10年後くらい

京太郎「誕生日おめでとう憧」

憧「もう誕生日だからって喜ぶような年じゃないわよー」

京太郎「まぁそういうなって。俺はこの日を待ってたんだから」

憧「なんであんたが」

京太郎「これを渡したくてさ」パカッ

憧「えっ……これって」

京太郎「これと、俺の残りの人生を憧にやる。誕生日プレゼントだ」

憧「本気?」

京太郎「冗談でこんなこと言わないって」

憧「遅いのよ……あたしずっと待ってたんだから」

京太郎「ごめんな」

憧「許さない」

京太郎「えー」

憧「一生かけて償ってもらうから」

京太郎「そんなことなら望むところだ」

憧「それと、京太郎……あたしもう一つ欲しいものがあるんだけど」

京太郎「なんでも言ってくれ」

憧「あのね……ゴニョゴニョ」

京太郎「!」

京太郎「今夜は寝かさないゼ☆」

憧「あはっ」









チュン
         チュン

ピピピ ピピピ
憧「!?」ガバッ

京太郎「ん~……?」

憧「今何時!?」

憧「やっばい!!えっとシャワー浴びてそれからそれから…!!」

憧「京太郎も起きなさい!遅刻するわよ!」

京太郎「俺今日有給とったから大丈夫~……」

憧「はぁ!??なにそれあんた自分だけ!」

京太郎「憧も休んじゃえよー」

憧「そんなこと、できなくはないけど……でも」

京太郎「休んでさ、夜の続きしよう、な?」ギュッ

憧「ぁ、ぅ……」

この後もめちゃくちゃ子作りした

カン