成香「さあ、入ってください」

京太郎「お、お邪魔しまーす」

京太郎(女の子の部屋に入るのなんて初めてだぜ)

京太郎(でも……)

成香「さて、それでは早速この映画を……」

成香「大丈夫、怖くないです……怖くないですから……」カタカタ

京太郎(初めて女の子の部屋に入るのがホラー映画鑑賞ってどうなんだ……)

京太郎「あの、怖いなら辞めませんか?」

成香「こ、怖くないです!」

成香「それに……見なかったらまたチカちゃん達に笑われてしまいます」

京太郎(そう……どうやら成香先輩は他の先輩達にホラー映画が苦手なことを笑われたのを気にしているようなのだ)

京太郎(でもだからって何で俺を……)

成香「さあ、始まりますよ」

京太郎「あ、電気は消さないんですね」

成香「そ、そそそそんなことしたら怖くて死んじゃいます!」

京太郎「やっぱり怖いんじゃないですか」

成香「怖くないですっ!」

成香「もうっ、始めますよ」ピッ



成香「きゃあああっ」

成香「無理ですっ!怖いですぅ!」

京太郎「あの……まだ始まって5分も経ってないんですけど」

京太郎「それにそんなに抱きつかれるとですね……」

成香「怖いですっ、無理ですぅ……」

京太郎(相当だな、こりゃ……)

京太郎(まあ女の子に抱きつかれるってのも悪くないし、役得かな……)

成香「ううぅ、京太郎くんぅ」

京太郎(それに何より)

京太郎(涙目の成香先輩超可愛い!)


カン!