エイスリン「ウー……」きゅ~

京太郎「だ、大丈夫ですかエイスリンさん…」

エイスリン「アツイ…サムイ…ジメジメ…」

京太郎「ニュージーランドではこういう気候はないんですか?」

エイスリン「アツイノハアル…サムイノモアル…デモヒルアツクテヨルサムイハツライ…」

京太郎「あー」

エイスリン「アウー…」

京太郎「とりあえず、空調つけます?丁度いいぐらいの温度なら疲れることもないかも…」

エイスリン「ダメ…セッカクスズシイノニモッタイナイ…」

京太郎「こんなところで遠慮しなくても」

エイスリン「ダイジョーブー…ノドモトスギレバヒモマタスズシー…」

京太郎「間違えてないようで微妙に間違えてる…なら何か飲み物でも入れてきましょうか?」

エイスリン「ン…アッタカイノ、オネガイシマス…」

京太郎「はいはい」スタスタ

――――
―――
――



京太郎「いれてきましたよーっと。ホットミルクでよかったですか?」

エイスリン「アリガト…」

京太郎「いえいえ。どうぞ」コトッ

エイスリン「ン…」ズズッ

エイスリン「ハフゥ…」

京太郎「日本に来てそろそろ数ヶ月は経ちましたっけ。友達とかはできましたか?」

エイスリン「ン…マダ、カナ…」

京太郎「そうですか…」

エイスリン「デモ、ハナシカケラレル、フエテキタ!チョットズツ!ダカラモスコシ!」フンス

京太郎「確かに話が出来るならもう少しかも。日本語の上達も早いですし、頑張ってくださいね?」

エイスリン「ン!」

京太郎「それじゃ、前祝いってことで…戸棚にあったココナッツクッキーでも食べますか?」

エイスリン「!」パァァ

京太郎「あはは、聞くまでもなかったか…それじゃ、親父たちには内緒ですよ?」

エイスリン「ナイショ!ガンバル!」


そして季節が一つ二つ過ぎる頃、かけがえのない親友たちが出来るのだがそれはまた別のお話…

カンッ