http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343884611/



京太郎「俺もっと麻雀が上手くなりたいんです。」

ハギヨシ「確かに私は一流の執事ですが麻雀までは……わかりました、衣様に頼んでみます。」

京太郎「嫌です‼ハギヨシさんじゃ無いとダメなんです‼」

ハギヨシ「!?」

ハギヨシ「それはどういう意味で…?」

京太郎「言葉の通りです。ハギヨシさんじゃ無いとダメなんです。」

ハギヨシ「いやしかし私は麻雀は不得手で…」

京太郎「それでも構いません。俺ハギヨシさんとヤりたいんです。」

ハギヨシ「そこまで言うのなら…わかりました。私で良ければお相手いたしましょう。」

京太郎「優しくお願いしますね…///」

ハギヨシ「そ、それでどの辺りをお教えすればよろしいのですか?」

京太郎「ええとですね…この場合どの牌を捨てた方が良いですかね?」

ハギヨシ(良かった普通の質問だ…)

ハギヨシ「その場合はですね…発が残り1枚なので、諦めて捨てた方がいいですかね。」

京太郎「なるほど‼それじゃここは?」ナデナデ

京太郎はハギヨシの股関を撫で始めた。

ハギヨシ「ちょっ何を…///」

京太郎「ふふ…かわいいですよ。ハギヨシさん…」ナデナデ

ハギヨシ「や、やめてください…」

京太郎「そんな事言ってる癖して体は正直なんですね。」ナデナデ

ハギヨシ「あ…////はああ…///」ビクッ

京太郎「ふふっ…こんなに大きくしちゃって…このままじゃ辛いですよね。抜いてあげましょうか…?」

ハギヨシ「じょ、冗談はよして下さい京太郎様…。流石にこれ以上は許しませんよ…?」

ハギヨシ「それにこの事を貴方のご学友に知られたら貴方もタダじゃ済みませんよね?」

京太郎「ああ…咲の事ですか?咲ならさっきから俺らをカメラ撮影してるじゃないですか。」

咲「京ちゃん…早く続き見せて…///」ハアハア

ハギヨシ「」

京太郎「さあ続けましょうか…」

ハギヨシ「…私はやるとは言ってません。」

京太郎「え?今なんて?」

ハギヨシ「私はこんな事したくはありませんし、そんな趣味もありません。」

咲「ツンデレだね///ハギヨシさん可愛い///」

ハギヨシ(クソッ…なんでこんな事に…。一体どうすれば…。)

衣「ハギヨシー?何をしてるんだー?」

ハギヨシ(こ、衣様!?)

京太郎「子供は見ちゃダメだぞー。」

咲「衣ちゃーん一緒に見ようよ‼」

衣「子供じゃない!衣だ‼というか何故男同士でいちゃついているんだ。」

ハギヨシ「ご、誤解です!京太郎様が急に私の股間を…」

京太郎「そーなんだよー急にハギヨシさんが股間を俺に触らせてきたんだよー。」

ハギヨシ「ちょっと何を…」

咲「ハギヨシさん気持ち良さそうだったよ‼」

衣「ふーん…そうなのか…」

ハギヨシ「誤解ですうううううううう‼‼」

衣「同性愛者。全人口の5%はそうだと聞いていたがまさかこんな近くにいたとはな。あ、好きにしていいけど部屋は汚すなよ。」

京太郎&咲「はーい」

ハギヨシ「絶望した…」

京太郎「さあ、続きを…」

ハギヨシ「…もう好きにして下さい…」

咲「やったね京ちゃん!」

京太郎「じゃあ始めようか。」

京太郎は無数の麻雀牌から東を一枚取り出した。

ハギヨシ「え…何ですかそr」

次の瞬間京太郎はハギヨシのアナルに東を突き刺した。

ハギヨシ「はいいいいいいいいいいい??」

東は見事にハギヨシの奥まで入っていった

京太郎「よっしゃあああああああ&‼‼次イイイイイイ‼‼」

咲「はい京ちゃん!今度はリーチ棒だよ‼」

京太郎「よっしゃあああああああ‼‼イくぜええええええ‼‼」

ハギヨシ「やめてえええええ‼‼」

リーチ棒も難なくハギヨシの中ひ入っていった

京太郎「よっしゃあああ‼」

咲「振り込めば跳満確定だね‼」

京太郎「裏が乗れば倍満だぜ‼今度は積み棒イくぜえええ‼」

ハギヨシ「もういやだああああ‼」

積み棒もすぐにハギヨシの中へ吸い込まれていった。

京太郎「すげえよ‼ハギヨシさん‼」

咲「麻雀って楽しいね‼京ちゃん‼」

ハギヨシ「もう…限界…」

京太郎「ラストだ‼もう一回東行くぜええ‼」

ハギヨシ「やめて…‼もう…トンじゃうううううううう‼‼」ビクビクビクン


次の日

衣「気安く触るなこの同性愛者。」

京太郎「また一緒に麻雀ヤりましょうね」

咲「昨日のビデオ一つにつき500円で売れたよ!麻雀って本当楽しいね!」

ハギヨシ「…………死にたい」