良子「……んん」モゾモゾ

  「く……あぁぁ……」ノビー…


――――
―――

良子「んー……」ノソノソ

京太郎「あ、おはようございます良子さん」

良子「ん……」

京太郎「コーヒーですか?紅茶ですか?」

良子「…こーひーを…ぷりーず」

京太郎「了解です、その間に顔を洗ってきてくださいね」

良子「あいこぴー…」ノソノソ

京太郎「はい、コーヒーです」コトッ

良子「ん……せんきゅーです、京太郎」

京太郎「いえいえ」

良子「…うーむ」ズズズ

京太郎「どうしました?」

良子「いえ……男性が甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるのはいいものだと思いまして」

京太郎「あはは、そんな上等なもんでもないと思いますけどね」

良子「またまたご謙遜を…こんなに美味しいコーヒーを味わうのは初めてですよ」

京太郎「もう、褒めても出るのはトーストぐらいですよ」

良子「ふふふ、ではフレンチトーストをお願いしてもよろしいですか?」

京太郎「地味に手間の掛かるものを…」

良子「いけませんか?」

京太郎「いえいえ。喜んでご用意させていただきますよ、お姫様」






――――
―――
――

良子「…ふぅ、堪能させていただきました」

京太郎「お粗末さまです。毎度これだけ綺麗に食べていただけるとこっちも嬉しいですよ」

良子「しかし、ここまで美味しいとつい食べ過ぎてしまいそうですね…太った時の口実にはなりそうですが」

京太郎「それじゃあ太るような料理はやめましょうか?その場合甘味も大幅カットになりますね」

良子「……意地悪」

京太郎「冗談ですって。今日はお仕事はないんですか?」

良子「んー…そうですね、今日は珍しく完全フリーです」

京太郎「へぇ…それじゃどこかにお出かけでもしますか?」

良子「それもいいですけれど……こういう天気のいい日は一日だらだらと過ごすのも悪くないと思いますよ」

京太郎「……普通逆じゃないですかね?」

良子「それもまた人生ですよ、京太郎」

京太郎「いいこと言ってる風ですけど意味全然分からないです」

良子「むー…では今日は一日いちゃいちゃしましょうと言えば良いのですか?」

京太郎「あー…そういう…」

良子「で、お返事は?」

京太郎「イエス、マム」

良子「よろしい」

京太郎(たまに子供っぽいんだよなぁ…この人)

カンッ