淡「あれ? キョータロー起きてたの?」

京太郎「あーわーいーさーんー? なんで俺の上にまたがってるんでしょーかねー?」

淡「んーっと、夜這い?」

京太郎「何故に?」

淡「んっとねー。おっぱいを大きくする方法をクロチャーに相談したらーー」

玄『おもちを大きくする方法!? それなら男の人に夜這いをかけると効果的だよ!』

淡「--って教えてくれたよ?」

京太郎(あんのおもち持ちのおもちマイスター!)

淡「で、このあとどうすんの?」

京太郎(あーもー後で玄さんにオシオキだな)

淡「ねーねー、キョータロー!」

京太郎(その前にまずはコイツだな)

淡「キョータロー!」

京太郎「今から教えてやるよ」

ドサッ

淡「ふぇっ? きょ、キョータロー?」

京太郎「文句は言わさねぇ」

【ここから先は音声のみでお楽しみください】

淡「きょ………たろっ……激しいよっ!」

淡「そ、そこ舐めちゃ……ひゃうっ!」

淡「き、京太郎の【点棒】……おっきい……」

淡「ら、らめっ、飛んじゃう! 飛んじゃうよぉ!」

淡「キョー……タロー……」

カンッ!






京太郎「ふぅ……」

ガラッ!

玄「ややっ! 心配してきてみれば」

京太郎「玄さん……」

玄「おおー。京太郎君の【点棒】、まだまだいけそう……!」

京太郎「……」

玄「京太郎君……来て……」

【例によって音声のみで】

玄「京太郎君の【点棒】……硬くて……んっ」

玄「京太郎君のおもち使い……一段と上手く……ひゃうっ!」

玄「えへへ、京太郎君……赤ちゃんみたい」

玄「京太郎君っ! 一緒に……っ!」

玄「きょ……たろく……」

モウイッコカンッ!









翌朝

憧「京太郎、玄さんそっちにきてな……」

玄「京太郎君の【点棒】……まだおっきい……んっ」

淡「キョータロー……次は私にも……」

憧「な……な……」

京太郎「はぁ……」

グイッ

【都合により音声のみで】

憧「ちょ……京太郎……んっ!」

憧「嘘……大きい……」

憧「き、京太郎のが……挿って……あっ!」

憧「い、いっちゃ……!」

サラニカンッ!