京太郎「よぉ、いらっしゃい」

憧「オ、オジャマシマス」

京太郎「悪いな………なんか固くね?どした?」

憧「ナンデモナイカラ」

京太郎「……ならいいけど。ほら荷物渡せよってなんか荷物多くね?」

憧「な、なんでもないからァ!」

京太郎「お、おぅ?」


数時間前

京太郎「う~むむむ……」

憧「明日から連休だってのになに難しい顔してんのよ」

京太郎「その連休ってのが問題でさ」

憧「なによ、なんかあった?」

京太郎「いや実は……」


憧「両親が旅行に行っちゃった!??」

京太郎「うん。旅行に行くって今朝、家を出るときに聞かされて……」

憧「あんた、置いていかれたんだ」

京太郎「そういうこと。まぁ別に連れて行かれなかったのはいいんだけどさ、ガキじゃねーし」

憧「にしたってちょっと冷たすぎじゃない?」

京太郎「俺も一応文句は言ったんだぞ。そしたら…」

憧「?」

京太郎「あんたはどうせ憧ちゃんとデートで忙しいでしょって言われた」

憧「あ……」

京太郎「その通り過ぎて反論できなかった」

憧「なんか……恥ずかしいわね」

京太郎「うん。親に辱められるとは思わなかったぜ」




京太郎「で、話を戻すけど問題はその間の飯どうするかってことで」

京太郎「一応食費を貰ってはいるんだけど……」

憧「…………なんだったらうち来る?」

京太郎「へ?」

憧「うちの親もあんたなら」

京太郎「え、いやそりゃ助かるけど、大丈夫なのか?」

憧「一応確認とってからね」

京太郎「すまん、ちょっとお願いします」

憧「はいはい…………あ、もしもしお姉ちゃん?あのね……」


望『なるほど、わかったわ』

憧「いいわよね?」

望『あんた馬鹿でしょ』

憧「はぁ!?」

京太郎「!?」ビクッ

望『そこは「あたしが作りに行ってあげようか?」でしょうが』

憧「へ?」

京太郎「どうだった?」

憧「…………ョシッ!」

京太郎「憧さん?」

憧「あ、あ……あたしが作りに行ってあげよっか!?」

京太郎「……マジで?」


………

望「あら、おかえり」

憧「ただいま、でもすぐ出るから」

望「京ちゃんのとこ?」

憧「うん。お姉ちゃんのお望み通りにやってやるわよ」

望「うんうん。じゃあもう一つお姉ちゃんからアドバイス」

憧「嫌な予感しかしないんですけど……」

望「今日帰ってこなくていいから。てゆーか帰ってくるな」

憧「……………は?」

望「あんたらまだでしょ?いい機会じゃない。チャンス、チャンス」

憧「ふきゅ」


カン