京太郎「芋ようかんうめぇ」

久「個人的には栗ようかんの方が好きねぇ」

優希「そんなことよりタコス食べたい!」

咲「せめて今手に持ってる大福を無くしてから言おうよ…」

和「…」ペリペリペリ

まこ「和はドラ焼きの皮剥がして何をしとるんじゃ?」

和「いえ、私…餡はちょこっと塗って食べるのが好きでして…」

京太郎「少し分かる。たまに皮と餡を分けて食いたくなるよな」

和「はしたないというのは分かってるんですけどね。つい…」

優希「でもそれだとドラ焼きとは言えんじぇ!」

咲「上下揃ってこそドラ焼きってのはわかるけどじゃあ分かれたら何て言うの?って話になっちゃうよね」

久「カステラでいいんじゃない?材料同じだし」

まこ「となると、カステラの餡子添えと言ったところかの?」

優希「なんぞ急にハイカラになったじぇ…」

京太郎「モノが変わったわけでもないのに高級感溢れたり庶民感溢れたりするのって不思議だよな」

久「日本語の妙、とでも言っておけば頭が良く見えるわ」

優希「さっすが部長だじぇ!」

まこ(逆に言えば頭が悪いってことじゃがの…)

和「うーん…別に用意するのも良いんですけど…」

京太郎「ど?」

和「こう、ドラ焼きになってるからこその餡をこそげた時の水っぽさがいいというか…生地に残っている餡の風味が好きというか…」

久「あー」

まこ「あー」

優希「…えーと、つまり?」

咲「タコスの生地と具材を別々に食べるのも美味しいけど合わせた物の方が好きだってことだよ」

優希「心で理解できたじぇ!」

京太郎「タコスは偉大だな。優希限定で」

和「タコスを絡めれば勉強してくれるのでしょうか…」

久「そこまでいくともはやタコスをご褒美にしたほうが早いんじゃないかしら」

京太郎「……あ、お茶切れちった。淹れてくるわー」ガタッ

久「濃い目でねー」ヒラヒラ

咲「私はちょっと薄めで…」

和「わたしはどっちでも…」

優希「タコスもな!」

京太郎「注文多いわ!タコスは無ェ!」

まこ「やれやれ……ほれ、手伝っちゃるからお前は濃いほうを淹れてやれ」

京太郎「どもっす、助かるっす…」




ムロ「麻雀、しないのかな………あ、またチョンボ」

マホ「はうあっ!?」

カンッ