京太郎が来るって言ってたよ、って。
しずにそう言われた。だから、仕方なく、仕方なく服とか、髪型とか、気にして。
自分でも気がつかないうちに、舞い上がってた。
今日の朝まで、迎えに行く時の服装なんか考えたりして、用意したのに。
おめかしして、精一杯努力して、家まで連れてきたのに、あいつはただ座って外をぼーっと見てるだけ。
ドキドキしてたの、バカみたい。

「ん」

「…ん?」

「ん!」

「…あぁ麦茶か、ありがとな」

注いできたお茶を、突き出す。笑って受け取る顔に、また少し、ドキッとした。
久しぶりに見たこいつは、やけに大人っぽくなってる。
わたしなんて、150cmも行かなかったのに。
横に並んで歩いていたのに、こいつの顔を見上げなきゃいけなくて。
差をつけられたみたいで、悔しくて。
だから、横には立ちたくなかった。でも、並んでいたかった。
心だけは対等で居たい。そんな気持ちが、私を素直にさせなかった。

「しっかし、こんな田舎に来るなんて、京太郎暇なの?」

「暇だけど、暇じゃないぞ」

「なにそれ…」

すぐに麦茶を飲み始めるこいつの横に座る。
意地汚いのか、ただ単に慣れているのかわからないけど、その気安さが嬉しかった。

「…ほんとに、久しぶりね」

「そうか?」

「…正直、こっちのことなんて、忘れてるかと思うくらい」

「おいおい、忘れるわけないだろ?」

そんなことを言いながら頭を小突かれる。
すぐ手で払いのけるが、こいつは面白がって同じことをしてくる。
うっとおしく感じたけど、こいつは笑ってばっかりで。
たぶん、私も笑ってたと思う。

「大丈夫だって、憧は大切な友達だからさ、忘れるなんて寂しい事言うなって」

だから、不意に掛けられたその言葉が、心に突き刺さった、

「そ、そう…私は忘れちゃうかもしれないけどね」

「ひでーな」

意地を張って、強がって、本心なんて言えなくて。
きちんと笑えてるか、分からくて。

「きょうたろー!あこー!ボウリングいこー!」

「おー、しずも来たし行くぞ憧ー」

「…コップ下げてくるから、少し待ってて」

幼馴染の声がしたから、私はそこから逃げ出すように去った。

外に出てみれば、並んで仲良くしゃべっている二人が見えた。
二人とも笑っていて、とても楽しそうで。
京太郎がしずに、しずが京太郎に取られたみたいで。

「おまたせ、行こっか」

「もー!憧遅いよ!先行っちゃうから!」

「暑いからさっさと行こうぜ」

声をかければ、しずはすぐに駆けだしていき、京太郎は歩き出す。
また、自分だけが置いていかれたような気がして、気に入らなかった。
だから、京太郎を追い抜くときに背中を殴っておいた。

「ちょ、何すんだよ憧!」

「知らない!自分で考えて!」

「はぁ?」

困惑してる京太郎を置いて、さっさと走りだす。
ある程度距離をとって振り向いて、一言だけ叫んだ。
少しだけ、素直に。ちょっとだけ、本音を。

「私も、あんたのこと大切だって思ってるから!」

今は友達だとしても、いつか京太郎を振り向かせてやる、なんて考えながら。
驚いたような顔をしている京太郎を置いて、また走りだした。

よく晴れていて、眩しいほどの青空がとても綺麗だった。


カンッ