678 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/01(火) 01:20:17.20 ID:7Wb3IeoTo [4/8]


【ガンガンテレビ 入口前】


竜華「遂に、遂にオーディションやな」ドキドキ

京太郎「え、ええ」ガチガチガチガチ

煌「……」

久「久しぶりに会って見たら随分と緊張してるわね(久だけに)」アキレ

竜華「ほ、ほほほほほほない、いいいいいくで!」テクテク

京太郎「は、はははははいぃぃぃ!」ガタガタガタ


 ウィーン


煌「大丈夫ですかね?」

久「無理じゃない?この有様じゃ」ハァ

看板娘「お約束の方ですか?」

京太郎「あ、あの! あ、ああアクセルわ、わわわわ1の須賀です!」ブルブル

看板娘「はい、オーディションの方ですね!」ニッコリ

京太郎「あ、はいそうです」

看板娘「それではあちらへどうぞ」フフ

京太郎「は、はい!」

看板娘「お土産話、超期待☆」


京太郎「(素晴らしい太ももだ)」ウーム


竜華「……行くで」グイグイ


 ギチギチギチ


京太郎「あだだだだっ!? み、みみがぁぁぁ!!? 耳そのものがァァァァ!?」ジタバタ

久「緊張してるんだかしてないんだか」ハァ

煌「……さぁ、正念場ですよ」フフフ


679 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/01(火) 01:40:22.33 ID:7Wb3IeoTo [5/8]


【控え室】

竜華「準備運動は?」

京太郎「済ませました」オイッチニサンシ

煌「発声は?」

京太郎「終わりました」ンアー

久「忘れ物は?」

京太郎「バッチェオッケーですよ!!」ニィッ

煌「大丈夫そうですね」ホッ

久「しっかし、中々イケメンが揃ってるわねー」チラッ



ヒトデ頭「もっと腕にシルバー巻くとかさ!」

キノコ頭「ガッチャ! 楽しそうなオーディションだぜ!!」

カニ頭「おい、デュエルしろよ」



竜華「個性派やな……」

煌「顔なら負けてませんから!」フンス

久「他はどうかしらねー?」ニコニコ

京太郎「うっ!」ドキッ

竜華「他も負けてへん!」

煌「そうですよ! ねっ!」チラッ



おとやん「……歌なら負けねぇ」

まさとん「吹奏楽……」

なつきん「ベストを尽くすだけでいいさ」

ときやん「……ふん」



久「」

竜華「」

煌「アチャー」


京太郎「か、勝てるわけがない……」ガタガタガタ




681 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/01(火) 01:56:21.09 ID:7Wb3IeoTo [6/8]
久「だ、大丈夫よ! 須賀君も全然負けてないわよ」フルエゴエ

竜華「せ、せや!」

煌「ソウデスネ」


 しーん……


京太郎「……本音は?」


久・竜華・煌「「「目指せ脇役」」」


京太郎「ちくしょぉぉぉぉお!!」ダダダダッ


 ガチャッ バタンッ


久「……これも経験かしらね」

竜華「メンタルの強化は必要あらへんと思っとったけど……」

煌「完全に私の配慮ミスです」ズーン

久「そんな事ないわよ。要は須賀君が越えられるかどうかじゃない?」

竜華「……京太郎君」ウツムキ

煌「乗り越えられるでしょうか?」

久「……」


【廊下】

 ダダダダッ

京太郎「……はぁ、はぁ!」タタッ

 無理だよ、あんな……! あんな連中に勝つなんて!

 顔も違う、オーラも違う
 実力も違う、経歴も違う

 ドロー力も、運命力も
 主人公補正も……鉄壁のライフガードも!

 俺には無いものだ


京太郎「そんな連中に……」


 どうやって勝てばいいんだよ?


京太郎「俺は……」



???「……」ジッ



 選択安価 ↓3

京太郎を見ている人物の正体は?


1 天才漫画家

2 新ヒロイン

3 ライバルっぽいキャラ


690 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/01(火) 02:07:03.94 ID:7Wb3IeoTo [7/8]


京太郎「……もう、帰ろうかな」ハァ

 このまま戦っても、どうせ受かるわけがないんだ
 それなら――どうにかして事務所を救う方法を

京太郎「そうと決まれば!」タタッ


 ポッポッポッポッポッポ


京太郎「うん?」チラッ


 鳩の声?
 どうしてこんな場所で……?


鳩1「くるっくー」ポポポ

鳩12「くるっくるっくー」ポポポ

鳩11「みんなオレになれるんスよ」ポポポッ


???「……」スッスッ


京太郎「あんなにたくさんの鳩を連れてなにやってんだあの人?」

 しかも鳩達はすごく綺麗に規律を作って動いているし
 曲芸師か?

???「……」スッスッ


 いや、違う!?
 アレは……鳩を連れてるんじゃない!?

 今この人、鳩で絵を描いていた!?


京太郎「あの!」

 ダダダダッ

スタッフ「シン○イ先生ー!!」タタタッ

???「っ!!」サッ

鳩達「」バサバサバサッ

スタッフ「そろそろ始まりますよー!」

???「はい、分かりました」スッ


 まさか、この人が――!?


シ○カイ「……」ニッ


 あの世界的漫画家、海○雄先生!!??



 ~~続く~~


711 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 21:26:03.15 ID:3DAY19bko [3/18]


【前回までのあらすじ】

 合宿での修行を終えて、凄まじい成長を遂げた京太郎
 歌唱力、演技力ともに一段階上昇

 このままオーディション合格も順調かと思われていたが、
 煌の一言が新たな迷いを呼び起こしていた


「私が審査員なら、京太郎君を選ばないと思うから」


 心にわだかまりを残したまま、オーディション会場を訪れた京太郎の前に……


ヒトデ頭「現れろ!! 三幻神!!」

クラゲ頭「超融合!!」

カニ頭「光射す道となれ!!」

エビ頭「オレは……!」

 バキィィィ!!

エビ頭「がはっ!?」ドシャッ

④「ここからは俺のファンサービスだぁっ!!」


京太郎「」ガタガタガタガタガタ

 立ちふさがる強大なデュエリスト達(アイドル候補生)
 そのあまりのデュエルオーラに……京太郎の心は折れてしまう


京太郎「(ムリムリムリムリムリムリ)」ダダダッ


 思わずその場から逃げ出した京太郎――
 このままアイドルへの道を閉ざしてしまうかに思えた……

 その時、京太郎の目の前に現れたのは……


先生「君も……オーディションを受けにきたのかい?」

京太郎「あ、貴方は!!?」


 世界的漫画家、新○英雄だった


712 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 21:35:23.37 ID:3DAY19bko [4/18]

【ガンガンテレビ 廊下】



先生「ふむ……」ジロジロ

京太郎「あ、えっ? そ、その……!」

 なんなんだ!?
 どうしてこんな時に……!!

先生「……」ジィーッ

京太郎「お、俺は……」

先生「君の心は面白いカタチをしているね」

京太郎「……はい?」

 心? 一体いきなり何を……?

先生「人を惹きつける不思議な輝きを持っているね」

京太郎「???」

先生「こんな状況でも燦々と輝き続ける、アンブロークンといったところか」

京太郎「あんぶろーくん?」

先生「だが、そんな心を持っているのに……君の今の心は」

 ギシッ ギギギッ ギギィ

先生「今にも潰れそうなくらい、悩んでいる」

京太郎「っ!!」ドキッ

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ
: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
先生「君の心は見てて辛ェ……」

京太郎「どうして、そんな……」ワナワナ

先生「あと少しだけなら時間がある。僕でよければ、話を聞こうか?」


 あの新○先生が……俺の悩みを聞いてくれる?
 荒○飛呂彦先生の弟子にして、現在週間少年ジャンプで好評連載中のこの先生が?


 そして何より……


 俺が受けるオーディション作品の、原作者


京太郎「……」

713 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 21:42:45.92 ID:3DAY19bko [5/18]


先生「ここで会ったのも何かの縁だし、遠慮はいらないよ」

京太郎「……」


 そうだよな
 折角オーディションを受けるんだし、少し話をするくらい……


京太郎「えと、実は俺……」


 でも、本当にいいのか?


京太郎「っ……!」ギリッ

先生「?」


 これは俺が乗り越えなきゃいけない課題じゃないのか?
 だから煌さんは俺に答えを教えてくれなかったんじゃないのか?


京太郎「俺は、俺は……」


 それに、今控え室で緊張して出番を待っている人達
 その人達だって、それぞれ悩んで苦しんでここまで来た筈だ

 俺だけ――こんなズルをしちまってもいいのか?


京太郎「……」

先生「どうかしたのかい?」

京太郎「あの、先生……」ズイッ



 選択安価 ↓3

1 京太郎「実は……」
 全てを打ち明ける


2 京太郎「すいません。折角ですけど、俺……」ペコリ
 断る



718 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 21:52:57.98 ID:3DAY19bko [6/18]



京太郎「実は……」

先生「ふむ……」

 気がつけば俺は話していた
 一瞬脳裏をよぎった煌さんの悲しそうな顔も、控え室のライバル達の顔も……いつの間にか消えていた

 ただ、楽になりたかったんだろう

京太郎「それで、俺は……」

先生「……」

 これが卑怯な事だと分かっていたのに、俺は……



~~~~~~~~~


京太郎「という、ことがあって。俺はどうすればいいのかって」ウツムキ

先生「そうか、そんなことがあったのか」ナルホド

京太郎「どうして煌さんはあんな事を言ったんでしょうか?」

先生「……一人の人間としては君の境遇に同情するし、力になってあげたいと思う」

京太郎「先生!」

先生「だが、漫画家として、原作者として……審査員としては、君を認めるわけにはいかない」

京太郎「!?」ドキッ

 そんな――!?
 どうしてなんだ!?

先生「君は、事務所を助けたいんだろう?」

京太郎「は、はい!!」

先生「なのに君のやっていることは、事務所の事を盾に言い訳しているように見えるね」

京太郎「えっ!?」

先生「君が頑張る理由として、事務所の事が原動力になっているのはいい事だと思う」

京太郎「……」

先生「だが、目的まではき違えてはいけないよ」ポン

京太郎「え?」

先生「……君は何の為にアイドルになりたいのかな?」

京太郎「俺が、アイドルになりたい理由……」

 それは、咲達と同じ舞台に立つ為
 そして何より……応援してくれるみんなの期待に応えたいから


721 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 22:02:09.63 ID:3DAY19bko [7/18]


先生「僕は芸能界に詳しくないから、詳しい事情は分からないけど」

京太郎「……」

先生「本人が楽しんでること、そして……応援してくれている人が楽しんでくれることを大事にしてほしいな」

京太郎「!!」

 そうだ。
 俺……事務所の事を救うことばかり考えて、自分が楽しんでいなかった

 そしてなにより、ドラマを見てくれるファンの事なんて少しも考えていなかった

京太郎「……そのとおりだと思います」ウツムキ


 事務所の事も大事だ
 でも、それよりも大切なことがある筈なんだ


京太郎「こんな気持ちでオーディション受けちゃ、関係者の方に失礼ですよね」


 この作品に命を賭けてる監督や脚本家、カメラマンの人達
 それに、一緒にオーディションを受けているライバルにも……失礼だった


先生「答えは出たようだね」

京太郎「はいっ!!」パァァ

先生「いい笑顔だ」ニッ

京太郎「へへっ」

先生「ん?」ジッ


京太郎の心「」ファサッ


先生「これは……」オドロキ

京太郎「?」

先生「……君の番を楽しみにしているよ。エンジェル君」フフッ

京太郎「え、えんじぇるくん?」

スタッフ「先生ー! 始まりますってー!!」

先生「では後ほど」テクテクテク

京太郎「はい!」


 凄い、本当に心が見えているような人だ……


京太郎「……ありがとうございました」ペコリ


 先生のお陰で自分を取り戻せそうだ!



 京太郎が全力を出せるようになった!! オーディション時 補正+10
 モラルが下がった


733 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 22:16:00.62 ID:3DAY19bko [8/18]
【控え室】

ガチャッ

竜華「!!」

京太郎「ただいま戻りました」

煌「京太郎君、どこに言ってたんですか!?」

久「もうすぐ出番よ? 準備出来てるの!?」ハラハラ

竜華「京太郎く――」

                     ____
               ,. ´ __    `¨¨ヽ
            ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
           /  _     ,:   ∨   、    :.
          / /,´      /    |    ヽ     .
       / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
       l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
     _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧
      ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
          / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } | '  容姿B
           / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
         ´    \∧  '        ,r ' /
               、  v   ァ    / 从/
                     \ `こ     イ  _|、
                  ` r  ´   //∧
                     /|     /////∧
                「  |   //////////> 、
              , </∧ /   {///////////////> 、
            , </////// ∨__∨//////////////////>、

京太郎「心配かけました」ニコッ


煌「」バタンッ

ヒトデ頭「っ!?」ビクッ


久「ロッカー! ロッカー!!」ガチャガチャ

クラゲ頭「なにやってんだ、あの人……ロッカーに入ったりして」ドンビキ


竜華「南無大慈大悲救苦救難広大霊感白衣観世音……」ガンッガンッ

カニ頭「(なぜ壁に頭を……?)」ドンビキ


京太郎「じゃあ俺、行ってきます」スタスタ

竜華「ちょ、待って!」ドクドクドク

京太郎「?」

竜華「ほんまに大丈夫なんか?!」

京太郎「大丈夫ですよ」ニッ

 体が軽い、こんな幸せな気持ちでオーディション受けられるなんて――
 もう何も怖くない

竜華「でも……あんな凄いライバル達がおるんやで! 怖くないん!?」

京太郎「勝ち目の無いオーディションを受けるのは構わないですけど……」

竜華「え?」


京太郎「別に、受かってしまっても構わないでしょう?」ドヤァ


竜華「」キュゥゥゥゥン


 バタンッ

740 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 22:28:42.44 ID:3DAY19bko [9/18]

【オーディション室前 廊下】


京太郎「……」ドキドキ

 ガチャッ

カニ頭「ありがとうございました」ペコリ

④「さて、次は俺か。最高のファンサービスをしなくっちゃなぁ!」


 ガチャッ バタンッ


京太郎「次の次か……」ドキドキ


 竜華さん達の前ではああ言ったけど、やっぱり本番前は緊張するな
 俺の前の奴は一体どんなやつなんだろう?


京太郎「えっと?」チラッ

あまとう「あん? なに見てんだ?」

京太郎「い、いや、なんでもないっす!」ブンブン

 こいつは……確か木星とかいうアイドルグループのリーダー、鬼ヶ島羅刹さんだ!

京太郎「(こんな有名人まで……)」ゴクリ

あまとう「……お前、確かアクセル1のアイドルだったか?」

京太郎「え?」ビクッ

あまとう「散々汚いことしてるらしいなぁ……お前の事務所」フン

京太郎「は?」

あまとう「悪いが、俺は実力でお前をねじ伏せてやるよ」ガタッ

京太郎「ちょ、ちょっと待てよ! なんでそうなるんだって!」

あまとう「しらばっくれるなよ。黒いおっさんがそう言ってたんだよ」

京太郎「!?」

あまとう「さっき原作者となんか話してただろ? 賄賂でも渡してたのか?」

京太郎「それはちがっ――!」


ガチャッ

④「なぜだ……なぜ俺のファンサービスを受けたがらねぇんだ!」ギリィィ

あまとう「ふん」


 ガチャッ  バタンッ


京太郎「行っちまった……」



744 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 22:36:51.98 ID:3DAY19bko [10/18]

 さっきのあれで勘違いされちまったのか……
 まいったな

京太郎「いや、それよりも今は本番に集中しないと……」

 あれだけ辛い修行を乗り越えたんだ
 大丈夫、絶対になんとかなる


 ガチャッ  バタンッ

あまとう「……ふん」

 スタスタ

京太郎「それに、アイツに負けるのも嫌だ」ギュッ

 やってやる
 絶対に合格するんだ!

 事務所の為に、ファンの為に……そして

京太郎「なによりも、自分の為に」

 ツギノヒトドウゾー

京太郎「はい!」

 ガチャッ

京太郎「失礼しま――」


先生「……」

監督「……」

咏「……」フワァァ


京太郎「(なんかちっちゃいのがいる!?)」ガビーン


  /     . : : :/ :,イ . : : :/   ! !: : : : : : : : : :.| |: | : : : : .:ト、 . : : : :| : : .   | |
 ,′  . : : .: .: .:|: :| |: :. : /   | |: : : : : :. :. :. :.| |: ト、 .: .: .:| ヽ: : : :| : : : : . | |
 |  . .:.:|: : : : : :|: :トL_: :.|   | |: : : : : :. :. :. :.| |: | \: : |  :!: : : :| : : : : : |: .|
 |. :|. : : :|.: .: .:.イ:|: :| |:.:.:.`ト、   ! !: : : : : : : : : :.| |: | ,,斗匕´|.:,イ: :!: : .: .: .:|: .|
 |. :|.:. .:.i|.: .: .:.:| |: :| |: : :.:|   `トL______斗匕´   乂  |/ |: :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: :.小l:≧|zx; 」,__|           ___,,..ィzzz≦. :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: .:.{ヽj八| {:::::|/刀フTミ、        ,:怎テ乏///}} ア|: :! : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|: : : :.|ヽ   |: : : |cz:::ノノ/        八゚辷cz::ノノ / :jノ.: .: .: .: .:|: .| 
 |. :|: :|: i|.: .:.:.i| '.  |: : : ト--゚'′          `ー--゚'′   |i : : : .: .: .:|: .|
 |/'|: :|: i|.:. .:.八 '. |: : : |/ ̄\/ ̄| ̄\/ ̄\       从: : : .: .: .:|: .| 
 | |: :| 八.: .: .:.`ⅵ/ ̄ ゚..    ゚   :|   .'     /  ̄\  /. : : : : .: .: .:|: .|
 | |: :|: : ∧/ ̄¨’,     ゚.     ゚   |  .′   /     , ’¨ ̄\: : : : : ノ: .|
 { 人_|/ ̄ \    ’,.   ゚.   ゚  :|      /    , ’   / ̄\'´.:. :.|
   / \     \   ’,  ゚..   ゚  | .,′  ./   , ’   /     /\ : |

京太郎「(確かこの人……三尋木プロ?)」マジマジ

監督「座って、どうぞ」

京太郎「あ、はい」

監督「悔い改めて」

京太郎「?」



748 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 22:48:10.34 ID:3DAY19bko [11/18]


京太郎「アクセル1から来ました、須賀京太郎です! よろしくお願いします」ペコリ

監督「元気いいね」

京太郎「ありがとうございます」

先生「(うん、いい顔になったね)」

監督「私は監督で、こっちが原作者の新○先生です」

先生「よろしくね」

監督「それでこっちの人が三尋木プロ。今回ドラマにゲスト出演してくれることになってね」

咏「……」ジィーッ

京太郎「よろしくお願いします」

咏「うん、よろしくねぃ」ジジーッ

京太郎「(なんかスッゲー見られてる)」ドキドキ

監督「彼女には共演者目線から君を評価してもらうつもりだよ」

京太郎「なるほど……」


 つまり、先生が作品目線
 監督がスタッフ目線
 三尋木プロが共演者目線で見ることで、全方位から役者を決めることができるのか……


京太郎「(なんて隙の無いオーディションなんだ)」ゴクリ

咏「……」ジジジジィィィィィ

京太郎「」アセダラダラダラダラダラ

監督「それじゃあ、まずはオーディションの方式を説明しようかな」

京太郎「は、はい!」

監督「君にはこれから三回のアピールを行ってもらう」

京太郎「三回……?」

監督「それの結果により、最後の合否を決定することになるよ」

京太郎「……」

監督「アピールは全部で三つ。容姿、演技力、歌唱力」

先生「その総合点が高ければ高い程、最後が有利になる」

京太郎「(これならどれかが低くても挽回出来るか……?)」

咏「……」ジロジロ

京太郎「」


768 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 23:09:51.91 ID:3DAY19bko [13/18]

【第一のアピール 容姿】 現在 不合格


監督「ではまず、容姿からアピールしてもらおうか」

京太郎「はい!」

咏「……」マジマジ

 容姿は俺の最大の武器だ
 ここで一気に稼いで、歌唱力をカバーしておかなくちゃな!!

京太郎「それじゃあ、行きます!!」

一同「「「!!」」」

 やってやる!!

咏「……」ニヤリ



安価↓3 全開補正+10(+10でゾロ目は無効)

00~39 一段階上昇

40~69 二段階上昇

70~89 三段階上昇

90~99 四段階上昇


 ゾロ目で五段階上昇


784 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 23:17:45.64 ID:3DAY19bko [14/18]

 大成功 4段階上昇!!

京太郎「これが俺の、全力だぁぁぁ!!」バァァァン


                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ   HAHAHAHAHA
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }
          ',      |} 丶、   ト、ヽ            \|/   /    .イ
          ',      {ー‐‐一ァj ヽヽ           .′ /  / . {
          ',       l   /,イヘ. ヽヽ         .′   /  .′ !
          '.      l   //  ヽ `、`、     / .  /   .′ |
           l      l    /    ヽ  ', ',   // /    .′  .!
           |     {  .′     `、} }   ′/     .′  .|
           |      ヽ/       トイ   {/        /     .|
           |       !        | { jr‐┘      /     |
           |       }        { |」」く二 ‐ 、    /        |
              ',       /   _   -‐   ̄     ヽ、   .′       |
    __      ヽ    /-‐====──‐‐--      {__     |
 /     ` ー一‐--`、'"´                   _j         l
/              ` ー‐---- ─……    ¨ ̄ ̄            |
監督「!!」ピカーン!

先生「ほぅ……これはいい」

咏「!!」ドキッ

京太郎「どうですか?」フフフ


監督「イキ過ぎィ!!イクイク!!ンァー!!」ビクンビクンッ


  /::;;;;;;;,´::::: :::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :::: ::: :: ::|
  /::/:: ::::::::| :::: :::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: : :: :: :|
//|:/;;:: :: ;;|:: :: :::::: :::|;; ;; ;;  ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:: :: :::::::|
/ハソ;;;;;:::::;;.|:: :: :: :: :::|;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.::: ::|:: ::.|
  i/ハ::;;;, 、.|:: :: :: :: ::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: :|:: :::|
   ノ;;;;/ V |::::i::::::::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ハ;; ;; ;;:::;;;|i:::|::|
  /::::;:ヽ i::|::::|:: ;;;:|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; _,/;; ;/;; ;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;/;; ./ |;; ;; ;; ;;||;;:|ヾ、
  ノ/;;;;;;;i. .|::|::::|::::;;;ヾ;;;;;.;;_x -''´////;; ;; //;;/;; ;; ;/;; ;/''´ |;; ;; ;; ;;|ヾ|ハゝ
  ´/::;;;;ハ::;;ヽヽi::;;;:::;;;;;`、/_><<_//;;;;;/ /;;://;;;;;;//;/ ィt /;;;;;;;;;;;;;;| レ´
  /;;;;;/ /;::;;;;;;;li;;i;;;i:::;;;;;;;;|;;|弋及-、|`//;;;/=、/;;//;;;;;///,xィ勿ト /;;;;;;;;;;i;;;;|
/|;;;/  |;;i;;;;;;;;|ヽ`ヾ;;;;;;;;|、;i廴::...::ン`''x、 /;//;;;;;//ィ冬z刻/;;;;;;;;;;ハ;; /
  |/   |;;|i;;;;;i、 ヽ`、ヾ;;;;ヽ`、` ̄ ´ /    / |;;/       /;;;;;;;;;/ |;;;|
     ヾ ヽ;|\ \ \;;;;ヽ、.         / |    /;;;;;;;;;/、_|/_
       i l\.\  、\;;;;\        ´  i   /;;;;;;;;;/  /  `i
        v  \.\ .\`''-、          / //i;;;;;;/      |
            ゝ`''- 、\   _  _ _  , /ハ;;//;;/       .|
             / /ヽ_``\   ̄ ̄ー.´//           イ、
            ./ /    ̄ `> 、    /              ノi
           / /       // ` -´          /   /-、_
           `'',/      ( (                      ヽ
京太郎「やったぜ」

先生「意外にもクールなキャラも似合いそうだ」フム

咏「……」カァッ


京太郎「バッチリいい印象を与えたようだ」ホッ

793 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 23:24:08.89 ID:3DAY19bko [15/18]

 791
 ガンガンテレビはキャンセルだ



【第二のアピール 演技力】 現在 名前ありのサブキャラ


監督「や、やるねぇ……」ハァハァ

京太郎「ありがとうございます」

監督「(外見だけで数字が見込めるな。これはサブキャラくらいはいける)」カクシン

先生「だが次は演技力だ。原作者として、しっかり見させて貰う」

京太郎「は、はい!!」

 役を貰う以上、演技力は重要だ
 なんとしても原作者に認めてもらわないと……



京太郎「事務所のみんな、俺に力を分けてくれ!」ピカァァ


~~ひのちゃま「ええよー」だいちゅう「おっけー」のんたん「もちー」てらしー「しょうがねぇな……」~~~


京太郎「」ピッカァァァァン!!

咏「!!」

監督「?!」

京太郎「行きます!!」ビシィィィ!!


安価↓3 全開補正+10(+10でゾロ目は無効)

00~49 一段階上昇

50~79 二段階上昇

80~99 三段階上昇

 ゾロ目で4段階上昇


808 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 23:36:02.17 ID:3DAY19bko [16/18]

 成功 二段階上昇



京太郎「……」スッ

一同「「「!?」」」

京太郎「……」ブルブルブルブルブル


              >''´  ̄`ー  、       ../           
           /: : : : : : : : : : : : : :        ../     
        /  ./: : : : : : : : : : ,,,vv: : : : : :ヽ   /   こ 図 対 役 .う 紙
       .'  .,': : : : : ;ノ // ー―ゝ : : : : i  ..|   と 々 等 立 .ち 貼
         l: : : : r |llllll|    |lllllll|.i: : : : : l   |   だ し に .た .わ っ
         |: : : :.! .lllllll!   llllllll! l: : : : :  ._」   よ い な ず .み て
         |: : : :|          |: : : : l <_    .ね っ り .が  た な
         l: : : :l.    ___   |: : : : :、  .i      て た ..出. い い
           !: : : i` 、 ` _ .ノ ∠ ! : : : ゝ  l        い 演  な
         'ヘi 人: :> __ .イ i i: : : : : |   ヽ       .な .し  
          レl: : : /.| | |lllllll| | | l |ヘMN    \     .ん て  
           ヾ iー|_|_|lllllll|_|_|_!∧_       \    て     
         ><//////////////////\      \
        /////////////////////////ヘ       ` ―――――― 
       ./ | /  ` ―i//////i//////////∧  》     ※京太郎です
       i.  |       l//レ//l   ` <///イ   i  》

先生「なん……だと!?」

監督「こ、これは?!」

先生「馬鹿な、なぜ自分に合いそうな主人公やその他を選ばず……このキャラを!?」ガビーン



【御○谷 忍】
  • 性別不詳(ほぼ男確定)のキャラで、わりとキャラが安定しない難しいキャラクター


京太郎「(俺にできそうなモノを見せてもアピールにならない……それなら、俺にできなそうなキャラをやる!)」


 失敗すれば大惨事だ
 それでも――


京太郎「(俺はかける!!)」ゴッ

先生「……悪く無い」

監督「イイヨイイヨー」

咏「……」ジジジィィィィ



京太郎「わりといい印象を与えたようだぞ」


821 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 23:43:58.83 ID:3DAY19bko [17/18]


【最終アピール 歌唱力】 現在 レギュラー

監督「(これはもうレギュラーで使おう、そうしよう)

先生「見識が広がるようだよ」ハハハ

咏「……」

京太郎「(いい感触だな)」ホッ

咏「次は歌だねぃ」ニヤリ

京太郎「え?」


              .   -‐…‐-  .
              ´               `  、
       /                  \
       /      .. .. .. .. .. ..  .. .. ..      丶
          . .: .: .: .: .: .: .: \:. :. :. :. :. :. .   、
    /    . .:| .: .: .: .: .: ¦:. :. \:. :. \:. :.    `
       . . . .:.| .: .: .: .: .: | i :. , :. :. :. :. :. :. :.   ,
   ;   . . .: .: .:.|  .: .: .: 、_|__j_|ノ|ハ:. :. |i :. :.
   l i. ..: ..:|. .:.| i :. :. :. :. :..| i  | 人 ⅰ:. |i :. :. i |
   | | .: i.: |. .:.|八 :. :. :. :. ∨i,x圻幵竹,:. |i :. :. | |
   | | .: i.: |/l ∧ :. ___ノ 〃 トィ/f心| :. |i :. :. | |
   | | .: i.: | :. ァヒ扞ト′      _)ツ| :. |i :. :. | |
   | i .: .:i.:| 爪 トィ心       ,,,  | :. l/ :. :.. |:八
   | | .: i.: | :. |i'  )ツ           | ; ′:. :. | : :\ /㍊i
   | i ’.: ,.: | :. ||:、 ,,,   ′   ィ   / .: .: .:  ノ|: :/  ㍊i
   |/ V/, |i :. 〈癶     ーく  ノ / .: .: .:  /: : |/   ㍊i
        V 八:. :. V:.ゝ      / .: .: .:  ィ/: : :/    ァ㌻¨:\
       \:. \i:. \:. ≧=ー/ .: .: ≠≪'/: :/   ,ァ㌻¨。 ゚xヘ: \
        }≧=\------辷r< //。※゚l/  ァ㌻¨ ※/。※ハ: `
        /  ;冖冖冖冖/ i/ `X升ォt/ ァ㌻¨ 。※゚/。※゚。※゚| : |
       / / /。※゚.。※゚/: :{※゚/ ゚| | ァ㌻¨: :/。※゚〃※。※゚。※゚| : |
.    / イ/ /※|。/。※/ : : {/。※゚| |¨l : : : /※/゚/゚。※゚。※゚。※゚| ノ

咏「何を歌うのかすっげー楽しみなんだけど」ニコニコ

京太郎「……」ゾクッ

 こ、この顔は!?

京太郎「(この人はここで全てを決めるつもりだ!!)」ゴクリ

 まさか三尋木プロが歌唱力メインで見てくるなんて……

京太郎「……」アセダラダラダラダラ

咏「さぁ、音楽スタートだねぃ」ポチッ

 チャララ~♪

京太郎「(うぉぉぉぉぉぉ!!)」ヤルシカネェ!!



安価↓3 全開補正+10(+10でゾロ目は無効)

00~69 1段階上昇 

70~99 2段階上昇

ゾロ目で???


865 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/05(土) 23:59:01.91 ID:3DAY19bko [18/18]


~~~♪

先生「こ、この曲は……?!」

咏「!!」

監督「まさか……この歌を歌うつもりなのか!?」


京太郎「(この歌を歌うには、今の俺じゃ歌唱力が足り無いのは分かってる)」


 それでも――


京太郎「(どうしても、この歌で決めたい!!)」キッ

咏「あっ」ドキッ




京太郎「耳を澄ますと微かに、聞こえる雨の音――」


 思いを綴ろうとここに座って言葉探してる

 考えて描いてつまずいて消したら元通り
 12時間経って並べたもんは紙クズだった

 君に伝えたくて 巧くはいかなくて
 募り積もる感情は膨れてゆくだけ

 吐き出すこともできずに

 今僕の中にある言葉のカケラ

 喉の奥、鋭く尖って突き刺さる
 キレイじゃなくたって 少しずつだっていいんだ


京太郎「この痛みをただ形にするんだ」


監督「……(けして、上手くはない)」

先生「(せいぜい、カラオケで下手だと思われない程度といったところだ)」


京太郎「何をしても続かない子供の頃の僕は――」

 「これぞってモノ」って聞かれても答えに困っていた
 そんな僕にでも与えられたものがあると言うんなら
 迷い立ち止まった自分自身も信じていたいな

 僕がいるこの場所は少し窮屈だけど
 愛に満ちた表情でぬくもり溢れて


京太郎「そして君の声がする」

咏「……」



873 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 00:10:26.29 ID:fUJoakLUo [1/12]


京太郎「足元に投げ捨てたあがいた跡も」

 もがいてる自分も全部僕だから――
 抱えている想いをひたすらに叫ぶんだ

 その声の先に君がいるんだ

京太郎「耳を澄ますと確かに聞こえる僕の音」

 空は泣き止んで雲が切れていく


監督「(とても稚拙だ……音程を覚えたてで、アーティストの生い立ちすら知らない者の歌い方だ)」


京太郎「今僕が紡いでいく言葉のカケラ」

 一つずつ折り重なって詩になる
 キレイじゃなくたって 少しずつでいいんだ
 光が差し込む

京太郎「この声が枯れるまで歌い続けて」

 君に降る悲しみなんか晴らせばいい
 ありのままの僕を君に届けたいんだ

京太郎「捜していたものは――」


先生「(しかし……)」

咏「(だけど……)


京太郎「目の前にあった」


一同「「「(非常に魅力的だ)」」」


京太郎「(や、やりきった……)」ハァハァ



            _,,......-―-..... _
           ,.::'::::::::::::::::::::::::::::::`丶
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ,'::::::::::::::::ii:::::ハ:::::::::i i_;;:::::::::::i
          ,':::::::::::::::::i.i::::|`i::'::::_「_,,」I;::::::::i
.        /::::::::__:::::汽テテ=  〒テ「.!::::::ハ
      /:,:ィ::に!:::::::i ト:り    乂リ .i::::::i !
     / ./:::::ゝ|:::::::l |::!".r―┐"",ノ:::::乂_
     {  ,/::::::::::::i:::::::ト,!:! ヽ. -' ,ィ彡イ:::::::::`ヽ
.     ! ./:::::::::::::::i::::N:r‐`≧‐≦;イ:::::::ト;::::ヾ、
       .{::ハ::::ハ:::i; ''´ :,,;'ニ:r''" : .ノ`ヾ;i ヽ:::::}、
       ル' .|/>ゞ: . :.(:::::::::ゝ : . : . : . :\,i::,' )
     / ̄ \: . : . : . : \三≧=-. : . : . :..V
.     iハ. : . : .\. : . :i´ ̄` <: . : . /: . : ..:i
.     || }: . : . : .:ト--ir-、: . : ..:\: /: . : . : .:\
.     l」 i. : . : . :i-‐‐|ニハ: . : . : .\__r‐-、: . :.i
      ハヘ: . : . : i:::::::::::`マヘ: . : . : ..:/: . : .ヽ: :i
880 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 00:20:38.25 ID:fUJoakLUo [2/12]

【アピール終了】

京太郎「……」

監督「ありがとう、須賀君。とてもいいオーディションだったよ」

先生「ああ、そのとおり」

京太郎「あ、ありがとうございます!」ペコリ

監督「私は刻坂(親友)を推奨しますね」

先生「伊調(ライバル)も捨てがたい……」ウーン

京太郎「(なんだかいい役がもらえそうだぞ)」ワクワク

咏「……」

監督「三尋木プロはどう思いますか?私達は刻坂か伊調を……」

咏「その考え、わっかんねー」ハァ

先生「え?」


                          (⌒Y⌒)
        (⌒Y⌒)             (_  ○  _)
       (_  ○  _)             (__人__ノ
        (__人__ノ  .   ´ ̄ ̄ `   、
           . ´ ..::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           ′ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ,′ .:!::;イ:::∧ :::::l ::| :|:::::::::::
           | :::::::|::|」__| |::::::ト、|_」、:::::| !
           | :::::::l::| |:::|`:L___!´__ ハ :| |
           | :::::::l::f芋丐   乍丐ア::| |
           | ::::: lレ' ト+゚'    ゞ-' |ノ::ト、    わかんねー!!
           |:::::::从 :|::| lー一l  / .:::| ミ=‐  全てがわかんねー!!
           人::::::{:ハ|::| ゝ ノ/ .:::::::::j::::::..\
          / .:: \::\|::!≧‐:/ .::::::::::,:イ:::::::::::::::)
   /\=彡イ::::/|:::`ーァャ==彡-‐ 7¨´.::::ト、厂/ ̄\
  厶 ...... \ ノ:/  イ::::::/:::|..∨........./ .::::::/....Y............../∧
  |\ヽ ........ Y  ノ|::::人:::| / .. ..../ .::::::/...../ ............// /
  |  | |............|/....乂{  )/ .. ..../イ .:::::/...../ ............// /
  |  | |............|......../ ........./ .. ..../ ..| .:::/...../ ............// /

監督「それはどういう……」


咏「神峰(主人公)しかありえないーって」フリフリ


先生「!?」

京太郎「はへ?」

咏「こいつが神峰じゃなきゃ降りる」

監督「ファッ!?」

先生「……」

監督「でも、神峰役は鬼ヶ島君に……」

先生「三尋木プロ、理由を聞いても?」

咏「心、掴まれちゃったからねぃ」チラッ

京太郎「……?」

咏「ドラマのタイトルがSOUL CATCHER(Saki)なら、仕方ないって」

先生「……」フッ

監督「せ、先生?」

先生「これはもう、決まりかな」ハハハ


889 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 00:26:54.12 ID:fUJoakLUo [3/12]


先生「やってくれるね、須賀君」ポン

京太郎「???」

先生「君が主人公だ」バーン


京太郎「」


咏「決まりだねぃ」

監督「まぁ、鬼ヶ島君は別にいいか」


                    _,.. -- 、__, 、___
              ⌒> ´  ´  ヽ  `ヽ、
                _,.   ´  ,  , 、   | 、 、 ヽ
                ̄7  / / 从  、 |  |  |  :.
                 /イ / /l/  | | | l}从}  |   {
               _/_ { 从ヽ、 { | |/ イ´∨}  :
                 ̄´ {∧ { ○ 从{  ○ }'⌒}、{
                 {从         r-く| \
                     叭   __   八}イ
                   、 └―┘ ィ/∨
                  「¨>-- rく「 ̄ }
             , ------ ∨_」   :, ∨]/|ィ¨7ー-- 、
               ////////「//| ー- 」 }ヽ// ///////}
                {/{////// \∧ r'  ヽ }' {///////
                |l∧////////Ⅵ,〈      | |///////|
                |/∧/////////|l∧     ,l |///////|
                |//∧/////////() \//∧}///////
                |////}////////// 「/////∧/////{
                |////|///////////∨()////\/// |
                |////|////////////\///// ∧/ /
                |////|//////////////\//////,イ
                |////|//////// ()/////|:.\////:.|

京太郎「お、おれがしゅじんこう? しゅじんこうってなに?」ガタガタガタガタ

先生「須賀君?」

京太郎「アイエエエ!? 主人公!? 主人公ナンデ!?」バッターン

監督「これはこれは……」フフフ

先生「先が楽しみだな」ハハハ


咏「……」フフ


京太郎「お、おれは……」ブクブクブクブク



 ドラマ主演が決定した!
 咏ちゃんに興味をもたれました!

 監督に屋上で焼いてかない? と誘われました




902 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 00:36:02.37 ID:fUJoakLUo [4/12]


【龍門渕邸】


透華「今頃、結果が出ている頃かしら」ハァ

ハギヨシ「ご心配ですか?」

透華「ええ。恐らく、かなりの倍率でしょうし」ウーン

ハギヨシ「大丈夫ですよ、京太郎君なら」ニッコリ

透華「随分と自信がありますのね?」

ハギヨシ「それはもう」フフフ

透華「?」

 Prrrrrrr

透華「来ましたわ!」ガチャッ

ハギヨシ「……」

透華「ええ、そうですわ。ええ、そう……え?」

ハギヨシ「透華お嬢様?」

透華「そ、そうなんですの……分かりましたわ。ええ、それでは」ガチャンコ

ハギヨシ「……お嬢様、結果は?」


                   l´    ,'::\ヽ∨//_ ヘ:l:.   ',
                   l     !| ̄  ̄/' ´     ',ト::    ',
.                    ,'   Ⅵ    /'        l!∨   ',
                  /   :,'_!|__.{(   _≦千‐<へヽ
.                 //レ//「 ',l -- ´ \   ‐‐ /  ',iヽヘ`ト、
                 //ノヘ // -ヽ_‐   |  , ====ミ  !|:: :: `\
               //  :::i! ! '´ ̄ ̄`  /      ` jレi::: :::.  ', \
.              ///   :::|ヘ.',        '        /!´ !::::   ∧ `',
              // {    ::::|  ト     ー-....‐:::丶l    ,'  }:::   ノ  i!
.             l ! ヽ   :::\.ヘ    ',::::::::::::::::,'     -'/:::  /ヘ. j!
              ヾ / \   ::ヽ人    ヽ:::::; -'-‐っ /「/:::  :::   ∧
.              ∨  ::\  ∨!>   . /, ィ≦ イ  /:  ∧::    ヘ
              /   ::/ ヽ :∨::_レ ´ ヽ _.,ィl }┤ ::|:::  / ∨    \
.             /    /   !_ |/  \  ヽ'‐ヘ」つ、:!:: :{  ::\    :::\
              /  --‐‐ フ::::::ヽ       /´__   l  ├──-ヽ _  ::\
.           / / \ イ::::::::::::::::::::ト  r‐‐   {/ /   ヽ::: \     |  `.i \ ト、
.           /  !  イ⌒ヽ:::::::::::::::::∧ヽ    __ 、イト 、   / \ ヽ   l      \ \
        / /` 彡'      ∨:::::::::::::::∧ク ̄ // .!', `ヾ /、    Y: i   !   |、   \ \
.     / /イ           ∨:::::::::::::イ.  /イ  | ヘ   `i }   ノj/ i  ,'   ,┐、    ヽ
  ___./_/´            ∨::/ ヾ//i !.  !|ヽ\ /,'   / :::i /   ' ::| \   ∧ 、ヽ


透華「や、やりましたわぁぁぁ!!」ピョイィィィン

ハギヨシ「それでは!」

透華「主演決定ですわ!」ワーイ

ハギヨシ「それはそれは、めでたいですね」ホッコリ

透華「これで、衣も……」


【衣の部屋】



衣「……須賀、京太郎」


 衣との遭遇フラグが解禁されました


911 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 00:43:51.81 ID:fUJoakLUo [5/12]


【オーディション終了後 控え室】


京太郎「はい。それではまた」ケータイピッ

 ふぅ……取り敢えず、透華さんと事務所への連絡は終わったか

京太郎「竜華さん達は知らせを聞いて気絶しちまったし」

三人娘「」ブクブクブクブク

京太郎「全員が起きるまで、こりゃ帰れないなぁ」ハァ

 とりあえず全員が目を覚ましてもいいように飲み物でも買ってくるか
 俺も泡吹いたせいで喉が渇いてるし

京太郎「それにしても……俺が主人公か」

 ガチャッ

京太郎「レギュラーが貰えればラッキー、くらいの考えだったのになぁ」テクテク

 でもどうして、三尋木プロは俺に……

京太郎「……分からん」

?「何を辛気臭い顔してるのかねー」ペシッ

京太郎「あだっ!?」

 誰だ!?

京太郎「あっ」

                  -‐-
              ''"´. : . : . : . : . : . : `ヽ
              /. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
          , '. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
            /. : . : . : : : : : : : : : :. '; : : . : . : . : .‘,
        / . : . : : : : : : : :\: : : :.i: : : : : : : . : . : .
        ,':. : .;' : : : : :__: : : : :.'; : :.:|: : : : : : : . : . :.i  
         i. :!. :! : :γ´\: : : : :.i: : :.|:: : : : : : : . : :.:.!
        |i|: :i : :/ iヾ、_i\ : : i: : ::|: : : : : : : . : . :.i
.         i !l: :ト、:/ ,rf'斧 ‘,: :i: : ::l: : : : |i: : : . :.八
          !| i: :iハ ヽ   Vリ  !: !: : ::|: : : : !|: : : . : . :\
           ! i: :.! Vハ.  ´  ,!: !: : ::i : : : 从: : : . : . : ._`ニ== == 、
         __人_!:::∧く   / ! ! : : ;': : :.〃: :ヽ.: : : . : . ` ミヽ     )
.       / \  V | i i\` ー';' : :/ : : /: : : : : : : : : . : . : . \' 、
      / 丶 \ Vl l i __>'": :/: : :./i: : : : : : : : : : : : : ヽ: : :} }
    /≧=x \ \= i,/(_i, ィ≦7 : : ; ' ノハ: : : : : : : : : : : : } ヽノ ノ
  /三≧=- ≧ ニ ,': : /Vl/ /: :/イく)ぅ\__ _: : : ト、 i
  〉三三二ニ==‐-i{: : :! / / イ_): ̄\::. .(_乂_)|`ヽi )
   >‐――‐-=ニ二>'つ/i 〃乂_)::. .: .:(_\:. .: .::..i
 ∠)::. . :: j):. :. ..:.\/ ,fクぅ//::::;' .:: .. :: . . :..∧:.. . .:|
 !ヽ: .. . :: .. :: : :.:. ..\ /ソ' /: :%  _,..:: .. ::. :..(_ハ. .::::!__
. ‘,o)::.. :() . : . (⌒).::....\{イ! ..:x8''" .: く)ノ):. . .:. }.::::i|//∧
  |ソ)::. .::. .:.(⌒○⌒) :. : Y%"゚ .. . .: .(フ〈):. . :%:::::::i| }//!
  !:: . .:ノ). :...(__乂__)::... .:.|ミメ⌒Y⌒):. . . .::... ./::::::::/_,///i
  i .._::::::::::::::::::::::::::::....  . : {\ >Oく:. ...::. . .:::_r‐<|////,'
.  V 〉:::::::::::::::::::::::::::::::....  .:: . ヽ人_)::.. :. .::::}/ !//// //
.  !_)::.: . :   .(V) . ::::::&:.. (ハ::.. . .:: .::::::|//!/// //!
   !: ..:.. .. . .: く)O(フ. :::::::..\::.. . ..: .:.. ..<)(>}ニコ!/////|
   | :. . .::...: (人):. .::人 ::: .ヾrt?.. : <)(> .`i/ | /////!
   l く)ノ)::.. . :. :..::. . . ⌒::. .:. .:Y⌒ :.. .:. .:. .///!/////」
   | (フ〈) .::. ,ノ)::.. . . .:. ..::.. . .. .::. . .:... . .:: .l// | ///
   `!:.. . . .:.⌒′: .. .(乂):. .. .: .::... .:. .:x≦\/!l/\
京太郎「三尋木プロ!!」


914 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 00:52:04.80 ID:fUJoakLUo [6/12]

京太郎「あの、俺三尋木プロに聞きたいことがあるんです!」

咏「んー? いきなり何を聞きたいのかねぃ?」ジトッ

京太郎「どうして俺を主人公に?」

咏「……」

京太郎「自分で言うのもアレですけど、俺って顔くらいしか取り柄無いし……とても主人公だなんて」ウツムキ

咏「わっかんねー」バッサリ

京太郎「え?」

咏「正直そのとおりで、顔くらいしかアイドルじゃねーっての」ペチペチ


                        . . -――‐- . ..
                      ´: : : : : : : : : : : : : `: .、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
                 /: : : : : : ::i: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : :.
                   /: : : : : : : ::|: |: : : : : : ::|: : : : :|:: : : : : : : : :.
                 ′: : :|: : : : :|: |: : : : : : ::|: : : : :|: : :|: : : : : : :.
                    : : : :l: |::|: : :.:l从: : : : : : :ト、: : :.:|: : :|: :.:| : : : ::
                    : : : :l: |::|: : :.:|  \:: :、_:_|__\::」: : :|: :.:| : : : ::|
                    : : : :l: |:.|_:_;:イ     ̄ ̄__ _,)ハ: :.:|: :.:| : : : ::|
                    |::i : l: i∧: : :l___     斗斧i^狄 : |: :.:| : : : ::|
                    |::| : | : :∧:: :「苅     V以  }:ノ:.:.:.|: i:.: :.:|
                    |::| : |: : : :iハ::|i以       ,,,  j/: :.|: |:.: :.:|
                    |::| : |: : : :|.:l::| ,,  '       /: : : : |: |: ::从
                    l八 八: ::八人     v ´} / : : : : : 八|: : : : \__
                 \|\: ::\≧: .. .._ ー/: : : : : ::.イ: : |: : : : : :.:Χ⌒
                    |\: ::\: --:/:_: : -‐<※|: : :|: : : : :\: : \__
                     _   |/⌒>\/斤/...(※)......リ: : :ト、: : : : :i\ :「 ̄`
              /※)..||  /※|...(※/::|../※).....+...//:: : :八..\:.:.:.|  )'
             /※)...... ||三三三三三三三|...+.../... {: : :/......(※∨:|
             /※)..... (※||/..+......|※)l.|: : ∨※./...(※|: :/....+./.... Ν
           /※)..(※)..+ /リ.....(※ノ......从{\{...../...(※)....|:/...../... (※|
.          /※)..+.... (※//......... /......./.. ※)...../....... +(※|'... /.... (※)...|
         /+....(※).. +...〈/..(※)/...+./※)....+../※)..... +........./..※)... +.. |
       {※).......+......(※∨.......i..... /.+.....(※/+........(※)../...{...+.......(※).|
.        ∨...(※)+......(※∨... |......{....(※).../....(※).....+...∨{.... (※/ +...|
         ∨ ...... (※)......+∨. l‐''┴――┴―――――''| .... /...(※|
.          |...(※)...+.. (※).∨|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|..../.. (※).. |
.          |+........(※)..... +... ‘|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il../ ...... (※..|
京太郎「うぅっ……」


咏「でもさ、心掴まれちゃったんだからしょうがないんじゃね? 知らんけど」クスクス


京太郎「!!」

咏「……収録、楽しみにしておくねぃ」フリフリ

京太郎「三尋木プロ!」

咏「期待、しておくからさ」プイッ

京太郎「……はいっ!!」パァァァ

 スタスタスタ

咏「こんなの……らしくないっての」マッカッカ



京太郎「三尋木プロ……か」

 俺もいつか、あんな風になれるのかな?


京太郎「……わっかんねー」ボソッ


 オーディション編 カンッ


921 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 01:06:58.31 ID:fUJoakLUo [7/12]


【期待の】須賀京太郎を応援するスレッドpart3【新人!】


801 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Yokoyari1
 最近音沙汰が無いが……無事だろうか?

802 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:2AkocHan2
 やっぱ厳しいのかしらねー 

803 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:OmaKAseA0
 おもちの無いwwwwアイドルとかwwww売れる筈wwwwないのですよwwww

804 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:CharginG0
 803
 うるさい、そこ!!

805 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:haSSyaku0
 大阪で修行してるみたいだよー
 すっごく頑張ってたよー

806 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.22 ID:ATGsisteR
 大阪やって!?

807 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.22 ID:NekiYadEE
 ほんまか工藤!?

808 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:TokiTokii
 悔しい、悔しい!!
 麻雀弱いって言うとったの誰や!!

809 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:TokiTokii
 少しだけ麻雀打ったけど、わりと強くてびっくりやったわ

810 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:aRoUnD/40
 ↑ kwsk

811 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:NO/Wakame
 ワカメ? ワカメクリムゾン? ヤッター!!

812 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:NIjyou123
 いやいや、ただのラッキーマンやって

813 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Waka/LoVe
 らっきーでもすごいとおもいます

814 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:MaSaEATG
 うちだけ会えなかったんやけど……

815 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:HimeSAmar
 大阪にいたのね……逃がさないわ


926 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 01:15:23.71 ID:fUJoakLUo [8/12]

 815訂正 姫様→霞さん


815 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:BIGoMochI
 大阪にいたのね……逃がさないわ

816 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:CraZyCaR
 少しは音沙汰が欲しいぞー ワハハ

817 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:TeMpTress
 彼の成長は凄まじいぞ

818 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:YAnTeruru
 京ちゃんペロペロ

819 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:HayariN28
 そろそろビッグニュースの時間かな?

820 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:SteaLthMO
 くぁwせdrftgyhyふじこlp;@:「」

821 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:3tUzuTu0
 ふぇっ!?

822 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:RedLeGend
 もちつけ、どうしたの?

823 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:OmaKAseA0
 おもち!?

824 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:koSI+MIZU
 どうかしたんですか?

825 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:SuGALoVE+
 何があったんだじぇ?

826 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:SteaLthMO
 が、ガンガンテレビをつけてみるっす!!
 早くしろー!! 間に合わなくなっても知らんぞーっす!!!

827 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:YAnTeruru
 何を騒いで……


 アイエエエエ!?

828 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:OHimeSAKi
 ひゃあああああああ!? 京ちゃん!?

829 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:iKeDaAcaT
 ど、どどどどどどどどういうことだししししししし!!?

 コーチの皺増えろ

830 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:KiLLiKedA
 池田ァァァァァ!!!!

831 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Yokoyari1
 なん……だと?


931 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 01:25:53.21 ID:fUJoakLUo [9/12]




832 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:yuuki+Aoi
 え? え? 主演って、しかもあのソルキャの?

833 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:NekiYadEE
 よっしゃあああああ!! キタでー!! キタでー!!

834 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:ATGsisteR
 あかん、涙出てもうたわ……

835 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:TokiTokii
 ほぼイキかけました

836 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:kIkaNjYuU
 いきなり主人公やってぇ!?

837 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:CharginG0
 ビリビリビリビリビリビリビリビリ

838 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Mayoiga46
 これマジ?

839 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Maho/LoVE
 マジなわけねーだろハゲ

840 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:TAMAnnee0
 それがマジなのよねぇぇぇぇ!!!

841 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:koSI+MIZU
巨大液晶モニターと立体音響設備を揃えないと

842 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:SuGALoVE+
 生きてて、生きててよかったじょ……

843 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Roof/top0
 そうか、やりおったな……

844 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:anTenAcuP
 当然ですわ!! 指導者が違いますわ! 指導者が!!

845 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:hizamakur
 いや、そんな……褒めんでもええやん? ドゥゥヤァァァァ

846 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:TeMpTress
 それほどある

847 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:HayariN28
 当然だよねっ☆

848 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:CopY/maHO
 やったぁ!

849 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:osero/ka2
 へぇ、あの子がドラマ主演とは……成長するもんだね

850 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:CraZyCaR
 須賀君に決めて、本当によかったなぁ……ワハハ




938 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 01:38:52.75 ID:fUJoakLUo [10/12]
851 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:iKeDaAcaT
 いきなり主演とか生意気だし!!
 仕方ないからこの私が貰ってやるんだし!

852 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:ONdIsKdes
 彼はやはり凄い人だ

853 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:yuuki+Aoi
 好きな漫画だけになんだか不安だなぁ

854 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:2AkocHan2
 実写化ってだけで地雷だしねー

855 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:OmaKAseA0
 カスミンのおもちぺろぺろ

856 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:YAnTeruru
 視聴率100%不可避

857 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:SGAsister
 またにわかが増える……
 私が守ってあげるなきゃ

858 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:HimeSAmar
 須賀京太郎さん……

859 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:haSSyaku0
 ちょー楽しみだよー!! 待ちきれないよー!!

860 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:KuchiBetA
 初めてのドラマが大きな役できっと緊張してるんだろうね
 だけど、折角のチャンスなんだから、これを次に活かして欲しいかな

 顔立ちはいいから滑ることは無いと思うけど、問題は演技力
 特に音楽題材だから歌唱力も重要になってくるかも

861 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:FraGariA0
 共演したい

862 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:aRoUnD/40
 どうしてゲスト出演は咏ちゃんなのかな?
 わた健夜プロでもいいと思うの

863 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Hukuyo5kO
 ↑ 年齢制限

864 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:aRoUnD/40
 ↑ アラサーだよぉぉぉぉぉぉお!! 
  小鍛治プロはピチピチギャルだよぉぉぉ!!

865 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:uTaChamBer
 期待しておくといいんじゃね? 知ってるけど

866 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Lu/OosIba
 ノーウェイ ずっこけるに決まってます

867 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:Kapibaraa
 ご主人様を悪く言うな!!!

868 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:FIscherpo
 人気が伸びてきたせいか、変なのが増えてきましたね

869 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:OHimeSAKi
 京ちゃん頑張ってね……

870 名前:VIPにかわりまして雀士がお送りします[sage] 投稿日:??? ?:?:?.? ID:koSI+MIZU
 私達がついていますから


 カタカタカタカタ


竜華「ふふっ……うふふふっ」ドヤァァァァァ

煌「やれやれ、ですね」クスッ



 カンッ!!  

948 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 02:02:07.22 ID:fUJoakLUo [11/12]



おまけ

【現在 京太郎からの好感度トップの方】

                                / )---、
                            〈 イ_{┌‐‐
                               └'‐ク }
                              \  {  |┐
                              λ  / ∧
                                  〈-=彡' ∧
                               ∧__彡'   〉
                               {      {
                                ∨     ∧
                                |    / リ
                       __       |    ,/ /{
                 ----   〈:::::\     |   / / {
              ´       /\-、\    |  ,/   l|
          -/        \ 〈::::::::/\Χ__  | /    |
          {/  / /   \\  ヽ\/:::::∧ ∨:.} /| {
.          ///|   |  | lト、  l l イ:::∧ ∨ } l|     /
         | l | |l l  |  | l| 八从li |:::::::∧ ∨     /
         | l | |l l\l\八从芹苅 i | ̄|l i/ ll     /
          八l | |l |芹苅     乂ツ 'l | l l||_// l|    /  大 天 使 の ど っ ち
.         /::\八从乂ツ     .::::::. l | レ´//   }   ,/
.          ⌒/ / / ∧ .:::.  '__,    ∧l| |:./{   }  /
          / / / / 个ト .      イ| || l/ }    /
.         / / / /  l|| | 〕i千 /:.:| ||/ /    ∧
        / / / /   ||_|//-,/.:.: | || /   /  \
.       / / / /  /_|/:./  /:.:.:.八 ∨ / //    \
      / / / /  //:.:.:.:./ /:.:/ ∧ ∨  / /     〉
.     / / / /  /人:.:.:.:{/:.:/    \ \{   -‐
.    / / / /  / \ヽ/:.:/      : : : :}\ \'´ \ \
  /  / / / /    }::.:.:/: . . . . . . . : : : :| /:.\ \   \ \
./ // / ,/{: : . . . . ノ:.:.:.|: : : : : : : : : : : :八\:./\ \  \ \
 / / // 八: : : /:.:.:.:.:.|: : : : : : : : : :/ {  |l | |\ \  \ \




 竜華Pを差し置いて、まさかののどっち
 そろそろヒロイン力下げイベントしなきゃね




       {   !         ____ |
ィ彡三ミヽ  `ヽ         ,.' ´        |
彡'⌒ヾミヽ   `ー   {少′  / ,i  l ト、 |
     ヾ、       Y ノ└ /// | l| | ハ|
  _    `ー―'  イ ⌒ / | { | 从、| }|
彡三ミミヽ         { | l |ィ爪 {(リ八「ノ.|
彡'   ヾ、    _ノ.リ、_! l リィチfト::::::::::::'行|
      `ー '      l_,以 { ヒtリ:::::::::::::::ヒz|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ...「 l 「ト'"   '     '|
彡'      ` ̄      } } ハ   -=-   |
        .___ノ ./ /,イ| |l>、    ,ィ|
   ,ィ彡'       / /リ |:! !仏ィ_〕¨   . | 、/
ミ三彡'       /⌒/ / r廾 .|「{: |-、  __| |  /
      ィ=- '   〈 イ ∧V /:.:.: :|__´__(二つ/
    ,ィ彡'.      ..} } /`Y'| {:.:.:.:.:.l    /(二⊃―、
  / /.       /.j/ }`ー冫j\:.:.:|  /.:: ト、二)
彡'     __,ノ    ト ン′`ヾ >-r'< `ト-' \


 
 そろそろヒロイン力下げイベントしなきゃね


960 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 02:28:14.03 ID:fUJoakLUo [12/12]
【番外編】 ※ フィクションです
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\==フl
             r-、_ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::\ |
            /   ゙、::::::, -―-、:::::/:::::/::::::|:::、::゙、:::、:::::::::::::゙!、
::ー -、         /   `Y >´   /::::/:::::/::;:::::::|::::|::::|:::::|:::::、:::゙、::!  
、::\\       |   /ケヾ、    |:::/:::::/::/::::::::|:::::|::::|:::::|:::::|::::|ヾ| ですが笑えますねぇ、あの一見であなたは須賀君と決別
:::\::\\二<三ミ、ー--'´/八    /:/:::::/::ィ:::::;::::|.|:::ハ:::|゙;;;|:::/|:::|::|  一方私は今では須賀君の好感度チャンピオン
;\:::\:\;;;::::::::: (_゙、_ , ノ/   >、._/;|:|::::/::/ |::/|:;:ト|::/ |├,,|:/:::|::|:::|
-―、゙、:\::: ̄ ̄:`´//-‐-、 /)::::::::::::|::::|:::| .|:/´|/,,|/ |/什 \|/;/\
\___\;;:::::`ー--/:/`´`^ー/:::::::,--、|::::|:::|´ /5):|   ゛|   ゙、::::::::゙、
___.二..-‐::´/:::::::/:::::/ \:( ⌒ \|V  ` ー'"    `!    |::::::::::|
;;;;;::-‐ ´::::::;::::::'´:::::;/:::::;∠__`ヾ、___    """"    /    /:::/:::/
::::::::::::::::::::::::_,:::-‐;´,::-‐:´::::::::::::::::: ̄/  ` 、       ´/、  /::/::/  随分と差がつきましたぁ
:::::::::_, -‐;;´-ァ ´ __ ̄ ̄`゛ー--、_,.イ、`ー-、__`__>- 、__ .ノ  .Y´:/::;:ノ    悔しいですよねぇ
_, -‐´ ̄//-‐::´:::;; ̄二ニ-‐ ´ ゙、 ``ニァ--イイ ̄ |    | ̄ ̄
    /::::::;: -‐ ´     /      ト、 |`´ ̄イ>、_/  、  |
..  /:::::/         /         !  ゙、___,,イ  \_  |_,┤
 /:;::::/         |           /     \ |_ |
/://          |           / ..       \、_  |
レ'            |      ,  , /   \       〈!`l_
            (`(ー、_,、__,t、ィ|/ /       \     (`! |┼、.
    __,......----、___,」`ー-!_!_」__/ /         \   5//±_」゙、.
 __v'´ _, '彡三三彡イ__   .___|ι-、,-、r-、r-、r-、___,._゙、 (//≦、`ト、
イ/  ///, --、___  `ト ニ!ニ!ニ!ニ!〉_〉=========、h‐n|〉/´,.\)´ |
7  //´/ \   ̄`.|      |彳Y ̄!二!ー!┬!-ト、)__|ニtケト'´!`i   |‐-、
__// /   `ー―‐|      ト'`´ ̄   ト| ||ζ     | |  |. 〉   ト-、ζ

                   __
             -‐<:::::::::::::::::>へ
          /:::::::::::::::\:::::/:::::::::::::\、
          /:/::::::::::::::::、:::::∨:::::::::ィ:::::::::::ヽヽ
           /:/:::::::::::::::::/::\::::/:::::|::::::::::::::ヽ:ヽ
          l::::l::::::::::::::::::l ` `´ ´  |:::::::::::::ヽ:!:::i
       /:::::!:::::::::::::::::i         l:::::::::::::::::::\
      」::::::::::::::\::::/       \::/:::::::::::::〉
      /:::/:::::::::::::::::{`ヽ、__   、_,、__-‐´〉:::::::::::::::::ト.,
     ∨ヘ:::::::;;:へ::「 ̄ ̄ ヽ  /  ̄ ̄レ`ヽ:::ノ::∧:/
        ノ:ゝト{  `       L__!       1 レ::く  ぐぬぬぬぬぬっ
      //::::::、',        /  、       //:::::、::\
    〈::/ {:::::::::::`ゝ__ / 、 \ __ ィ´:::::::::}ヽ::::〉
    ヽ  {::::::::::::::\' ' ' '___     ' ' ' ' ノ::::::::::::ノ 〉;′
       `ヽ:イ:ヘ:::>.(_二二ニつ <:j::∧:::/   '′
        ´ ´ `_>.─i ー--‐ i´-::ノ__'_ `
       ┌、、:.. ̄:..:..:..:..:.〈′     ト/:..:..:..:..:.. ̄>、
      ∧:ヽ:..:..:..:..:..:..:..:..',    ,-/:..:..:..:..:..:..:../:..:∧
       / ヽ:..ヽ:..:..:..:..:..:..:..ト、__/:..:..:..:..:..:..:.〃:./ ヽ
     ∧、  \:.\:..:..:..:..:..ヽ   /:..:..:..:..:..:../:/  /∧


         /. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .\
.         /. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/}ハ:.:.:. . 、
        l.:.:.:.:.:.l:.:/.:.:./〃   }从:.:.:.、
         |.:.:.:.:.:.l/.:/⌒   ⌒ }:.:.ト:〉
         |:.:.:.:.:.:.V弋ナ‐  弋ナ:' :.:|  慢心してると横から掠め取らるわよー?
        !:.:.:.|:.:.:i:.:、' ' '    ' 'i:.:.:.|
        }:.:.:.|:.:.:i:.:.:ヽ 、_/  ̄了:/
          :,:.:.|:.:.:.':,:.:.:}、/>   }/
          }八:.:.:.:.':〈 | 二>、zぅ′
         ,厶イ\:.:',:.:|  ー}ーミ:、
.       /⌒\  };.ム|  {厶   ト、
      /-‐- 、 `ー-} \ ノ}、 ∨ | }
        |    \f´\ ∨} \∨ ハ


    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄\
  ./::::/::::::::ハ;ハ::ィヽ::ト;:::::::ヽ:::::| ま そ .|
  l:::::/\::/`  `` '' \::::::ヽ| ぜ ろ .|
  |:::/、:;;メ        ,ヾく:::::| ろ そ .|
  |::l`-/ルト 、 ,    , ',,.ャ≠ミ;::| よ ろ .|
  |::|:::f 元==ミ、   イP:::::} ム\__/
  |::|:::l:::{{ f::::::::}     ..ヘ;;;;丿'"ム:::::ハ;jヘ{
  |::|::l::::::l ヽ-'゙       ""/:::::::ト
  j::j::l:l::::ヘ""    ‘_,   /ヽハj          ※まざれません
  ノハj`ヘ:/ ` 、   ` ´ /lニzyヘ、
ィト` - 、   / j` ー '  ___/   ̄ ̄\
-‐\ヘ  `一'  l‐‐-、  '" /     //\
   \      ヽ     /     //  ヘ
カンッ

980 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 23:40:41.38 ID:5fef6YjXo [1/2]

※ この短編はフィクションです 現実にすこやんはアラサーですし、孕む予定など毛頭ありません
  それでかはハッキリと事実を伝えたかった



<<すこやんご懐妊ED>>


 私が須賀京太郎君と出会って、三年近くが経ちました
 ファーストコンタクトは本当に最悪な出会いで、今となっては思い出したくも無いくらい

 それから、サイン会に言って……サイン貰いそこねて

 京太郎君がドラマに出演したと聞いた時は、監督に無理(物理)を言って私も出演させて貰ったりしたなぁ
 私の方がテレビ慣れしてる筈なのに、ガチガチに緊張しちゃって……京太郎君に励まされてのをよく覚えてる

 それから、少しずつ京太郎君とプライベートで会うようになって
 いつも私が愚痴を聞いてもらうような形で……京太郎君は嫌な顔一つせずに慰めてくれていた


 そうして時が経って――


 ついに、アラサーでは無くなる日を迎えようとしてた



健夜「それでね、本っ当に酷いんだよ!」ダンッ

 その日はよりにもよって、こーこちゃんとの収録があって私はとても落ち込んでいた

健夜「私がアラフィフだとか、明日で処女三十路だねーとかって!」プンプン

 いつもは飲まないお酒を飲んで、京太郎君に愚痴る
 傍から見れば、トップアイドルに絡むおばさんにしか見えないような光景だった

健夜「どうせ、どうせ私なんて……」エグエグ

京太郎「ねぇ、小鍛治プロ」ポンポン

健夜「ほぇ?」 

 珍しく、私が話を遮るように京太郎君が微笑んでいた
 その顔はとっても優しさに溢れていて、それでいて……

京太郎「俺には小鍛治プロの年齢をどうにかすることはできませんけど……」


 とても――


京太郎「処女、もらっちゃうことは出来るんですよ?」グイッ

健夜「あっ」

 チュッ

京太郎「抱いても――いいですか?」

健夜「ふぁい」フラフラ



 カッコよかった


982 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/06(日) 23:58:01.64 ID:5fef6YjXo [2/2]

【現在 すこやんと京太郎の愛の巣】


健夜「それでねー、その夜は優しく……うへへ」フニャア

咏「……」

良子「……」

はやり「……」ギリギリギリギリギリギリ

理沙「……」ドキドキ

健夜「やっぱり若いからかな? 荒々しさの中に、未熟さを感じるっていうか、気持ちよかったというか?」ニヘラー

靖子「あー、一応おめでとうございます」

晴絵「え? そんなこと言うために呼ばれたの?」

恒子「あーつまんなー」

健夜「ちょっと、何その顔!!」プンプン

咏「そりゃ一時間もノロケ話聞かされてたら、そりゃムカつくってのー」ゲンナリ

良子「ノーウェイ、吐き気を催してきました」ウェェ

健夜「私とダーリンの愛の巣で吐くなんてヤメテ!!」

理沙「……愛!!」キラキラ

靖子「須賀君のグッズだらけですね」

晴絵「元々は小鍛治プロの私物でしょ」

健夜「実家暮らしだった時、すっごく溜め込んじゃってて……」テヘッ

恒子「あぁぁぁぁぁぁ」ブルブルブルブルブル

咏「なんか臨界点超えてるし」

晴絵「よっぽど小鍛治プロの結婚が受け入れられなかったんだろうね」

はやり「酷いよ、最初に目をつけたのははやりなのに……ずっと食べるの我慢してたのに……」ブツブツブツブツ

良子「しかし、よくトップアイドルの須賀君がそんな思いきったことしましたね」

靖子「確かに。もうちょっと誠実な男だと思っていたな」

晴絵「須賀君の結婚報道すごかったなぁ。朝から深夜まで一ヶ月それの話題で持ちきりだったし」

咏「腐ってもトップアイドルだからねー。今でも人気落ちてないんじゃね? しらんけど」イライラ

健夜「はいはーい、ここでクイズの時間です」

一同「……」

健夜「CDを出せばオリコンチャート一位、ドラマに出れば視聴率30%越え確定、写真集はミリオン達成。麻雀で私より強い男の子はだーれだ?」

咏「……」

良子「……」

はやり「……」

靖子「……」

理沙「……」

晴絵「……」

恒子「……」



健夜「はーい、私の旦那様でーす!!!」ドゥゥゥルルルルルヤァァァァァ!!


990 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/07(月) 00:12:02.78 ID:eBcYkSjXo [1/2]


健夜「いやぁー、まいったなぁ。恐らく世界一幸せなお嫁さんになっちゃってゴメンねー」ニマニマ

咏「人間って……醜いねぃ」

はやり「中に誰もいませんよ……中に誰も」ブツブツブツ

良子「アンビリバボー、人間のすることじゃありませんね」

理沙「……外道!」プンプン

靖子「頭が痛くなってきた。カツ丼でも食べよう」ムシャムシャ

咏「ベッドの上で食えばいいんじゃね?」

靖子「そうするよ」ボロボロッ

健夜「いやぁぁぁやめてぇぇぇ私とダーリンの愛のベッドがぁぁぁ!!」

咏「カツ丼まみれのベッドで愛し合えばいいんじゃね? あと死んで」

恒子「もっとやったれぃ!! やったれぇぇぇ!!」

晴絵「どうせその体じゃご無沙汰でしょうに……」



健夜「く、口とか胸で処理してるもん……//」カァァァ



一同「(生々しいからやめて……)」ドンビキ



健夜「あ、あと……たまにお尻――」マッカッカ

恒子「やめろぉぉぉぉぉ!!!」


 /  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 .:.::::::::::::::::.  /  // // ノ            (_
.,′. ..: .:: :::::::::::::/|:::::/|:::::/|:| }::ト、:::|::| :::i  /   /    ) ‐┴‐   } ー┬ (
:  .:::::::::::::|::::|: / j/  j/  j/ V ∨イ::::i|    /      }   ニ  /| 口 |   |
|  .: ::::::::::|::::|/    u            | :::i|            |   口   .!  」   |
| .:::|::::::::::::|::::ト .___,ノノ   廴___,.| :::i|            |  -lァ-、        {
| .:::|::::::::::::|::::|《' 〃 Y       ィ〃 Yヾ :::i|            |  /| _ノ         |
| .:::|::::::::::::|::::|  乂_ノ        乂_ノ |:::::i|             }  ┼┼         {
| .:::|::::::::::::|::::| `'ー一'′   ,   ー一 |::::八           〈   |_         |
| .:::|::::::::::::|::::| /ハハヽ       ハハヽ{ ::::ト、\            }   _Z_        │
| .:::|::::::::::∧::|     /`¨¨¨´|  u ノ ::│ ヽ:ヽ           |   oノ          |
| .:::|::::::::::|ーi ト .U   {.:.:.:.:.:.:.:.ノ   イ::::::::i|   }:::}         }   r┬ 、      {
| .:::|::::::::::|:∧∨ `> . `¨¨¨´ . イ ::: |:::::::::リ   |:::|          }  !ノ ノ       {
|_:::」 :::i::::|-‐ヘヽ    `ァ‐ャ┬‐- :、:|イ.:::/   |:::|          |   rv‐,         {
. . ..|:::::| ::!  _乂     ,′ V》.. .. .ハノ.:/   j::;′        |   |/l/       |
. . ..乂:ト、|   `    ´ ̄   }..》.. . . .V    /'′        }   o o        (
. . . . .《{. |              |..》. .{. j .}           \     )             (
. . . . . 《{`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´|..》.. .Y..│    \\   \ \`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´
. . . . . . 《{ 爻=====}><{====|.》 . . } . |   \   \\    \ \
                                 /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                  |    落ち着いて     >
                                ヽ.________ ノ

靖子「食欲無くなってきた」

晴絵「(生まれてきた子供を直視できない気がする)」ウーン

咏「(子供が大きなったら教えてやるかねぃ)」ゲスガオ

理沙「……ア○ル!!」プンプン

良子「クワイエット、お口閉じてましょうねー」ペタペタ



994 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/10/07(月) 00:32:54.03 ID:eBcYkSjXo [2/2]

健夜「もうお嫁にいけない……」シクシク

晴絵「えっ? ツッコミ待ち?」

はやり「ちょっとお腹を開いてもいいかなぁ?」ウフフフ

靖子「しかし、ファンの子からのバッシングもあったんじゃないですか?」

健夜「そりゃああったけど、ダーリンの説得でみんな納得してくれたよ?」

良子「宮永姉妹、大星プロあたりが試合後に須賀プロを誘っているのを見かけますけど」

健夜「……」ゴゴゴゴゴゴゴッ

理沙「……修羅場!!」プンプン

晴絵「お腹の子によくないですよ?」

健夜「……産まれたらすぐに試合したいな」ニッコリ

恒子「これが母親ってやつなんでしょうかねー」

咏「しぶとさとたくましさは筋金入りだからねぃ」

晴絵「でもまぁ……」

                           ____
                       ,. ..:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`丶
                      /:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:..:.:.:.:.:.:.:\
                    /:.:./:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                       /:./:./:.:./|:.:| l: |:.: :|:.l.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                   i:.:{ハ{从{. ヽ{八|\{人|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.i
                   |:.:|-─      ̄` ー-|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|  早く生まれて来てね……
                   |:.:l -‐      ̄`   |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
                   |:.:| f芋ミ    笊芋ミメ、:.:.:.:.| }:.:.:.:|
                   |.:.:. ∨ソ   弋::::ソ |:.:.:.:.: lノ:.:.: :|
                   |:.:.ハxx     xxx  |:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.|
                   |:.:.:人    _ _,      ! :.:.:.: |:.:.:.:.:.|
                   |:.:.:.:.:.:.ゝ .       イ:.:.:.:.:リ:.:.i:.:.l
                   |:.i.:|:.:|:.:.:.:.:>ーr    }:.:.: :/i:.: |:.:.|
                   |:.i.:|:.:ト、:.:|:.:.|:.:.:}   厶ィ´、l:.:八 |
                   {ハ八:{ __ ノ 、  ,   `─‐-ュ.`
                         ,ィ {      __ -──: : : : : : .ハ
                  _. .:≦: : : ゝ- < : : : : : : : : i : : : : : : |
                γ: : : : : : : : : ′: : : : : : : : : : : |: : : : : : :|
                    ′: : : : : : : : :{: : : : : : : : : : : : :j: : : : : : : !
                 { : : : /: : : : :.ヘ: : : : : : : : : : : ノ: : : : : : :.l
                   v:/: : : : : : : : :>: : : : : : : イ!:/: : : : : :v
               == -っ: : : :ヘ: : : : : : : : : : : : : : j:: : : : : : :v
.              /ニニニ_'' ` <__ \: : : : : : : : : : :/: : : : : : .v
              ィ ⊂ニニ-        ̄ ─-  _: :」: :/: : : V
           / _ ィ =-┘───‐‐. __  ! : : : : : : : : : : : : V
             ゝ7: : |: : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ!: : : : ヘ: : : : : : :/
              ′: |: : : : : : : ', : : : : : : : : : : ー──‐-- __:/
            ! : : j: : : : : : : : :'; : : : : : : : : : : : : : :.ハ|
              l : : ;': : : : : : : : : ヘ: : : : : : : : : : : : : :.∧
.            |: : :!: : : : : : : : : : : ヾ: : : : ハ: : : : : : : :.ハ
              !: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : '; : : : : : : : ハ
          l: : :!: : : : : : : : : : : : : ',: : : : : :,: : : : : : : :ハ
一同「(こんなに幸せそうなら……それはそれで)」

健夜「うっ!?」ズキィィィン

咏「ん?」

晴絵「どうし――」


健夜「産まれそう……」プルプル


一同「」


 あれから色々あったけど――
 まだまだ私の人生は波乱が待っていそうです


 すこやん大逆転編  カンッ!!