京太郎「あのー淡さん? 憧さん?」

淡「ん?」

憧「何よ?」

京太郎「なーんで朝っぱらから俺の【点棒】を二人がかりで舐めてるんだ? おかげでギチギチに【テンパイ】なんですが?」

淡「えーっと、キョータローの部屋に忍び込んだらさ……」

憧「京太郎の【点棒】が【テンパイ】していて苦しそうだったから」

京太郎「……」

淡「だけど舐めていたら……」

憧「わ、私たちも【テンパイ】しちゃって……もう我慢できないの……」

京太郎「……しゃーねーなー」

淡「キョータロー……」

憧「来て……」

【機材トラブルにより音声のみでお楽しみください】

淡「キョータロー! キョータローぉ!!」

憧「京太郎! こっちにも【ツモ】して! 切ないのぉ!!」

淡「き、キョー……タロー……の【放銃】が……わたしの【中】にいっぱい……」

憧「こ、これ以上はらめぇ……」

京太郎「おいおい、まだまだこれからだろ。【八本場】だ」

カンッ!





翌朝

ネリー「おっはよーキョータ……ロー……」

淡「はぁ……はぁ……」

憧「はぁ……はぁ……」

京太郎「ふぅ……」

ネリー「あ、あはは……どうやらお邪魔だったみた……」

ガシッ!

ネリー「き、キョータローの【点棒】……」

京太郎「……」

【朝だけど夜の対局を音声でお楽しみください】

ネリー「む、無理だよ。私の【中】に挿らな……あっ!」

ネリー「お、おっきい! キョータローの【点棒】おっきいよ!」

ネリー「らめっ! お金よりもキョータローの【点棒】しか考えられなくなっちゃう!」

モウイッコカンッ!