎「ありがとうございます」

京太郎「そういえば小鍛治さん達っていつから理沙さんと知り合いなんですか?」

恒子「私は全然知らないよ?」

京太郎「あ、福与さんではなくはやりn、瑞原さんです」

健夜「はやりちゃんも来たの?」

京太郎「ええ。今日の夕方頃に」

健夜「そうなんだ。あ、えっとね、多分10年くらいかな?」

京太郎「そんなに付き合い長いんですか」

健夜「うん、インターハイ以降だからね」

京太郎「なるほど。それだけ長いとプライベートのこともよく喋るわけですね」

健夜「むしろそういうことが無いのによく仲良くなれたね。理沙ちゃん口下手なのに」

京太郎「コミュ力だけは自信ありますから!」フンス

健夜「それじゃご馳走様。えっとお代は……」

マスター「いえ、こちらが勝手にお出ししたものですから料金はいりません」

健夜「……わかりました。今度は客として寄らせてもらいます」

マスター「お待ちしております」

恒子「ねね、アド交換しよ?」

京太郎「わかりました」

健夜「あ、私もついでにいいかな?これからも会うかもしれないし」

京太郎「はい」

恒子「……よしおっけい!それじゃまたね!」

健夜「それじゃ」

 カランカラン

京太郎「……レベル高い知り合いばっかだな理沙さん」

京太郎(十年前がインターハイか……てことは26~28か……見えねぇ……下手したら小鍛治さんなんて制服着ててもわかんねぇよ)

京太郎「……さ、変なこと考えてないで店仕舞いしましょう!」

マスター「ええ、お願いします」

京太郎 >今日瑞原さんと小鍛治さんが店に来ましたよ

京太郎 >ていうか理沙さん結構俺のこと喋ってたんですね

理沙  >少しだけ

京太郎 >瑞原さんが最近はずっとって言ってましたよ?

理沙  >気のせい!

京太郎 >素直に言ったほうが身のためですよー

理沙  >ちょっと

理沙  >楽しかったから

理沙  >駄目?


京太郎「……少し恥ずかしいな」

京太郎(……嬉しいけど)ミミマッカ


京太郎 >全然駄目じゃないです。むしろ話してしまうほどだったことがすごく嬉しいです

理沙  >よかった

理沙  >次会う日も楽しみ

京太郎 >俺もです















《エイプリルフール》


京太郎「理沙さん、なんでエイプリルフールがあるかを知っていますか?」

理沙「?」

京太郎「四月一日、つまり今日。何故嘘をついてもいいのかってことです」

理沙「知らない」

京太郎「聞きたいですか?」

理沙「聞きたい!」

京太郎「それでは教えてあげましょう。何故エイプリルフールがあるのかを」

京太郎「発祥はとあるスターの話からです」

理沙「」ワクワク

京太郎「その人はテレビで活躍しいろんな人を笑顔にしてました」

京太郎「そしてその話をとある人にいつも話に行ったそうです。それは病院に入院中の想い人です」

京太郎「その人をいつも笑顔でいさせてあげたい。その一心で毎日通ってか電話で話をしたそうです」

理沙「良い人」

京太郎「でも毎日話していると話題がもたない。でも笑顔にはしてあげたい。そこで嘘の話を織り交ぜました」

京太郎「想い人はそれに気付かずニコニコ話をきいてくれたそうです」

理沙「嘘は駄目!」

京太郎「そうですね。でもその時スターにはわからなかったのでしょう」

京太郎「しかし3月31日、事態が一変します」

理沙「!!」

京太郎「その日は仕事で少し遠方にいて病院に行けないので想い人と電話をしていたのですが、途中でその人が倒れてしまったそうです」

京太郎「スターは急いで病院へと車を飛ばします。着いたのは日付が変わってから。想い人は手術中でした」

京太郎「明け方になり、ようやく出てきた医者の話を聞くともういつ死ぬかわからないと言われたそうです」

理沙「」ウルウル

京太郎「想い人に家族はおらず、今いるのも自分だけ」

京太郎「スターは想い人に話しかけます。『大丈夫、俺が元気になる話をしてやるから。笑顔でいればきっと治るから』」

京太郎「そして返事が無いまま、想い人の傍らで話をし続けました。現実にあったことではなく、元気になれそうな嘘の話を」

京太郎「お昼を越えた辺りで想い人はスターにぽつりぽつりと話し始めたそうです」

京太郎「自分の境遇やもう助からないとわかってること」

京太郎「そして……スターが嘘の話をしていることに気づいてたことも」

京太郎「そしてそっと手をスターの頬に添えて言います『ありがとう。嘘でも、元気になれたよ。あなたはそのままでいて』」

京太郎「そして彼女は息を引き取りました」

理沙「」グズッ

京太郎「その後彼はその話をテレビで話しました。そして言ったのです」

京太郎「『嘘をつくのはいけないことだ。でも一日だけ、元気になれる嘘なら言ってもいい日があってもいいのではないか?』」

京太郎「『私は彼女が死んだ4月1日をその日にしたいと思う。そしてちゃんと嘘だとばらそう。笑顔でいよう』」

京太郎「それに感動した視聴者たちにより広まり名づけられたそうです。4月の嘘をついて笑顔にする馬鹿の日、エイプリルフールと」

京太郎「とこんな感じの発祥らしいですけど……あぁあ、ほら、涙ちゃんと拭いてください」フキフキ

理沙「良い話だった」グズグズ

京太郎「まぁ嘘なんですけどね」

理沙「…………」

京太郎「いやー、やっぱエイプリルフールなんで嘘ついとかないとって思って」

理沙「……」ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「あれ?り、理沙さん?」

理沙「―――!!!」ポカポカポカポカ

京太郎「ちょ、やめてください!嘘ついてごめんなさいって!!」


カン!