??「うぬは、おもちが欲しくないか?」

??「我が、真のおもちを与えてやろう!!」

??「我の拳は神の息吹!《堕ちたる種子》を開花させ、秘めたる力を紡ぎだす!美しき、実りのおもちの力を!」

京太郎「はぁう、ふ、ううううう……って何やってるんですか玄さん」

玄「え、なんでわかっ…じゃなくてわた、でもなくて我はおもちの求道者Kだよ!」

京太郎「いや、バレバレですって・・・」

玄「あうう・・・」

京太郎「で、なんでいきなり変なことしてるんです?」

玄「だ、だって…最近の京太郎君はおもちのない子ばっかり構ってるんだもん!あんなに一緒におもちのことを語り合っていたのに!」

京太郎「いやまぁ確かに妙におもちのない人たちに懐かれてますけど…」

玄「一緒に理想のおもちを探し出そうって約束したのは嘘だったの!?」

京太郎「そ、そんなわけ「だ、だから!」!?」

京太郎(お、俺の手を掴んで自分のおもちに!?)

玄「わ、私のおもちで元に戻って!一緒に理想のおもちを探し出す日々に戻るのです!」

京太郎「玄さん…ははっ、ばかだなぁ。俺はいつだっておもちのことを考えていますよ」

京太郎「…いえ、違いますね。玄さんのおもちのことを考えてます」

玄「えっ…?」

京太郎「だって…俺の理想のおもちは玄さんのおもちなんですから」

玄「あ、う…ほ、ほんとに…?」

京太郎「俺はおもちに関しては嘘をつきませんよ、玄さんもよく知ってるでしょう?」

玄「う…京太郎君…京太郎くーん!」ガバッ

京太郎「玄さーん!」ガシッ



______________


穏乃「二人とも相変わらず仲がいいなー」

憧「はいはい結婚結婚」

宥「あったか~い」

灼「アホらし…」


カンッ