パターン2…京太郎とチカセンが付き合ってる場合。コレジャナイ感が凄まじいけど気にしない


京太郎「ふぅ、今日はちょっと疲れちゃいましたね」

誓子「あはは、誕生日を祝ってくれるのはありがたいんだけど、あの二人のテンションに付いていくのはちょっとね…」

京太郎「俺から見たらチカ先輩も満更じゃ無い様に感じましたけどね」

誓子「…む」

京太郎「?どうかしましたか?」

誓子「名前、二人きりの時はちゃんと呼ぶ約束でしょ?」

京太郎「あ…すみません、えっと、ち、誓子さん…」

誓子「ふふ、よろしい♪」

京太郎(可愛い)

誓子「私としては、そろそろみんなの前でも名前で呼んでほしいんだけどね」

京太郎「それは、その、まだ恥ずかしいんで…それにあの二人が絶対に茶化してきますし」

誓子「今だって私を『チカ先輩』って呼ぶたびに茶化されてるでしょ。何時になったら名前で呼んであげるんだって」

京太郎「いや、そうですけど…」

誓子「それとも、私を名前で呼ぶよりもあの二人に茶化される方が嫌なの?」

京太郎「…その言い方は卑怯じゃないですか」

誓子「ふふ、ゴメンゴメン。京太郎君が面白かったから、ちょっとね」

京太郎「まったく…誓子さん、ちょっと手を出してもらえますか?」

誓子「うん?いいけど、はい」

京太郎「少し失礼します」スッ

誓子「…これって、ブレスレット?」

京太郎「はい、俺からの誕生日プレゼントです。受けとっれもらえますか?」

誓子「うん、凄く嬉しい…ありがとう。大切にするね♪」

京太郎「いえ、喜んでもらえて何よりです」

誓子「ところで、なんでブレスレットを選んだのか聞いてもいいかな?」

京太郎「う…笑わないですか?」

誓子「真っ当な理由だったら、笑わないよ」

京太郎「その………まだ早いと思って………」

誓子「うん?」

京太郎「だから、その………指輪とかはまだ早いから、代わりに腕輪にしようと思って………」カオマッカ

誓子「え?それって………///」

京太郎「…さ、さぁ!そろそろ遅い時間ですし、ちょっと急いで帰りましょうか!」

誓子「う、うん、そうだね!」

京太郎「……………………」

誓子「…………………ね、ねぇ」

京太郎「は、はい?」

誓子「期待して、いいんだよね」

京太郎「…何時になるかはわかりませんけど。でも、期待には応えるつもりです」

誓子「うん、わかった。じゃあその時までこれをつけて待ってるから」

京太郎「…了解です。俺も、なるべく早く貰いに行きますから」

誓子「…はい///」


カンッ!