理想

京太郎「んー……腹減ったなぁ」グウゥゥゥ

照「京ちゃんったら、育ち盛りだね。ほら、ご飯作ったから食べよう?」

京太郎「むぅ……この問題、全く分からん」ムムムゥ

照「しょうがないなぁ、京ちゃんは。私が教えてあげる」

京太郎「あれ?確かこっちの道じゃなかったっけ…?」

照「おっちょこちょいだね、京ちゃん……まぁ、そこが可愛いんだけど。ほら、着いてきてきて、手を話しちゃダメだよ?」

京太郎「ダメだ、やっぱり俺には照さんがいないと生きていけない!結婚しましょう、照さん!」

照「やったぜ。」








現実

照「……お腹減っちゃった」グウゥゥゥ

京太郎「照さん、御菓子買ってきたんで食べましょうか」

照「ん……この手順わからない……」

京太郎「ああ、そこはこうしてーーーー」

照「おかしい、道が変わってる」

京太郎「そんなわけないでしょ!あ、ほらこっちですよ!集合時間ギリギリなんで、背負います!早く乗ってください!」



照「(……私の方がお姉さんのはずなのに、どうしてこうなっちゃうんだろう……)」ボーッ

京太郎「ん、照さん?どうしたんです、ぼんやりして」

照「……あのさ、京ちゃんは……人に頼りっぱなしのお姉さんは、嫌いかな?」オズオズ

京太郎「え?んー、そうですねぇ……俺は嫌いじゃありません」

照「なんで?」

京太郎「……好きだから、ですね。惚れた弱味です、だから寧ろとことん甘えてもらった方が嬉しいかなと……」

照「……やったぜ。」ボソッ

どっちにしてもテルテル大勝利!

カンッ!