京太郎「なあ、和」

和「なんですか須賀君?」

京太郎「好きだ」

和「…………はっ?」

京太郎「いや、だから好きだ和」

和「あの、なぜこのタイミングでそんな事、を?」

京太郎「……いや、なんかもう我慢出来なかった」

和「……ダメです」

京太郎「あっ、やっぱり……」

和「こんなムードのないタイミングの告白なんてそんなオカルトありえません!」

京太郎「えっ!?」

和「須賀君!」

京太郎「は、はい!」

和「今日、部活が終わった後部室に残ってください。そこで改めて告白をお願いします」

京太郎「えっと、それが和の要望なら……っても振られ直すっていうのもな……」

和「えっ?」

京太郎「えっ?」

和「……答えについてはまだ何も言ってませんよ?」

京太郎「……それ、つまり」

和「……その時のお楽しみという事で」

京太郎「……いよっしゃあ!!」

和「喜ぶのは早いですよ……もう」

久「もうはこっちの台詞よねー」

まこ「青春じゃのう」

カン!