エイスリン「キョウタロウ!キキタイコト、アル!」

京太郎「はい、なんでしょうか?」

エイスリン「(自らの胸元に手を置いて)コレ、スキ?」

京太郎「ブフォッ!ちょっ!誰からそんなことを!?」

エイスリン「シロトトヨネ、イッテタ!」

京太郎「あ、あの二人はぁ……」

エイスリン「ソレデ……ドウナノ?」

京太郎「……ま、まぁ人並みかそれより少し上くらいには好きですかねぇ……(震え声)」

エイスリン「ン、ソッカ……♪」サッ カリカリ

京太郎「エ、エイスリンさん?」

エイスリン「look!」エイスリンの胸が大きく描かれている絵を見せる

京太郎「こ、これは……」

エイスリン「ワタシ、キョウタロウスキ!」ニコッ

京太郎「へ……な、なぁっ!?」ドキン

エイスリン「イツモ、コマッテルト、タスケテクレル……ダカラズットミテタ!」

京太郎「そ、そう……なんですか……////」

エイスリン「デモ、キョウタロウハ、オッキイムネスキ……ワタシチッチャイ」ショボン

京太郎「ッ!」

エイスリン「キョウタロウハ、シロ、トヨネ、サエノコト、ヨクミテル……ワタシ、モヤモヤシタ」ウツムキ

京太郎「……」

エイスリン「ダカラ、ワタシオッキクナルカラ!キョウタロウ、ワタシヲスキニナッテホシイカラ!ダカラ、ダカラ……」

京太郎「エイスリンさん」エイスリンの前まで来て跪き、手をとる

エイスリン「……what?」

京太郎「無理に変わらなくて良いんです。だって俺エイスリンさんの事好きですから」

エイスリン「……エエッ!?デ、デモ、オッキイノガスキッテ……」

京太郎「確かに憧れはありますけど……でも本気で好きなのはエイスリンさんですから。気付いてなかったみたいですけど、俺だってエイスリンさんの事ずっと見てたんですからね?」

エイスリン「ハワ……ハワワワワァ?////」カァーッ

京太郎「だからその……さっき好きって言われて、メチャクチャドキドキしました……なのでお返しします」

エイスリン「オカエ……シ?////」

京太郎「俺須賀京太郎は、エイスリン・ウィッシュアートが好きです……これからもずっと、付き合っていただけますか?」

エイスリン「ハ……ハイ!」パァッ



白望「……やっと言ったか」

豊音「二人ともスッゴいすれ違ってたからね~、良かったよ~!」

塞「しかしシロにしては働いたじゃん」

胡桃「珍しいよね、動いたのも自分からだったし」

白望「……だって、黙ってる方が気持ち的にダルかったから……」

カンッ!