鍋「」グラグラグラ…

京太郎「あっちぃー…何が悲しくて俺は湯を沸かしてさらに熱くなってんだろうか…」ぐーるぐーる

憧「じゃんけんで決めたでしょー?文句言わないのー」トントントントントン

京太郎「だからと言ってだねぇ…」

憧「ちゃんとアンタの好きなトッピングも用意してあげてるんだから、わかったらとっととそばとお肉湯がいちゃいなさいな」ゴリゴリゴリ

京太郎「うーい」

………
……

京太郎「さてさて。そんじゃいただきます」

憧「いただきます」

京太郎「ずるるるっ…」

憧「ちゅるる…」

「「はふー……」」

京太郎「やっぱ蕎麦は落ち着くなぁー…」

憧「ねー…。あ、胡麻とってくんない?」

京太郎「ほいほい」スッ

憧「あんがと」

「「ずるるる…ふー…」」

京太郎「…そういや何でお前俺んちにいんだ?自然すぎて疑問に思わなかったけど」

憧「あら、いちゃいけなかった?」

京太郎「ただ気になっただけだよ」

憧「ただ遊びに来たってのもあるけど…あんたの場合こんな日だと1食ぐらい別に良いやって抜きそうだなーって思ってね」

京太郎「実際そうだからなにも言えない」

憧「考えが当たった時には笑いを通り越して呆れたわよ、ホント」

京太郎「へーへー、単純ですみませんでした」

憧「別に悪いとは言ってないわよ?そっちの方がやりやすいしね」

京太郎「何を?」

憧「色々よ。色々」

京太郎「ほーん…あ、めんつゆ切れた。追加くれ」スッ

憧「はいはい」トポポポ

京太郎「さんきゅー」


京太郎「…」ズルル

京太郎「おぶっふ!?酸っぱ!?なにこれ!なにこれ!?」

憧「あ、ごめん。めんつゆとポン酢間違えちった」

京太郎「おまっ…ゲッホ、ゴホッ!」

憧「だからごめんってばー。ほら、お詫びにお肉二切れあげるから」

京太郎「そういう問題じゃ…ゲッホ!」

そう言いつつも貰うものは貰いましたとさ。

カンッ