憧「どういうことか説明して」

咲「そ、そうだよ!」

京太郎「説明って言われても、なぁ?」

泉「せ、せやな!」

泉(なんでうちまで巻き込まれてんの…?)

京太郎「この前、憧とお好み焼き食いに行ったろ?その話を泉に…」

咲「ちょ、ちょっと待って!お好み焼き食べに行ったの!?」

京太郎「うん」

咲「二人だけで?」

京太郎「そうだけど?」

憧「美味しかったわよね、また行きましょ」フフン

咲「グヌヌ…」


泉「憧のほうがリードしとんの?」ヒソヒソ

和「さぁ、どうなんですかね」


京太郎「でな、泉とお好み焼きの話になって」

『うちが本場の味を教えたる!!』

京太郎「みたいな」

憧「……二人で?」

咲「そう!そこが問題!」

京太郎「いや和もいたぞ、な?」

和「えぇ、とても美味しかったですよ」

憧「ふ~ん……」

咲「なんで誘ってくれなかったの?」

憧「そうよ」

京太郎「いやぁ急だったからさ、悪いな」

泉「あんなんでよかったらいつでも作ったるで?」

京太郎「じゃあ今度お好み焼きパーティでもやるか!」

憧「さて……京太郎、ちょっとベランダ出てて」

京太郎「え、なんで?」

憧「女子だけで話があるのよ」

京太郎「へいへい……ここ俺んちなんだけどなー」


咲「新子さん、話って……?」

憧「泉、あんたも狙ってんの?」

泉「なにを?」

憧「京太郎のこと」

咲「そうなの!?」

泉「は?ないないないない」

憧「ほんとに?」

泉「まぁおもろいしええヤツやとは思うけど」

咲「よかった……」

憧「じゃ、あたしのこと応援してね。よろしく」 

泉「へ?」

咲「ズ、ズルい!二条さん!私を応援してください!新子さんじゃなくて私を!」

泉「えぇ……」

憧「泉」

咲「二条さん!」

泉「うち、なんか悪いことしたかな……」

京太郎「なぁ、もういい?」

カンッ



泉「はぁ……原村、あんたはどっちの味方にされたん?」

和「二人とも大切な友人ですので、どちらかを贔屓なんて出来ません」

和「なので私は中立です」

泉「なんやそれズッコい!」

モイッコカンッ