咲「京ちゃん、大好きな肉じゃがだよ!」コトッ

京太郎「ありがとな咲」

照「京ちゃん、唐揚げ作ってきたよ」コトッ

京太郎「照義姉さんも?何か悪いな……」

照「遠慮はいらないよ。可愛い妹の可愛い夫を世話するのも小姑のつとめ」キリッ

京太郎「そう……なんだろうか?」

咲「むぅ……京ちゃん、お肉ばかりだとかたよっちゃうよね。サラダも作ったよ」コトッ

京太郎「お、すまないな」

照「京ちゃん、デザートにフルーツポンチはいかが?」スッ

京太郎「おお……うまそう……」

咲「……京ちゃん、デザートにプリンがあるんだけどなぁ~」コトッ

京太郎「えっ……マジか、ならプリンを食べるか」

照「……」

咲「フフン、どうさお姉ちゃん。そのフルーツポンチは冷蔵するか自分で……」

照「まだ終わってない」

京太郎「あれ?まだ食えそうだな」

咲「!」 

照「これくらいならお腹の邪魔にならないんじゃないかな?」コトッ

京太郎「あ、さっきの……いただきます!」

照「召し上がれ♪」

咲「……次は勝つから」

照「姉より優れた妹等いない」

京太郎「(姉妹に料理作ってもらって幸せだけど……ちょっと食い過ぎた、身体動かさなきゃな)」

そして彼はスポーツ選手として歴史に名を残すが、自らの自伝にこう記している。

京太郎「一夫多妻が合法なら、世の中はもっと上手く回っているかもしれない」

と。

カンッ!