久「あなた」

京太郎「はい?」

久「京太郎、きょうたろ君、京くん、京ちゃん、京さん、きょーたろ、キョータロー…」

京太郎「いきなりどうしたんですか?」

久「いえ、ふと思ったのよ。そろそろ『須賀くん』呼びを改めるべきじゃないかって」

京太郎「はぁ…」

久「なによ、生返事ねぇ。これは割と重要なことよ?」

京太郎「そうですかね?」

久「そうよ。考えても見なさい、結婚してる夫婦がお互いを「須賀君」「須賀さん」なんて滑稽極まりないじゃない」

京太郎「まぁ、それは変ですけど…そこは旧姓で「須賀君」「竹井さん」って呼び合うのもなかなか斬新でいい発想だと思わ…」

久「」うるっ

京太郎「…ないですねーはい。やっぱり名前を呼ぶのって大事ですよねー」

久「そうよね!名前って大事よね!」

京太郎「ウィッス」

久「それでね、さっきも言ったとおり名前で呼ぶにしてもなんて呼ぶかで迷っててね…何かいいのない?」

京太郎「うーん…呼び方かぁ…」

久「私の場合はねー…」

京太郎「『久さん』で」

久「ここは思い切って『久姉さ…」

京太郎「『久さん』で」

久「ぐぬぬ」

京太郎「何がぐぬぬだ。しかも今言おうとしたのめっちゃレベル高いじゃないっすか」

久「ここはほら、男の甲斐性を見せるところで…」

京太郎「そんなところで見せるような甲斐性はしてません。ほら、くだらないこと言ってないでご飯食べちゃいましょう」

久「ちぇー…あっ、じゃあ逆に私が『京太郎お兄ちゃん』って言えば…」

京太郎「それ以上言ったらピーマンの肉詰めベジタリアンバージョンお見舞いすんぞ」

久「はい、ごめんなさい」

京太郎「無難でいいじゃないですか無難で。毎度毎度冒険してたら休まる暇がありませんよ」

久「でも冒険しないと日々の楽しみを…」

京太郎「そういうのはつっかえず名前呼び出来るようになってから言ってください。未だに俺と面と向かって呼べてないでしょうが」

久「ぐぬぬ」

京太郎「天丼は禁止です」

カンッ