230 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 19:19:46.96 ID:/EBP4uSso [2/15]


【番外編】


~独身女性雀士が選ぶ 抱かれたい男ランキング~


 パーラララッラー!!


司会「ということで始まりました! 独身女性雀士が選ぶ、抱かれたい男ランキング!」


\ワーッ!/ \キニナルゥー!/


司会「20XX年度の今回も、一流雀士の方々がゲストで来られています!」


\キャー!/ \パチパチッ!/


健夜「ど、どうも」

咏「ども~♪」フリフリ

はやり「楽しみですねっ☆」

良子「よろしくお願いします!」

理沙「期待!」プンプン

靖子「カツ丼んまい」モグモグ


 モジョォ~ン


司会「うーん、なんだか凄まじい迫力を感じますねー」



\カワイイー!/

司会「それと今回は、来年度よりプロリーグで活躍予定の新人さんも来てくれています」


\ダレー!?/ \キニナルゥー!/


司会「それでは登場して頂きましょう、この方です!」



 安価下 一番コンマが大きい人 ※ゾロ目は確定


↓1 怜

↓2 照

↓3 菫

↓4 智葉

↓5 晴絵

↓6 洋榎

↓7 末原


239 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 19:45:54.20 ID:/EBP4uSso [3/15]


司会「それでは登場して頂きましょう、この方達です!」


\パチパチパチパチ/


洋榎「うちやでー!!」デーン

恭子「どうも」ペコリ

司会「おー、若い二人ですねー!」


\カワイー!/  \キャー!/


司会「やっぱりこう、若い人がいた方が――」


健夜「……あ?」ゴゴゴゴッ

靖子「……」ガツガツガツ

はやり「何を言ってるのか分かんなーい」マガオ


 メラメラメラメラ


司会「」

咏「必死だねぃ」

良子「二人共、気にしないでいいですよ」

洋榎「全然しとらんけどなぁー」

恭子「アホ、少しは口閉じぃや」

洋榎「恭子は気にしすぎやねん」


 ワイワイ


司会「お二人は同じ高校出身で、同じチームに所属することが決まっています」

洋榎「来年から頑張るでー!」

恭子「よろしくお願いします」ペコリ


 \ガンバロウネー!/ \イイワー!/


健夜「若さってなんだろうね……」

はやり「……」



241 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 20:08:41.67 ID:/EBP4uSso [4/15]


司会「独身女性雀士に聞いた、抱かれたい男ランキング! 果たして順位はどうなっているのか!?」


 \キニナルー!/


司会「ゲストの皆さんにも投票を頂いておりますので、お楽しみに」


 \エーッ!/


良子「正直、テレビでこういうことを明かすのは気が引けるんですが」

健夜「若いね、良子ちゃん」フッ

良子「ワッツ? どういうことですか?」

健夜「ここで恥をかくだけで今後、その俳優さんと共演出来る可能性が上がる……」ニッコリ

良子「え、ええっ?」

健夜「つまり! 憧れのあの子に会えるチャンス!」グッ

はやり「番組的にも美味しいからねっ!」

靖子「(カツ丼うまい)」モグモグ

咏「べつに自分から会いに行けばよくね? しらんけど」アキレ

理沙「共演!!」プンスコ!


洋榎「先輩にも色々おるんやなぁ」

恭子「対局時とはえらいちゃうでー」


司会「さて、そろそろ気になるランキング発表と行きましょう」

\ハヤクゥー!/ \ミターイ!/

司会「それでは十位からの発表です!」

\キャー!/


はやり「(京太郎君は入ってるかなっ?)」ワクワク



安価一桁↓3

一桁=順位 0は10位


247 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 20:27:17.96 ID:/EBP4uSso [5/15]

~~そんなこんなで~~

司会「はい、ということで五位は人気急上昇中のSTORMのまつずんさんでしたー!」

 \キャー!/ \ダイテェー!/

健夜「興味ない」

はやり「うーん、ここまで微妙かなぁ」

良子「そうですか? 粒ぞろいだと思いますが」

靖子「演技派がいないな、やりなおし」

咏「まだまだだねぃ」

理沙「残念!!」プンスコプンプーン

 \エエーッ!?/

司会「おやおや、10位から5位まではお気に召さないようですねー」

 \タカノゾミスギィ!/

司会「新人のお二人はどうですか?」

洋榎「ダーメダメやな! うちのダーリンがおらへんし!」

恭子「妥当だと思いますわー」プークスクス

司会「へぇ、愛宕プロは気になる男性芸能人がいるんですか?」

洋榎「そりゃもう! ファンクラブに入っとるくらいやしなぁ」デレデレ

司会「はぇ~」

 \オモシロイカオーー!/ \イモウトノホウガキレイー/

洋榎「うっさいわ!」クワッ

 ガ゙ヤガヤ

健夜「(京太郎君まだかな……)」ソワソワ


司会「さて、お次の4位の紹介なんですが……なんと! この会場に来てくれています」

一同「!?」ガタッ!

司会「それでは、第四位の発表です。どうぞっ!!」

 \キャアアア!/ \ダレェェェ!?/

 ザッ!

                ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、
               /_,..-         ヽ  `  、
             / /´     /    ∨   \
                ,  ´      / ,'     :    、 ヽ
           /   ,    , / /|  |  :.  | | |    ∨
         _/   / /  |_|__'_|  |   _}_|_|_| |  | :
         ̄ ̄´/ イ '  { ´| |/__{  |: , ´/}/_}∧ |  | |
            / / , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
            / イ ∧{ 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
            ´/イ }从lム     ; \     ,ノ /  \
                    | ∧          ∧,イ
                   Ⅵム    ー -    イ //
                _ヽl\       //イ__
                |////} `  ー  ´「////|
                |////|  :.   / |/[__}/|
                ,...<////∧  ,     |/////> 、
          , <///////////\   ///////////> 、
        , </////////////////}____{/////////////////> 、
      //////////////////////|    |////////////////////∧
       {/////////////////////∧  ,'//////////////////////}
       |//////////////////////∧ ////////////////////////|
京太郎「ど、どうもっ!」ガチガチ


250 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 20:34:39.82 ID:/EBP4uSso [6/15]


司会「テレビドラマ、SOUL CATCHER(saki)で人気急上昇中の、須賀京太郎君でーす!」



 \キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!/

 \ダイテェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!/

 \コッチミテェェェェエェ!! オネガァァァァァイ!!!/



健夜「京太郎くぅぅうううん!!」

靖子「へぇ、やっと来たか」ニッ

はやり「妥当だねっ☆」ニコニコ

咏「遅いっての、バーカ」ヤレヤレ

理沙「待ってた!」プンプッププン

良子「ノーウェイ、来てしまいましたか……」ハァ

洋榎「っしゃおらぁぁぁぁぁ!! きたでぇぇぇ!!」ガッツポ



.      /.: : : : : : :.:/  ',: r: : : : : : : {: :r: : : : : : : : : : : : : ヽ
.    /: : : : : : : :/    \\: : : : : :\い: : : : : : : : : : : : : ',
.  /.: : : : : : : : /      、_\--ー‐‐一 '.: : : : : : : : : : : : Λ
./: : : : : : : : : :/          `         ',: : : : : : : : : : /: :'.
: : : : : : : : : : -/‐‐''             ,. -‐‐-、   i: : : : : : : : : : : : :.}
> : : : : : : : : ′            イ′  -ミ \|: : : : : : : : : : : :.}
\: : : : : : : : {                  f      } |: : : : : : : : : : : : :i
  `ー 、: : : :i / -ミ         |  |   |: : : : : : : : : : : : |
      }: : : |/  f   }         乂__ノ ノ |: : : : : : : : : : : : |
      | : :: i{  |   |                  |: : : : : : : : : : : : |
      | : : 八  乂__ノ   ,            |: : : : : : : : : : : :人
     |: : : :.‘,                  | /: : : : : : : : : : : Λ
.       |: : : : : :.                      //: : : : : : :/ /: : : : : ,
.      |: : : : :Λ        r  つ      //!: : : : : : /:/: : : : : : :.;,
.     |: : : : : : : .                 //|: : : : :/:/: : : : : : : : :}
       |: :|i: : : : : : :=-.             // .|: : : :/:/: : : : : : : : : 八
      |: 八: : : : : : : : : : =-. . .. イ   {{- 十: : :.{:.{: : : : : : : : ::/
      |/  \: : : : : : : : : : : : :ノ_-=' ̄¨|八.,八: : : :\: : : : : : : :/
      |i    \: : : : : : : : :厂7/    |  \ \: : : : \: : : : /

恭子「は?」


京太郎「み、皆さんお久しぶりです!」カチコチ

司会「おー、そういえば三尋木プロは共演されていましたね」

咏「まぁねぃ」ブイッ

京太郎「本当にお世話になってます」アハハ


 \ンァー!!/  \イキマスヨーイクイク!/


恭子「……」ギリッ





254 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 20:47:57.83 ID:/EBP4uSso [7/15]


司会「ちなみに、小鍛治プロ、三尋木プロ、瑞原プロ、藤田プロ、愛宕プロの回答は須賀京太郎君でしたー」


 \エェェー!?/


京太郎「え、ええっ!? ほ、ほほほホントウですか!?」ドッキィン!


健夜「っ~~//」カァァァッ

咏「ま、冗談みたいなもんだけどねぃ」ニヤニヤ

はやり「あはっ♪」

靖子「カツ丼食べるか?」ホレホレ

洋榎「ずぅぅぅぅっと好きやでっ!!」バァァン!


京太郎「うぅっ、なんか嬉しいっす」グスッ


 \カワイィィィィィ!!/


良子「アイキャント、私には理解できそうにありません」ハァ

京太郎「うぅ、もっと精進します」メソメソ

良子「ま、まぁ……嫌いというわけではないですが」プイッ

 \イタコノヨウヘイカワイー!/

咏「ツンデレめ」グリグリ

良子「す、ストップ! やめてくださいっ!」カァァァ!


恭子「……」ジィーッ

京太郎「オレ、これからも頑張ります!」メラメラ

司会「はい、頼もしい一言をありがとうございます」

恭子「(なんなんや! なんなんや須賀京太郎!!)」メラメラメラメラ

京太郎「?」チラッ

恭子「(いつもいつも、うちの邪魔ばっかしてからに!)」ゴゴゴゴッ

京太郎「(なんかすっごい見られてるな。って、あの人確か……)」

恭子「(うちは、うちだけは絶対にお前なんか――!)」

京太郎「(挨拶しておくか)」クルッ

恭子「!?」バッ



 安価↓3

00~29 恭子「……」ツーン

30~59 恭子「どうも」プイッ

60~89 恭子「よ、よろしく……」ドキッ

90~99 恭子「は、はいっ……//」キュンッ


 ゾロ目  恭子ED

259 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 21:03:04.81 ID:/EBP4uSso [8/15]

司会「末原プロは何かありますか?」

恭子「えっ?」

司会「須賀京太郎君に対して」

恭子「え、いやっ、その……」

一同「?」

京太郎「……あの」

恭子「!?」

京太郎「末原恭子さん、ですよね。オレ、知ってます」

恭子「っ!??!?!」ビクッ

                     ____
               ,. ´ __    `¨¨ヽ
            ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
           /  _     ,:   ∨   、    :.
          / /,´      /    |    ヽ     .
       / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
       l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
     _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧
      ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
          / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } | '
           / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
         ´    \∧  '        ,r ' /
               、  v   ァ    / 从/
                     \ `こ     イ  _|、
                  ` r  ´   //∧
                     /|     /////∧
                「  |   //////////> 、
              , </∧ /   {///////////////> 、
            , </////// ∨__∨//////////////////>、
京太郎「全国大会の時のリボン、可愛かったですよ」ニッコリ



司会「」ドピュッ

女性雀士達「」ズキュゥーン!

会場客「」バターン!

: : : : : : : : : : : : :/:/{/ -‐‐--..,,__   __,      }八: : : : : : :}    ―
: : : :i |: : : : : : : :レ′        ¨¨    ∪     Ⅵ: : : : :!    ―   可愛い!?
: : : :i |:. : : : : : i'    _,.. -=ミ、ヽ       'ー--、!: : : :八   ―
: : : :i |: : : : : : :|  ァ'   γ⌒.、             .': : : : : :\   //||||||||
: : : : :|: : : : : : :i 《.   f:::::::::: }       x-=ミ、 /: : : : : : : : >
:. : :. :.|: : : i: : :i{  ヾ   {::::::::::: !       f:: ヽ }i: : : : :/: :>
:. : :. :.|: : : i: : 八     乂 ::: ノ         | ::: } i;: : : /´¨
:.:.: : :.:|: : : i: : : : \          u    |::   / : : /
:.:.: : :.:|: : : i: : : : : : .ヽ             、 乂  ,: : : /
: : : : :.|: : : i: : : : / : }:}  ∪                 }: : /
京太郎「あぁ、でも」クスッ

恭子「え、えっ?」オロオロ

京太郎「俺は、今のままの方が好みかなぁ……」アハハッ

恭子「」

京太郎「なーんて! あははっ!」アハハー

恭子「……」バクバクッ

京太郎「これから、プロとして頑張ってくださいね」ニッコリ


恭子「よ、よろしく……」ドキッ


京太郎「はい?」


266 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 21:19:50.18 ID:/EBP4uSso [9/15]

司会「」チンチーン

女性雀士達「」チーン

京太郎「あの~? 番組は進行しないんですか?」キョロキョロ

観客達「」ジョロジョロジョロ


京太郎「ど、どうなってるんだ!? こ、これは事件か!? テロなのか!?」オロオロ


スタッフ「おいカメラ止めろぉぉぉ!!」

ディレクター「うわぁ……」

番組P「」


 ギャーギャー!! ガヤガヤッ!!


京太郎「……ほえ?」キョトン

恭子「……」ポーッ


 こうして、抱かれたい男性ランキングは途中で放送中止となった
 番組進行者、ゲスト、観客の殆どが気絶するというこの参上

 起こした京太郎はもちろん、罪に問われることなどなかったが
 その事件は新聞の大見出しを飾ることとなった

 これが……後にイケメントロと呼ばれる事件の顛末である

             . . -―━━―- ..
       ____,/: : : : : - : : : : : : : : \
      >―/: : : /: : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : / : /:/: : : : : : : -―┐: : : : : :.
.     /: :/:./ : /:/ : : : : /     l:|: : : : :|: :.
    l/ /:/ :_/:/: : : :/― - 、  l:|l:.l: : |:|: : :
     /' l: /,|: : : :.:/   _       l八l: : lリ: : :|
       |:.{〈|: : : /    `       `}/〉: : :′
.      八:Ⅵ: : :' -=≡ミ、       、 /: :.:/
      / :.l: |:.|  、、、           /:/:./
.     / : : :.l: |:.|       ,  =ミ、/:/:./
.      /: : : : リリ込、  r‐ 、   、、 '/:/:./
     | : : : :///::::::::..、 ー'      /: : /
..   __| :_:_:/// ̄ ̄ヽ`r―‐===ァ彡: :./
  / 人:_:_彡'    /∨∧: : : :/: : : :./
          \__/\∧ ∨-': : : /
  ∨  ∧      ___}_{\\彡く
    \   }ノ   / /∧ \~   \
     \ {   {__//  \_〉   /∧
       \       /    }   {  ∧
  ---、   }     /    |     ∨  \
     ト- |               }     \
     | ノ               {  __  〉
     |´                    Κ   /
     |∨              ∧∨/
     |/∨              ∧〈
恭子「……ふふっ」ギュッ

京太郎「??」


 そして物語は――


【新たな獲物】須賀京太郎を応援する雀士達 Part240【末原プロ】


 次のステージへ


 つ づ く 


280 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 21:35:39.38 ID:/EBP4uSso [11/15]


【どこかのビーチ】


 ザザァァーン ザザァァン


京太郎「……海、ですねぇ」

まこ「海……じゃなぁ」

京太郎「こんな綺麗な海を染谷先輩と見られて……俺、幸せです」

まこ「アホ、何を言うとるんじゃ……//」カァッ

京太郎「でも、一つ残念なのは……」



金髪筋肉A「HAHAHA」

金髪美女A「HEI BOY! FUCK ME!」トロォン

金髪筋肉B「YARANAIKA?」

 WAHAHAHAHA!!
 カモォーン! ファックプリーズスガボーイ!!


京太郎「ここが、外国だってことですね」ズゥゥーン

まこ「……ああ」ズゥゥゥン



看板「ハワイへようこそ!!」



 拝啓、竜華さん
 俺は今――ハワイにいます

 それも……


まこ「でも。京太郎と二人きりってのも、案外ええのぅ」クスッ

京太郎「っ! は、はいっ!」ドキッ


 かつての、想い人とともに




292 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 21:55:14.75 ID:/EBP4uSso [13/15]


まこ「しかし、京太郎も難儀じゃな」

京太郎「そうですか?」

まこ「顔が良すぎて国外追放なんて、日本ではお前くらいじゃろ」クスッ

京太郎「う、うぅ……」

 そう、俺がこうして日本を飛び出しているのはわけがある
 それは――



~~数日前~~


TVキャスター「昨日の、アイドル須賀京太郎さんによる放送事故を受けて、遂に警察が動きました」

テロップ「須賀京太郎は兵器か否か?」

TVキャスター「発端は、須賀京太郎さんの出演した生放送番組にて、参加者数十名が倒れた事です」

テロップ「(軽症数十人)」

TVキャスター「参加者は須賀京太郎さんの余りの容姿の美しさに失神。意識を失ってしまったとのことです」

 パッ

京太郎の写真「」デンッ

TVキャスター「ひんっ!」ゾクゾクゾクッ

スタッフ「!?」ビクッ

TVキャスター「し、しつれいしまひら……//」キュンキュン

 ブツッ


~~しばらくおまちください~~


TVキャスター男「失礼しました。これからは私が進行させていただきます」

テロップ「須賀京太郎(15)その恐るべき美しさ」

TVキャスター男「そしてその事件を受けまして、須賀京太郎さんの容姿が軍事兵器となりえるのではないかと~~~」


~~~現在~~


まこ「今、国会はその問題で大騒ぎじゃぞ」

京太郎「えぇ、判決が下るまでは国外追放だなんて……」シクシク

まこ「龍門渕に感謝じゃな。色々と動いてくれちょるみたいじゃが」

京太郎「はい、助かってますよ」ハァァ

 その1件で日本中大騒ぎ
 事務所のメンバーはみんなして、俺の為に日本で戦ってくれている

 そんな中、俺の国外への追放に同伴してくれたのが……

まこ「ま、そう気を落とさんでもええじゃろ」ポンッ


 この、染谷先輩だ



295 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 23:35:01.80 ID:/EBP4uSso [14/15]



京太郎「でも、ありがとうございます」

まこ「?」

京太郎「俺なんかの為に、ハワイまで……」

まこ「べつに気にしちょらん。むしろ、嬉しいくらいじゃが?」クスクス

京太郎「え?」

まこ「……さて、せっかくのビーチじゃ。泳がんとな」ニッ

 トトトトッ

京太郎「あっ」

             ,..-、_____,.、
          /:..:::::::\::::/:::..:.ヽ
          ,イ:.:.::::::::/:ヽ:V:::/|:::::.:.ヽ
        /ノ:.:.::::::::i:、:::ヽ::/:::::|:::::.:.:.:i゙、
       r'´   ..:: ノ````´´´´!    `ヽ
       >. .:.::::;:-/‐-、   -‐゙、-、:::.:.:.:::!
       (::/ ::::::A::|--ミ、  .,三--!A::::i:..:.:.:i.
        i人ノw;f"! ̄|ヾ|==| "i ̄iヽ!イ:;:イリ
     /;ィ.:::::{y!゛.、_o!. ノ  ゙、 、_.d/ |' }:::.:ヽ
      /:://:::::::ヽiー--‐'  ,  `ー-イノ::::ヾ、ヽ
      ヽi ゙、:::::::::::\""  、__, "" /:::::::::::::! リ
       ヽ:::人i:::`::..、_    _./::;::::::::::::ノ
         レ"  `ー-、|  ー ´|/'"'"`゛`ヾ
       _,.....-‐r‐イ    ヽr-、_
      /      ̄|::├--、  ,:-‐i:::ヽ `ヽ
        |       /二!      ヽニヽ  ゙、
       |     i::::::::|       )::::ヽ  |
      |    i::::::::::゙、  ヽ   |:::::::::|  |
.       i    |´ ̄ ̄\   i  ノ ̄ ゙̄、|
       |     !―――→ヲテfチ-=――i |
.        |    .|::::::::::::::((::/ィ|.ト、、::ノ):::::::! |
         |     .ト、_:::::::::::;ゞイi.ト!、::`":::::::ノ.|
       i     !  ̄ ̄  .|| |.|  ̄Τ  .|
          !     ー‐--- 、|| ||    |   |
          |r、   n        ̄ ̄ ` ー-、 |
        ト!、゙、__ i |_______   ヽ、
        ヽ、\` `ヽ、 _,...- ' ´   \  ,ィ)
         /\        ___,...-‐Z_/ノノ
           /  ` ー-―‐ ' ´       |
         /                  |
       ,イ==--:::___________|
      /ィ!|`ヾ=、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:='"|
     // i|.|    ヾ=、_____,,. '"   |
     しk'_ノ      ヾ、::::::::::::::::/      |
     /ハ|           ゛i:::::::/      |
     !j,ノ|          |'´ |        |
      `|           |  |           |
.       |            |  |           |
        !         |  |           |
        |         |  |           !
       |           |  |           !
         !         !  |        !
       !        |   !           !

まこ「ほら、京太郎も来んか!」

京太郎「ま、待ってくださいよー!」ダダダッ

 ズルッ

京太郎「おわっ!?」ドシャッ

まこ「きゃっ!?」ドシャッ



298 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/06(木) 23:49:22.78 ID:/EBP4uSso [15/15]


 ズシャァァッ!

京太郎「い、いたたたっ……」

まこ「う、うぅ~ん……」

 ムニィッ

まこ「んっ……//」ビクッ

京太郎「おわっ!? す、すみません!」バッ

まこ「お、おう。ええんじゃ……怪我はしとらんか?」ドキドキ

京太郎「あ、はい! お陰様で」ペコリ

まこ「……そ、そうか」モジモジ

京太郎「……」カァァッ

 や、やっちまった
 思いっきり染谷先輩の……あ、アレを……

京太郎「……」ソワソワ

まこ「……」モジモジ

 ザザァーン ザザァーン

京太郎「(き、気まずい……)」

まこ「……」ウツムキ

 そもそも、俺は二度も染谷先輩にフラれてるわけだし
 そんな人と二人きりで海だなんて……

まこ「……」スクッ

京太郎「染谷先輩?」

まこ「……」タタタッ

京太郎「あっ!」

 海に向かって走り出す染谷先輩
 一体どうしたんだ?


 ザッパァァン!

まこ「ひゃっ!?」バシャッ

京太郎「わっ!? 大丈夫ですか!?」ダダッ

まこ「ふ、ふふっ……冷たいのぅ」クスクス

京太郎「え?」キョトン

まこ「京太郎もほら、浴びてみんか」バシャッ!

京太郎「つめたっ!?」

まこ「どうじゃ、冷たいじゃろ」ニヤリ

京太郎「や、やりましたね……」ワキワキ

まこ「な、なんじゃ?」ビクッ

京太郎「フフフフ、俺だってたまには反撃するんですからね?」ジリジリ

まこ「なら、捕まえてみぃ!」ジャブジャブジャブッ

京太郎「あっ!? 待ってくださいよ!!」ザバザバッ





300 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/07(金) 00:07:01.78 ID:iv350Ws/o [1/2]


京太郎「待ってくださいって!」ジャバザバッ

まこ「嫌じゃ!」ザブザブッ

 流石に染谷先輩は運動神経いいな
 でも、俺ほどじゃない

 こうすれば!!


京太郎「どりゃぁぁ!!」ピョインッ

まこ「なっ!?」


 バシャァァァン!


まこ「っ!?」ザブンッ

京太郎「はぁ、はぁっ……捕まえましたよ」ギュッ

まこ「……やるのぅ」

京太郎「鍛えてますから」ニィッ


 ザブゥーン ザブゥーン


まこ「……それで、この後どうするんじゃ?」

京太郎「……」ギュッ

まこ「逃げるわしを押し倒して、押さえ付けて……」ドキドキ

京太郎「……どう、してほしいですか?」

まこ「え……」カァァッ

京太郎「……」

 俺は、どうしたいんだ?
 目の前の人を、俺の恩人であるこの人を

 俺は……


 安価↓3

00~29 どうもしない

30~59 一緒に泳ぎたい

60~89 こうしていたい

90~99 分からない

ゾロ目 まこED




305 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/07(金) 00:16:40.26 ID:iv350Ws/o [2/2]

ザブゥーン

京太郎「俺は……」

ジャブゥーン

まこ「……」

ザブゥーン

京太郎「えと……」

ジャブゥーン

まこ「……」

ザブゥーン

京太郎「その……」

ジャブゥーン

まこ「……」

ザブゥーン

京太郎「なんというか……」

ジャブゥーン

まこ「……」

ザブゥーン

京太郎「何も……」

ジャブゥーン

まこ「……」

ザブゥーン

京太郎「……しない?」

ジャブゥーン

まこ「……」

ザブゥーン

京太郎「」

ジャブゥーン

まこ「」

ザブゥーン


 コ、コノアホォー!! バッチィィィィン!!

 イッデェェェェ!!?


 こうして、俺と染谷先輩のハワイ逃避行は終わった
 その間に、染谷先輩とお風呂で鉢合わせしたり、着替えを覗いてしまったり

 ハワイで出会った高校生探偵のせいで事件に巻き込まれたりしたが……



 それはまた、別の話だ


 ~~国外追放 with まこ 編~~


 カンッ!



335 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/19(水) 01:52:34.65 ID:Px8/KA+0o [3/9]


~~前回までのあらすじ~~


教師A「須賀ワロスwww」

京太郎「ちくしょー」ジタバタ

竜華「アイドルやー」

京太郎「イケメンフラッシュ」

教師A「あふんっ」ドピュッ


 そんなこんなで因縁を乗り越えた京太郎
 そのまま着々とアイドルとして成長するが……


国民「京太郎がイケメン過ぎる!」

犯罪組織「京太郎は兵器、はっきり分かんだね」

 ガヤガヤ 

京太郎「このままじゃまずいですよ!」

まこ「一旦国外逃亡じゃ!」



 \キョウタロウキューン!/ \ダイテェーン!/



ジュンイチロー「これは法律改正が必要かもしれないな」ウウム

 バタァーン!

照「させるかぁぁぁ!!」ダダダッ

咲「うあぁぁぁぁ!!」ドドドドッ

ジュンイチロー「!?」

事務所メンバー「「「「うぉぉぉぉ!!」」」」」

国会議事堂「俺、こんど東京タワーと結婚す――」


 チュドーン!!


照「やったね。」

咲「これで京ちゃんが帰って来れる!」

竜華「正義の勝利や!」ワーイ!

社長「やるじゃないか君達ィ!!」


 ワーイワーイ! キョウチャンサイコー!
 フォォォォォォ!! イェーイ!


透華「え? なんですのこれ?」キョトン



 こうして、京太郎は無事日本に帰国することができたのであった




336 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/19(水) 02:01:28.24 ID:Px8/KA+0o [4/9]


【数日後 京太郎のアパート】

 ガチャリンコ

京太郎「ただいまー」バタンッ

 久しぶりの我が家
 やっぱり自分の住み慣れた場所が一番落ち着くな……


美穂子「あ、若っ!」トタタッ

京太郎「美穂子さん! お久しぶりです!」

美穂子「ふふっ、久しぶりです。大分焼けたみたいですけど、痛くないですか?」オロオロ

京太郎「ええ。ペリペリ向けて気持ちいいです」デローン

美穂子「あら、可愛い!」パァァッ

京太郎「え? こんなのがですか?」

美穂子「あの……それ、お財布に入れてもいいですか?」キラキラ

京太郎「あ、はい。別にいいですけど」

 こんなのが欲しいなんて、美穂子さんのセンスはよう分からん

京太郎「あれ、そういえば他の人達はどうしてます?」

美穂子「事務所の皆さんですか? ほとんどの人が今療養中ですね」

京太郎「療養!?」ガビーン

美穂子「かなりの激戦でしたので」

 な、なんてことだ
 俺のいない間にそんなことが……

美穂子「大丈夫ですよ。皆さん、軽傷ですから」ニコッ

京太郎「そ、そうですか」ホッ

美穂子「では、私は夕食を作りますね♪」

京太郎「はい。お願いします」ペコリ



337 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/19(水) 02:10:24.95 ID:Px8/KA+0o [5/9]

 さっと荷物を置いてソファーに座る
 すると、美穂子さんの作る美味しそうな料理の匂いが漂ってきた

美穂子「ふんふ~ん♪」ジュージュー

京太郎「あぁ……日本だな」ウルウル

 染谷先輩と二人きりの旅行もよかったがやっぱりハワイは疲れた

京太郎「なんていうか、日本でみんなとバカ騒ぎする方が俺に……」

 ズモッ

照「あってる(照だけに)」ニコニコ

京太郎「そうそう。あってる、あってるー」クスクス

照「……んへへ♪」スリスリ

京太郎「……」グギギギギ

                . . .-‐…‐-. . .
                 ... ´. . . . . . . . . . . . . \
           /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
            /. . ./. : : : : : : : : : : : i: . . . . ハ
         /. ./. . ./: : i: :i: : : : :i: : : i: ',: : : :i: : :,
            ′ー―ァ: :/: :从: : : ト--ミ: i: : : :|: : :'
          ′: : : ://⌒/ }: : :リ }: :ハ:|ト: : :i: : : ,
.         /: |l: : : |l ∨__|{  }: : / レ'  }| }: : i: : : :i
       /: :从: : 八《´んハ. j/ r==ミ /: ::/| . . .|
        // _ }ト: : :ハ 弋 ソ     :::::: 厶イ: |: . . |
      /^  / }|l: ≧ゝ} ::::::  ′__    /-' i: :|: . . |
.      ' .i / / }: : ::::::人    f  ノ ./:::::: i: :|: : i |
.      i し' ./ .i} i: ::::i:::::>o。..   < i::::::::/::/: :/: |
    ノir―-ミ  |:∧:::八::::::::::r'ス´ / ゝ-、 :/}: / }/
   f入 `ー  〉 /'  V_ゝ/.〈 Ⅹ  /  i`/イ、_
   辷ーく  /   /   /  rヘ/__rヘ_/   |    ヽ
   { ̄`  入    i   /  | /:::| / .       /  ハ
.   Y   i 圦   |.  `> 1 /::::|l ∧ _彡  /
    ハ.  // ‘, 」:::/ /  |/::::::|l/ \    /     |
.   /八_//   ‘ {:::;′〈 .   |ト、/    〉__ i  \/
   《`ーイ:::   V:::{   ‘,   |i i/    /  | |    〉
   ヽ:::::::::::::..  L::i ..........ゝ. У_彡 .........| |   ./
      マ:::::::::::.   八:::::::::::::\く  L:::::::::::::| ′  {
     `マ::::::::.   :∧::::::::::  ヽ} ::::::::::::::::::::/   .j
       マ:::::::  }i :::i    Oj   :::::::::::    /
照「んふぅ~~// 京ちゃんの匂い久しぶりだぁ……♪」コシコシコシ

京太郎「いぃぃぃぃやぁぁぁぁぁぁ!?」ガクガクガクッ

 バタバタバタッ

美穂子「わ、若っ!? どうしました!?」

京太郎「あ、あわ、あわあわわわっ!?」

淡「呼んだ? お兄ちゃん」ヒョコッ

京太郎「呼んでねぇよっ!?」

美穂子「なんだ、宮永さんだったんですね」ホッ

京太郎「そうそう、照さんが――」チラッ


京太郎の皮「」デロォーン

照「コレクッテモイイカナ?」

淡「やめなってー。多分ばっちぃよー」

照「京ちゃんはばっちぃくなんかないっ!」キリッ

淡「ハッ!? そうだよね!」


京太郎「ふぅ、平常運転か」ヤレヤレ


338 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/19(水) 02:18:22.51 ID:Px8/KA+0o [6/9]


~~そんなこんなで~~


照「そう言えば、お帰り京ちゃん」ペリペリ

京太郎「はい。ただいまです」ゴロン

 今の状況
 俺が照さんにマウント取られて、日焼け皮を剥がされている

照「むきむき……」ペリペリ

淡「ねーねー、次は私がやるー!」

照「これは危険な任務。私がやるべき」キリッ

京太郎「いや、剥がさないでくださいよ」

 ちょっとワイルド系になった俺を事務所のみんなに見せたかったってのに!
 きっと和も俺を見て……へへっ!

京太郎「ふっふっふっ!

美穂子「あ、そういえば松実さんから伝言です」

京太郎「え? 伝言ですか?」


~~宥「勝手に日焼けして帰ってきたら……お仕置き、しないとね?」~~


京太郎「」

美穂子「焼けちゃいましたねっ」クスクス

照「ちなみに、この間事務所の経費で火炎放射器買ってた」

淡「二人であったかくなるんだってさー。どう使うんだろ?」



京太郎「ほあぁぁぁぁぁ!?」ブルブル


二人「「??」」


京太郎「い、いいから早く剥がしてください!!」アセアセ

照「やっぱり剥がす展開」ニヤリ

淡「集めた皮を何か利用できないかなー?」カサカサ



341 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/19(水) 02:27:18.12 ID:Px8/KA+0o [7/9]

~~なんだかんだで~~~

京太郎「よし……剥けたぞ!」ツルリィーン


   /  /     |  ハ       |  | i 、 ヽ  \     \_
.   i  /     |  | |       |  | |、 i  ゙、 、 \_     _>
   |  i   | i  |  | |       |  ハ ハ _i!_ i   \ ヽ` ̄ ̄
   |  |   |+--|、_|! |   | i! ,/.ィ'|"i´ ハ  | i  ヾ 、 ヽ
   |  |   |.|ヽ |、_|王!ー  |./i .;"´/=、!/ | ! |   \ 、i      人
.   !. r|   i.|、!,,ィ'":::._iミi!  |/ /彳:::: r:!ヽ,| ,イ | 、_   \      `Y´
.   | |^!.  N 《 _、o;;;;i_ 丶、/ / ┴゜‐'"´ !イ | λ i` ー--ヽ
    ! | i、i、 ゙、  ` ̄ ̄   メ(        /^|イ `、|
   ノi \ヾi:.、、         i!      i ノリ   `
    |  ヽ__i                 |イ|/
    ヽ i、  i    ____....,     |/
      ヽ!、  i\   `ー-- ―'´  /、!
       i !i 、 \     ̄´  /!/       人
         |ハ,i、! 、 \      / ./.|       `Y´
         ト、! ゙、  `ー---'′ /|V
淡「サイトゥチワッ!?」ハナジブーッ!

美穂子「わっかーん!わ、わー、ワァァー!!ワァー!」ブシャァァッ!

 バタンッ

京太郎「二人共!?」ビクッ

照「修行が足りない。私レベルになれば京ちゃんの容姿に惑わされたりしない」

京太郎「容姿?」チラッ

照「あぐふっぁっ!?」

京太郎「て、照さん!?」ガシッ

照「きょ、京ちゃん……私、死ぬ、かも」ゲホッゲホッ

京太郎「な、何言ってるんですか!?」

照「あぁ……京ちゃん。私、ずっとずっと京ちゃんのこと……」ハナジツゥーッ

京太郎「あ、あぁぁっ……」

照「す……き……」

 バタリッ

京太郎「う、うぅ……照さぁぁぁぁぁあん!!!」






照「ハァッ、ハァッ、京ちゃんの汗、涙……」ペロペロ

京太郎「」

照「あむっ……はむっ、ハフッハフッ」レロレロ

京太郎「い、いっ……」ガタガタ




 イヤァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアア!?





344 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/19(水) 02:34:50.81 ID:Px8/KA+0o [8/9]


 俺は忘れていた
 この人がいかに変態であるのか……

照「ペロペロペロ」ペロペロ

京太郎「う、うぁぁぁ!?」

 そして、その他にも……

淡「はむはむっはむはむっ♪」ハミハミ

京太郎「淡ぃぃぃ!? みみ、耳はやめろぉぉお!?」ジタバタ

美穂子「ぱ、ぱふぱふっ……//」カァァァ

京太郎「恥ずかしいならやらないでくださいっ!! でもして欲しい!!」キリッ

 俺を取り巻くみんなが、ちょっぴり変だってことも

京太郎「んぁー!?」ビクンッ

 ピンポーン ガチャッ

京太郎「!?」

 でも、一番忘れてはいけないことを忘れていた

京太郎「こ、この感じは……?」ガタガタ

 それは――

「久しぶりに見たら、随分と楽しそうやなぁ……」バキッポキッ

京太郎「ひゃ、ひゃひっ!?」

 俺にとって、恩人でもあるこの人が……



三三二ニ=.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ’.
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ノ
三ニニ―==ニ二_ ̄
三三二ニニ=:.:.:.:. :.  ̄ ̄`ヽ '.
三三二ニニ=.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.’. ’
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. } }
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : ,'i |
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:/ i |
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:,′jノ
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.::. :. '
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |       ゙ゴゴゴゴゴッ!
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |    
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  
三三二ニニ=:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  

竜華「少し、頭冷やそうか?」ニッコリ

京太郎「」


 ウギャアアアアアアアアア!? マタンカイゴルァァァァァ!!

 ユルシテクダァァァイ!   ユルサヘェェェン!!ウチトモイチャイチャセェヤァァ!!!

 ナンノハナシデスカァァッァ!?  ス、スッキャネーン!


 怒らせると――滅茶苦茶怖いってこと


照「んふっ……ご馳走様♪」


 カンッ!!


355 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2014/03/20(木) 00:04:46.44 ID:AdqvFRsQo [1/9]

【数日前 京太郎のアパート】

  ジャラジャラ

衣「おい、きょうたろー!」

京太郎「はい? どうかしまたか?」

衣「今日こそは衣が勝つからなっ!」ニッ

京太郎「あはは、この間のはまぐれですからね」

 ジャラジャラ

小蒔「いえ、京太郎さんはお強いと思いますよ」クスクス

京太郎「小蒔さんだって、寝ていなくてもかなり打てるようになりましたよね?」

 ジャラジャラ

淡「まぁ、お兄ちゃんはムラッ気あるよねー。そんなんじゃダメダメー」ニヤリ

京太郎「ま、俺は初心者みたいなもんだし」カチャカチャ

照「京ちゃんがんばー!」

咲「負けたらお仕置きだよー!」

京太郎「あのな、このメンツ相手に簡単に言うなよ」


衣「……」ゴゴゴゴゴッ

小蒔「……」スピーッ

淡「……」ズモモモモッ


京太郎「……さぁ、やるか」ドドドドッ


~~三十分後~~


京太郎「……」

衣「」アヘ

小蒔「」ガオ

淡「」ダブル

照「」ピース

咲「」ビクンビクンッ




京太郎「……えっ?」


~~一方その頃~~~


菫「んひゃっ!?」ビクンッ!

 スッ ジワァ

菫「……うぅっ、またか」ヌギヌギ

弘世ママ「(また漏らしちゃったのね……)」


 テーレテレレレー♪

 衣、淡、小蒔に宿っていた力が戻ってきた!
 雀力が30増えた!!