淡「暇」

京太郎「あん?」

淡「だからー、暇」

京太郎「…で?」

淡「かまって♪」

京太郎「本日の営業は終了いたしました。また後日お越しください」

淡「えー!かまってよー!」

京太郎「ええい、まとわりつくな。第一お前宿題はどうした?」

淡「宿題?」

京太郎「そうだよ。今日の数学で出されてたろ?」

淡「えーっと…?」

京太郎「…おい」

淡「だ、だいじょーぶだいじょーぶ!ちゃんと覚えてるし!あれでしょ?二次関数がどーたらこーたらの…」

京太郎「…それ一ヶ月前の単元なんだけど」

淡「……あわ?」

京太郎「……」

淡「………そ、卒業したらすぐプロ行くから…問題ないし……」

京太郎「試験の成績悪かったら補習で出場できないんですがそれは」

淡「……まじ?」

京太郎「特別扱いしてくれるほど優しくないって照さんがな…」

淡「あ、あわわわわわわ…」

京太郎「お前なぁ…」

淡「た、助けてキョータロー!わたし本当に高校100年生にはなりたくない!!」

京太郎「いや、元々そこまで留年はできんよ…ま、ほっとくのも寝覚め悪いし教えてやるよ」

淡「神様仏様きょーたろーさまー!」

京太郎「やめろ、叫ぶな恥ずかしい」ベシッ

淡「あわっ」


――――この後無事に試験突破できたかどうかはまた別のお話…

カンッ