京太郎「揺杏ってモデル体型だよな、胸はねぇけど」

由暉子「羨ましいですね、胸はないですけど」

揺杏「もしかして喧嘩売ってる?」

京太郎「不良っぽいけど手先が器用なんだよな」

由暉子「はい、あと後輩の面倒見もいいですよ?」

揺杏「……」テレッ

京太郎「あー、揺杏と結婚してー」

由暉子「もしそうなったら私も貴方たちの愛の巣に住まわせてくださいね?2号でいいので」

京太郎「つまり俺は揺杏を嫁に、ユキを愛人に出来るって事か。鬼に金棒だな!」

揺杏(金棒持ってんのはお前だろって私は爽か!)

由暉子「金棒持ってるのは京くんじゃないですか?」

京太郎「こら、爽じゃないんだから……下品だぞ?」

揺杏「……そうだぞ、アイドル志望なら上品さもないとな!」アセアセ

京太郎「ってことで、嫁になってくれないか?揺杏」

揺杏「今の聞いててなるわけないだろ。なんで2号の存在認めさせようとしてるんだよ……」

由暉子「誓子先輩もお付けしますから」

揺杏「待てや。それして得するの京だけじゃん。私は自分だけを見てくれる人じゃないと……」

京太郎「自分だけを見てほしい……揺杏ってやっぱ可愛いよな」

由暉子「もうズルいレベルです。2人で襲いませんか?」

京太郎「そうだな。揺杏、保健室行くぞ?」

揺杏「そんな一緒にトイレいこうぜみたいに言われてもな、ヤダよ」

由暉子「えっちなことしかしませんから!」

揺杏「マジ爽とチカセン卒業してからこんな苦労すると思わなかったわ。アイドル志望が率先して下ネタ全開だもんなー」ゲッロ

京太郎「こんな事成香には言えないだろ!!」

揺杏「私にも言うんじゃねぇよ!」