941 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/12/15(火) 19:00:36 ID:GBKGJ0cA
半月早いが正月ネタ


ピンポーン

ワハハ「ちぃーッス、来たぞー。ワハハ。あけおめー」
京太郎「あ、蒲原さん。明けましておめでとうございます」
ワハハ「ワハハ。どうだこれ」クルッ
京太郎「あ、はい・・・似合ってますよ、振り袖」
ワハハ「ワハハ。いやー照れるなあ。運転大変だったけどな!」
京太郎「その姿で車運転してきたんですか!? ダメでしょソレ!」
ワハハ「まあまあ、いいじゃんか。ワハハ」
京太郎「でも事故起こしたr」
ワハハ「よし、桃鉄でもやろうぜ! ワハハ」
京太郎「聞いてねえなオイ」


ワハハ「うあー! デビルカード引いちゃったー! ワハハ」
京太郎「そういや蒲原さん、もう1月3日ですけど」
ワハハ「ワハハ、こういう時のおはらいカードが・・・うん、どうしたー?」
京太郎「いや、最近よくうちに遊びに来てるけど、受験とかいいのかなって・・・」
ワハハ「え!? ・・・ワハ・・・ハ・・・」
京太郎「・・・あれ?」
ワハハ「・・・」
京太郎「・・・」
ワハハ「・・・」
京太郎「・・・」
ワハハ「・・・ワハハ」
京太郎「・・・は、ははは・・・」
ワハハ「そんな事はどうでもいいじゃないか! ワハハ!!」
京太郎「で、ですよね! ははははは」

ワハハ「あー、正月って暇だよなー。ワハハ」
京太郎「そっすねー・・・あ、そういえば佳織さん達は今日から練習再開するって言ってましたけど」
ワハハ「ええ!? 私は聞いてないぞそんなこと! っていうかなんで知ってるんだ」
京太郎「いや、昨日電話で・・・」
ワハハ「か、かおりんとはそんなによく電話してるのか・・・?」
京太郎「まあ一応、週2,3回くらい」
ワハハ「受験生だからって遠慮しないで、私にもガンガン電話かけていいんだぞ! ワハハ。もう半分諦めて実家手伝うって決めてるし」
京太郎「は、はあ・・・(そもそもぶっちゃけ妹尾さん目的で鶴賀にお近づきになったんだけどなー・・・っていうか受験諦めてたのか・・・)」
ワハハ「しかしそうか、一応受験生だしむっきー達も遠慮して私に声をかけなかったんだろうな。よし! 今から顔出してやるか!! ワハハ」
京太郎「良いですね。きっと皆喜びますよ」
ワハハ「ワハハ。キミもそう思うか!」
京太郎「はい」
ワハハ「よし、じゃあさっそく出かけよう! 車に乗って乗って! ワハハ」
京太郎「はい。・・・って、お、俺も行くんですか!?」
ワハハ「ワハハ。だって、暇なんだろ?」
京太郎「それはまあそうだけど・・・ま、佳織さんや東横さんに会えるからいっか。行きましょう」
ワハハ「・・・ワハハ、なーんかイラッとしたけど・・・よし、車に」
京太郎「その恰好で運転はダメですって! ・・・しかたないっすね、じゃあ俺のTシャツとジーパン貸してあげます」
ワハハ「き、キミの・・・!?」
京太郎「あ、やっぱイヤですか?」
ワハハ「や、あ、そのなんだ、べ、別にイヤじゃないぞ! か、借ります借ります! ワ、ワハハ・・・」


ワハハ「ワハハーどうだー。ちょっと大き目の男物シャツ、このだぼだぼな感じがセクシーだろ! ワハハ」
京太郎「・・・(冷めた目)・・・はぁ。じゃ、行きましょうか」
ワハハ「ワハハ。今のはちょっと傷ついたぞー」

ワハハ「ワハハー! あけおめー!」
佳織「あれ。智美ちゃん?」
睦月「うむ」
モモ「あれ。どうしたんすか?」
ワハハ「ワハハ。今日から練習始めてるって聞いてなー」
佳織「聞いたって誰に・・・あ!」
京太郎「う・・・き、気持ち悪い・・・」
佳織「きょ、京太郎君!? なんでここに・・・だ、大丈夫ですか?」
ワハハ「なんか車酔いしたみたいでなー。乗り物に弱いなら弱いって最初に言ってくれれば良かったのに・・・ワハハ」
モモ「(乗り物に弱いとかいう問題じゃないと思うッス・・・)」
京太郎「だ、大丈夫です・・・うぷ」
佳織「あ、そこの椅子に座って・・・私の飲みかけですけど、ミネラルウォーター飲みます?」
京太郎「そそそそそれって間接キ・・・」
佳織「え・・・/// そ、そんなの気にしてる場合じゃないですよ~!」
京太郎「あはは・・・佳織さんは優しいな~」
佳織「も、もう・・・///」

モモ「・・・なんかイラっとするっすね」
睦月「うむ」
ワハハ「でも、ユミちんとモモもあんなもんだったぞー」
モモ「そ、そうだったっすか?」
津山「うむ」
ワハハ「ワハハ」


佳織「そういえば今月ある冬大会、うち・・・鶴賀も、清澄さんも、3年生抜けて人数足りないから、個人戦だけなんですよねー」
京太郎「そうですね。まあうちは元々男子一人だけど」
佳織「ちょっと残念だけど・・・でも、団体戦の時に一緒に観戦とか・・・で、できますよね?」
京太郎「は、はい! ぜひ一緒に・・・」
佳織「うふふ。じゃあ約束ですよ~」

モモ「・・・やっぱイラッとするっす」
睦月「うむ」
ワハハ「・・・ワ、ワハハ・・・私の知らない間にここまで仲良くなってたとは・・・ワハハ・・・」

京太郎「今日は楽しかったです。じゃあこれで・・・」
佳織「次に会えるのは地区大会ですね~」
京太郎「はい、お互い頑張りましょう!」
睦月「うむ」
モモ「清澄のメンバーに、戦うのを楽しみにしてると言ってくれっす!」
ワハハ「じゃ、帰ろうか。車に乗ってくれー。ワハハ」
京太郎「う・・・は、はぁ・・・安全運転でお願いします」

ワハハ「ワハハ。それにしても、いつの間にか随分かおりんと仲良くなってたんだなー」
京太郎「ええ。あはは。いやー、おかげさまで」
ワハハ「ワハハハハハ」
京太郎「あっはははは」
ワハハ「ワハハハハハ」
京太郎「あっはははは」
ワハハ「ワハハ・・・よっしゃ飛ばすぞー!」
京太郎「えええ!? いやちょっ、お手柔らかに」
ワハハ「今日はぶっ飛ばして行きたい気分なんだ! ワハハ!!」
京太郎「ぎゃあああああ」
ワハハ「ワハハ! ワッハハハハハハハ! ちくしょー!!」


おわり

名前:
コメント: